2010年09月

2010年09月30日

「日向」を一時中断して「扶桑」をいじっています(笑)
いきなり1/500スケールで資料なしとかだと、
完成させてもおもちゃっぽくなるのが嫌なんですね。

ということで1/700の日本海軍初の超弩級戦艦「扶桑」を
なんとか完成させたいと思います。

アオシマの扶桑は2008年にリニューアルされて
組み立てるだけで立派な戦艦になるんですが、
今回私がいじるのは、リニューアル前の昔のキットなので、
真面目に組むと大変なキットです。

船体は以前に組み始めたときに、それなりに手を入れていたので
かなりグチャグチャです(笑)

IMG_3265

実艦同様、艦尾を延長して、舷側の余計な段差とかを処理しています。

左舷後部にはクレーンを設置したために出来た
膨らみも一応再現しています。

なんか、結構がんばってたんだなぁ〜とか思います(笑)


とりあえず艦橋とかを借り組みして
モチベーションをあげてみました。
それにしても物凄い不安定な艦橋だこと(笑)

IMG_3266


まぁ、扶桑級の魅力はここなんですけどね。

そもそも、明治期(竣工は大正)に建造されたものを
何度も大改装して大東亜戦争末期まで
働いたフネですからね。

そりゃ〜もう後からあれ付ける、これ付けるってやったもんですから、
こんな艦橋なんですね。

そもそも、設計時に艦橋後部に主砲を配置してしまったものですから、
主砲発射時の爆風を避ける為に
基本的に扶桑級は、
こんな凄まじいクネクネした艦橋なんですね。

後の長門級とかと較べると
主砲の配置も酷い。。。

でもそのアンバランス差とか、
洗練されていないものを洗練しようとした感が
扶桑級の最大の魅力ですね。

ちなみに、扶桑級の後の型は
「日向」の同型艦の伊勢級です。


扶桑、、、、それは日本国の美名。
由緒ある美しい名前を頂いたフネでしたが、
その最期は悲惨なものだったんですね。。。
まぁその辺りの話は機会があれば。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 23:19コメント(2)トラックバック(0)模型「戦艦 扶桑」 
尖閣諸島の問題で、あーでもないこーでもないとか
やたら騒いでいるエセ愛国心の強い人がまー多いこと。

大体、中国人ていうのはさ、
火がつくとすぐ炎上する民族なの。
その数とそのパワーは凄くてさ、
自国政府でさえそれを抑える事さえ困難なのよね。

そんな国民性の国だから、
中国政府は日本に対してあんな態度に出るしか手が無かったんでしょ。

アメリカだって中国だって政府はそこまで無能じゃないし、
日本の政府もまぁ一応今回のことで無能じゃないことを
ちゃんと証明したね。

事を大きくすると対話や外交も出来ない状況になる。
政治経済的にこれが一番やばいの解ってるんだから、
まぁ今回の措置は妥当でしょ。

大体、日本の貿易相手国、第一位は中国なの。
その中国が領海侵犯したくらいで大喧嘩して
経済が滞ったら日本は日干しですよ。
領海侵犯とか領空侵犯なんて、冷戦時代から
日常茶飯事なんだしね。

それを、今回のことで「主権を侵害された」とか
言ってるお馬鹿さん多すぎ。

侵犯された事に毎回実力行使してたら、
もう国なんてとっくに滅びてるだろ。

清濁併せ呑む器量もない狭量主義者めが。
なにが「主権を侵害された」だ、、、アホくさい。


それに、中国だって今のところ日本製の機械だの部品だの
そういうのがないと大変なことになるのよね。
政府はその辺の経済的結びつきがあることを
重々承知してるからこういう措置になったってだけでしょ。

それを右よりの人達はだらしないとかいうけどさ、
じゃ、今回のことで
火に油を注いで日中の経済が稼動しなくなったらどうなると
思ってるんだろうね。
ヘタしたら世界恐慌の引き金だろ。
そもそも世界はどんどんグローバルな経済構造になってきているんだからね。
そんぐらいの視野でものを見ないとでしょ。

自国の利益だけで政策を決めれない。
今はそういう難しい時代だってのに、
かつての大東亜戦争時代のような感覚の
感情先行型な人が増えて、なんだか阿保らしいね。
やたら愛国心を誘うマスゴミがクソだってのもあるけどね。

