2010年07月11日

3DCG X-Wing fighter

そこそこ真面目に作ったスターウォーズの
Xウイングファイターです。

X-wing4
X-wing6


順番的には下の画像のを先に作って
いまいち満足いかなかったので、
編隊を組ませてみた上の画像の後から作ったんですが、
同じ機体を使ってるので、思いっきりダサくなったというもの。

時期はカフェバニラより前だったと気憶してます。
Xウイング自体は、ちょっと前にアップしたのに満足できなくて
汚れのテクスチャーなんかを追加で貼ってますね。

上の画像の背景は素材から。
下のものは全部フォトショップで作ったものですね。


3Dのいいところは、
こういう流用がやり放題ってとこですね。
マッピングやテクスチャーをいくつか用意すれば
同じモデルを使って、違う塗装やマーキングの機体が
作れるってわけですね。

ひとつ作り上げるのに膨大な時間はいるんですが、
この流用できる点は、なんといっても
3Dの最大の魅力ですし、2Dというよりアナログでは絶対出来ない
最大の利点ですね。

デジタル化が進めば進むほど、この利点は光ってくるんでしょう。
アナログで背景描き直すとか、一回仕上げてしまったり
彩色始めてしまったら、もう全面やり直ししかないんですが
デジタルはそういうのやりたい放題ですからね。

その代わり、3Dの欠点はその安っぽさでしょうね。
絵の具で描いたアナログな絵なら
間違いなくワンオフなんですけど、
いっくらでも印刷できる3Dやデジタルには
そういう価値は皆無ですからね。

アルフォンス・ミュシャなどの時代のように
シルクスクリーンや印刷技術の進歩は
文化のポピュラリティー化に貢献しましたが、
その反面、大量生産による品質の低下ってのを生み出しましたからね。

大体において、油彩画なんかの場合、
複製で原画の持つ魅力なんて伝えられないのですよ。

例えば艶。
絵の具の持つ艶っていうのは、
カンバスの凸凹具合や、絵の具の乾燥時間、
添加剤などで変わってくるんですね。
艶の欲しくない部分につや消し添加剤を入れることも出来ますが、
添加具合とか、添加剤その他諸々の理由で
複製品で同じ艶なんて表現できないんですよ。

画家がカンバスに込める艶による質感には
そういう心があるんですよ。

その反対の光沢。
これはもっと繊細ですね。
油彩は自然乾燥するのに大変時間的余裕があるんです。
常温なら丸々1日とかかかるんですね。

そういうゆっくりした乾燥の過程で
絵の具は表面張力で少しずつ艶を増すんですね。
その艶の具合は、艶出し剤で醸し出せるような
艶じゃないんです。
あの艶は言葉では表現できない上品なものなんです。

そういうものを複製できる訳ないでしょ。印刷で。

これがアナログ、ワンオフの最大の美点でしょうね。
手仕事の素晴らしい美点でしょうね。

漆塗りの漆器とかもそうですよね。
何度も何度も塗り重ね、そのたびに磨いたりしてこそ
始めて創り出せる艶なんですよね。

いかにアナログかつ自然光で見えるものが
美しいか、そして広大な美的側面を持っているか。
わかるかと思います。

でも残念ながら、現代人はそういう品を直接眼にする機会を
どんどん失っていってるんですね。
そして、安直に作られた工業製品ばかりが
身の回りに溢れているので、
工芸品などの持つ美しさも知らないという。

あー、書いてて切なくなるなぁ・・・。

私はデジタルで仕事を覚えたんですけどね、
プラモデルを作ることでアナログの素晴らしさに
目覚めたんですよ。

アナログと自然界が作る陰影は複雑で美しい。
表面の質感とか、艶。
そういったものを現実に眼にすればするほど
デジタルの限界を感じたんですね。

塗装面を磨く。
この作業も凄く大変なんですね。
ただ磨いても駄目。
塗装をなるべく薄くして、塗装自体の平滑度を上げる。
もちろん塗装前の下地処理、これが一番大切。
そうして磨く。
そこまでして始めて素晴らしい艶を得られるんですね。

でも、それは3GCGのような無機質な艶ではないんです。
どうしたって手作業ですから
完璧な面など作れないですからね。
でもだからこそ、そこに「味」が生まれるんですね。
つまりこういう感じですね。

完璧な円柱であれば、ハイライトは真っ直ぐ入るんです。
でも手作業じゃ、完璧な円柱なんて無理です。
なので、ハイライトのフチが「揺れ」てますよね。
これが「味」ですね。

手描きの直線はまっすぐじゃーないんですが、
そこには描いた人が必死にまっすぐ引こうとした心なり、
「味」があるんです。

こういう味がないのが3DCGの駄目なところ。
スターウォーズだって同じです。
ミニチュアの模型で作られた宇宙船のほうが
CGで作った宇宙船より遥かに存在感があるのも事実。

ただ、今の若い人とかは、入口が即デジタルなんで
そういう古いものに触れる機会がない限り、
その「味」を知ることがないので、
芸術はどんどん劣化するんでしょうね。

今の技術なら先の飛行機の胴体にあったハイライトの
「揺れ」も作れるのかもしれませんけど、
意図的に作られたものと、自然光によってもたらされた
ハイライトの「揺れ」は違うでしょ。「味」がね。

一番上の主翼上面に映りこんだ胴体が
くにゃくにゃ〜って歪んでますよね。
こういうのも味です。

人間の眼というか脳は
そいうものを無意識に敏感に感じてるんですね。

だから、3GCGに違和感を感じるんです。
しょせんデジタルなんて自然界の作り出すものに勝てませんよ。

アナログなことをすればするほど、そういう気持ちは強まりますよ(笑)

結局、芸術に何を求めるかなんでしょうけどね。
アナログを選ぶかデジタルを選ぶかはね。

利便性、ポピュラリティー、商業的成功。
こういうのを求めるなら断然デジタルの勝ちです。

自分らしさ、世界で唯一、自然光が作る美、解る人には解る美。
そういうのを求めるなら断然アナログでしょう。


人間が自分らしさとか個性を芸術に求めてるのは
多分間違いないんです。
ならやっぱアナログでしょ。

と、私は思うんですけどね。

いまの印刷技術があれば、
アナログワンオフものだって、
この絵気に入ったから、デジカメで撮ってプリントしたのを
譲ってください。
とかいうポピュラリティーの得方だって
出来るかもしれないって考えれば
アナログで商業的成功が出来ない訳でもないのですよ。
だって見る側がワンオフとかに拘らない世代を産みつつあるなら
そういう側面もあるってことでしょ。

もっとも、原画が高価で売れるのが一番良いにこしたことは
ないんでしょうけどね(笑)


なんか今日はプラス思考だなぁ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 22:04コメント(0)トラックバック(0)3DCG「Shade」 | 社会人時代 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