2011年05月

2011年05月13日





福島第一原発一号機の燃料の8割程度が
どうやらメルトダウンしていたようです。

これがどういう事態かはそれぞれで考えてください。
説明する気分にさえなりません。


小出先生の声も悲痛ですね・・・。

ipsilon at 01:37コメント(2)トラックバック(0) 

2011年05月12日

ここのところ、ひたすら原発のことを調べ続けている。
今現在、気づいている人は気づいているんだろうけど、
現在進行中の福島第一原発の事故は未曽有の大惨事な訳で、
このことに対する自身のスタンスを決めないと
何も出来ないというのが、私の考え。

で、色々調べていくと、
もう本当に世界に対して絶望する訳です。


地球温暖化だ、エコだ。
昨今はそう騒いでいましたけど、
それらはどれもこれも、一部の人間の陰謀ともいえる
デマであったり、ねつ造であったりしたんですからね。


例えば温暖化。
これは今現在、人為的なCO2ガスが原因だなどと特定できないということ。
そして、人為的CO2ガスによる地球温暖化で
化石燃料を燃やすのは危険と訴え、
原子力を推進してきたこと。

今ではアル・ゴアが放った、こうした欺瞞に
ねつ造があったことも、根拠がいい加減だったことも分かってきている。
一部には地球は小氷河期に向かっているから
地球の平均気温は下がっているというデータさえ得られている始末。


そして、エコも同じように
一部の人間がエコ産業で稼げるような政策だったということ。
つまり、エコ製品を製造したり、買い換えをさせることで
得する人間がいて、そういう政策をする為に
人間心理に働きかける心理操作をしたってことです。

考えてみればすぐわかることです。
あらたにエコ製品を生み出すために研究開発し、
それを市場に行き渡らせる為には
莫大なエネルギーが必要なのです。
その為に、エコを推進した場合、
既存の製品を作り続けるエネルギーと
エコ製品を開発するエネルギーが必要になるんですから、
エコを推進すればするほど
これまで以上にエネルギーを消費し、
環境を破壊していたってことですからね。
ゴミの分別にも同じ理論が当てはまります。

もちろんエコや環境を考えることは大切ですが、
行き過ぎたエコはかえってエネルギーを消費し、
環境を破壊していたってことです。

新しい環境を汚さないエネルギー源を開発すべきことは
無論、人類にとっては必要な課題ですが、
それと、異常なまでのエコ推進は別の問題なのです。

原発の事故があってから、
日本は「個人個人が節電を」なんて騒いでいますが、
アメリカでは、電気会社が
各家庭などの電気使用量を自動的に監視して
無駄に使われている電気を自動停止するシステムの開発や
アメリカ全土で周波数の違いがあっても
地域ごとに電気を融通しあえる簡易変電システムも開発し始めているとか。

エコだ、エコだ!
そう騒いで新たに製品を作るくらいなら
日本もそういう開発に力を注いできていれば
脱原発推進だって、周波数による電力供給の不均衡も回避できたんじゃないの?
なんて私は思う訳です。


そんなこんなで押し付けられた原発による事故。
もうこれは調べれば調べるほど、
開いた口が塞がりません。


今月に入って、福井県の敦賀原発から放射性ガスが
7時間に渡って漏れたそうだ。
その量、41億ベクレルだそうだ。

昨日、福島第一では、二重扉を開けた時に漏れ出た放射能は
5億ベクレルだそうだ。
しかし、敦賀原発のガス漏れで発表された情報では
「危険はない」ということだそうだ。


この国の政府や公共機関やメデイアから流れる情報が
どれほど嘘とデマで固められているかなんて
今更言うまでもないけど、まぁ酷いものだ。

日本が、これだけ地獄絵図のようになっていても
日本人というのは呑気といか、危機感がないというか・・・。
まぁ日本から逃げ出すことも出来ないからしょうがないっちゃーしょうがないとも言えますけどね。


それにしても日本政府の無能ぶりは酷い。
福島県の高濃度汚染地域なんて
明らかにチェルノブイリより酷い汚染を受けているのに、
政府は情報を隠ぺいして自主的な非難すら妨害して
学校は新学期すら始まっているんだからね。
この国の政府は人殺しを平気でやってるってことに等しいんですね。


