2011年04月

2011年04月30日

まず初めに、ここに温かいコメントをくださった方(tokumiさん)と
私が全く返信できない状況でも
ずっとメールをくださった方に
心の底からお礼を申し上げます。

本当に、本当にありがとうございます。

正直、言葉に出来る気持ちではないのですが、
言葉にするならば「有難う御座います」しかないもので。
そんな気持ちを受け取って貰えれば嬉しい限りです。

更新が止まってからも、20人くらいの方は
気にかけてブログを開いてくれていたようです。
そういった方々にも感謝します。


なぜこうなったかは、自分ではある程度解っています。
前回の記事では濁らせましたけどね。


簡単に言えば、私の性格や私のブログの記事に対しての意見を
ここから外に持ち出して色々と言われたと受け取れる記事が
多々あったからです。

そうした記事を書いた方は
悪気があって書いたのではないでしょう。
でもね、私からすれば
そうした行動は「陰口」にしか思えなかった訳です。

「そんなの気にしなきゃいいじゃん」
多くの人はそう思うし、そう言うでしょう。
「世の中、陰口なんて日常茶飯事にあることでしょ」
と言うでしょう。

ですが、ブログ村の創価学会というコミュニティーにあって
そういった行動をされた場合、
陰口が本人に容易に聞こえてしまう状況があった訳です。

そういったことも考えず、
他人のブログの内容を批判する姿勢に
激しい怒りが湧きました。
言いたい事があるならなぜ直接言ってこない?
と相手の卑怯さに怒りが湧きました。

当初は徹底的に討論するつもりもありました。

ですが、色々考えていった結果
そんなことをして争って、ご本尊や師が喜ぶのか?
という疑問でした。

無論、喜ぶはずなどない訳です。
ならば私がスルーすれば言い訳です。
わざわざ揉め事を起こさなければいいだけの話です。


しかしそうなると、ここに記事を書くことすらままならないと思った訳です。
私が何か記事を書けば、それを読んで、
それに反応して何か記事を書くことは今までの状況からして
容易に想像できましたからね。


ひょっとして、これは私の被害妄想?と
考えてみたこともありました。
ですが、何度考えても、何度検証してみても、そういう結論にはなりませんでした。

私が更新を止めた原因はそういう事です。




このブログの長い読者なら知っていることでしょうが、
私のブログは少し異色です。
なぜなら自分の恥部を惜しげなく晒しているからです。

それは私にとって重要な意味があります。
つまり、つつみかくすことなく自分のありのままの姿を
自分で見つめなおして、
病気と対峙し
そうして病気を少しずつ乗り越えてきていたということです。

都合の悪いことは書かない。
都合の悪いことは病気のせいにしておく。
そうすることは簡単なんです。
大変申し訳ないのですが、多くの鬱系のブログは
そういう記事が多いのです。

でも私はそうしたくなかったのです。
自分のことは全て自分に責任があるのですからね。
誰かのせいにしたり、病気のせいにすることは理不尽だという考え方です。

そういう方向性で、それまで社会や他人に向けていた怒りの気持ちなどを
すべて再検証して、自分の中から出てきたものだと自分と向き合ってきたつもりです。
そうするために存在させたブログです。

ですから、そういった場所を維持できない状況が生まれた時、
私が一瞬でどん底に落ちたのはごく当たり前のことです。

ここには何度も書いていますが
私は天涯孤独みたいなものです。
家族、親族、友人知人、つまりは他人と対峙して自分を知る機会はほとんど無いのです。

つまり、このブログは
私にとってみれば
私が私を知るための重要な場所だった訳です。
自分で自分を見失うことがどういうことかは
経験してみないと解らないことなので
ここで説明してもあまり意味はないのかもしれませんけれどね。


たまたまリンクを辿ってきた方々に
このブログがそういう意味で運営されていると気づいてもらうことは
甚だ難しいことでしょう。
それを期待してもいませんでした。


が、世の中にはそういう人もいるのです。
まぁそれだけのことです。


誰がどこでどんな記事を書こうが表現の自由は保障されているのかもしれません。
しかし、それは建前です。
自由とは責任を伴うものであり、モラルを逸脱した言論までも自由が保障されている訳では無い筈です。
批評批判をするのなら、それなりの責任感を持っておこなって欲しいと思うだけです。
少なくともブログという運営者個人に責任が生じる媒体であれば尚更のことです。
2ちゃんねるで好き勝手言うのと、自ブログで好き勝手言うのとは訳が違うということです。

例え2ちゃんねるであっても、伏字を使っていても、
内容が読み取れるようなものは犯罪として摘発されることさえあるのです。
他人のブログの記事を批判するなら、
そういったこと(名誉棄損)にもなりかねないといった感覚を
持ち合わせる必要はあるのではないでしょうか。

そう思うのは私だけですか?



