2007年05月18日

今日の新聞奇痔・・・・

開放感!
に安心できる、人と人が繋がる安全な当たり前の場所だったりする。長い歴史が地球上で営まれてきた。当たり前に…。アフリカを出た祖先たちから、今現在の我々まで。その間にはあらゆる規制や制限やルールが…。そして今 “ぼんやりした不安" の中。しかも
20 GO
悲しい 象の群れ 午前中 夢を見て 恋を踏みつぶせ 心の中のアフリカ ライブで絶対に聴きたい曲です(^^)(^^)
機、地雷除去機をアフリカ輸出・普及
その論争において、上山千穂だって、全身青くなって総統に殺された。ついに頭ばかりか体までおかしくなってしまったのだろうか?俺としては、Hが覚悟を決めたのか、死んだのかもしれない。過去の代償だなあと思った。要するに、遥めぐみだっ
■ ジャナグルの活動がヘラルド新聞に!
イブ・マルンガは "アートと文化を前に進めていくためには、人材を育てることが 最も効力を放つ。このグループは、この国とアフリカの 代表となるだろう。ジャナグルアートセンターは、これまでも 若いミュージシャンに音楽のマスターディグリーを持つように すすめてきたし、このメンバーの学費
おぅ。
更新さぼっておりましたです。。昨日は地理の先生が「アフリカのゾウとかキリンとかがいる…」と連呼しておりました(●´∀`●) さぁて、今日もまだまだ体力テストの疲れが抜けきれておりませぬぞ★ 早くたっぷり寝たいのですよ☆
今日の新聞奇痔・・・・
。。(ウマイ商人) ぐほーー。で、いきなりですがジャンボプチ告知です。(国事です) 私の一押し女性ちゃんの 投げ銭ライブをジャンボアフリカで行います。先日、私だけの為に沢山歌ってくれました。言葉がこの胸に、このわしのハト胸に響きました。
懐かしいストコフスキーの「惑星」
昨日は「日本・中東アフリカ文化経済交流会」の、 講演を聴きにいったので、ウォーキングはお休み。キリスト教の中にコプト教会があることは知っていたが、 エジプトにはコプト教徒が15%近くいること、 また、欧米やオーストラリアなどにもコプト教会が進出し、
カール・パンズラム
虐待を受け、脱獄も繰り返した。1918年に14年の懲役を残したまま脱獄して以降、偽名を使って南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを転々とした。このころ偶然にも先のタフト邸に押し入って宝石類や公債を盗んでおり、このとき持ち出した拳銃は後
Go Johnny go, go!!
もある高さのフタに容易に登ります。そして、以外にも尻尾を器用に使います。 まあ2個のダンベル=計5kgのオモリ+ネジフックで脱出はほとんど無理だろうけど 。 ジョニーはCB個体で、種としてはアフリカ産なのだが、インドネシアのファームで生まれたらしい
行ってくるね、アフリカ大陸
今日はエジプトへ。関空深夜(23:45)発のフライトなので楽。機上では、エジプトの歴史をおさらいして爆睡予定。寝れますように。灼熱のアフリカ大陸へ行ってきます。

開放感! ウォーキング


ipod002 at 11:48│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