2013年05月05日

音楽芸能の神様 in 静岡

こんばんはVaパート、Oです。

ゴールデンウィークも残り1日(ノд・。)…
みなさまはどのようにお過ごしでしょうか。

私は連休後半の初日&2日目を利用して、静岡県に行ってきました。
旬の桜えびや初カツオなどの新鮮な海の幸に、静岡おでんといった
グルメを満喫〜(食べ過ぎましたが…

そして、静岡といえばやっぱり富士山
関西出身の私にとってどーんと大きい富士山が見られるのはテンションupでした

その他に足を延ばしたのが、徳川家康ゆかりの史跡「久能山東照宮」です。

国宝に指定されている色彩豊かで美しい社殿をぜひ見たい!!、とお参りに出かけましたが、
表参道を進むと何と久能山山頂に向かって延々と続く石段が…(´□`。)その数全部で1199段!!
登り始めてすぐにぜーぜーとへろへろになり、夫に手を引いてもらいながら、どうにかこうにか
登りました。

東照宮入口にタイトルにある「音楽芸能の神様」、厳島神社がありました。

P1000189itsukushima

神社のそばに飾られていた沢山の絵馬のなかには、「ピアノコンクールで優勝できますように」、
「東京芸術大学に入学できますように」などの、お願いごとが書かれていました。私もお賽銭を
おさめ、「これからもIPPOで楽しく演奏ができますように」のお願いをしましたよ〜。

ご利益がありますように


ippophil at 23:33|PermalinkComments(0)

2013年04月14日

久々の合奏練習

2nd VnのHです。

昨日は久々の合奏練習でした
2月の定期演奏会以来なので、なんと約2ヶ月ぶりですね。

曲はベートーヴェンの交響曲7番の1・2楽章。
バイオリンは出席者が少なく、2ndはかなりアヤシイことをしていましたが、
それでも皆で合わせるのは久々で楽しかったです(特に2楽章、結構緊張しました
見学者様にも来ていただきましたし

ところで、最後少し時間が余ったので、急遽予定外の「4楽章をやってみよう!」となりました。
焦りました。
練習していないとかそんなことよりも(確かに練習はしていなかったんですが)、
予定になかった3・4楽章、そもそも楽譜を持ってきていませんでした。
一見きっちり製本しているかのように見える(?)私の楽譜、
実は時間がなくて2楽章までしか製本していなかったのです。
「すみません、楽譜持ってきてません!!」と言うべきかどうか迷っているうちに
4楽章が始まってしまい、最初の5秒くらいは楽器を構えて弾いているフリをしていましたが、
空しくなり途中で楽器を下ろしました。
結局その後10秒くらいで4楽章の練習は終わったのですが、
いやはや、いたたまれない時間でした


来週からも合奏練習は続きますが、ベートーヴェンはしばらくお休みで、
6月の室内楽演奏会に向けてビゼーの交響曲1番を始めます。
全員で演奏するビゼー以外にも、管楽器は既にいくつかアンサンブルができているらしい・・・??
私も何かやろうかなあ・・・・・・。


ippophil at 21:53|PermalinkComments(0)

2013年02月11日

定期演奏会お礼

2月10日(日)
第10回定期演奏会

無事に終了致しました!

当日は本当にたくさんのお客様にご来場いただき、会場の第一生命ホールがほぼ満席となりました。
ご来場頂いた全ての方々に御礼申し上げます。
演奏への温かい拍手、団員一同本当に嬉しく思っております。

今回も演奏会を行うにあたり、多くの方に多大なるご支援を頂きました。
第一生命ホールの方々、
お手伝いをしてくださった受付スタッフの皆さん、
ご指導頂いたトレーナーの皆さま、
そして、ピアニスト増田みのりさん!指揮者の堀先生!
この場をお借りし、深くお礼申し上げます。

個人的な感想としては、やはり緊張から練習通りに演奏ができず、
悔しさが残る形になってしまいましたが、これはまた次の演奏会に向けてリベンジをしたいと思っています!
ただ全体としては、非常に良い演奏会だったのではないかと思います。
アンケートの中に「皆さんの曲に対する愛が伝わりました」というものが有り、感激したのですが、
演奏に込めた思いがお客様に届いたのであれば、それは演奏者冥利につきますし、演奏会の成功の証にもなるのではないか、と思います。
次回、またその次と、より良い演奏会ができるよう、団員一同努力してまいりますので、今後とも応援の程よろしくお願い致します。

oboeパート H

P.S. 演奏会終了後の打ち上げの様子などはまた後日・・・?

