2013年07月

2013年07月31日

 ふふ、私ブログの読者は意外とレベッカ好き。
 でも、初期レベッカは聞いてない人もいるのじゃないかなぁーと。
 売れてからのノッコしか知らないと、詩が・・・と思うんでしょうけど、私はキライじゃないんだなぁ。
 というか初期レベッカのGr(シャケ)とDr(コンタ)はRed Warriorsのメンバー。だから音はレッズというよりシャケの世界観そのもの。

 このGrのカッティングのファンキーさで、すぐシャケだとわかる。

 この退廃とも破滅的ともつかない詩もシャケの世界観。というか、初期レベッカで一番好きなのはコレ。ヤケクソな詩ですけどね(笑) 斬っちまえ〜♪ とかヤ○ザじゃあるましいしΣヾ( ̄0 ̄;ノ そんなことするまえに逃げろYO! ってね。

 この曲は大好き。悲しい詩だけどねぇ。でも、曲調はレッズそのもの。

 コレ、レッズの曲。そっくりやないか!!

 そういえば、一時期シャケとノッコは結婚してたんだな。
 というか、ノッコの本名がさ、山田信子という地味ぃな名前だと知ったときは、ショックでしたよ(´・ω・`)
 私の中で、何かが音と立ててドンガラガッシャーンってなった記憶がある(笑)
 空想家・妄想家って困ったもんですなぁ(●´ω`●)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ




ipsilon at 13:08コメント(5)トラックバック(0)音楽と動画 

2013年07月30日

 【7月30日の実践】
 朝夕の勤行・唱題80分。
 朝の「学」2点励行。『御書をひもとく』『女性に贈ることば 365日』を学ぶ。
 聖教新聞の読みたいところを読む。
 一般書の読書。(アーサー・C・クラーク『2010年宇宙の旅』を読む)
 先生の著作物を読書。(広布と人生を語る(1))


 白状しよう! 実は、8時間唱題をしてからこっち、お尻が痛くてしかたなかったのだ!(笑)

 正座しますよね。そうすると、足の踵とお尻があたりますよね。
 でね、私は痩せてるんです。そんなもんですから、踵の骨がお尻にくいこんで、炎症起こしてたんです。
 どう座っても痛い。本を読んでいても痛い。
 筆写しようと思ってPCの前に座っても痛い。
 お尻地獄というのがあるなら、まさにそれ!(笑)
 ねーよ、そんなの! というブーイングは少しは受け付けます(`・ω・´)

 までも、それでも唱題の質と量を増やしていく挑戦だけはしました。
 2時間はですね、ボケーっと座って口だけ動かしてるなら、まぁなんとか出来るんです。
 でも、それじゃーなぁと思っております。しっかりと、ご祈念しないとなぁということです。
 質、量もともに拘りながら増やす。それが今の私の目標であり、挑戦であります。

 もちろん、病気とか色々わけがあって、それでも唱題に挑戦している方は、
 座って唱えてるだけで良いのですがね。それだけで十分に凄いことですからね^^

 しかし、どんだけ体、弱っちくなってんだよと、自分でも笑います。
 前職はPC作業ばかりになると、10時間座り続けるとか普通だったので、座りタコとかも出来ていてですね、
 そこも痛みの原因だったりするんですが、
 タコになんか負けてらんないのです!(`・ω・´)

 But タコ手強し! でもありますけどね(_´Д`)

 でも大分良くなってきたので、いいのです。
 ウォーキング行くぞー! 自転車のサドルに座る、痛ーいっ!
 そんなことで、ウォーキングもサボりました。
 いやだからこそ、座ってばかりいないで歩け! ってのもあるんですけどね^^;

 が、もう少し頑張らないといかんですね。
 「楽観主義」とは、強い意志の異名ですからね(`・ω・´)

 お尻繋がりで、この曲でもどんぞ♪ チープ・ヒッピーズね(笑)
 直訳すると、安っぽい、お尻たち( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 いや本当は、ヒッピーはそういう意味じゃないですけどねー。

 あ、そういえば、先生の指導で今日、胸に刺さった言葉があったので、書いておいてみますね。

 仏法には、復讐はない。

 あーそれから、辻先生の「確信」に関するご指導も凄いので、URLを貼っておきますね。
 もっとも私が筆写したものではないのですがね。
 池田先生もズバ! っと仰ってます。信心は確信するためにやっていくのだ、と。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 23:24コメント(9)トラックバック(0) 
 今日の唱題は、なんとか1時間。

 以上(笑)


 私のブログで、大量に記事が更新されるときは、精神状態がBAD気味な時だということ。
 でも、無駄に更新してるわけでもないんですね。

 自分と向き合うためにやっている。
 でも、今日一日でだいぶ光が見えたので、また少しずつ元のペースに戻していこうと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 00:01コメント(64)トラックバック(0) 

2013年07月29日

 約100ページの小説。しかしそこに込められたものは無限大。そんな風に思えた一冊。

 本物のオリジナルとは何ぞや?
 そうしたことを学ぶには、非常に有意義な作品だ。
 登場人物の名前、町の名、道の名、店の名、全てがオリジナル。
 作家であれば、そういう作品を書くだけでも大変な訳なのだ。
 なぜなら、現実にある舞台や名前を拝借することで、読者にリアリリティを与えられるからだ。
 それを、あえて捨てるというのには勇気がいるということ。
 比較的、そういう路線のSFでさえ、やはり火星や木星あたりを舞台にしているものが多い。
 そういう意味ではスターウォーズなんかは、かなり舞台はぶっとんでいるくせに、妙にリアルを感じる訳ですよ。
 だから、すべてにオリジナル設定のSFは浮遊感ばかりが目立って、リアリティを感じないせいか、読者を引き込むことは大変に難しいわけだ。