まぁ、過ぎたことはどうでもいいのです。
この先、どうするのかを考えなければいけないのです。

ホームレスになろうが、どんな状況になろうが
死だけは選ばない。
今心にあるのは、正直そんな気持ちだけです。
ぶっちゃけ、それ以外考えられていない状況です。


更新しなかった期間、支払いの不手際で2日間ガスが止まりました。
生憎、その2日間は寒い日で毛布にくるまってガクガク震えながら過ごしました。

板張りの底冷えする避難所で毛布一枚無く
眠ることもできなかった人々からしたら充分俺は幸せだな。
そう思いながら寒さに震えていました。

2日間、温かいものを口に入れませんでした。
飲み物を飲めば体が冷えてしまう。
でも喉の渇きは癒したい。そんな苦痛を味わいました。
それでも被災者よりは恵まれていると感じました。

震災で助かった命なのに
今後の生活に絶望して死を選んでしまった人もいるそうです。

でも、それだけはやめて欲しいと強く思っています。
生きてさえいれば必ずなんとかなるはずです。
何度も死にたいって思ったり
実際に未遂までした
こんな私が言う言葉ではないかもしれませんけどね。



理想と現実のギャップは計り知れないかもしれない。
昨日まで持っていたものを今は全て失ってしまったかもしれない。
どうやっても逃げ出す場所はないかもしれないけれど、
それでも生きて、生きて、生きて欲しい。
今はただそう思うだけです。
そして、自分もそうしなければと思うだけです。

貴方の隣に大切な人が一人でもいるのなら、尚更にです。
一人になってはいけないし、誰かをひとりにすることもしないで欲しいと思うのです。


孤独は本当に恐ろしいですからね。


今日は違うバージョンで昨日の曲をもう一度。




精神状態、おかしいので変なこと書いてるかもしれませんが、
あまり気にかけずに
華麗にスルーしておいてください(笑)

ipsilon at 06:53コメント(0)トラックバック(0)連絡事項・ご挨拶・伝言 

2011年04月28日

2ヵ月振りの更新です。
とりあえず生きています。

更新しない間に、東日本大震災という甚大な災害も起こり
目にしたニュース映像に心が痛かったり、
災害に便乗し義援金詐欺やチェーンメールに憤激したりして
精神状態が非常に不安定です。


私のこと、
心配してメールをくださった方、ブログのコメント欄に温かいコメントをくださった方、
本当にありがとうございます。
今は返信する気力がないのですが、
いつか必ず返信させて頂きます。

今は、「これ以上放置してはいけない。これ以上心配をかけてはいけない」という気持ちで
必死にタイピングしています。
何か書けそうな時は2,3行でも更新しようと思います。



何が原因なのかわかりませんが、2ヵ月強前、
一瞬にしてブレイクダウンして
今現在、かつて味わった、最悪の精神状態が続いています。
何かをするという気力を完全に喪失した状態が続いています。
ですから2ヵ月間、食事を買いに出る以外、完璧に引き籠っていました。

ですが、自ら「死」を選ぶことだけはしません。
そういう気持ちになることはあります。
でも、このブログを維持するためにしてきた数か月間の努力のおかげで
それだけは選択しない気力はあります。
というより、そういった行動をする気力すらないというのが実際のところです。



更新しなかった2ヵ月強の日々、
ただひたすらネットゲームをやっていました。
時間と労力の浪費以外の何物でもないことを知っていながら。


以前やっていたゲーム。
「そういえばPC買い換えたんだよね。あのゲーム、どれくらい綺麗に表示されるのかな?」
そんなたわいもないない気持ちで
何となくゲームを初めて2ヵ月を浪費しました。


