2018年05月23日

ドイツ、戦車部隊を強化へ=レオパルド2A7Vを導入

ドイツ政府は、同陸軍の戦車部隊を新型のレオパルド2A7V型で強化する方針だとドイツの新聞「Die Welt」紙が報じたと5月22日付のSputnik Newsが報じた。

Leopard_2_A5_der_Bundeswehr








(ドイツ軍が現在保有するレオパルド2A5戦車 写真:インターネット)

ドイツ陸軍は、現在レオパルド2A7V型戦車を20台保有しており、戦車の習熟訓練をミュンスター近郊にある最大の演習場で訓練を開始したという。


ドイツ国防省は、主力戦車の数を現在の220から328台に増加する計画だ。


leopard_2a7_KMWEG







(レオパルド2A7V戦車 写真:KMW社)

この戦車部隊強化を同紙は、「戦車部隊を強化する背景には、ロシアのクリミア半島の併合以後、エストニアやラトビア、リトアニアを含む北大西洋条約機構加盟国は、拡大するロシアの脅威に対処するために、国防費を増加させている」とした。


しかし、NATO加盟国には大きな問題を抱えている。まずは、インフラ整備の遅れだ。今年3月には、EU委員会は鉄道、道路、橋の拡張計画を提案している。


関連) NATO緊急展開部隊の充実を図る=輸送体制と各国の軍整備が課題 2018.04.04


またドイツ軍も戦闘準備態勢の欠如が問題となっている。ドイツ陸軍が現在保有しているレオパルド2戦車244台のうち稼働可能な状態が取られているのは僅か105台。背景には、部品の不足と予算削減による整備不良だというが、東欧におけるNATO軍の即応統合任務部隊の指揮をドイツが担う2019年までに、ドイツ連邦軍の準備態勢を完全な状態に持ってくる予定だ。

German_Soldiers








関連) ドイツ国防省、近代化と整備為予算計上を目指す=軍の体制弱体化が問題 2018.04.24.




ippikiwakazou at 21:34|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ドイツ | NATO

アルメニア、露製地対空ミサイルを数か月以内に導入へ

アルメニア軍は、ロシア製Tor-M2短距離地対空ミサイルを数か月以内に配備する予定だと5月21日付のDefense Blogが報じた。

TOR-M2_SA-15D_Russia









(Tor-M2短距離地対空ミサイル 写真:インターネット)

導入数は不明だが、購入契約は2017年12月に締結され、総額は1億ドル。一部は、アルメニア政府の国防予算により支払われたが、残りはロシアからの軍事有償支援のローンにより支払われた。


Tor-M2、NATOコードはSA-15ガウンレット、ロシア製の短距離地対空ミサイル。最大で48個の目標を探知でき、最大で10個を追跡する事ができる。10mから1000mの低中高度で12kmの距離を飛行する航空機、巡航ミサイル、精密誘導爆弾、無人機、弾道ミサイルなどの飛行物体を迎撃できる。


2007年に初めてその存在が確認され、2017年3月からロシア軍でも採用されている。



ippikiwakazou at 20:22|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック アルメニア | 武器貿易ニュース

2018年05月22日

露製Pantsir-S1信頼性失墜か、韓国製防空システムが注目集める

---------------------------------------------------------------------------

世界の兵器市場では、米英仏やイスラエルの空爆に対応できなかったシリア軍が保有する露製Pantsir-S1防空システムへの信頼が下がっているという。その中で、韓国のK30「飛虎」対空自走砲が注目を集めているという、5月21日付けのDefense Blogが報じた。


K-30








(韓国が開発しているK-30対空自走砲 写真:インターネット)

関連)【シリア情勢】イスラエル、シリアの防空システムと在シ・イラン軍部隊を空爆 2018.05.21


関連)【シリア情勢】4/14の空爆の真の目的は「空軍基地」=ロシア軍高官 2018.04.17


開発している韓国の「韓火 Hanwha」社は、同車輌をアジアや中東諸国に売り込みを行っているという。


この韓国のK30は、もともと30mm機関砲(射程3km)を2基装備していたが、2013年に同システムにKP-SAM 神弓・短距離地対空ミサイル4発も併設する計画が始まっており、2016年にミサイル発射テストを行っている。搭載される地対空ミサイルは有効射程5kmで、近代改修すれば8-10kmに延伸する。この防空システムの強化に伴い、低空飛行する敵航空機やヘリの迎撃能力が向上することになる。


K-30_002







(韓国が開発しているK-30 対空自走砲 写真:インターネット)

