2011年07月30日

ウクライナ、10億ドル相当の兵器輸出―2010年で

「2010年にウクライナがアフリカ諸国向けに約10億ドル相当の兵器を輸出した事が分かった」と7月18日付のRIA Novosti通信が報じた。 

 武器輸出を専門に扱うウクライナ国営公社「Ukrspetsexport」が結んだ契約は、「2009年には7億9950万ドルだったが、2010年には9億5670万ドルに上った」と同紙は伝えた。

 ウクライナ製兵器の主な輸出先はスーダンとコンゴ民主共和国で、ウクライナは両国に対し合計250輌のT-55戦車とT-72戦車を輸出している。

 またスーダンは、同国からBM21グラード多連装ロケット発射機を始め2S1グヴォズジーカ122mm自走榴弾砲、2S3アカーツィヤ152mm自走榴弾砲、D-30 122mm榴弾砲、82mm迫撃砲などの重火器や10,000丁のカラシニコフ自動小銃などを購入した。

 先月16日には、ウクライナとエチオピアの間で200輌以上の戦車売買契約の調印が行われた。

 ウクライナは1985年に、T-80戦車1輌やリビア空軍で使用されていた空対空ミサイル等をアメリカに輸出していた。専門家によると、西側諸国は少数の旧ソ連製兵器を研究目的として少数購入しているという。
  
 An Arms Watcher

 記事元
 RIA Novosoti通信
 Ukraine sold $1 billion worth of weaponry in 2010 - media

ippikiwakazou at 01:24│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ウクライナ | 武器貿易ニュース

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: