2012年09月23日

3つの自分

拍手でメッセージを頂いたり、コメントを頂くと
中途半端な記事を書いて、
そのままにすることができないという責任感が湧きます。

ということで、「自分とは記憶である」の続きを書きます。


私自身も「記憶」というものについて
まだまだ深く掘り下げていなかったので、
記事を書いたあと、いろいろと調べてみた。

そうすると、
3つの自分があることがわかった。

1つが、「自分とは記憶である」という思想。
2つめは、「今現在の感じている自分が自分そのものだ」という思想。「意識(感情)こそ自分」という考え方。
そして3つめは、「もう一人の自分が高所から自分を見下ろし自分を客観視し、結果自分など存在しない」という思想。

結論から言えば、3つめの自分が正しい自分だ。
これは釈迦の考えに近いものだ。
私もこの生き方が出来れば一番良いと自分自身で何度も記事に書いてきた。
でも、多くの人が釈迦のような悟りを得て自分を律することが出来る訳ではない。
そう出来る人はそうすればいいし、
1の生き方であろうが、2の生き方であろうが、
最終的に釈迦のように生きられればそれでいいのだ。

でもって、2つめの自分は刹那的であり、心を師としてしまう傾向に陥りやすい。
1つめは、記憶それ自体があやふやで変化するものという危うい部分がある。
しかし、そうであっても統計的に見れば
1の考え方、つまり「記憶こそが自分」と考えている人が一番多いのだそうだ。

無論、最大公約数が正解とは言えないのだが、
そうする生き方が一番楽だ(人生を楽しめる)という証明にはなるだろう。

そもそも、記憶といってもそれは表層の部分のほうが遥かに多いのだそうだ。
全記憶の1割程度が意識できる記憶だそうだ。
つまり9割は潜在意識だとか無意識の層にあるのだそうだ。
だが、意識にある記憶は強いイメージを描けば
潜在意識に働きかけ、その記憶を書き換える力を持つことがわかっている。
つまり、これが祈りだ。


そう、これこそが私が気づいたポイントの部分なのだ。
理想からすれば「自分などない」と思って自分の人生を生きるのが理想だが、
それでは現実社会の中では生きて行けないのだ。
その為に必要な手段が「記憶とは自分である」と捉え、
記憶を書き換えて、あるいは潜在意識に働きかけて生きるということ。
もちろん最終的な目標は自他の境目も、宇宙と自分との境目も存在しないという
生き方であることは言うまでもない。

でもそれは、多分死ぬ瞬間なんだと思います。

釈迦は一回死にそうになってます。
大聖人も多分一回死にそうになっていると、私は考えています。
虚空蔵菩薩に祈願したときに、無茶な修行をして多分死にそうになっていると思います。
御書の中でもその頃に悟ったってご自身で言われてますしね。

つまり、釈迦も大聖人も臨死体験したときに悟ったってことでしょう。
もちろん、それ以前に猛烈に思索や勉強をしていたという大前提がありますがね。

臨死体験の様子を語る動画とか少し見てみるといいと思いますよ(笑)
初めは自分で自分を見下ろしているもう一人の自分がいて、
最終的には宇宙と一体になった。
てなことを言っている人がいますから。

ようするに、人間は生きているときは肉体や意識という存在のせいで、
悟ることが異常に難しいってことです。
どんな生き方をしたところで、悟るのはほぼ不可能に近いってことでしょう。

であるならば、将来死ぬ時に悟りを得れるように
潜在意識という無意識の記憶層を意識上の記憶で
正しい方向に塗り替えていくのがベターだと思うのです。

少し調べてみた結果。
過去のセルフイメージを塗り替えると、今の自分が変わることは
わりと証明されています。
とりあえず、私の考えはあながち間違ってないということです。


でも大切なのは、
「自分で考え」「自分で決めること」だと思うのです。
私の書いた記事を参考にすることはいいのですが、
受け売りはいかんと思うのです。
最終的には自分で考え、自分で決めることが最も重要だということです。
私の書く記事はあくまでもものを考えるための素材であるということです。