あくまでも、何が重大か?
それを冷静に判断するのがいまの日本には必要なことでしょ。

ま、今回の措置、
見方によれば「事なかれ主義」っていうんだろうけど、
それでもいいと思うんだな。

精神力や主義主張や銃や弾丸で平和を守れる訳じゃないからね。
政治なんてそんなもんだ。
経済なんてそんなもんだ。
滞りなく円滑に。そうするのが一番重大なことだろ。



5:30〜のセリフいいね。

「どんな状況だろうが、我々は我々であることだ!」


相手の挑発に乗って相手の手の内に乗るのが馬鹿だってことだ。
それでかつての大戦になだれこんだことを思い出すべきだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 00:24コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月26日

ここ数日雨が続いてるせいでしょうか、
ちょっと気分がダウン気味です。
模型作りには資料が必要なのが、普通。
そんなことで本屋などに足を運んだりして
体が疲れ気味なだけかもしれませんけどね。

自分がどんくらい疲れているとか、
あんま分らないんですね。
この辺が改善しないと、無理とか絶対出来ませんね。

本人、無理したつもりがないのに
実は体は疲れていた。
で、その体力の衰えに合わせて、気力(気分)もダウンする。
そういう構図がありますからね。


肝心の模型資料は結局ゲット出来ず。
ネット検索したところ、
私の欲しい本は絶版で重版未定。
アマゾンとヤフオクにはあったのですが、手続きが面倒くさい(笑)
ま、気が向いたら買うことでしょう。

ということであまり作業は進んでいません。

IMG_3263

艦首最上甲板に開いている不用な穴をプラ棒で埋めました。

そして喫水線部分に再度パテ盛り。
一回でバッチリなんてことはまず有り得ませんので
こういう作業は何度もコツコツです。
使用したパテはラッカーパテ。

ポリパテの様に厚盛り出来ないのですが、
こういう細かな修正には便利です。
ラッカーパテは切削性が高く目が細かいので。

IMG_3264


艦上構造物のパーツには、酷いヒケがあったので、
ここもプラ棒を埋めました。

こういうヒケというのはホントに処理に時間がかかます。
昔のキットゆえ、プラの充填が不十分だったり、
プラが冷える時にヒケてしまっているのは仕方ないんですが、
ここまで酷いと、ヒケというよりヘコミレベルですからね(笑)

IMG_3262


艦尾エレベーター甲板を組み付け、
隙間が出来た部分にラッカーパテを埋めておきました。

この上に飛行甲板が乗っかります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 22:50コメント(0)トラックバック(0)模型「航空戦艦 日向」 

2010年09月25日

IMG_3259


うほ。私が幽霊のように写りこんでますが、
まぁ気にしないでください(笑)

実は昨日は、久し振りにジグソーパズルを組みました。
のりづけしておいたので、ここにアップ出来なかったという具合です。

これも集中力と忍耐力、そして観察力と
絵画のお勉強のために組んだものです。

もう、ジグソーは買わないとか思ってたんですが、
このジグソー
印刷の線数が240線という高品質の印刷だったことと、
自分が描きたい絵に近い絵柄なので買ってしまったんです。

画家はウイリアウ・アドルフ・ブークーローという人。
時代的には印象派の時代の人です。

でもこの「キューピッド」を描いたブークローは
アカデミックで耽美主義の画家なんです。

アカデミックというのは、
ようするに学術的ってことなんですけど、
そう言われてもイメージが湧き辛いですよね。

つまり、美術という教科で眺めたときに
完璧というジャンルですね。
アカデミックには5禁とかあるんです。

背景のラインと人物のラインを重ねてはいけないとか、
全身を描くなら、足までちゃんと描いた上で、
地平線と重ねちゃいけないとか、そんなようなやつです。

アカデミックという視点で考えれば
現在の絵は、そういう要素すら蔑ろにされていますね。
というか現代絵画では、描き方なんて
「なんでもあり」になってしまい、
アカデミックというのは死語に近い存在ですけどね。


