いっぴき姉さんの遠吠え☆

カナダで結婚しました。相方のpanと一緒に、楽しく幸せに生活しています。

こんばんは☆panです。


週末目前のハナキン。

明日はやすみだー!という解放感で
近くで外食することも多いのですが、

おとといは
いそいそと家に帰りました。


なぜなら…

ippikiと
たらこスパの食べ比べをするため!!


いやー
マツコの番組でやってて
美味しそうだったんですよ。


はじめて食べてこれ好き、と思ったのは
小学生のとき?

そういう食べものがあることも
すっかり忘れていましたが、

観ながらあの感動がふつふつと…


食べ比べといっても

①たらことバター、醤油、しそ、のり(手づくり)
②クリーム系ソース(市販)、パセリ

2種類の、ガチンコ勝負で。

ippikiが
かっちり調達してきてくれました。


茹であがったパスタを半分に分けて
ちゃちゃっと和えて

いざ、実食☆


結果は…


15秒であっさり、手づくりの勝利。

市販のソースはいろいろ入りすぎて
まったり…たらこが消えてるよ~


ただ混ぜただけなのに
お店みたいに
レモンも昆布茶も入れてないのに

それがかえって、
あのときのあの味っていう感じ。


食べものの記憶ってすごい…


マツコありがとう!

IMG_20180610_214321

次はカルボナーラ?

にほんブログ村

こんばんは☆ippikiです。

「おっさんずラブ」が終わってしまったロスをひきずり,

Lineスタンプを購入してしまったippikiです。


みなさん,

お元気ですか?

私たちは元気です。



・・・といっても,先日仕事を休み,

アロママッサージを受けに行きました。

なぜだかだるい。しんどい。もういやだー!!!

と,

早々にお休みをいただき,初めて受けるお店へGO!


オーガニックの商品を扱うお店だったし,前から気になっていたお店。


時間ギリギリに行き,あせもだらだら・・・。

出してくれるお水がおいしくて,お代わりをしてしまいました。



初めて行くお店だったのですが,

セラピストさんは話しやすく,マッサージの強さとかも注文しやすかったので,

すごく癒されました☆


マッサージって,気持ちいいんだけど,

途中,トイレに行きたくなったり,強すぎたり弱すぎて,

ううう~しぬ~っていう思い,したことありませんか?

私はあります。

90分コースとかあると,半ば過ぎからトイレのことしか考えてなくて,


トイレ,トイレ,トイレと脳内変換が。


「かたくなってますね~」と言われても,

(といれいきたい~)とますます,体が硬くなる・・・。


一言「トイレいきたい」と言えばいいのに・・・。



でも,そんな生理現象をいえないようなセラピストさんは,

おそらくやめた方がいいのでしょう。

無理をした関係は続きませんからね~。


気楽に言えたら,第一段階はオッケー☆


とりあえず,言ってみる(行ってみる)というのは,

おすすめですねえ。

言われた方がいいですもんね。

自分を癒しにいっているし,癒されてほしいと思いながらしてくださっているんですもんね。


終わった後も,温かいのみもの(冷たいとか,ぬるいとかも選べる!)

で,ほ~っとくつろぎ。

今日の私の状態や,緊張状態(無意識の)を教えてくれました。


うう~む。プロだね~(←それに弱いippiki)



さっそく,来月も予約してしまいました(笑)


自分に優しく,癒してあげると,にこにこできるし,

キラキラ輝けますからね~。


本当に,panにもおすすめしなくちゃ。


わたくしはホルモンバランスのせいで(ほんとか?)すこしイライラぎみ。

やさしく,やさしく。


無理しないで,やさしくしましょうね~。


ではでは!


癒し系の植物の写真など・・・↓

DSC_0475



にほんブログ村


こんばんは☆panです。


涙もろいけど、
ドラマでも映画でも
恋愛モノにはケッという反応をみせることも
多いippiki。

たとえば,
昔流行った恋愛ドラマは観ていないし
ザ・恋愛ソングみたいなのは聴いてない。

そうだろうそうだろう、
自分の恋愛でそれどころじゃなかっただろう
↑ひがみ100%


一方、純愛モノはわりと好きだったけど
今は惹かれるものがないなぁ…
何かと違和感あるなぁ…
と遠ざかっていたpan。



そんな私たちが
毎回固唾をのんで観ていた

「おっさんずラブ」


男同士の恋愛を、
どこにでもある風景として描いてくれて
それも素敵なコメディにしてくれて、
役者が揃ってて。


ほんとうに、泣けました。



職場で出会って
一緒に暮らすようになって、

今は同性同士だからどうだと
感じることはあまりなく
のほほんと暮らしていますが、


自分の気持ちにまっしぐらだった
ippikiですら、

つきあい始めた頃は
「panは男の人とつきあった方が
しあわせになれる」
と泣いたり、


panは、
「女の人とつきあうって意味わからないって
言ってたのに、勢いに押されただけ?」
とippikiに訊かれて
全然違うのにうまく説明できなかったり。
(勢いに押されてつきあえるわけない…)


いろいろ、ありました。

そのころは
ドラマなんか、全然観てませんでした(笑)


だからこそ、
自分たちに重ねるところもあったし、

はるたんを見守る人たちの
ちょっとした言葉がいちいち染みました。

ありがとう!

IMG_20180603_223219


ただ一緒にいたいという
シンプルな気持ち、
大切にしよう☆


にほんブログ村


このページのトップヘ