もしかしたら、もう自分の家に戻れないかもしれない。
避難指示ってものには
被災者にそういった、とてつもない計り知れない苦悩を押し付けるんだけど、
今後予想される生命の危機を知らせもしないでいるってことは
人々が自主的に避難することさえ妨げているってことですよね。

今回の震災は、信じられないくらい復興が遅れている。
その一番の原因はなんなんでしょうか?
私は原発事故に原因があると思います。

放射能汚染のある区域に誰が喜んで行って
仮設住宅を建てたり、物資の搬入をしたがりますか?
そんな思いやりがあって行動力のある人は普通に考えて少ないでしょう。

というか政府は、なぜ高濃度汚染された地域に仮設住宅を建ててまで
被災者を被爆させようとするんでしょうね?
私には政府は精神異常者の集団としか思えません。


国は国民の健康や人権を守る義務があるはずです。
ならば、最低限正確な情報を提供して
汚染された地域に残るか、非難するかという指標を
被災者に与えるべきです。

いまの政府がやっていることは
もうすぐ米軍がやってくることを知りながら
住民を見殺しにした沖縄と同じことをしてる訳です。
一時帰宅の映像とか、、もう見ていて甚だしいくらい辛いですね。



でもね、これまで勉強した原発や被爆の情報を良く考えてみると
この悲劇の火中にあるのは日本人全て(もっと言えば世界全て)なんですね。
白血病になったり、甲状腺ガンになったり、という時期が
速いか遅いか、
あるいは運よく、ガンとかにならないで死ねるかの違いなんですね。

そもそも私が生まれた頃には
米ソ中がボカスカ核実験をしていて
大気中の放射線量は
かなり高かった訳で
当然、放射能を含んだ水も飲んでますでしょうし、
食物によって何十年間にも渡って体内被爆し続けてるってことですからね。

無論、将来有望かもしれない若い世代や乳幼児は
こういう理論から除外しないといけませんけどね。

でも、今現在そういう子供たちなんかが
政府の無為無策のせいで高濃度放射線汚染区域にいる訳です。
日本なんてろくでもない国。
私は昔からそう思って、日本を斜めに眺めてきましたけど、
ここまで酷いとは思ってもいませんでした。


それでも生きていかなきゃいけない・・・のかなぁ・・・。
ここ数日、これまでにない絶望感に沈んでます。


ただ言えることは、
どんな状況になろうと、
自己責任に生きる以外、
不満や後悔は残るってことでしょう。

しかし、その為には
なるべく正確な情報が必要なんです。
ですが、それを隠ぺいしたり、誤報を流す政府がこの国なんです。
一体、どうしろと言うのでしょうか?

ま、何も知らずに何も考えずに呑気に暮らすという選択肢もありますけどね。


近所のコンビニでは震災後
ミネラルウォーターの在庫が非常に増えました。
なぜでしょうか?

答えは明確。
東京の水道水も既に放射能汚染されているからです。
体内被曝は体外被曝とは比較にならない危険があるからです。
ちなみに、煮沸しても放射能は取り除けません。

飲まないまでも、水道水に触れればもちろん被爆します。
洗濯すれば被爆するってことです。

まぁこの程度のことは福島県内の高濃度汚染域にいる人と比べたら
屁みたいな被爆ですけどね。



とにかくも、
色々勉強した結果、
一番信頼できる情報を教えてくれると判断できる
小出さんからの情報を毎日聞こうと思っています。

また、3号機が過熱してるらしいですけどね。



なんにしても、今思うのは
今も高濃度汚染域に居る人に
正確な情報を与え、
残るのか、逃げるのかの選択ができる判断材料を与えてあげて欲しいと思うばかりです。

一時帰宅するのに、「自己責任で」とかいう書類に署名させている場合じゃないんです。
そんなのは、政府が責任逃れをしているという証拠でしかないんですからね。

しかも、メディアや政府は、現在進行中の原発事故から
国民の目をそらす為に
新エネルギー開発構想の宣伝を始めている訳です。
本当にろくでもない国です。この国は。


↓5月11日の小出さんの情報解析。


ipsilon at 06:50コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月10日



とても長い動画ですが、
是非、是非最後まで見て欲しいと思います。


今日で震災から2ヵ月が経過したのですが、
今も福島原発は放射能を撒き続けている訳で、
今後、終息したとしても、
6〜9ヵ月間(東電発表)、処置に時間がかかる為、放射能をまき散らしかねないのだとか。
現場から見れば今後一年とも言われています。

すでに、この2ヵ月で大気中にばら撒かれた放射能は
チェルノブイリを超えたとも言われています。
アメリカが独自調査したデータによると、
半径80キロ圏内は避難が必要というデータすら出ています。

パニックに陥っても、慌てもしかたありませんが、
今現在、日本全国が死の灰を被ったと考えて問題ないレベルの災害でしょう。

そもそも、震災3日後にはアメリカでもセシウムが観測されたという情報もありますから、
言ってしまえば、地球規模の災害といえるでしょうけどね。


ともかく、これ以上酷いことにならないこと、
これを契機に国の電気事業の方針が転換されることを願うばかりです。

ipsilon at 16:22コメント(0)トラックバック(0) 
原発がなぜ危険なのか。
原因は以下の1点に尽きると思う。

つまり、発電のために使っている核燃料は、
放っておいても核分裂を起こすということだ。

自然界にあるウランなどは、普通、そのままでは核分裂は起こさない。
しかし、これを加工して核燃料とした濃縮ウランは違うのだ。

いま騒がれている浜岡原発は停止された。
だけど、こういう放っておいても核分裂を起こす燃料がある限り、
たとえ停止したとしても、
原子炉を解体しない限り(実際は解体しても)、燃料を冷やし続ける必要があるということだ。
原発推進者は、
こうした半永久的な冷却にかかる費用や人権費を考慮していたのだろうか?


まぁ一応考えていたんでしょうね。
それで建造を始めたのが青森の六ヶ所村にある
核燃料リサイクル施設だろう。

でもね、原発で使われている燃料棒というのは、互いの距離が近づけば近づくほど
核分裂の連鎖反応が誘発される訳です。
つまり、使用済みであっても、
自然に核分裂の連鎖反応を起こしかねないものを
一か所に集めるということは非常に危険だということです。


メディアではほとんど言われてないみたいですけど、
六ヶ所村の冷却用の発電機も今回の震災で
一時停止したらしいんですね。
もしここの設備の核燃料が暴走いていたら・・・。
考えただけで恐ろしいですね。


という感じで、とにかく人が作り出した濃縮核燃料というのは
とんでもなく危険な代物なんです。


こいつをなんとかするには、数億年間
それなりの厚さのあるコンクリートでガチガチに固めて
数億年間、そこから放射能物質(放射線を放出する物質)を
監視する、保安体制を維持しなければいけないってことです。
この先、一体どれくらいのお金が必要なんでしょうね・・・。


チェルノブイリの時は、最終的に
どうにもならなくなって、
空中からコンクリートをぶっかけて
施設ごとコンクリートで固める処置(石棺)をしたのを見ても
今現在の科学や技術でできる核のゴミへの対処は
大変、原始的なんですね。


今現在の経済も、電気も大事だけど、
この先数億年先の世代にまで迷惑や災難を降り注ぐ核燃料を使った発電。
なぜこういうものを作り、使い続けようとするんでしょうかね。
私には???です。


放射線それ自体は、大気中の透過力もそれほど高くないし、
そこまで遠方に届く訳ではないものだから安全。
推進派はそういって推進してきたんだろうけど、
問題は放射線を出しつ続ける放射能物質な訳です。
こういう放射能物質が飛散してしまうと、
もうどうにもならんのですよ。

放射線と放射能。
たった一文字違いですけど、これは大きな違いなんですね。

でもだからといって放射線が危険ではないということでもないんですね。
中性子線という一番透過力の強い放射線の場合、
一瞬であっても、被爆すればまず間違いなく死にますからね。
一瞬の被爆であってもDNAを破壊しますからね。

1999年、茨城の東海村JCOで起こった臨界事故では
実際に2名の方が被爆してDNAが破壊されて亡くなっています。
被爆された方の延命治療の様子を語ったテキストが
今もweb上にあります。
関連ページ