ippophil at 17:11|PermalinkComments(0)

2013年02月09日

いよいよ

いよいよ、明日は演奏会本番です

本日は、これから駒込地域活動センターにて最後の練習です。

明日の本番は、
指揮の堀先生、ソリストのみのりさんに、
指導をして下さったトレーナーの皆さまに、
今回のメンバーで無事演奏会を迎えられたことに、
そして聴きに来て下さるお客様に、
多大なる感謝をこめて、演奏を楽しみたいと思います。

Oboe H

ippophil at 15:37|PermalinkComments(0)

2013年01月28日

1月26日の練習

OboeパートのHです。

1月26日は駒込地域活動センターでピアノ合わせの練習がありました。
ブログを書くために写真を撮ろうと思っていたのにすっかり忘れてしまいました、トホホ

ただ、しっかりと練習の録音は録っておいたので、今はその録音を聴きながらこれを書いています。

周りの音を聞くというのは、どんな曲を演奏するにも勿論重要ですが、特に協奏曲では、その重要性が増してくるように思います。

自分の演奏をしっかりした上で、オケ全体がピアノに合わせる、というのは難しい事だと思いますし、とても神経を使います。
ただ、その分、「あ、今ちょっとカチっとはまったかな」と思えるときがあると、凄く気持ち良いです

もう、演奏会まで日にちもありませんが、録音を繰り返し聴いて、ソリストのみのりさんがどのような表現をしたいのかをしっかりと勉強して、みのりさんも、演奏する我々も、聴いて下さるお客さんも、みんなが気持ち良いと感じられる演奏ができるよう、練習に励みます

ippophil at 00:57|PermalinkComments(0)練習 

2013年01月26日

ソロを吹くときの緊張

OboeパートのHです。

そろそろ演奏会が近くなってきました。
こちらでも改めて宣伝させて頂こうと思います。

2013年2月10日(日)
13:30開場 14:00開演
会場:第一生命ホール
【プログラム】
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』
指揮:堀大輔
ピアノ:増田みのり
入場料:全席自由 1000円(当日券あり)
http://www.geocities.jp/ippophill/
皆さまお誘い合わせの上、是非ご来場下さい。
a0224279_13133844


さて、今回の演奏会で私は『運命』のトップを吹きます。
『運命』のオーボエ、といえば1楽章の再現部でソロのカデンツァがあります。
『運命』に限った話ではなく、オーボエはソロを担当することが多いため、次のような質問をされることがあります。

Q.ソロを吹くときに緊張しませんか?

A.当然緊張します。

そりゃ緊張するに決まってます。
私の師匠も、上記のカデンツァを本番で吹くときに、頭の中が真っ白になったことがあると言っていました。
(それでも演奏自体はしっかりしていたそうです。本人は覚えてないそうですが

ただ、その緊張が嫌か、というとそうでもないんですよね。
「失敗したくない!」という思いもありますが、それと同時に「練習成果を出すぞ!」「出来る限り良いソロを吹きたい!」という思いもあり、「うぉぉ、やってやるぜぇ〜」という気持ちで吹いています。

はたして、今回私は本番でカデンツァや他のソロをちゃんと吹けるでしょうか?
その答は当時の演奏会で

ippophil at 00:51|PermalinkComments(0)いろいろ 

演奏会へのお誘い

 私は定期演奏会が近くなると、お誘いの手紙と一緒にチラシとチケットを
 入れて友人や親戚等へ送っています。

 本来なら手書きで送るべきですが、PCで作成し印刷し送っております。
 文章を書くのが苦手で、苦労しております。
 今回は第10回定期、記念的な演奏会になるかと思います。
 こんなお誘いの文章を作成してみました。
 皆さんのご意見や、ご教授下さればありがたいです。

             第10回定期演奏会へのおさそい

  今年は例年にない寒波と大雪にみわわれておりますが、皆さん如何お過ごし
  でしょうか?暖かい家の中で自分の好きなレコードでも聴いておられる事と
  思います。

   実はIPPO-Phil定期演奏会は今回で第10回目を迎える事になりました。
  今回のプログラムは皆さんが良くご存知の名曲中の名曲、そして誰でも知っている
  ベートーベンの代表的な交響曲第5番「運命」と、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」です。

