くまもと自然だより

公益財団法人再春館「一本の木」財団のスタッフブログです。 熊本の豊かな自然環境を未来に引き継ぐための当財団の活動、熊本の動植物、熊本の自然保護団体の活動等を紹介します。

公益財団法人再春館「一本の木」財団の公式ブログです。
〒861-2201 熊本県上益城郡益城町寺中1363-1
TEL:096-289-4179/FAX:096-287-4612
ホームページ:https://ipponnoki.jp/

11月10日(土)に親子の自然体験学習会「阿蘇の野草観察と草原探検」を開催しました。
南阿蘇ビジターセンターの野草園、村山牧野組合の草原で秋の草花の観察を行いました。
DSCN1393
クイズを交えながら野草園や草原の草花について説明がありました。
DSCN1459
ススキの中に入って日本で1番小さいカヤネズミの巣を探します。
DSCN1488
カヤネズミの巣を見つけたよ!!
DSCN1510
色とりどりの落ち葉やドングリを探します。
午後からは南阿蘇ビジターセンターでクラフト体験。
DSCN1535
ドングリキーホルダー作りやヤブツバキの種子を使った笛作り。
DSCN1537
拾った落ち葉を見ながら葉っぱの絵手紙を制作しました。
DSCN1565
最後はみんなでひっつきむしゲーム。センター長がみんなの的になっていました。
ススキの草原はキラキラ光っていてともて綺麗でした。
DSCF0362
1班
DSCF0364
2班
DSCF0366
3班
DSCF0368
4班
DSCF0370
5班
DSCN1575
みんなで記念撮影。
皆さまお疲れ様でした。お天気にも恵まれて、楽しい観察会になってよかったです。観察した植物はFacebookで紹介しています。
次回は12月8日(土)親子の自然体験学習会「荒尾干潟の野鳥観察会」です。参加する皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!





11月10日(土)開催の親子の自然体験学習会「阿蘇の野草観察と草原探検」の参加者の皆さまには金曜日に案内を発送しております。
まだ届いていない方がいらっしゃいましたら財団事務局までご連絡をよろしくお願いいたします。
②スケジュール
再春館製薬所駐車場の行き方はこちらをご確認ください。
財団スタッフが駐車場で誘導します。
rakudayama
先日現地の打合せに行ってきました。ススキの草原が広がり、牧野から見える根子岳が赤く色づいていました。当日はたくさんの楽しい思い出を作ってもらえるようスタッフ一同楽しいイベントを企画しております。

10月28日(日)に再春館一本の木キッズクラブ「秋の江津湖生きもの観察会」を開催しました。
【ぼく・わたしの一本の木】
班の1本の木を観察しました。
ipponnnokiaki (1)
指導員が子供の頃遊んだ楠の実を使った竹鉄砲を体験しました。
ipponnnokiaki (2)
高学年は木に登り観察。うまく登れるかな??
【水辺の観察】
ipponnnokiaki (6)
夏の観察場所とは別の場所に移動して湧水の湧き出る様子を観察。
ipponnnokiaki (3)
水辺の生きもの採取を行いました。水辺で採取した生きものはfacebookで紹介しています。
ipponnnokiaki (5)
午後からは採取した生きものの名前を調べたり、葉っぱの特徴をスケッチしました。
ipponnnokiaki (4)
落ち葉を使ったトランプを作ってゲームを行いました。
最後はみんなが今日観察した生きものについて指導員の先生から説明してもらいました。
※水辺で採取した生きものは観察後、元の場所へ戻しました。

次回は来年1月20日(日)「冬の江津湖生きもの観察会」です。11月、12月は親子の自然体験学習会を一般公募で開催します。クラブ員のみんな今年1年お疲れ様でした!!来年もよろしくお願いします。

このページのトップヘ