私自身はこの場所で記事を書きながら「自分の頭で考える」という作業をずっとやっています。
大事なのはそこだと思うのです。
少なくとも、自分で考え自分で決めたことであれば、躓いたとしても、
他人のせいにして苦しむことはないからです。
でも自己嫌悪に陥る危険は残ってるんですけどね。
だからこそ、私にとっては過去の記憶を良いものに書き直すということが
重要だと気づいたんですけどね。

まぁ、あんまり考えると病気が悪化する人はそういう意味では
やはり他者の精神的介助や理解や同意してくれる言動が大切ですね。
そういう家族や友人がいる方は、協力してもらうことをお勧めしますね。
自信を無くしているときの「容認」はすごく力になりますから。

ようするに自分論をあんまり真剣に考えるのは「うつへの入口」なことを
私自身が知っているので、そういう感覚はなんとなく理解できるのです。
んまぁ、これは難しい問題です。


ということで、
私自身もそろそろ考える事をやめて実践することを目指さなければなりません。

また絵を描きたいという欲求が出てきて、
今日は過去に描いた絵をボケーっと眺めていました。
(よくこんなに頑張って描いたな。
いまの俺には、これ描いた頃のエネルギーや精神力はないぞ、
というか体力すらないぞ)
とか思ったり。
(ぐっはー、ヘタクソ! これで上手く描けたとか思ってたんだもんなぁ)
とか思ったり。
久しぶりに情緒的になりました。

んま、思う存分絵を描くためには
まだかたずいていない引越しの荷物整理からスタートなんだなぁ。
焦らずにやってみようかな。

ま、その前に外に出て自然のある場所で時間を過ごすという、
私の「やり直し法」の基本を出来る自分になろうと思う。


うほ。こういう曲聞くの久しぶりだなぁ。
何も考えずに楽しめるっていいですね。


無題

↑この絵は今年の3月1日に描いたもの。
題目がガンガンにあがっていた時の絵だ。
狂ったように絵を描いていた時期より遥かに良い絵が描けているのは、一目瞭然。
もっといい絵もあるけど、とりま今日はこれを貼っておく。

題目ってすごいんだよなぁ。
無理に上手く描こうと思わなくても良い絵が描けちゃう。
もちろん一生懸命になる必要はあるけどね。
そして何よりも描くことが楽しかったんだ!
よーし、あの感覚を思い出して、今の自分に植え込むぞ〜!!

てか同志の先輩に、
「模写ばっかじゃダメじゃん。自分自身の絵を描かなきゃ」
とかちょっと前に言われた時悔しかったなぁ〜。
「だ・か・ら、それが出来るようになる為に大事なのがデッサンなんですよ!」
とは言いかえさなかったけどさ。
「大体ね、モデルになってくれる人とか、やそういう環境がないから写真見て描いてるんですよ」
とも言わなかったし、
「プロの画家だってモデルありきで練習しておいて本番の絵描いてたりするんですけどね」
とも言わなかったけど、それが本音(笑)

まぁそういう悔しい記憶も楽しい会話だったと塗り替えればいいのだ。


ipsilon at 01:16コメント(8)絵画「スケッチ・デッサン」  

コメント一覧

1. Posted by ねねぱぱ   2012年09月23日 02:34
いつも興味深い記事を書かれますね。

3つの自分の話は、仏法的にいうと、1と2は「本果妙」の生き方、3はニュアンス的に「本因妙」と言えるのではないでしょうか。

池田先生がよく言われるところの、「過去は夢だ、過去は変えられない」というところでしょうし、現在ある自分の目を開かせつつ未来を見つめて生きるといったところでしょうね。

