2018年04月25日

IMG_4650
朝から降っていた雨が昼くらいにあがった。
濡れた樹々はなんだか喜びの歌を奏してしるように思えた。
とくに、松とかいった針葉樹の幹はつやつやしていて、嬉しそうに見えた。


IMG_4651

そんな樹々のあいだから見える青空と雲がつくる青と白のコントラストに心が踊った。
実際はもっと空気感のある美しくも愉快な風景なのだが、写真では空気感までは伝えようがない。

鳥の声、カモのガッガー、水鳥が水面に降り立つ飛沫の音。
あらゆる音は生きている喜びを伝えてくる音だよね。
そう思いながら、上空を飛んでいく、少しやかましいジェット輸送機を見上げた。
あの子も生命の喜びを伝えてるんだろうけど、そう思えるほど自分はまだ成長できてないなァと思った。

輸送機の飛びっぷりは見事といえば見事だけど、日々に鳥たちの絶妙な飛行を目にしていると、なんだか便りなさを感じるのだ。
その頼りなさを隠すかのように、轟音を立てて飛び過ぎていくのを見上げていた。


問題のある生活保護法の改正が、自公賛成多数(野党の欠席)で可決されたわけだ。

マイケルが歌ってることが正しいわけだ。
政治支援なんかしてる暇があったら、マイケルのようにまず自分が苦しんでいる人に手を差し伸べることだ。
それも出来なくて、なにが世界平和だ! 笑わせるんじゃねーよ。
それが出来なくて、なにが世界宗教だ。偽善者どもが!

ipsilon at 16:25 

2018年04月24日

IMG_4642
池でぷかぷかしながらお昼寝〜。
「写真とっちゃお!」ってシャッター音をさせた瞬間、頭をあげてこっちを見たんですけどね。
多分、自然界にはない不自然な電子音のせいなんでしょうね。
しばらくこっち見ていたあと、また寝ましたけどね。


IMG_4643
ぜんぜん意識になかった公園の案内板を見たら……。
指先で触ってみたけど、鈍感すぎて点がどうならんでるかよくわからない。目で見てこうなってこう並んでるんだなとわかっていても、指先ではそれがわからない。
どんだけ鈍感なんだよと、自分にがっかりした。それでも木の幹に触れたり、葉に指を伸ばしたり、あるいは食器を洗うときは指先や掌に伝わる感触をなるべく感じようとしてきたんですけどね。

なんで点字に急に意識がいったかというと、
IMG_4644
こういう本を読んでいるからだ。
もうすぐ読み終わるんですけどね。

汚いから触っちゃダメ! と言われてきたりとか、汚れたものに触れるときは手袋したりと、ただでさえ視力にばかり頼って生きてるわけだから、現代人の肌感覚は非常に衰えているわけで。
未開人は狩りをしたり、その道具を手作りしたりしていたので、今の人たちよりよほど鋭敏な感覚をもっていたんだろうなと思うと、現代人の退化を感じざるを得ないわけだ。
退化だけならまだしも、感覚で捉えてもいないものにあれこれ言って妄想ばかり見ているのだから。

ipsilon at 12:00 

2018年04月21日

IMG_4630
黄色をちゃんと撮るのは難しいのだ。
タンポポといえば、3、4センチを思い浮かべてばかりいたが、控えめな茎もいて、この子は1センチくらいの花を慎ましく咲かせていた。
路肩でよく見かける子は地上数センチくらいなのに、この子の茎のまあ長いこと。そんなところに植物の知性を感じる。
環境に自分を馴染ませて花を咲かせてるんだもの。
日影に根をおろしたから茎をクキクキ〜って伸ばそうかなァみたいな。

駄洒落ばっか言うようになったのは、すっかりオヤジになった証拠なのだろう。

ipsilon at 11:58 

2018年04月20日

エッセイの感想を書くのは難しい。
小説であれば、暗喩に触れたり、文脈にある作家の哲学などを引用を絡めて紹介することで、わたしがどう感じたかという「主観」を語ることがなんとか出来るのだが、エッセイの感想でそれをやると、ほぼネタバレになってしまうからだ。

