2011年03月09日

韓国最新型戦車の生産ラインが停止ー中国紙

「韓国政府は2009年から2018年にかけて、3兆922億ウォン(約23億円)を投資し、K2戦車を397台生産し、国産戦車の普及を推進する計画だったが、生産ラインの半分がすでに停止していたことが分かった。8日付で中国メディアの環球時報が報じた」と同日付のサーチナ紙が報じた。

当初の計画では1台78億ウォン(約5億7000万円)のK2戦車生産が本格化しているはずだったが、戦車の「動力ユニット(エンジンと変速機を組み合わせた動力伝達機構)の開発が1年以上も遅れ、現代ロテム社が担当するK2戦車の生産にも遅れが発生」しており、生産再開の目途は立っていない。 

同紙によると、現代ロテム社の軍事産業部門の800人余りの工員は生産ラインの停止を受け、高速手列車などの生産工場に転属されたという。また、現代ロテム社の労働組合会長の話として、「『生産の遅れが工員に精神的な動揺を与え、損失も大きい。われわれ戦車の動力ユニット国産化を楽観していたが、現状の問題に困惑している』」と報じた。

K2戦車は海外への輸出も視野に入れ、2005年から動力ユニットの国産化を図ってきたが、「技術上の問題のため国産化計画は2度も先送りされ、現在は2013年6月の完成を目標にしている。」

韓国は既にトルコとK2戦車の売買契約を締結しており、トルコ側から4億ドルを受け取っていたが、11年1月に「韓国国防庁に対して契約内容の一部解消を要求した」という。韓国の専門家は同紙の中で「開発の遅れとして、安易な国産化計画と無理な開発スケジュールを指摘。」

An Arms Watcher

記事元
サーチナ
韓国が戦車国産化で挫折、生産ラインの半数が既に停止

ippikiwakazou at 01:35│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日本周辺の軍事情勢 | 韓国

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by fakeKilroy   2011年03月25日 08:38
この記事すげえおかしいんですよね。「3兆922億ウォン(約23億円)を投資し、K2戦車を397台生産」って、23億円を397台とかで割り算すると、どうやっても「1台78億ウォン(約5億7000万円)のK2戦車」にはなんないわけですよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Categories
訪問者数