悟りに関してですが、御書の十如是事に悟りについてこうあります。「この道に入ぬる人にも上中下の三根あれども同じく一生のうちには顕はすなり」とあります。下根の人は臨終の時に夢からさめて法界を寂光の極楽と見て、わが身を仏と知る――といった内容の部分があります。

ただ、言い方を変えると、上根、中根の人もいると思うのですよ。

釈尊、天台、妙楽、現代においては戸田先生、その弟子である池田先生、そして学会員の中にも仏の生命を覚知された方がたくさんおられるのではないかなと…
2. Posted by イプシロン   2012年09月23日 16:57
ねねぱぱさん コメントありがとうございます。

・そう立て分ければそうなるかもしれませんね。
でもそれは真理であって、幸せになる手段となるとは言えない部分はありますよね。

「真・善・美」を「利・善・美」に書き換えた牧口先生の思想でいけば真理を知ってもそれを役立てなければ意味がないという捉え方ですよね。

私がこの記事で書いたのはそういう私なりの手段なんです。ですから記事の中でも3がベストと結論づけている筈です。1はベターと書いています。

・現在も過去も未来も、突き詰めれば「今という一瞬/永遠」に突き詰められますので、理論物理学的に捉えれば過去は変えられると言われています。ですが、科学的には証明できないと言われています。宇宙には虚数時間があるとも言われています。そもそも、宇宙には現在・過去・未来という立て分けが存在しないということでしょう。
ですから、過去は変えられるんです。
でなければ日蓮仏法そのものが破たんします。
勿論それは意識上の過去であって非可逆の物理現象が変えられるという意味ではありません。

先生が言われることは、「地球に生きる我々の実生活の中では過去に捕らわれない生きかたの方が価値的である」という御指導であって、仏の覚りの過去(本来そんなものは存在しない。人間の意識が妄想として認識している)という捉え方で話している訳ではないということでしょう。
当然ですよね、日蓮仏法は今目の前にある現実を変革するための哲学ですからね。

つまり、理論物理学的捉え方と現実生活上での捉え方をごっちゃにして話してしまうと、会話も成り立たず、誤解も生まれるということだと思います。
私自身も、ちゃんと立て分けて記事を書くようにしているつもりですが、ちゃんと出来ているという訳ではないでしょう。

この辺が仏法の難しいとろこなのでしょう。


(つづく・・・)
3. Posted by イプシロン   2012年09月23日 17:17
『十如是事』全編拝読してみました。
自身は妙法の当体である。それを知る事を覚りと仰っていますね。一念三千はすべて自身である。そういうことだと理解しました。

つまり、私の考えた悟りは(仏の)覚りでもあり、ねねぱぱさんの言う悟りも(仏の)覚りであって間違いはないのでしょう。でもそこに開きができるのは境涯の違いでしょうか?

でも、私は自身の一念(思想)をまずよりどころとしたいのです。ねねぱぱさんのおっしゃることは真理でしょうし正しいと思いますが、それをそのまま自身の一念にできるかと言えば、今はまだできません。というか『十如是事』にもありましたが、自身の一念以外を自分だと認識すると、それは仏法じゃなくなるという一文を考えると、これは甚だ難しい問題に発展すると思います。

尽きるところ今は、大聖人の御書を拝する限り、上根中根があるであろうことは信じられるという見解です。
ですが、全ては経験ですので、感じとるまでは、ねねぱぱさんのおっしゃることを全面肯定することは出来かねるといったところです。仏法の眼で見れば、他者と私はひとつの生命体なのですが、だからといって他者の思想を全て受け入れてしまっては、現実の一人の人間としての私の存在価値が揺らいでしまうという思いです。記事にも書きましたが最終的には「自分で考える(自分の一念をしっかり持つ)」ことが一番大切というのが今の私の結論です。

もちろん、私は御書も御本尊も信じていますけどね。

なんでしょう。失礼ですが、
「そういうものなんだぁ〜」という感想が正直な気持ちです。

思考も纏まらず、文章も下手で全く伝えたいことを伝えられたと思えないんですが、コメントを頂いたこと、深く考える機会を頂いたことには、とても感謝しています。
4. Posted by ねねぱぱ   2012年09月23日 23:25
おっしゃるところよくわかります。