一応、延命とか治療とは言っていますが、
これは過去にデータのない放射線障害の医療データの蓄積という側面が垣間見れることは確かです。
治療にあたった医師は、
そういった人体実験にも等しい治療をしなければいけない立場に置かれ、
非常に苦しんだようですね。

国策に等しい原発事業で死者を出すわけにはいかない。
そんな思惑によって何があっても延命しろといった指示が
出ていたという噂もあります。


今現在、福島やその他の原発村で働いている人や
被爆された方に医療措置を行う立場にある人は
こういう危機に晒されていることを認識しておくべきだと思います。
戦中の神風精神を有難がる世間の風潮に翻弄されるべきではないと、
私なんかは思うわけです。

確かに、周囲はありがとう、という言葉をいう事しか出来ないのが実情ですけど、
誰かの犠牲の上に自分の生を育んでいいのか?・・・と
私などは思う訳です。

そういう不公平感や、
政府や一部の原発推進拝金主義者の為に
そういう状態になっていることが腹立たしいのです。


結局は、
戦後の医学会の重鎮がほとんどすべて元731部隊員だったように、
戦前の権力がそのまま戦後も残って
この国をズタボロにしたって構造をどうにかしない限りどうにもならんと思う訳です。


日本なんて小さな国なのに、
なぜいまだに50Hzと60Hzという二つの周波数で
電気事業をやってるんでしょうかね?
そんな事すら何十年も統一できなかったこの国は一体なんなんでしょうね。

そこで私が思い浮かべるのは「派閥争い」という
いつまでもからわない日本の権力の構造だったりするわけです。

ipsilon at 09:54コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月08日

昨今は原発にばかり目がいってるみたいだけど、
そんなのは人類(地球)が歩んでいる破滅への1歩にすぎない訳であって、
もう既に人類は随分破滅への道を進んできてしまってるってことを
知っておいたほうがいいかもですね。



この核実験のフラッシュを初めて見たときは背筋に寒気が走りましたよ。


ちなみにウランの放射能の半減期は7億年。
プルトニウムの半減期は45億年と言われています。

原発事故でいろいろ言われているその他の元素の半減期は
8日〜2400年と言われています。


でも、半減したら危険ではないとは言えないんです。
体内に入った放射能ってのは蓄積されますから、
少量であっても長い時間被爆し続けたり、
被爆した水や土で育った野菜を食べ続けたりすれば、
体内に放射能はどんどん蓄積されるってことです。
だから、レントゲン撮影だって回数を重ねれば立派な被爆者になってしまうんです。


じゃあ、汚染されないように食生活を送ればいいじゃん。
と思われるでしょうが、
こんだけ核実験しておいて、地球に安全な地域があると思えますか?
私には思えません。

地下核実験なら平気?
そんな言い訳は通じません。

地下にばら撒かれた放射性物質は長い時間をかけて
地下水脈に行き当たったり、
動植物や地球それ自体の生命活動で移動し、
やが全地球に拡散するのですからね。

既に人類はこういうことをやってしまったんです。
原発事故の規模とか問題じゃないってことです。


「フクシマ」があったけど、外国に居れば安全。
そんなことは全くありえません。
地球上どこも安全ではないと言っても過言じゃないでしょうね。


それでも、今目の前にある危機である
原発を止めることや
核兵器を廃絶することくらいは出来るんじゃないかな。


「フクシマ」は海の向こうの出来事。
「スリーマイル」は俺には関係なかった。
「チェルノブイリ」は私には関係ない。

そう思うのは個人の勝手でしょうけど、
核とか原子力ってのはもう何十年も前から
人類、いや地球規模の大問題になっていると認識するべきだと思うのが
私の考え方です。


齢40を超えた私なんかが、被爆して地上から消えていくのはまぁいいにしても、
これから生まれてくる子供たちや
未来に希望を持って生きている若い人達のことを考えると、
たとえ自分が悲惨な情況でも
こんなブログという場所であっても
黙ってはいられない。
そう思うわけです。


核や原発ってのは地球規模の問題なんです。
核や原発問題に国境なぞ関係ないのです。
そういう認識を持って、協力しあえる世界になって欲しいと思う今日この頃です。

ipsilon at 19:36コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