   大変豪華なプログラムと言ってもよいと思います。特に皇帝は聞き逃しない様、
  お薦めいたします。ピアノは当団の専属ピアニスト、いや天才ピアニストである
  “増田 みのり さん”です。(私個人的なレベルからすれば天才に値します。)

   運命は1楽章より2楽章の素晴らしさに耳を傾けて下さいね。(ヴィオラより)

   今回のプログラムは大変有名な作品で素晴らしいですが、演奏する方の技量は
  いかほどかと一寸不安かもしれませんが、一生懸命練習を重ねて参りました。
   作品、演奏者そして皆さんと一緒に楽しめる、癒されるひと時を分かち合えれば
  ありがたいと思っております。

    それと私達の情熱・意気込みを少しでも感じて頂ければ幸いです。

                                   平成25年1月吉日
    追 伸
    チケット・入場料金は、1,000円になっておりますが、入場券と思って、気楽に
   御来場下さい。又ご都合が付かない場合は、クラシックに興味のある方へ差し上げ
   て下さる様お願いします。      


   1月27日(土)駒込で、「皇帝」の練習・ピアノ合わせです。頑張りましょう。

   ヴィオラのスターンでした。





ippophil at 00:27|PermalinkComments(0)

2013年01月19日

楽譜整理・製本について

前回に「楽譜・製本について」お話しする事を約束しました、
Viola のスターンと申します。

皆さんは楽譜及びスコアなしでは演奏は出来ますか?
プレイヤーの中にはアンプして演奏しているかも知れませんが、
私にはアンプなど出来ません。せいぜい4〜5小節が限度です。
元々譜面があっての事であり、無ければ音楽は成り立ちません。
楽器の次、いや楽器と同等に必要・重要なものだと思います。

今は技術の進歩によって簡単にコピーが可能になりました。
○○年前は、今日の様なコピー器械はなく青焼きでした。
たった1枚コピーするのに相当時間が掛かりました。
機械があまり普及していなかったので、最悪写譜(ハンドコピー)でした。
最初から印刷してある譜面は高価であり、取得する迄相当の日数が
必要でした。

譜面・スコアは大切に取扱うのがあたりまえ、宝物・財産でもあります。

オーケストラの練習で、こんな光景を見かける事があります。
練習中に譜面台の横を誰かが通った瞬間、楽譜がパラパラと飛び
落ちるのがあります。製本していなかった為です。
多少の大きさ、重さがあればそれほどでもありませんが。

コピー器械が無かった頃は、高価な印刷・製本された楽譜を使用していました。
サイズは西洋の先人が創ったサイズだと思います。
演奏者(個人的に考えても)立場から“最適なサイズ”だと思っております。

演奏会が終わると、返却していた記憶があります。
ライブラリー担当がまとめて、録音テープと一緒に保管していました。
オーケストラの貴重な財産・宝だったのです。

一方コピーが自由自在に出来る現在、サイズはバラバラです。
今日までの経験から、やっぱり原譜版のサイズに統一しキチンと
製本して使用するのが最適だと思います。

使用期間は平均6ヶ月〜10ヶ月位いだと思いますので
最初から統一した、製本された譜面で練習をした方が良いと思います。
書き込みもやり安いはずです。

ヴィオラのパート譜面は、私が勝ってに製本しております。
皆さんが望むなら、全パートを請け負っても良いと考えています。
エキストラの分もありますので、弦パートだけにして下さいね。

コピー代はコンビニ等では1枚10円ですが、社内は、、無料!?
ダイソーでは半額の5円ですよ!!おおいに活用しましょう。

製本の仕方は簡単です。準備するものは紙テープ(医療用)、ステックのり、
カッターナイフとハサミです。

声を掛けて下されば、いつでも出前・出張いたします。
コピー代だけ頂きますが、製本代は出血サービスの無料です!!

1月19日(土)元気ぷらざで(夜)、運命の練習予定です。
演奏会まで1カ月を切りました。最後の追い込み、頑張りましょう!!



ippophil at 12:30|PermalinkComments(0)

2013年01月17日

レッスンのおすすめ

Viola のスターンと申します。
前回のブログで楽器を始めた動機・キッカケをお話ししませんでしたね。

それでは、クイズを出しますので考えてみて下さいね???

