2014年07月31日

小説『逆行する星々』宇宙シリーズ【外伝】#2

 PETUピーツ(People for the Ethical Treatment of Univers)、宇宙の倫理的扱いを求める人々の会は、DOXAドクサ(Deep Outerspace Exploration Agency)、深外宇宙研究開発機構の科学偏重主義に対抗して勃興した倫理団体だと思われている。だが真実を見極める者が見れば、それらが一卵性双生児であることに気づくであろう。表と裏、内奥と外殻。あらゆるものは、相反するように見えても、内実においては同質だということを知る者は多い。
 例にもれることなく、PETUとDOXAはそういう関係にあった。いや、内実を知る者に言わせれば、それは一つの組織、一つの理念から生まれたのだとはばからないだろう。
「やつらの思惑など気にする必要はないのさ。しょせん同じ穴のむじなだ」
 脂ぎった筋肉質の奴隷商人は自室に戻るとデスクに陣取って、通信回線を開いていた。
「俺がただの商人だということを忘れるなよ、どっちの味方でもない。俺が欲しいのは金だ。あとはそっちが考えることだ」
 商人のけばだった声の向こうから、ノイズに混ざって律儀に説明しようとする若い男の声がした。
「それはわかっているつもりだ。しかし、わたしの立場も考えてくれたまえ。どちらにも顔を立てなければならない苦労があるのだよ」
 通信機の前で、褪せて汚れた緑色をしたPETUの制服を着た男は、わざと音程をはずしたような声で言い返した。
「十分に面倒をみてやったはずだ。ガキどもだけならまだしも、あいつらの親を調達してやったことを忘れるなよ。立場を考えろってことだ、こっちは命がけなんだよ」
「すべては科学の進歩のためなのだよ。わかるまい。だが君らが派手に動くことで、こちらに被害が及ぶことをわたしは望んでいないのだよ。そこを理解してくれたまえ」
「それはこっちだって同じだ。俺たちはお前らの道具にはならない。商人っていうのはな、独立気風がすべてなんだよ、わかるだろ?」
 男は軍装とも作業着とも判別しえない上下に別れた服のポケットから、サイキックガムを取りだして口に放り込んだ。覚醒作用のある塊が、スピーカーの向こうにいる男への憎悪で、つぶれてゆがんでいた。
「どちらにしても、いかなる情報の流出も許されないのだ。それだけは肝に銘じてほしい、こちらもくびがかかっているのだよ」
「そういう言葉を聞きたかったんだよ、旦那さん」
 男の口の中でにやつくように炭酸がはじけていた。
「ともかく、しばらくは奴隷の取引きは控えて欲しい、支払クレジットのほうは何とか手配するから、それまで取引は中止してほしい」
「わかった、じゃあ手筈通りにするぜ。話はここまでだ」
 声に同調して明滅していた通信機の赤い光が消えると同時に、ノイズが去ってくちゃくちゃというガムを噛む音だけがしていた。
「しかたがねえ。現地調達で稼ぎを受けとりに行くとするか」
 とつぶやき、船内通信を開いて、
「軌道を離れるぞ。行き先は月基地ムーンベースだ。しばらく商売はおあずけだ、くわしいことはブリッジで話す」
 と言ったあと、椅子から立ち上がった。
「やりきれないことばかりだ。こっちがボロ船だってことがわかってやしない。月も安全とは言えないってのにな」
 男は噛んでいたガムをごみ箱に吐きだしたが、標的をはずして、船内靴を引きつける磁気をおびた床にへばりついた。唾液の混じったガムが、踏みつけられ固まっていくだけのことだった。
 ブリッジについた男は、やくざ風の男たちに次々と指示をくだしていった。サイキックガムのせいなのか、そこにいる同輩たちに自分と似たものを感じとったのか、脳が酸性の海に浸っているような高揚感に酔っていた。
「それはわかっている。お前たちが心配することじゃない、ともかく警戒だけは緩めるな。スリルはこの先にあるってことだ!」
 いつもより上機嫌な口調がそのまま男たちに伝染してゆき、充血した眼へと瞳へと濁った油の膜が広がっていった。ブリッジは際限なく小惑星を回る退屈軌道――ティディーちゃんコースからの解放感と喧騒に満たされていた。
 海賊船とも輸送船ともいえない、ありふれた長方形の煤けた船が、船首を月へと向けて宇宙の海をへらへらと走っていた。

もくじへ 次話へ

―#2―





ipsilon at 14:05コメント(0)トラックバック(0)小説『逆行する星々』宇宙シリーズ【外伝】  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