また、K30の車体に搭載された対空捜索レーダーは操作範囲21kmで「優秀な追跡・照準性能をもっている」とDefense blogは伝えた。搭載されるミサイルは、韓国が開発した携帯式地対空ミサイルで、敵味方識別装置や夜間・全天候対応の照準器、赤外線シーカーなどを装備し、「米国のスティンガーミサイルより高い性能を持つとされている」(wiki)。


なお、この防空システムは電源ユニットなどを装備すればトラックなどの車輌にも搭載可能。

an Arms Watcher

記事元

Defense Blog

South Korea can overtake Russia after the Pantsir-S1’s failure in Syria



ippikiwakazou at 12:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 韓国 | 武器貿易ニュース

2018年05月18日

ブルガリア、30億ドル相当の兵器を調達か

ブルガリア政府はおよそ30億ドルの武器調達計画を議会に提出することを決定したと5月17日付けのDefense World Net紙が報じた。

Bulgarian-Air-Force-Mig-29







(ブルガリア空軍所属とみられるMiG-29戦闘機 写真:インターネット)

この計画では8機の戦闘機の購入に11億ドルがすでに当てられると見られる。

ブルガリア空軍は現在保有しているMiG-29戦闘機が老朽化しており、2016年に新型戦闘機の取得を決定し機種選定が始まっていた。ロッキード・マーティン社のF-16戦闘機、サーブ社製JAS39グリペン、ユーロファイターのタイフーン戦闘機、ボーイング社製F/A-18スーパーホーネット戦闘機が候補に上がっていた。


関連) ブルガリア、ユーロファイター戦闘機の購入を打診 2016.12.14


しかし、同戦闘機の選定作業を監督する委員会は、選定に参加していた企業の一社が不正を働いたとして排除されるなどが発生しており、作業が滞っているという。


このほかに、ソ連製BTR-60装輪装甲兵員輸送車の代わりに新たに150台の装甲戦闘車両の調達に8億7900万ドルが充てられるという。また、3個大隊向けに追加の装備または必要な訓練を施すための予算が充てられるという。


この装備調達の主な目的、特に装甲車両は、ブルガリアが2004年に加盟した北大西洋条約機構(NATO)が求めるスタンダードに達し、兵器調達をすることで国内の軍需産業の維持だという。


an Arms Watcher 

記事元

Defense World Net

Bulgarian Government Plans To Acquire Fighter Jets Armored Vehicles For $3 Billion.

Defense News

Bulgaria to initiate fighter jet, armored vehicle procurements this March




ippikiwakazou at 22:32|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブルガリア | 武器貿易ニュース

ナイジェリア空軍、追加のMi-35攻撃ヘリ2機を配備

ナイジェリア軍は、Mi-35攻撃ヘリ2機を配備した。これで、同軍が保有するMi-35攻撃ヘリは4機になったと5月3日付けのDefense Web は報じた。

maxresdefault









(Mi-35攻撃ヘリ 写真:インターネット)

今回配備された機体はロシアからAn-124大型輸送機によって運ばれ4月30日にナイジェリア空軍のMakurdi基地に到着した。輸送された機体は、輸送の関係上メインとテールローターが外されており、現地で組み立てを行った。


ナイジェリア空軍は、同国北東部に潜伏するイスラム教原理主義武装組織「ボコ・ハラム」に対して定期的空爆を実施しており、攻撃ヘリの導入により、東部のベヌエ州やほかの地域での戦闘に対処することが可能となるという。


関連)ナイジェリア、ポーランド製自動小銃を生産へ 2018.03.09

ナイジェリア政府は、2015年9月にMi-35M攻撃ヘリ12機を購入をロシアに正式に発表。2016年12月に最初の2機が引き渡され、2017年4月から部隊配備が始まった。


ナイジェリア空軍の複数の隊員が、契約の一部で、パイロットや整備士として訓練をロシアで受けている。


an Arms Watcher

記事元

Defense Web

Nigerian Air Force receives additional Mi-35Ms




ippikiwakazou at 21:14|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ナイジェリア | 武器貿易ニュース

2018年05月17日

インドネシア軍、AH-64Eアパッチ攻撃ヘリを配備

インドネシア政府は、制式にAH-64Eアパッチ・ガーディアン攻撃ヘリを陸軍航空部隊に配備したと発表したと5月17日付のIHS Janes紙は報じた。


AH-64E_US_Official_DoD







(AH-64E 写真:米国防総省)

