2012年04月

2012年04月21日

久しぶりの更新です。

ようやく引越しの荷物の移動が8割がた終わりました。
この家はゴミ屋敷か! ってぐらい大量のゴミが出ました。
もともと、3人家族だったせいで、異様な物量でした。

昭和初期生まれで物の無い時代を過ごしてきた両親で、
その両親に躾けられた私も、わりかし物を捨てられない性分なので、
凄まじいゴミが生まれた訳です。

そんなこんなの片付けをしつつ、
信心根本に日々を過ごしていてハタと気づいたことがありました。
それが今回の記事です。



宗教に縁の薄い人は地獄は死んでから行く場所などと考えている人もいるのでしょうが、
それは絶対に違うと思います。
というか、御書には明確に、仏界も地獄界も、この現世での境涯であるとありますから、
簡単に考えてみれば、現世での歓喜が仏界、苦しみが地獄界だと言えるでしょう。

では、数ある地獄界の中で最も悲惨な地獄、阿鼻地獄とはどんな境涯なのでしょうか?

答えは意外と簡単です。「孤独」です。
間違いないと思います。
なぜならば、私自身が7年もの間、その孤独地獄にいたからです。

御書にはこうあります。(趣旨)
阿鼻地獄を説いて聞かせると、それを聞いた人は死んでしまう、と。
また、自身の生命が宇宙大に万延したとしても、他者と重なることがない、と説かれているのです。

人は誰しも、誰にも理解してもらえない「心の孤独」を抱えて生きています。
簡単に言えば、それが阿鼻地獄なんだと思うのです。

だって誰かに話すと相手が死んじゃうんですから、話せない。
もしくは話したとしても相手には絶対に通じないし理解してもらえないって事ですからね。
これは本当に苦しいことです。


このブログには私のそういう気持ちを、これまで沢山綴ってきました。
だからこそ言えるのです。阿鼻地獄とは孤独であると。
我が身をもって経験したことに勝るものはないのです。


さて、問題はここからです。


こうして地獄というものを実体験したならば、
アンチテーゼとしての仏界の境涯とは、何たるかを知る切っ掛けになるのではないか?
と、そう考えたのです。
黒の反対は白であり、正義の反対は悪なのですからね。
つまりは、そういう思考をしてみたのです。

そうしたら解りました。明確に解りました、仏界の境涯が。
これまで、相対性理論や量子力学やら色々な観点から考えてきた答えは
結局、体験を通して得られたのです。

ようするに仏界とは、
簡単に言えば共有なのです。
もっと深くいえば苦楽共に共有することです。
もっといえば、他者の悩みをわが悩みとした時に仏界は涌現するということでしょう。

考えてみてください。

他人の悩みに真剣に耳を傾けている間というのは、
自分の悩みは忘れているのが普通ですよね。
同じように他者の喜びを自分の喜びのごとく味わっている時は、
喜びは2倍にも3倍にもなっていますよね。

そう。これこそが仏界なんだと思います。
魔の働きが「分断」という「共有」に相反する作用であることからもそう思えます。
異体同心の「団結」。団結に勝るものはない、という
度々の先生の指導からもそれは伺えます。

ただし、仏界を涌現させるには、大変重要な点がひとつあります。
それは、いかなる価値観をベースにしての苦楽かということです。
名声や金銭での苦楽か、世間の移ろいやすい相対的な価値観に則った苦楽か、
はたまた、日蓮仏法の生命哲理に則った苦楽かということです。

これらのうちで、時代や国境や人種を越えて万人に共通する価値観といえば、
日蓮仏法の生命哲理に基づく
「生命」をベースにした価値観しかないということは赫々たる事実です。


嗚呼、私はなんという幸せ者でしょうか!
私には、命の底から心の底から苦楽を共有できる同志がいるのですから!


つまるところ、仏界とは
題目を唱え、生命の根底に同じ識を持つもの同士の苦楽の共有なんですね。
もちろん、楽である自他共に喜ぶ「随喜」が多いほうが良いことは言うまでもありません。

しかし、もっと凄いのは、
題目を唱え、我が「識」を「知」に変えた人、
(簡単に言えばご本尊に向かって題目を唱え、仏界に縁した生命状態では)
たとえ相手が信心していない人であろうが、
相手に仏性があると信じ切って苦楽を共有すれば、
仏界は涌現するのだということです。

なんと素晴らしい信心なのでしょうか!

これまで、こういったことは、
諸先輩方から、知識として習っては来たことですが、
孤独という阿鼻地獄を体験したことで、
身をもって仏界というものを理解できたことが嬉しいのです。

こうなった今の私は、あの長く苦しかった孤独地獄に感謝さえしているのです。
もう二度と後戻りは御免ですけどね(笑)。


フフフ、これを知ったことは強い味方を得たと思っている今日この頃です。
これまでの私は何故か学会活動に悲壮感を感じていたのですから。
だが、仏界のなんたるかを知った今の私は、
どんな人と会うのも、どんな会話もとても楽しいのです。
引越し屋のあんちゃんとの会話も、近所のお店の店員との会話も、
東京ガスのおっちゃんとの会話も、
なんてことのない会話でしたが、どれもこれも楽しかったのです。

できうれば、孤独地獄など味あわずに、多くの方にこういったことを知ってほしい。
そんな思いで記事を書いている今なのです。




ipsilon at 14:26コメント(8)トラックバック(0) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