2014年06月

2014年06月30日

【ネタバレ】量子力学と多元宇宙論をどう考えているかで、感想が大幅に変わる一書。たった一人の信念であっても、重なりあっている無数の宇宙を変えることは出来る。一人の人間には無限大の力があるという視点で読むと、もの凄く感動することだろう。時間移行して、あっちへとこっちへと様ざまな世界を見て、この世界こそが自分が望む世界なのだ! と言い切れるのかどうかを問いかけているといえる。つまりそれは、我々からすれば「いま・ここ」に満足しているのか? していないなら満足させようとしているのか? ということを問うているのが本書。

科学の本来あるべき姿、ナチズムを倒すためには、力を用いざるを得なかった現実とか、しっかりと押さえている辺り、さすがホーガンと唸ってしまった。でありながら、アインシュタインが発想のネタをSF小説に見出すといった遊び心もある。やっぱりホーガンは凄い!


以上は、読書メーターへの感想。



壮大無比。とはいっても読み方ひとつで、ただのくそ長い娯楽SF小説になってしまう作品でしょう。
なにしろ、量子力学だとか、波動関数の収束だとか、コペンハーゲン解釈という、
それなりに高い科学知識があって読まないと、ただの時空移動スペクタクル・冒険小説としか捉えられないでしょうから。

実は凄い事を書いているんだけど、んー、恐らく読者の1割にも伝わらないんでしょうね。
まあ、書き手はそんなことは知り尽くしたうえで書いていますし、
その1割が大事であり、それ以上に自分の信念に忠実であるという一点こそが、
こういう作品を生むのでしょう。


すべての世界を変えられないなら一つの世界をいい方向へ変えようとするのは無意味だと言うのかね? しかし、そうすると同じ理論で、全世界を変えられないなら自分自身をいい方へ変えようとするのは無意味だということになる。親切な行為は、それがあらゆる不親切を消してくれないから無意味だろうか? ひとりの生命を救うのは、どうせ大勢が死んでいるから無意味だろうか? ひとりの子供を教育するのは、ほかの大勢が無知だから無意味だろうか? そうではないはずだ。(中略)
むしろその反対なのではないだろうか。小さなことが大切なのだ。生活の場における個人的な行為にこそ価値があるのだ。普遍的真理とか、宇宙的原理とか、そんなものは哲学者と神秘主義者にまかせておこう。そういうことはどうでもいいんだ。


天才の核心は、決断する能力、逆境に直面してもそれを守り行動する意志力、それにその行動を完了まで不動の心で見とどける度胸にある。イギリス人はそれを“自分の銃にしがみつく”と表現している。うまい言いまわしだ。


科学とは、重力や原子みたいなもの、、のことではありません。それらは科学的方法で調べられる対象にすぎず、科学とは手続きそれ自体のことです――そういうもの、いや、対象はなんでもいいが、それを調べる手順です。何が本当らしく、何が本当らしくないかという結論に到達するための手順なのです。それがすべてです。最終結果は一応頼りになる情報にすぎません。でも、何を信じるべきか――何が真理で何がそうでないか――を知ることは、おそらく人間が存在しはじめたときからずっと取り組んできたいちばん重要な問題でしょう。



SFだからって馬鹿にできるものじゃーない。
これだけの真実を語るために、ホーガンは約670ページを使ったんだと、私は思う。
お疲れ様! と言いたい。

ちなみに、プロテウスとはギリシャ神話に登場する海神であるが、
様々な動物などに変身し、捕えることが難しいとされている。
しかし、このプロテウスを捉えると、過去・未来を見通せ、現在をどう生きればいいかを知ることが出来ると言われている。

つまり、本書『プロテウス・オペレーション』とは、
現在・過去・未来という三世を見透して生きた者だけが、自分の理想を実現できるという暗示であろう。
これが、日蓮仏法であることは、もはや、言うまでもない。


これは米ヒストリーチャンネルで放映されたTVドラマ『Vikings』のシーン。
殺し合いなんて、こんなものですよ。
現代はボタンひとつでこれが出来るだけ。
けど、死んでいく人はみなこういう非業の死なわけでしょう。



平和を祈りますよ、私は。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


ipsilon at 21:45コメント(0)トラックバック(0) 


I feel the need, the need for speed !
やろうぜ! 勝負はこれからだ!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


ipsilon at 01:44 

2014年06月29日

『読書メーター』に投稿した内容をコピペしておく。
二度手間は時間の無駄ですからね。
小さな親切、大きなお世話はしません(笑)

【ネタバレ】
2001年や2010年のような、大きなセンス・オブ・ワンダーはない。けれども小さなワンダーはある。それでもクラークの描く宇宙観と人間観はなんとも温かい。絶対零度、無重量状態、一歩間違えば即死するという危機感に生きている人々とは思えない人間交流の描き方はさすがだ。「あんたとはちょっと合わないんだよ」と反発しあいながらも、閉じた世界観で生きる人間が最後は信頼しあうしかなくなる様は、地球にあっても宇宙にあっても変わらない。こじんまりした作品ゆえ、そこを楽しみながら読むのが吉なのではないだろうか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


ipsilon at 14:59コメント(0)トラックバック(0) 


(Right now) Come on, it’s everything
今がその時だ さあ! それが全てなんだ!

Do it right here and now
やるんだ! いま・ここで!

It means everything
そこに全ての意味がある


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


ipsilon at 02:16 

2014年06月28日

       一

 親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。小学校にいる時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かしたことがある。なぜそんなむやみをしたと聞く人があるかもしれぬ。べつだん深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人ひとりが冗談に、いくらいばっても、そこから飛び降りることはできまい。弱虫やーい。とはやしたからである。小使におぶさって帰ってきた時、おやじが大きな目をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かすやつがあるかと言ったから、この次は抜かさずに飛んでみせますと答えた。
 親類のものから西洋製のナイフをもらってきれいな刃を日にかざして、友だちに見せていたら、一人が光るが切れそうもないと言った。切れぬことがあるか、なんでも切ってみせると受け合った。そんなら君の指を切ってみろと注文したから、なんだ指ぐらいこのとおりだと右の手の親指の甲をはすに切り込んだ。さいわいナイフが小さいのと、親指の骨が堅かったので、いまだに親指は手についている。しかし創痕きずあとは死ぬまで消えぬ。