問題:下記のシナリオから弦楽四重奏をやる上で足りない楽器は何でしょう?
私は4人兄弟で、兄がヴァイオリン、弟がチェロ、末の弟がヴァイオリン
足りない楽器は何でしょう。      (正解:ヴィオラ)

皆さんは兄弟で“弦楽四重奏”が出来るなんて羨ましいと思われる
かも知れませんが、実際に一緒に集まる事がほとんどないので、
“架空&夢の又夢の四重奏団”なのです。

マエオキが長くなってしまいましたが、皆さんスポーツを何かやって
おりますか?
私は幼少の頃から持病があるので、激しい運動は出来ません。
でもスポーツは好きでいろんなスポーツをやって来ました。
現在やっているスポーツはゴルフです。
ゴルフと言えば、プロゴルファーの石川 遼さんを知らない方はいないと
思います。

石川だけでなく宮里 藍、横峰 さくら等のプロの選手はコーチやトレナーが
おり、コーチからゴルファーのテクニックの指導、メンタル面のアドバイス、
身体的な相談相手になってもらっているはずです。
だから素晴らしい成績を上げているのだと思います。

プロだから、いやプロでさえもと、考えた方が良いと思っております。

アマチュア ゴルファーなら尚の事、指導を受けるべきだと思います。

回数に拘らず「指導(レッスン)」を受けた方が進歩すると思います。

いや、レッスンを受けない限り上達しないと言っても過言ではないと思いますよ。

私はスポーツをいろいろやって来ましたが、先生に教わった事がありません。
絵画も好きですが、レッスンを受けた事がありません。ゴルフも見様見まね
でレッスンを受けた事がありません。残念ながらヴィオラも同様です。
ですから、みんな中途半端で、進歩がありません。皆さんについて行くのに
精一杯といったところです。

是非皆さん、各専門家のプロにレッスンを受けられるようお奨めいたします。

IPPOはトレナーを積極的に取り入れていると思います。
トレナーも、同じ方だけでなくいろんな方にやって頂けると、
いろいろ学べるのではないかと思います。
人間的に又技術的にもっと成長するのではと思います。

次回は「楽譜の整理・製本」についてお話しします。


ippophil at 11:20|PermalinkComments(0)

2013年01月15日

”明けましておめでとう”(巳)

今年最初のブログを書く事になってしまいましたViolaのSternと申します。
名前はカタカナのスターンを横文字・ローマジに替えただけです。
私の兄(4人兄弟)が付けたニック・ネーム、あだ名です。

スターンと言えば、有名なヴァイオリニストを思い浮かべるかと
思いますが、幼少の頃は全く知りませんでした。
楽器を始めたのも大学に入ってからですから。
そしてビクターでレコードプレス(LP)のバイトをやり購入したのが始まりです。

先生に教わったのもわずか1年位いですかねえ。
最初からヴィオラで、我流・自己流で今日まで来てしまいました。
上達する訳ありませんよね。

最初のデビュウは、なんと皆さんご存知かと思いますが東京楽友協会の
第一回定期演奏会(旧第一生命ホール)でした。
残念ながらIPPOの第一回には参加しておりませんが、それ以降の演奏会で、
第一生命ホール(現在の)での演奏会、、、、何かえんがあるのかなあ。

今年最初の練習は、1月5日(土)元気ぷらざ(北区)で開始されました。
曲目は運命、4楽章からスタートの予定でしたが、指ならしの為?2楽章の最初を
ちょっとやってから4楽章を集中的に練習を行ないました。中間でブラームスの
ハンガリアン(アンコール曲)をやりました。

1月12日(土)元気ぷらざで、運命の第1楽章を集中的にやり、2楽章はサット通し
3、4楽章と通して練習をしました。

1月13日(日)駒込で「皇帝」の最初のピアノ合わせを行ないました。
“(増田) みのり”さん、素晴らしいピアノ演奏ありがとうございました。
一方オケの方は、特にヴィオラの私はどうだったかなあ。
反省する所多し次回迄なんとかしなくちゃいけないと思いました。
頑張ります。!!

皇帝はIPPOの初回・第1回の演奏会で取上げられておりますが、私にとっては
初めての曲となります。又、これでベートーベンのピアノ協奏曲全てを演奏する
体験する事になります。改めて、みのりさんへ、ありがとうございますと言いたい
です。大変感謝しております。


ippophil at 15:00|PermalinkComments(0)