でも、この「キューピッド」は
アカデミックという視点でみたら
それはそれは完璧な絵だと思います。

しかも、ルネサンス期の美をさらに推進し、
そののちの時代の理想の女性像を描き続けたブークローは
一度はアカデミックの流れが退廃したあと、
20世紀になって再評価された画家なのだそうです。

うんうん。そういう評価とか全て解りますね。
この人の絵は凄いです。
とにかく美しい。

この「キューピッド」は
測ってみたところ6.5頭身。
頭身的には、あきらかに10代の少女の美で
悪戯好きのキューピットの眼差しや
あどけなさを完璧に描いてると思います。

体のライン、、、秀逸です。でも不思議とエロスを感じません。
これが美だ!! というナニカを
ビンビンはなっている絵ですね。
ブークローの作品はどれもそうなんですけどね。

さすがにルネサンス期後のアカデミックな作品だけあって
体のパーツのバランスとかも
完璧に測ったかのようにキチンとしてます。

でも、そういうのに気付くまえに
とにかく美を感じてしまう。

ブークロー、凄い画家ですね。

エリートコースをまっしぐらに進んで画壇に入り。
マネやルノワールの印象派の絵を
落選させたりしてた
ちょっぴり意地悪な人なんですけどね(笑)

でも、自分の作風や作品にそれだけ自信があったということですから、
それを批判することも出来ませんね。

それぞれがそれぞれの居場所で自分を貫いた。
そういうことなんだと思うんです。

ドガも画壇とかアカデミックに強い興味があったそうですよ。
ですからドガの絵はデッサンとか完璧なんですね。
印象とアカデミックの中間の画家、ドガ。

ドガもまた魅力的ですね〜☆





でもってプラモのほうは只今、こんな感じです。
IMG_3260

IMG_3261


喫水線部分の段差にポリ(エステル)パテを盛って
軽く仕上げました。
使ったペーパーの番手は#240。

ポリパテは堅いので、
完全硬貨前にザックリ成形したという感じです。

艦尾のプラ棒やプラ屑で埋めた部分も軽く成形しました。

ただひたすらペーパーがけ2時間てところです(笑)
全長は40cmを少し超えてますので、
成形もけっこう大変です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 20:39コメント(2)トラックバック(0)模型「航空戦艦 日向」 

2010年09月24日

さて、いつまでもお気楽にガンプラやってる訳にもいきません。
ということで、集中力・忍耐力を鍛え治すために
根性だめしに真面目にプラモを作りながら
鬱回復をしていこうと思います。

プラモデル、馬鹿に出来ないんですよ。
どういう手順で作っていけばいいか? とか
かなり頭使うんですから(笑)

しかも艦船模型は一番手が掛かるジャンルですからね。
これを1隻ちゃんと組めたら、
集中力や忍耐力に関しては、ほぼ回復したと判断できるはずですからね。



お題は日本海軍の航空戦艦「日向」。
伊勢級戦艦の2番艦です。

ニチモの1/500のキットはなにしろ設計が古い。
なので、普通に組み立てるだけでも難儀するんですね。
まぁどこまで手を入れるかとかはあまり考えず
やりたいようにやってみようと思います。

あくまでも目的は回復の為ですし、
プラモを作ることで自然周りが汚れたり散らかるので
部屋の片付けや掃除もしたくなると思いますので。

絵を描く道具と模型を作る道具もグチャグチャになってますしね。
その辺も整理したいのです。

IMG_3252

今日はとりあえず船体の組み立て。
ハル(艦底)を接着しました。

IMG_3253

古いキットなので、船体が歪んでましたので、
船体中央部につっかえ棒をして
船体上部とハルの幅を出来るだけ合わせました。
それでも、喫水線の部分は段差が酷いので
後ほど成型します。

IMG_3254

今回はスタティック(展示用)に組むので
ハルの艦尾部分にある
モーターライズ用の不要な穴を
プラ棒とプラ屑で埋めて置きました。

艦底中央部の出っ張り(スケグ)は
実艦はこういう形状ではないはずですが、
資料がないので、そりあえずそのままにしておきます。

なんとか2ヵ月くらいで完成させたいのですが、
さぁどうなることやら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 19:52コメント(2)トラックバック(0)模型「航空戦艦 日向」 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