2013年04月27日

フルトヴェングラーの言葉

 私にとってみれば、音楽とは「体験」なんです。ずっとそう思ってきました。聞くことはすなわち感じること。我が心で音を「体感し体験すること」、とそう思ってきたのです。
 もちろん、第一主題はなんだとか、それが第一バイオリンから、フルートへと引き継がれてうんたら……とかいったことに熱中した時期も少しはあったのですが、心が感じとらないもには見向きもしなかったというのが本当のところだ。

 けれど、そういう感覚はどうなんだ? と最近疑っていたのですが、フルヴェンが私と同じ思考をしているのを読んで確信できました。しょせん、音楽は生命で感じるものだと。頭で考えたり分析するものではないと。
 んとね、フルヴェンはそれを伝えようとして、こう言っています。

 人は情熱をもって、そういう偉大な作品を信じきっていたからなのです。――と。

 「信じきっていた」ですよ。凄い力はいってますよね。
 でもさ、それって大事だと思うんですよ。好きって感情はさ、突き詰めると好きだと信じてるわけでしょ。
 そう信じてるから、好きなものに熱中もできれば、嫉妬もするわけですよ。
 芸術にあっても「信じる」行為は絶対的に必要だってことですよね。

 それはそうと、あんたそういうけどさ、小説とか読んで散々分析の記事とか書いてるじゃん、と言われるのだろうが、実は違う。
 ちゃーんと私の心を見抜ける人ならわかるんだ。私が分析以上に情熱的になっていることがだ。
 そもそも、情熱的にならなければ、こんだけボカスカ次から次へと読めるはずなどないのだ。
 『星の王子さま』を読んで泣いた。分析ばかりしてたらそんな感情は湧かないんです。心で読んでるから涙も出るのです。心で読んでるから色々なことを感じるのです。そしてそれを言葉で表そうとすると、分析になり、科学的になるのです。
 そうそう、『星の王子さま』にこんなような言葉がありましたよ。
 使った時間のぶんだけ仲良くなれるし、好きになれるし、信じられるってね。ここも感動したんだなぁ。

 話を戻します。
 ですが――、フルヴェン曰く。表現者が分析をし過ぎてはいけないんだそうです。芸術家は芸術家であらねばならん――直観的であらねばならぬ――とのことです。解釈はしてもいいが、それを分析として表現したら、芸術家ではない。そういうことらしいです。
 どうしても分析したいなら、作品を演奏(小説であれば作品を書くこと)で表現すべきなのだそうだ。そらそうだよね。納得。すごい納得する言葉だね。
 いやまぁ、それとなく気づいてたけどさぁ、どうしても感動したということを伝えたいと思うとね……ってなわけです。
 科学偏重主義は嫌いと思っていながら、思考がそうなってしまいがちな自分が口惜しいですね。

 まあいいや。眠いし。

 さくっと読み切るのかわかりませんが、フルトヴェングラー著『音と言葉』を読みはじめました。
 言い回しがね、なんか回りくどいんだ。フルヴェンらしいし、いかにも芸術家的(つまり、私のように、あーでもない、こーでもないと理屈こねてるうちに、伝えたいことがぼやけてくるって寸法だ:苦笑)

 まあいいや。眠いし(笑)




 今日の汎庸な演奏を聴いてみると、人は無意識のうちにこんなことを自問せずにはいられません。今日の世界にとっては、これらの作品は突然もうどうでもよい興ざめたものになってしまったのだろうか。いや、しかし、作品が変わったわけではありますまい。また人間が、――聴衆という大衆が、――変わってきたわけでもありますまい! では、それは何か、ということです。今日の思考法、――(以下略)

 つまりは、思考や思想によって、ありとあらゆる芸術は塵芥とかすことがあるということだ。
 そんな時代にしないためにこそ、せめて私一人くらいは芸術を心で感じる人間でありたいと思ってみたりする。
 はいはい、大袈裟なのは承知しておりますよ。
 やっぱりブルース・リーはいいこと言ってるよね。
 「考えるな、感じろ(Don't Think , feel.)」だもんね。
 けどね、↑こういう考え方をしようと「考えちゃう」のもまた確かなんですわ。所詮、物事は煎じ詰めれば、二律背反てことですね。

ipsilon at 03:39コメント(0)トラックバック(0)音楽と動画  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