2013年10月

2013年10月23日





前進

前進、また前進
旌旗はたをかがやかせながら
その兵力を加えながら
次に進んでゆかねばならず
休養は心をまし
隠遁いんとんはその身を朽ちさせる
衰えた王位になど恋々れんれんたるものではないのだ。

彌生書房『バイロン詩集』より(阿部 知二)





選ばれし者とは、自覚した者である。
イプシロン語録(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 21:25コメント(53)トラックバック(0)音楽と動画 


『無敵超人ザンボット3』は1977年に放映されたもの。
いわゆる『機動戦士ガンダム』の富野氏が参加した作品で、「皆殺しの富野」という異名を戴く要因になった作品だ。
富野氏の作品の中でも最悪の(?)結末を向えた『伝説巨神イデオン』は、敵対する両勢力の人種が全滅したのは衝撃的でしたけどね。

特に女性キャラの殺しかたは徹底してましたよ。
顔面がボロボロになるという死に方が多数ありましたからね。
富野流のニヒリズムってやつですね。
美人だからって調子のんなよ! それが幸せじゃないんだぜ……
みたいなねぇ(; ̄Д ̄)

心こそ……そういうことが言いたかったのかもしれませんね。


ともあれ、ザンボット3も、物語の中で、どんどん登場人物が死んでいく('д` ;)エー
最終話かな、主人公の三人の子供たちのうち二人が神風特攻で死ぬ……。
結局主人公の少年が一人だけ生き残るんだけど、そこまでのいきさつは、簡単に説明はできませぬ。

それまでの時代、子供向けロボットアニメというものは「勧善懲悪」がほとんどだった。
しかし、その常識を根底から覆したのが、この作品だったのだ。

地球人の敵、ガイゾック。
しかし最終話、そのガイゾックが「ある」秘密を明かすのだ。
それは――
ガイゾックとは、宇宙の平和のために悪意のある異星人を滅ぼすのが目的だったいうこと……。
つまり、富野氏は「人間が一番害悪をもたらしてるやん!」と、最終話で皮肉を言ったのだ(((( ;゚д゚)))マジデ‐!

番組を見ていた子供は驚いたことだろう。
地球人と主人公の少年少女、そしてザンボット3が正義だと思って、応援してたのだろうからね。

(゚∇゚ ;)エッ!? となったに違いない!(笑)
ただでさえ、子供が死ぬとかいうアニメがなかった時代でしたからね。


つまり――
善悪というものは、正邪というものは、この娑婆世界や宇宙にあっては、
関係性や互いの立場によって、こうも簡単に入れ替わるということであり、
単純に悪を滅ぼすことが正義であると捉えることは危険である、ということだ。

こうしたことは、太宰治の『駆け込み訴え』という小説でも語られていることだ。

善は悪があってこそ善たりえる。
悪は善があってこそ悪たりえる。
どちらか一方だけが存在する世界などない。
つまり、善悪は一如であるということだ。
それは、人の心の中にあっても同じだ。

正義が勝つことが勝利ではない。
正義と悪のバランスが動的に調和していることが慈悲だといえるだろう。
そのために、善の勢力になる側と、悪の勢力になる側が存在すべきなことは事実であろう。
問題は、苦悩すると知っても、それを承知で自身が善であることを、選ぶか、選ばないか、なのであろう。


たかがアニメ、されどアニメ。
こんなアニメが1977年につくられたことこそ、驚きだ。
昨今の萌えアニメに、こんな哲学性があるのかは、疑問だ。

監督は、今さら言うまでもなく有名な人、富野由悠季氏だ。
富野氏の作品で、未見のものは、『ターンAガンダム』。
これもなかなか凄い作品らしい。

でもそんなん見てると、時間ががががが……ですョ。

つーことで「逆襲のシャア」の曲でも聞いて寝ます☆
ヾ(´ω`=´ω`)ノばいなら☆


ニューガンダムは伊達じゃない!
そうよん、一番カコイイ、デザインよん!
チェーンはいい女だよん♪
クエスは嫌な女だよ! すんげー我儘なんだもん! 見てると腹立ってくんだよなぁ。
でも彼女もACだから可哀そうといえば可哀そうなんだけどね。
でも、オラはチェーンを選びます!(笑)


今夜は子供モードでお送りしました♪
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
チェーン、いい名前だなぁ、人と人を繋ぐ「縁」、そういう意味でつけられた名前でしょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 

