2018年07月08日

ルソー『社会契約論』(2)

Q:主権の及ばない範囲はあるのか?
A:ある。だがそれは非常にセンシティブな問題を孕んでいる。

2018年7月6日、地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の麻原彰晃を含む7人の死刑が執行されたが、主権の及ばない範囲とは、まさにこの「死刑」なのである。

つまり、殺人などによって一般契約を破った者は、その時点で主権を失い、国家の構成員として認められなくなる。それゆえに、いかな国家や司法といえ、主権が及ばなくなった犯罪者に対して、死刑という処罰することは出来ないとルソーは述べているからだ。

であるから、まともに法を順守していた国家は、極刑を国外追放としていた歴史がある。
しかし、グローバル化した現在にあっては、もはや国外追放という措置もとれないことは容易に理解できよう。

では、いかなる方法が残されているのか? ルソーはこう答えている。
刑罰が多いことは、つねに、政府が弱いか、怠けているかのしるしである。なにかのことに役立つようにできないというほどの悪人は、決していない。生かしておくだけでも危険だという人を別とすれば、みせしめのためにしても、殺したりする権利を、誰ももたない。

ようするに、そもそも自然状態にある個人というのは、いかなることがあっても、死刑にされる権利を誰人にも与えていない。したがって犯罪により、主権の範疇から逸脱した者を、主権によって死刑に処することは出来ない。
だが、主権を維持していた時に犯罪を犯したという見方も可能であるので、そうした視点であれば、生かしておくのも危険だという者に限って、死刑に処することはできるのではないか、と。
もちろんこの場合、国外追放に出来ないという条件が整っていなければならない。

また、主権者は例え自分の生命が害されるとしても、自己防衛する権利を有するという点においてのみ、死刑を用いることが可能である、ともルソーはいっている。

しかし、ルソーがこの主権の及ぶ範囲と生死に関する問題で本当に語りたい部分はこうした刑の執行に関する可否ではなく、そもそも死刑を行なわなければならなくなった根本に、殺人を犯すような主権者を生みだした国民と政府の無能こそ責められるべきだといっていることは間違いない。

つまり、死刑制度に賛成するということは、国民と政府という国家の総体が、己たちの無能さを証明しているのだといっているわけだ。
まあ、そうでしょう。執行の前日に法務大臣を含む人びとが酒宴を開いたり、執行される者の顔写真をパネルで見せて、「いま執行されました!」などといって「執行」というシールを貼り、死刑をショーのように演出するメディアをもつ劣悪な人権感覚の国民や政府が無能でなくてなんであるというか。こんな報道こそまさにルソーのいっているところの「みせしめ」ではないか。
平成という元号のうちにという憶測もされているが、それだって一種の「みせしめ」であり、新天皇を権威づけするための死刑の政治利用ではないか。

ともあれ、日本人というのは何十年経っても、「目には目を歯には歯を」という感情論しか言えず、犯罪者は死刑にすれば世の中が丸くおさまると思いこみ、犯罪を少なくしていくために自分たちや自分たちの政府に出来ることはないのか? すら考えないのだろう。また日本以外で唯一死刑制度を維持しているアメリカ人もそういうレベルなのだろう。
そもそも、死刑に犯罪抑止力がないことなど、既にほぼ実証されていてさえそういうレベルに居座っているのが日本人とアメリカ人いうわけだ。

ようするに、一般契約というのは、あくまでも人と人、つまり社会契約なのであって、その上位概念にあたる自然の摂理からすれば、いかなる理由があるにせよ、人は他人の生命を奪う権利など無いということをすべての主権者の思想に教えるような教育ができない国家は野蛮である、無能であり文明的でないとルソーはいっているのだ。

じゃあ、人が人を殺めるのが駄目で動物はいいのか? と屁理屈をいうのだろうが、ならばこう言おう。
人が自己の生命を維持(生きるための自己防衛を)するために、人を殺すことに意味はあるのか?
食人族であるならそうだろう。
だが、植物や動物を食べて人が生きることはある種の自然の摂理に叶った自己生存のための自己防衛ではないのか、と。もちろんそれとても、自己に必要なだけという節理が自然界には働いているのだろうが。
そういう点に目を向けていけば、自然界において生存に不可欠以上の余剰をもち備蓄し、それらを再配分することではじめて国家が営める人類のもつ罪業というものにも気づけるというものだろう。


ともあれ、わたしは死刑制度に反対だ。人間のやっていることに完全などありえないし、冤罪による刑死もあるし、死刑は不可逆な刑罰ゆえに。だから昔からずっと反対の記事も書いているしね。
じゃあどうすればいいと思ってんっだと聞かれれば、大体こう答えてきた。
仇討ち制度を復活させればよい、と。被害者は怨みをはらしたいんでしょ。だったら、自分ではらしなさい。
事件に関係ない人にまで死刑制度を維持させるようなことをさせずにね。

けれども、今のような状態になれば、それは現実的には無理だろう。
であるなら、国外追放はできなくとも、流刑地をつくってそこに島流しすればいいと思う。
そうすれば、加害者は社会契約の不履行によって契約外に追放したことになるし、自給自足でしか生きていけないような流刑地にしておけば、人や社会が裁くことなく、自然の摂理によって裁かれるであろうから。
まあ、そういう流刑地の整備や警備、維持に多少の税金は必要だろうが、死刑執行にあって刑務官たちが受ける精神的な苦痛(下手をしたら生涯のトラウマ)を与えることもないだろうし。

だいたいにおいて、重犯罪者などぶっ殺せばいい! という殺人を容認し肯定する死刑制度からくる精神風土が、鬱憤をはらしたくて「誰でもいいから殺したかった」という風潮を生む原因になっているのだろうし。
人間というものは、自分が見たり聞いたりしたことは、自分も行っていいと思考してしまう生きものなのだから。
虐待されてみればわかりますよ。自分では暴力はいかんと思っていても、自分が体験したレベルまでは他人にやってもいいと心の奥底に情動がインプットされているのが人間なのだから。

だからわたしは死刑制度に反対なのだ。

ipsilon at 19:39コメント(0)ルソー『社会契約論』  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