自分の心が感じるところを素直に受け止めるとでもいうのでしょうか、今の自分を大切にして生きる姿勢とでもいうのでしょうか。

私は、教義上の話をしておりましたが、イプシロンさんは、心を語っていたわけですよね。
さすが芸術を志す方です。

そうした生き方を私は尊敬もいたしますし、なかなかできることではないと思っております。


5. Posted by イプシロン   2012年09月24日 02:04
ねねぱぱさん お忙しい中、リコメありがとうございます。

教義を語る事、池田先生の言葉をそのまま語ること。それには重大な意義があり、意味があると思います。(理論・思想を理論・思想として語り、恣意性を極力排除する方法/哲学書などの文章)
でも、私が欲しているのは「自分の言葉で」語ることなのでしょう。どんなに幼稚でもヘタクソでも、私はそういう文章に感動しやすいのでしょう。

また、現実に会って話すならともかく、ネットという文字だけの世界であればなるべくそうあるべきだと思うのです(恥ずかしがっても仕方ないと:笑)。
多分、人間はその人の文章を読んで直観的その人の人間性を読み取っていると思います。
そして、そういう人間性がないと、文章で何かを伝えることは困難だと思うのです。

釈迦が経典を残すさい、普段良くつかわれている口語で残しなさいと言ったこと、大聖人や池田先生が御自身の言葉(口語)で語っていること。そこに重大な意味を見るのです。
(どんなに恣意性を排除しようとしても、どうしたって私見を完全に排除できないなら、伝わるように書いたほうが価値的だから)

そんな訳で、私は「自分の言葉で語る」のを好むだけなんだなぁと、今回のやり取りで強く気づかされました。

どうもありがとうございます!
また、私の生き方を肯定していただき、とても感謝しています。

「芸術(生きる事)はパンツを脱ぐこと」
だと思っています(笑)

6. Posted by Kasshini   2012年09月24日 11:18
星間飛行だけで、反応して来ました。

マクロスFは、リアルタイムで見ています。劇場版は、まだ見ていません。

80年代好きな人には、ニヤリですね。見たかもしれませんが、これ見たときは、爆笑しました。
http://www.youtube.com/watch?v=f_bZeiroun4
ファンの声から、急遽ノリで作ったOP.絵のマッチングとかヤバイでしょ?

最近、1日0-20回聴いているTell Your World.色んなボカロで聴いたけど一番聴いたのは、MEGUでした。

Skyのころまでの堀江由衣もそうですが、80代スタイルのアイドルってもっと人気出ていいと思っています。
7. Posted by イプシロン   2012年09月24日 17:14
カッシーニさん こんばんわ。

星間飛行の動画、ここに貼ったのも、紹介してくださったのも、良くできてますよね〜。
福岡伸一さんの言うとおり、オタクが文化を作るというの、頷けますね。
大人になっても、何でも「面白がる」人は素敵だと思いますね。

>マクロスF 17話の動画。
中国語の字幕がいいですね〜!
そこが一番気に入っちゃいました(笑)
ゴシックとかで書かれた中国語ってやたら固いイメージを抱かせるんですよね。
で、それがそのまま中国人のイメージになってしまう。
これにはそれがないので、中国が柔らか〜いイメージになって伝わってきた気がします。
もちろん、音楽や絵の影響もあるんでしょうけどね。

>80年代スタイルのアイドル
最近の文化はマスコミに取り上げられるものと、そうでないものに極端に2分化するので、知られていなくても案外人気あると思いますよ。

ていうか、私はマクロスリアルタイム世代ですし、80年代は私の青春時代ですよ(笑)
8. Posted by 桜子   2018年01月07日 16:39
絵も良いですね💙

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