くまもと自然だより

公益財団法人再春館「一本の木」財団のスタッフブログです。 熊本の豊かな自然環境を未来に引き継ぐための当財団の活動、熊本の動植物、熊本の自然保護団体の活動等を紹介します。

公益財団法人再春館「一本の木」財団の公式ブログです。
〒861-2201 熊本県上益城郡益城町寺中1363-1
TEL:096-289-4179/FAX:096-287-4612
ホームページ:https://ipponnoki.jp/

6月17日(日)に高森町の南阿蘇ビジターセンターで「第1回 みなみ阿蘇・野の花コンサート」が開催されました。
梅雨の晴れ間となった日曜日、地元高森中央小学校の合唱、高森中学・高等学校吹奏楽部、尚絅中学・高等学校ギター・マンドリン部の演奏などが披露され、初夏の薫風の中、多くの来場者で盛会となりました。
③-01

③-02

③-03

午後からは南阿蘇ビジターセンター野草園で観察会が開催されました。
③-04

③-05ハナシノブ
 ハナシノブ

③-06ツクシマツモト
 ツクシマツモト

また同センター内では自然保護関係団体関連の活動を紹介する展示コーナーが設けられ、当財団、自然観察指導員熊本県連絡会などの環境団体が出展しました。
この他、「阿蘇復興への道ー南阿蘇黒川地区(学生村)のいまー」と題した東海大学の学生による語り部会も行われました。
このイベントが自然保護運動との融合と、地域の文化として定着していくことを期待したいと思います。



②-01
②-02
ベニバナヤマシャクヤクが綺麗に咲いています。
阿蘇地域の草原や林縁に咲く花で熊本県では個体数が減少している植物です。
阿蘇には希少な花々を守るために自生地の保護活動を行っている団体が数多くあります。しかし、心ない盗掘で株ごと持って行かれることもあるそうです。
阿蘇の花々は特殊な環境で咲く花が多いので、阿蘇地域でも別の場所に移植しても次の年咲かない花も多いと聞きます。次世代に残していくためにも守っていきたいものです。
保護活動を行っている団体の皆さま、ありがとうございます。
※熊本県指定希少野生動植物
熊本県では特に絶滅の危機に瀕している種を「熊本県指定希少野生動植物」に指定し、県内全域において捕獲、採取、殺傷や損傷が禁じられています。
違反した場合は、県条例により1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることがあります。
ベニバナヤマシャクヤクの紹介はこちら 

 当財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動等に取り組んでおられる団体等の皆さまに助成を行っています。
 平成30年度下期分の助成事業を6月から7月にかけて募集します。詳しくは財団ホームページをご覧ください。

①-01



 

このページのトップヘ