2018年04月14日

【シリア情勢】米英仏、シリアの化学兵器施設を空爆

ドナルド・トランプ米国大統領は、米・東海岸時間(EST)の4月13日午後9時(日本時間の14日午前10時)にホワイトハウスで国民向けの演説に臨み、シリアのアサド政権による反体制派地域に対する科学兵器を使用した疑いがある事を非難した上で、「シリアにある化学兵器関連施設に対し、米軍に精密攻撃を行うように命令を下した」と述べ、「これは、フランスと英国との共同作戦だ」とした。


その後、ジェームズ・マティス国防長官が会見に臨み「大統領が、米国の国益を守る為に軍を使用する事を認めた。シリア情勢の悪化、特に化学兵器の使用と拡大を阻止する事が、米国の重要課題だ」と述べた。


US_airstrike_syria_20180414








(4月14日、ダマスカス上空に飛ぶミサイル 写真:Twitter)

ダマスカスにある生物化学兵器の試験場、ホムスにある貯蔵庫、そして指揮所に向けて、水上艦艇や航空機から100発以上の巡航ミサイルが発射されたとロイター通信は報じた。


発射されたのは、トマホーク巡航ミサイル、B-1B爆撃機が搭載したGBU-38誘導爆弾、F-15やF-16戦闘機から空対地ミサイルが発射された。また、英国空軍のトルネード戦闘機から8発のスカルプEGミサイルも標的に向けて発射された。(TASS) この攻撃は、約1時間20分に渡り行われた。

 

マティス国防長官は、この攻撃は「一回きり」だとした。


アサド政権を支援するロシアは、S-400長距離地対空ミサイル部隊や航空部隊、地上部隊に加え傭兵を展開させなどし、反体制勢力との戦闘に参加している。


米英仏軍は103発のミサイルを射撃し、シリアの防空部隊は71発を迎撃したと発表した。シリアは、ロシア製のS-125、S-200、9K37ブーク、2K12クープなどの地対空ミサイルを保有しており、今回の攻撃に対処したとロシア・Tass通信は報じた。


シリアに部隊を派遣しているのは、ロシアだけではない。同政権を支援するイランも約1万人規模の地上部隊を派遣している。


一方で、シリアには、2000人米軍兵士がクルド人部隊などの反アサド政権の武装組織を支援する為に展開している。また、反アサド政権を掲げるサウジアラビアも反アサドの武装組織に対し、資金や武器を供給するなどの支援も行っている。


2013年5月、イスラエルがアサド政権軍の武器庫を空爆

2013年9月、米ロ両国がシリアの化学兵器の廃棄で合意

2013年12月までに、イランは約1万人をシリアに派遣

2014年9月、勢力を拡大していたイスラム教過激派組織「IS(イスラム国)」への爆撃を米国が開始

2015年9月、ロシア空軍がシリアの反体制派武装組織の占領地への空爆を開始

2016年2月、米ロの仲介でシリア内戦の一時停止に合意

2016年10月、米ロの対立で停戦協定が打ち切りとなる

2017年4月、アサド政権側が戦闘で化学兵器を使用した疑い。米軍が巡航ミサイルでアサド政権の空軍基地を攻撃

2018年4月、アサド政権が化学兵器を使用した疑惑が再び浮上

2018年4月9日、イスラル空軍、シリア政権空軍基地を空爆



ippikiwakazou at 20:08│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック シリア | アメリカ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Categories
訪問者数