そんな訳で、多大の感動や共感があったものの、読み終わったあと、
「んー、これは感想かけなーい」
と口ずさんでは眉間に皺をよせ、あるいはアヒル口をして拗ねていた。
けれどもそんなことを繰り返していても仕方ないので、こうやってPCに向かっている。

だが読んでいて素直に感じた感覚であれば書けないことはない。
つまり、読みはじめてからぽっかりぽっかりと何度も頭に浮かんだのは、
「梨木さんは“戦う作家”だなー」
という感慨だった。

その「戦う」感じを伝えたいのだが、これがなかなか難しい。
戦いなんて語句を使うとどうも批判とか非難とかそういう印象を思い浮かべるのだろうが、そうじゃない。
確かに、様々な社会問題に対して「それはどうなの?」といった問いは投げかけているのだが、基本、表現が柔らかいのだ。

代表的なものであれば、『西の魔女が死んだ』は、梨木さんがイジメ問題について考えたことが物語りになった小説だといった具合に。
そしてそこにあったテーマの要旨は、本当に辛いときは逃げていいんだよということだったわけで。
他方、それに続く作品では、人には居場所が必要なんだということを訴えていたりもする。
そしてこのエッセイでは、そうした様々なテーマについての思いをかなり率直に語っているといえば、その柔らかさは伝わるのかもしれない。

でも「戦ってる」と感じたのだ。
もちろんそれ――「戦ってる」――はわたし個人の感覚から出てきた言葉なのだが。

ということで、今回の感想は、梨木香歩がどういう人かということがはっきり伝わる文章をひとつ引用しておくに留めておこう。


自分が百パーセント、ここにいる、という感覚は、自分自身がその「場」に生起している何者かになりきる、つまり、「場」を生き切っている、ということなのだろう。慌ただしい日常を送っていると(中略)、心の上っ面と、深い部分が乖離していくのを感じるときがある。
五感の百パーセントをかき集めるようにして、丁寧に、例えば今、目の前にいる相手に対応してみよう、と思う。バラバラになった自分が、そういうとき、きっと焦点を結ぶ。相手を大切に思う、というその一点に。


梨木さんは、基本的にこういう風にものを見ようと努力をつづけてきた人ということである。
人間として素晴らしいと思うわけだ。

しかし、自宅の庭を肥沃にするために、土に様々手を入れようとしたとき、ミミズが入手できなくて、知人に相談して、クール宅急便で送ってもらうことになりそうになったとか、結構にお茶目な人でもあったりするのだ。
「箱に詰まって届いたミミズを見てみたかったような気もしたのだが」
と語る部分で爆笑しましたけどね。

でも、後からその部分を思い出して、今の世の中、物流は相当に進歩したけど、生き物を荷物のように運ぶようなことはしていないんだなと思い、改めて生あるものの偉大さに気づいたわけで。

ipsilon at 21:55 
この3日ほど、気紛れな雨をつれた雲に覆われた空模様だった。だから散歩はおあずけ。
ようやく今日、清々しい晴れ日となった。

IMG_4617
渓流とか清流というわけではないが、ここは木漏れ日の中を歩く涼しさを肌に感じながらせせらぎの音を聞ける場所。お気入りポイントの一つ。


IMG_4618

桜が終われば、ツツジが咲き誇る。文字どおり咲き誇っている花々は、なんだかニコニコと嬉しそうだ。


IMG_4622
何年も通っているのに藤棚があるのをすっかり忘れていた。
藤という音を聞くと思いだすのは黒田如水。
彼がいたであろう土牢がどんなだったかは想像できないが、公園の藤棚の下は、エアコンが効いているかのような涼としてほのかな風の流れがあった。


IMG_4625
桜の季節には裸木だったのに、今はもう梢という梢に葉を茂らせている。
生命力の神秘を感じながら、しばらく見上げていた。
鳩たちの憩い木だから、あまり近くにいると爆撃を受けるから、少し離れて。

言葉を失いながら見いっちゃいましたよ。――溜息。

ipsilon at 14:10 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