2013年10月22日





夏が秋へと移ろっても
生きとし生けるものは
静かに語りゆく

蝉はジジジと鳴き
蛍は眩くまたたく
人は声をかけあう
忘れないで……と

秋が冬へと移ろっても
生きとし生けるものは
静かに語りゆく

樹木は葉を落として囁き
雪は深々と積りゆく
人は凍えて唇を震わせる
まだ頑張れるよ……と

冬が春へと移ろっても
生きとし生けるものは
語ることをやめない

桜は咲き 吹雪いてみせる
君は僕に出会い
僕は君に出会う
僕たちはいうのだろう
君がいてくれて良かった……と

永遠につづき
移ろい巡るとしても
生きとし生けるものは
静かに語りゆく
僕は今ここにいるよ、と

何も伝えられないとしても





法華経は日輪の如し
「いま・ここ」に有りつづける

My Heart, Your Heart, Our Heart
旅人が、輝ける日輪だと気づくこうと、気づくまいと

By メランコリック症候群@シンジ
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ





ipsilon at 14:57コメント(0)トラックバック(0) 


ヤケ酒したい!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
しないけどねぇ(笑)

サイダー飲んで寝るぅー♪




ダンバインのEND、久々に聞いた。これはいい詩だなぁ。
井荻麟てさぁ、井荻の隣――上井草――に、サンライズのスタジオがあったからなんだよねぇ。
洒落てるよね(笑)

見つめてごらんよ〜♪
あなたの中の宝石箱を〜♪
そこに隠れているぅ〜♪

で、二番は大人になって、宝石箱を見失ってしまう(悲すぃー)
でも、泣くほど辛い思いをすれば、扉の向こうは見えるよ……(切なぃー)

でぇ、三番は、薄暗闇で瞳をこらせば、自然(潮の流れ)の中に、忘れた夢を見つける(ヤッタ!)
手に掴めば、虹がでるんだよー(感涙)
――ってな歌詞かぁ。

富野さんも、うつ病になったからねぇ。いい感性してるわ、やっぱ。

そそ、自分を見つめないと何も得られないんだよね。
つーことはあれか、バイストンウェルってのは、一個人の内的世界だった……。
そう考えることも出来るんだね。

するってーとあれかい、最終話でショウが言う、
「俺は人は殺さない、その怨念を殺す!」ってセリフの意味が、
凄くよくわかるなぁ。

あんま怨念が高まると、オーラバトーラーは巨大化すんだよね。
アハハ、それって修羅そのものじゃん。
ほんとはちっせーのに、でかく見せる。
でさ、最後は巨大化した自分の怨念のせいで自己破壊すんだな。
アハハ、仏法の法理、そのままじゃんか。

ショウがパイパー化しそうになったときに、チャムが止める。
あのシーンは良かったなぁ。
「やらせないよ!」
そういって、ショウの顔前に身をさらすチャム。
怨念てさぁ、「あたしがあなたを守るよ!」そういう捨て身の人がいると、抑え込めるんだろうね。
そんな奇特な人は、なかなかいませんけどね(笑)
でも、いるんだけどねぇ☆

我不愛身命旦惜無上道・不惜身命当広説此経
そういう人が、奇特な人ですやね。

アニメでお勉強ですか? 馬鹿なんじゃないの? って文句言われるから、
今日はこのくらいにしとくか。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ヾ(´ω`=´ω`)ノばいなら☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 02:03コメント(57)トラックバック(0) 

2013年10月21日

IMG_4207


見知らぬ街を一人歩いた
川沿いの道から見上げた空には
どこまでも広々とした青空があった

東京の街で見れない空が
川の上に架かっていた
足を止めなければ気づかないほど
雲はゆったりと流れていた

見知らぬ街を一人歩いた
街路わきに小さな小さな公園を見つけた
ぐるりと回るのに時間はいらなかった

東京の街に見つけた公園にも
ありのままの自然はあった
ベンチに佇み鳩と話した
鳩は何も言わずに耳を傾けてくれた

「僕の地元の公園にいるのより、体格がいいね」
「おいしいものもらってるの?」
「…………」
胸の高さまである段差を悠々と乗り越え
鳩は毅然と背筋を伸ばした
「お、いい姿勢だね!」
「ジャンプするとき、少し翼を開くんだね」
「…………」

鳩は何も言わない
ただあるがままだった
一人見知らぬ街の公園で
僕は鳩になりたいと思った
毅然と背筋を伸ばす鳩になりたかった

お耳がふたつ、お口がひとつ
どうしてなの?
賢人は言った――
他者の話をより多く聞き、
口数少なに語るため――と

僕は鳩になりたかった
ただ、あるががままに空を飛びたいのだ
大空へと
生命の大海という宇宙ソラへと

おいしいものも食べたいし
大好きな人の温もりも感じたいけどね

鳩になれるまで
僕はひとり涙を流すのだろう
大空を見つめながら
僕の中にある大空を見つめながら
夕焼けに染まる空を見つめながら
星降る夜空を見つめながら
いつかくる朝焼けを追いかけながら

6b22079f







けどさ、お腹減ると元気でないんだなぁ(笑)
とりあえず何か食べよう ♪ サンドイッチがあるしね(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 00:00コメント(14) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