このヘリは、2017年後半に米国からインドネシアに引き渡されている。



2018年5月16日に、インドネシア中部のジャバ島のLaud Ahmad Yani Semarang陸軍航空センターで、同国が導入する8機のうち3機の配備式典が行われたという。


関連)インドネシア空軍力を強化=Su-35、A-400導入へ 2018.03.18


関連)インドネシア・ロシアSu-35戦闘機調達交渉、依然続く 2016.11.03


関連)米陸軍、AH-64Eの新規受領を停止 2018.04.22


インドネシア陸軍は2003年にロシアからMi-35攻撃ヘリを導入しており、AH-64E攻撃ヘリも共に運用する。今年末までに、インドネシアへの引き渡しを終え、Natuna(ナトゥナ)島に展開する部隊に配備されるという。この島は、ブルネイ、マレーシア、ベトナムと領海が接している地域。インドネシアは、中国と南シナ海の諸島の領有権争いには関与していないが、中国政府が南シナ海で領有権を主張する九段線の一部が、インドネシアのNatuna島近海の排他的経済水域と接している。


関連)インドネシア空軍、最大規模の演習を行う=南シナ海 2016.10.04


an Arms Watcher 

記事元

IHS Janes

Indonesia formally accepts first Apache helos



ippikiwakazou at 23:18|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック インドネシア | 武器貿易ニュース

【中国の軍事情勢】中国空軍、南東部の基地で耐爆シェルターを増築

中国の福建省霞浦にある空軍基地で、耐爆シェルターの増築が行われている事が撮影された衛星写真により明らかになったと5月17日付のIHS Janesは報じた。


これまで24個あったシェルターが48個までに増築されているという。同紙が伝えたところによると、24個のシェルターで中国空軍1個飛行連隊を収容する能力があるとみられる。


福建省霞浦は、中国南東部の沿岸部に位置し台湾との距離も近い。


2015年もしくは2016年初頭から、中国は24個のシェルターを建設しており、その完成もまじかになっていたが、新たに撮影された衛星写真からは、新たに6個のシェルターが増築されているという。


an Arms Watcher 

記事元

IHS Janes

China’s Xiapu airbase adds 24 new hardened shelters



ippikiwakazou at 22:29|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華人民共和国 | 日本周辺の軍事情勢

2018年05月16日

2015年に、西側武器仲介企業がイラク向けにロシア製兵器を購入意図

ロシアの通信社Sputnik Newsに内部告発された文書と、北大西洋条約機構(NATO)の武器売買仲介業者が数十億ドル相当のロシア製兵器をイラク政府向けに購入しようとしていた事が明らかになったと5月15日付のSputnik Newsが伝えた。


Large+calibre+bullets








この文書は、ギリシャの武器売買仲介業者「International Armour」社による基本合意書も含まれていた。同社は、英国やセルビア、キプロスに事務所があり、2015年に、AK-47自動小銃5万丁、SVD狙撃銃5000丁、T-72戦車200台、BMP-1装甲兵員輸送車100台、RPG-7対戦車ロケット5000基、9M133コルネット対戦車ミサイル50基、を含むロシア製兵器を購入しようとしたという。


その他にSputnik Newsにもたらされた文書では、イラク政府はInternational Armour社にロシア製兵器の購入を依頼していた事が明らかになった。これらの文書をもたらした関係者によると、イラク政府は、価格面でロシア製兵器を配備したい意向だったという。


ロシアの武器輸出を管轄する国営企業Rosoboronexport社にアクセスのない国が、武器売買仲介企業に購入の依頼をする事は普通だが、NATO諸国の仲介企業がロシアの武器を購入しようとするのは、異例の事だったという。この背景については、文書を明らかにした関係者は明らかにしていない。


army-tanks_russian_military_parade








(ロシアのT-90戦車 写真:インターネット)

関連) イラク、T-90戦車を受領 2018.02.20

2017年7月には、ロシア政府はイラクからT-90戦車の購入打診を受けたと認めている。イラク政府は、米国政府から購入したM1戦車ではなく、より安価なロシア製のT-90戦車により同国の防衛力を強化したいとみられる。また、この背景には、米国製M1戦車が、イランが支援するイラクの武装組織「イラク民兵上部機構(PMU)」が使用している事に対し米国は強く反発しており、イラク政府を非難していた事も原因の様だ。



ippikiwakazou at 22:27|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック イラク | 武器貿易ニュース

露比、軍事協力部門で協力へ

ロシアとフィリピンの両国政府は、軍事・技術協力を活発化させることで合意したとロシア外相セルゲイ・ラバロフ氏が話したと、5月15日付のTass通信は報じた。


Lavrov







(資料写真:ラバロフ外相 写真:インターネット)