 だが、それ以上に凄いのは文体。
 自身の出身地、山口県岩国の訛りと、その他の方言をミックスして、
 おはん訛りと呼んでよいだろう訛りで全編が語られているのだ。
 
 誰もが使っている標準語や、その国の言葉、訛りにしたがって書くのだってそれなりに大変であるのに、
 宇野さんは、自分オリジナルの言葉を使って、自分の感じた心をそのまま言葉にしようとした、ということ。

 これこそまさに、創作以外の何ものでもなく、一朝一夕では書けない代物だ。
 それゆえ、執筆にかかった期間が10年というのも、素直に肯ける。
 クリエイターというのは、オリジンというのは、まさにこういう作品をさして言うのだと感心至極だ。

 もちろんテーマも凄い。
 おはん=理想の女の「心」の部分。
 おかよ=理想の女の「体(生活力などを含む)」の部分。

 おかよとおはんの間をゆれ動く、馬鹿な駄目男(笑)
 でもこの駄目男ってのは、多くの人の姿でもあるわけだ。
 当然それは、数多い恋愛をしてきた、宇野千代自身の姿でもあるわけ。

 でもこうしたことは、解説があってやっと気が付くという躍動感ある筆致。
 宇野さん、あなたは本当に凄い、としか言えません。


 私も何篇も小説を書いてきたが、舞台にしても、キャラネームにしても、語り口調にしても、
 すべてオリジナルで……なんて構想は考えたことはあったが、その一歩を踏み出す勇気さえなかった。
 それが、どれだけ大変かは、恐らく、ものを創る人にしかわからないことだろう。
 無から有をつくる。これが本当の創造だからだ。
 多くの作品は、すでにあるものを利用して想像しているというのが、ほとんど。

 私が、この越えがたい壁をこえられるのは、いつのことであろうか……。



 宇野千代の別の本『行動することが生きることである』には、こんな言葉もあった。

 とにかく、仕事をする机の前に座るんです。何も書けないと思っても座るんです。
 そうすれば、一行でも二行でも書かざるを得ないんです。そうやって、仕事を仕上げていくんです――と。

 これさ、仏道修行じゃん、とか思ったのは私だけですか?
 とにかくご本尊の前に座るんです。そうしたら、方便自我偈くらいは読めるでしょ。
 で、五分でも十分でも唱題できるでしょ。そうやって、人間革命していくんです――
 と読んだのは私だけでしょうか。

 それはともかく「んどくれ」という訛りが気になって仕方なかった。
 調べてみたら、帰ってくれ。そういう広島弁らしいのだが、『男たちの大和』の劇中で、子供を亡くした母親に報告に行った、元大和乗り組みの青年が、母親に罵倒されるシーンで、息子を亡くした母が叫ぶように言っていた台詞なんです。
 もう、あのシーンが泣けて泣けてねぇ……忘れられなかったんですよ。とくに広島弁の響きもあってね。
 まあ、どうでもいいような私的な話ですがね(笑)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 22:12コメント(0)トラックバック(0) 


 これも、もう何度も書いてきたこと。


 レキを救おうをするラッカ。

 レキ自身もラッカに救いを求める。

 ラッカが身を挺してレキを救う。

 
 つまり、言葉で人は救えない。
 実際に手を差し伸べることでしか救えない。
 だって人間には肉体もあるんだもん。
 心だけで生きてるわけじゃないですからね。
 それが娑婆世界の掟。
 菩薩道は、捨て身になってやること。不惜身命。
 でもこれを人には求めない。自分がそうなる。
 そうなったとき、はじめて、人に救われるんだろうね。

 レキは何もしないで来たわけじゃないんです。
 自分に嘘をついてまで、他人に尽くしてきてた人なんです。
 でもね、自分に嘘=自分を卑下であり、自分の可能性に対して傲慢だった。自分は救われないとか思い込んでたの。
 でも限界まで自分を追い込んでも、人のために尽くしてた。そういう人。限界まで追い込む=一種の絶望。
 ここにも絶望即希望の構図が見える。絶望マン、万歳!(笑)
 「くるな!!」 だったかな。レキは猛烈にラッカの善意さえ拒否るシーンがあるんです。
 なにもかも捨てて自分だけになる=絶望(死にたい気持ち)。でもやっぱり誰かが必要と思う=希望(死にたい気持ちの裏面)。
 だから、最終的にはラッカに救われたんだなぁ。まあそういうことですね。

 だから物理的な孤独ほど恐ろしいものはない。
 それが私の抱えている「心の闇」であるし、
 ある意味では、娑婆世界の全ての人間のもつ苦悩ってこと。

 でも多分、それを求めても仕方ない。
 そう思いきれないでいるのが私の「一凶」だってこと。

 だって、誰かに助けてくれってのはさ、念仏の命だもん。他力本願。
 こいつをぶっ殺すのが今の私の目標。
 ねちねちいつまでもしつこいんだよ、この念仏野郎が! 瞬殺してやりたくらい憎らしい。
 バラバラの粉々になるまで、再生不可能になるくらい、この念仏をぶっ潰してやりたい。
 むろん、私の中にある念仏の命のことですよ。

 そうしたらどうなるかは気がついている。
 世界の全て受け入れられ、許されるということ。

 多分、これが娑婆世界で到達するのが一番難しい場所だろう。



 いろエロあって(いやエロはないんですけどね:笑)ちょっとダークサイドに入ってます。
 しばし明るい記事がなくても、ご勘弁をば。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 16:32コメント(14)トラックバック(0) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