(こんなことしてたって、何の意味もない・・・)
そう毎日考えながらも止められませんでした。
自分の身の回りの現実を考えることが甚だ苦痛だったのです。

それでも必死でした。
(こんなゲームであっても、自分を見つめなおす材料にはなるかもな・・・)
そう考えて、
毎日毎日、何かを考えていました。
それで見つけ出したこともある気がしますが、
たいした発見ではないでしょう。


「結局、嫌なことから逃げ出しただけだろ?」
そうです。逃げ出したんです。
でもそうしないと心が壊れるところに居たんです。

「逃げ出して何が悪いの?」
誰も解ってなんてくれないし、誰も助けてなんてくれないもの。
「だから逃げだしたの?」
そうだよ。
逃げようが、逃げなかろうが、
自分の人生の責任は自分でしか取れないこと知っているんだもん。
なら、逃げ出して何が悪いっていうんだ。


いつか道に戻ればそれでいいでしょ。


辿り着く答えはいつも同じなんです。


大事なのは、師の仰る通り、「人生、最後に勝てばいい」ということだけですから。




アメリカの国章は、白頭鷲ですね。
アメリカ人は大きくて強いものが大好きなんですよね。
多種な民族がひとつに纏まるのに必要なのは強大な力である。
そういうアイデンティティーが滲み出ている気がします。
古来から鷲はヨーロッパでも力の象徴ですから、
これはあながち間違った見方ではないはずです。

日本で好まれる鳥は「はやぶさ」。
新幹線よりも速く飛ぶ俊敏な鳥。
世界最速のバイク、SUZUKIの「隼」
近頃話題になった探査衛星「はやぶさ」
旧日本陸軍の主力戦闘機「隼」
東北新幹線の愛称「はやぶさ」

ほらね、日本人は隼が大好き(笑)

そんなことから、日本人が好むのは疾風怒濤や電光石火。
小粒だけどピリっと切れ味の良い感じ。
そういったアイデンティティーなのではないかと思います。


でも、巨大な不振から立ち上がる為には、小粒じゃダメなんです。
日本人であっても鷲のような強大な力が必要な時だってあるんです。
今の私の場合なんかもそうです。
自分一人の力じゃどうにもならない状況なのは、
もう何年も前から気づいてます。

日本という社会は、個人の力量に重点を置きすぎる傾向がある。
一方、アメリカは国家という組織の力をうまく活用して
個人に力量がなくてもある程度、それを生かせる組織力がある。

震災関連のニュースを見ていて
つくづくそういうことを感じた。

それぞれの人がそれぞれの立場で
なすべきことをしていれば国家が支えられていくアメリカ型。

それぞれの人が個人の観点でしかものを見ないために
(震災でいえば、買いだめに走った人々や、個人的なボランティアばかりが目立つ傾向とか)
組織力に貧しい日本。
日本をダメにしているもの。
日本人が国に対して誇りを持てないのも
そこに原因があるのだろう。


今、日本に必要なのは、たぶん
強いリーダーシップであり、政治力なのだろう。

何の権力もない天皇が被災地を訪れるような映像を見て
心癒されているようでは、日本はひとつになど纏まれないだろう。
つまり、天皇の心意気のような無垢な国民を思う気概を持った
強力なリーダーシップを持った政治家が必要だということだろう。
今日本に必要とされているのは、そういった
少々横柄なくらいの組織力なのだと思う。
そして、今の日本には一番それが欠落しているように見える。

この非常時に首相がだらしないから辞めろとか痴話喧嘩やってる場合なのかい・・・?



でもね、
一般人からすれば、
本当に大事なのは「生きている」と日々実感することなんだな。
それを感じられなくなると、全てが狂いだすんです。

どんな悲惨な状況にあろうと
生きてさえいればいつか道は開ける。

そういう強い思いさえあれば
人は繋がっていけるんだと思う。



ニュース映像の中で、
被災された女性の方が、
「生きててよかった」と微笑んで喋っていた姿が心から離れない。




生きてさえいれば、いつか必ず鷲が鳴く声が聞こえるはずなんだ。





私にも、東日本大震災で被災され、
困難な状況にある人々にも、
いつか必ず鷲の声が聞こえる朝が来るのです。


大切なのは、
Now I 'm alive I can breathe the air
と日々感じることなんです。




ipsilon at 21:41コメント(2)トラックバック(0) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