2017年10月のセルゲイ・ショイグ露国防相のフィリピン訪問時にフィリピン政府と合意した、対フィリピンへの軍事兵器の開発および軍事技術協力を継続して行うと合意したという。


2017年10月に、ロドリゴ・ドゥテルテ比大統領はとショイグ露国防相は、対テロ組織の掃蕩作戦にあっていたフィリピン向けにロシアが供与した自動小銃や弾薬、トラックの引き渡式に出席していた。その前日には、両国政府は軍事協力面での関係強化に合意していた。


米国議会は、ドゥテルテ大統領が就任後行った麻薬取締政策による人権侵害の可能性があるとして、同国への武器輸出が停止して以来、ロシアがフィリピンに急接近しており、狙撃中から潜水艦まで多岐にわたる兵器を無償援助または売り込みがかけら得ているという。


関連) ロシア、比に接近=潜水艦、狙撃中、ドローンの売り込みか 2017.01.05.

関連) 比露、軍事交流で覚書交換へ=武器調達も引き続き検討 2017.01.30.

関連) フィリピン、露製潜水艦の購入も視野に 2017.06.01.

関連) 露製兵器、フィリピンへ無償提供 2017.10.18.




ippikiwakazou at 21:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フィリピン | ロシア

2018年05月15日

アフガニスタン治安部隊・軍、露製小火器を好む?=露通信社

米軍がアフガニスタン軍を再建して以来、米国製の自動小銃がアフガニスタンに供与され、ロシア製の火器はその市場から駆逐されたとされているが、これで、アフガニスタン軍の兵士や幹部は、米露双方の自動小銃を比べる機会を得た、その結果、ロシアのカラシニコフ社製の自動小銃の方が米国製の自動小銃よりも使いがってがいいという結果になったと5月12日付のSputnik Newsは報じた。

Afghan-Security-forces2









(M4カービン銃とみられる小銃を持つアフガニスタン治安部隊 写真:インターネット)

アフガニスタンの治安部隊のある隊長は、アフガン軍兵士や治安部隊がカラシニコフ小銃を好む理由として、「まず、彼らが慣れ親しんだ銃である事だ。カラシニコフ社製の自動小銃は、扱いやすく、戦闘でも誤射がない」とSputnik Newsに話したという。


Afghan-Security-forces1







(米国製小銃を持つアフガニスタン治安部隊 写真:インターネット)

治安部隊のZalamai Wardak将軍は、「ロシア製兵器は修理し使う事ができるが、米国は、新しい武器を売りたがるので、そうさせない」と同紙の取材に答えた上で、「ロシア製の自動小銃は、アメリカ製よりも性能面でかなりいい。西側諸国は、我々にロシア製の兵器を使わせたがらない。修理をして使う事も望んでいない。米国は、我々が使っていたロシア製の小火器を全て破棄させて、再軍備画の元で、良い点がない米国製の兵器を渡してきた」と話したという。


1hqo35.So.91







(米国製の小銃よりも露製を好むとされるアフガン軍 写真:インターネット)

アフガニスタン軍兵士は、質の低い米国製の小火器に対して、「西側諸国は、アフガニスタンを武器を売る市場として彼らの経済に貢献するものとみている。米国製自動小銃一丁の価格は、露製自動小銃の3丁に匹敵する」という声が上がっていると伝えた。


米国は、アフガニスタン治安部隊が露製小銃を使う事を6か月前に禁止している。これは、アフガン部隊が強化されたという事ではない。


アフガン治安部隊と軍の再軍備には最低でも5年かかると米国は考えているようだが、米国製の小火器を導入する事で、部隊の戦闘力は減少しているという。

ak guns








(露製小火器を使用しないことで戦闘力が低下か 写真:インターネット)

米国製の小火器に対して不満があがる一方で、アフガニスタン空軍は、シルコスキー社製のUH-60ブラックホーク輸送ヘリでの初の作戦飛行を行ったと5月7日付のIHS Janes紙は報じた。アフガニスタン空軍は、これまで保有していたロシア製のMi-17輸送ヘリ80機を、米国シルコスキー社UH-60輸送ヘリ159機を導入する事で保有ヘリを2020年までに更新する予定だ。


この米国による同国空軍ヘリ部隊の装備更新には、20社以上もの軍需関連企業が関与しているとみられるとIHS Janesは報じた。



ippikiwakazou at 21:35|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック アフガニスタン 
記事検索
Categories
訪問者数