 庭を東へ二十歩行きつくすと、南上がりにいささかばかりの菜園があって、まん中に栗の木が一本立っている。これは命より大事な栗だ。実の熟する時分は起き抜けに背戸せどを出て落ちたやつを拾ってきて、学校で食う。菜園の西側が山城屋やましろやという質屋の庭続きで、この質屋に勘太郎かんたろうという十三、四のせがれがいた。勘太郎はむろん弱虫である。弱虫のくせに四つ目がきを乗りこえて、栗を盗みにくる。ある日の夕方折戸の陰に隠れて、とうとう勘太郎をつらまえてやった。その時勘太郎は逃げみちを失って、一生懸命に飛びかかってきた。向うは二つばかり年上である。弱虫だが力は強い。の開いた頭(鉢巻をしたように、頭が上にゆくに従って広くなっている頭)を、こっちの胸へあてて、ぐいぐい押した拍子に、勘太郎の頭がすべって、おれのあわせそでの中にはいった。じゃまになって手が使えぬから、むやみに手を振ったら、袖の中にある勘太郎の頭が、左右へぐらぐらなびいた。しまいに苦しがって袖の中から、おれの二の腕へ食いついた。痛かったから勘太郎を垣根へ押しつけておいて、足搦あしがらをかけて向うへ倒してやった。山城屋の地面は菜園より六尺がた低い。勘太郎は四つ目垣を半分くずして、自分の領分へまっさかさまに落ちて、ぐうと言った。勘太郎が落ちるときに、おれの袷の片袖がもげて、急に手が自由になった。その晩母が山城屋にびに行ったついでに袷の片袖も取り返してきた。
 このほかいたずらはだいぶやった。大工だいく兼公かねこう肴屋さかなかくをつれて、茂作もさく人参畑にんじんばたけをあらしたことがある。人参の芽が出そろわぬところへわらが一面に敷いてあったから、その上で三人が半日相撲すもうをとりつづけにとったら、人参がみんな踏みつぶされてしまった。古川ふるかわの持っている田圃たんぼの井戸を埋めてしりを持ち込まれた(抗議を申し込まれた)こともある。太い孟宗もうそうの節を抜いて、深く埋めた中から水がわきでて、そこいらの稲に水がかかるしかけであった。その時分はどんなしかけか知らぬから、石や棒ちぎれをぎゅうぎゅう井戸の中へさし込んで、水が出なくなったのを見届けて、うちへ帰って飯を食っていたら、古川がまっかになってどなり込んできた。たしか罰金を出してすんだようである。
 おやじはちっともおれをかわいがってくれなかった。母は兄ばかりひいきにしていた。この兄はやに色が白くって、芝居しばいのまねをして女形おんながたになるのが好きだった。おれを見るたびにこいつはどうせろくなものにはならないと、おやじが言った。乱暴で乱暴で行く先が案じられると母が言った。なるほどろくなものにはならない。御覧のとおりの始末である。行く先が案じられたのも無理はない。ただ懲役に行かないで生きているばかりである。
 母が病気で死ぬさん日まえ台所で宙返りをしてへっついの角で肋骨あばらぼねをうって大いに痛かった。母がたいそうおこって、お前のようなものの顔は見たくないと言うから、親類へ泊まりに行っていた。するととうとう死んだという報知しらせが来た(漱石十四歳のときのこと)。そう早く死ぬとは思わなかった。そんな大病なら、もう少しおとなしくすればよかったと思って帰ってきた。そうしたら例の兄がおれを親不孝だ、おれのために、おっかさんが早く死んだんだと言った。くやしかったから、兄の横っつらを張ってたいへんしかられた。
 母が死んでからは、おやじと兄と三人で暮らしていた。おやじはなにもせぬ男で、人の顔さえ見れば貴様はだめだだめだと口癖のように言っていた。何がだめなんだかいまにわからない。妙なおやじがあったもんだ。兄は実業家になるとかいってしきりに英語を勉強していた。元来女のような性分で、ずるいから、仲がよくなかった。十日に一ぺんぐらいの割で喧嘩けんかをしていた。ある時将棋しょうぎをさしたら卑怯な待駒まちごまをして、人が困るとうれしそうにひやかした。あんまり腹がたったから、手にあった飛車ひしゃ眉間みけんへたたきつけてやった。眉間が割れて少々血が出た。兄がおやじに言いつけた。おやじがおれを勘当かんどうすると言いだした。

 その時はもうしかたがないと観念して、先方の言うとおり勘当されるつもりでいたら、十年来召し使っているきよという下女が、泣きながらおやじにあやまって、ようやくおやじの怒りが解けた。それにもかかわらずあまりおやじをこわいとは思わなかった。かえってこの清という下女に気の毒であった。この下女はもと由緒ゆいしょのあるものだったそうだが、瓦解がかいのときに零落れいらくして、つい奉公までするようになったのだと聞いている。だからばあさんである。この婆さんがどういう因縁か、おれを非常にかわいがってくれた。不思議なものである。母も死ぬ三日まえに愛想あいそをつかした――おやじも年じゅうもてあましている――町内では乱暴者の悪太郎あくたろう爪弾つまはじきをする――このおれをむやみに珍重してくれた。おれはとうてい人に好かれるたちではないとあきらめていたから、他人から木のはしのように取り扱われるのはなんとも思わない、かえってこの清のようにちやほやしてくれるのを不審に考えた。清は時々台所で人のいない時に「あなたはまっすぐでよい御気性だ」とほめることが時々あった。しかしおれには清のいう意味がわからなかった。いい気性なら清以外のものも、もう少しよくしてくれるだろうと思った。清がこんなことを言うたびにおれはお世辞はきらいだと答えるのが常であった。すると婆さんはそれだからいい御気性ですと言っては、うれしそうにおれの顔をながめている。自分の力でおれを製造して誇ってるようにみえる。少々気味がわるかった。
 母が死んでから清はいよいよおれをかわいがった。時々は子供心になぜあんなにかわいがるのかと不審に思った。つまらない、よせばいいのにと思った。気の毒だと思った。それでも清はかわいがる。おりおりは自分の小遣こづかいで金鍔きんつば紅梅焼こうばいやきを買ってくれる。寒い夜などはひそかに蕎麦粉そばこを仕入れておいて、いつのまにか寝ている枕元まくらもとへ蕎麦湯を持ってきてくれる。時には鍋焼饂飩なべやきうどんさえ買ってくれた。ただ食い物ばかりではない。靴足袋くつたびももらった、鉛筆ももらった。帳面ももらった。これはずっとあとのことであるが、金を三円ばかり貸してくれたことさえある。なにも貸せと言ったわけではない。向うで部屋へやへ持ってきてお小遣いがなくてお困りでしょう、お使いなさいと言ってくれたんだ。おれはむろんいらないと言ったが、ぜひ使えと言うから、借りておいた。実はたいへんうれしかった。その三円を蝦蟇口がまぐちへ入れて、ふところへ入れたなり便所へいったら、すぽりと後架こうかの中へ落としてしまった。しかたがないから、のそのそ出てきて実はこれこれだと清に話したところが、清はさっそく竹の棒を捜してきて、取ってあげますと言った。しばらくすると井戸端でざあざあ音がするから、出て見たら、竹の先へ蝦蟇口のひもを引きかけたのを水で洗っていた。それから口をあけて壱円札を改めたら茶色になって模様が消えかかっていた。清は火鉢ひばちでかわかして、これでいいでしょうと出した。ちょっとかいでみて臭いやと言ったら、それじゃお出しなさい、取り換えてきてあげますからと、どこでどうごまかしたか札の代わりに銀貨を三円持ってきた。この三円は何に使ったか忘れてしまった。いまに返すよと言ったぎり、返さない。今となっては十倍にして返してやりたくても返せない。
 清が物をくれる時には必ずおやじも兄もいない時に限る。おれは何がきらいだといって人に隠れて自分だけ得をするほどきらいなことはない。兄とはむろん仲がよくないけれども、兄に隠して清から菓子や色鉛筆をもらいたくはない。なぜ、おれ一人にくれて、にいさんにはやらないのかと清に聞くことがある。すると清はすましたものでお兄様あにいさまはお父様とうさまが買ってあげなさるからかまいませんと言う。これは不公平である。おやじは頑固がんこだけれども、そんなえこひいきはせぬ男だ。しかし清の目から見るとそう見えるのだろう。まったく愛におぼれていたに違いない。元は身分のあるものでも教育のない婆さんだからしかたがない。単にこればかりではない。ひいき目は恐ろしいものだ。清はおれをもって将来立身出世してりっぱなものになると思い込んでいた。そのくせ勉強をする兄は色ばかり白くって、とても役にはたたないと一人できめてしまった。こんな婆さんにあってはかなわない。自分の好きなものは必ずえらい人物になって、きらいなひとはきっと落ちぶれるものと信じている。おれはその時からべつだん何になるという了見もなかった。しかし清がなるなると言うものだから、やっぱり何かになれるんだろうと思っていた。今から考えるとばかばかしい。ある時などは清にどんなものになるだろうと聞いてみたことがある。ところが清にもべつだんの考えもなかったようだ。ただ手車てぐるまへ乗って、りっぱな玄関のある家をこしらえるに相違ないと言った。
 それから清はおれがうちでも持って独立したら、いっしょになる気でいた。どうか置いてくださいと何べんもくり返して頼んだ。おれもなんだかうちが持てるような気がして、うん置いてやると返事だけはしておいた。ところがこの女はなかなか想像の強い女で、あなたはどこがお好き、麹町こうじまちですか麻布あざぶですか、お庭へぶらんこをおこしらえあそばせ、西洋間は一つでたくさんですなどとかってな計画を一人で並べていた。その時は家なんかほしくもなんともなかった。西洋館も日本建もまったく不用であったから、そんなものはほしくないと、いつでも清に答えた。すると、あなたは欲がすくなくって、心がきれいだと言ってまたほめた。清は何と言ってもほめてくれる。

 母が死んでから五、六年のあいだはこの状態で暮らしていた。おやじにはしかられる。兄とは喧嘩する。清には菓子をもらう、時々ほめられる。べつに望みもない。これでたくさんだと思っていた。ほかの子供も一概にこんなものだろうと思っていた。ただ清が何かにつけて、あなたはおかわいそうだ、ふしあわせだとむやみに言うものだから、それじゃかわいそうでふしあわせなんだろうと思った。そのほかに苦になることは少しもなかった。ただおやじが小遣いをくれないには閉口した。
 母が死んでから六年目の正月におやじも卒中でなくなった。その年の四月におれはある私立の中学校を卒業する。六月に兄は商業学校を卒業した。兄はなんとか会社の九州の支店に口があって行かなければならん。おれはまだ東京で学問をしなければならない。兄は家を売って財産をかたづけて任地へ出立すると言いだした。おれはどうでもするがよかろうと返事をした。どうせ兄のやっかいになる気はない。世話をしてくれるにしたところで、喧嘩をするから、向うでもなんとか言いだすにきまっている。なまじい保護を受ければこそ、こんな兄に頭を下げなければならない。牛乳配達をしても食ってられると覚悟をした。兄はそれから道具屋を呼んできて、先祖代々のがらくたを二束三文に売った。家屋敷はある人の周旋である金満家に譲った。このほうはだいぶ金になったようだが、詳しいことはいっこう知らぬ。おれは一か月以前から、しばらく前途の方向のつくまで神田かんだ小川町おがわまちへ下宿していた。清は何十年いたうちが人手に渡るのを大いに残念がったが、自分のものでないから、しょうがなかった。あなたがもう少し年をとっていらっしゃれば、ここが御相続ができますものをとしきりにくどいていた。もう少し年をとって相続ができるものなら、今でも相続ができるはずだ。婆さんはなんにも知らないから年さえとれば兄の家がもらえると信じている。
 兄とおれはかように分かれたが、困ったのは清の行く先である。兄はむろん連れていける身分でなし、清も兄の尻にくっついて九州くんだりまで出かける気はもうとうなし、といってこの時のおれは四畳半の安下宿にこもって、それすらもいざとなればただちに引き払わねばならぬしまつだった。どうすることもできん。清に聞いてみた。どこかへ奉公でもする気かねと言ったらあなたがおうちを持って、奥さまをおもらいになるまでは、しかたがないから、おいのやっかいになりましょうと、ようやく決心した返事をした。この甥は裁判所の書記で、まず今日こんにちはさしつかえなく暮らしていたから、今までも清に来るなら来いと二、三度勧めたのだが、清はたとい下女奉公はしても年来住みなれたうちのほうがいいと言って応じなかった。しかし今の場合知らぬ屋敷へ奉公がえをしていらぬ気がねを仕直すより、甥のやっかいになるほうがましだと思ったのだろう。それにしても早くうちを持ての、さいをもらえの、来て世話をするのと言う。親身の甥よりも他人のおれのほうが好きなのだろう。
 九州へ立つ二日まえ、兄が下宿へ来て金を六百円出して、これを資本にして商売をするなり、学資にして勉強をするなり、どうでも随意に使うがいい、その代わりあとはかまわないと言った。兄にしては感心なやり方だ。なんの六百円ぐらいもらわんでも困りはせんと思ったが、例に似ぬ淡泊な処置が気に入ったから、礼を言ってもらっておいた。兄はそれから、五十円出して、これをついでに清に渡してくれと言ったから、異議もなく引き受けた。二日立って新橋の停車場で分かれたぎり兄にはその後一ぺんも会わない。
 おれは六百円の使用法について寝ながら考えた。商売をしたってめんどうくさくってうまくできるものじゃないし、ことに六百円の金で商売らしい商売がやれるわけでもなかろう。よしやれるとしても、今のようじゃ人の前へ出て教育を受けたといばれないから、つまり損になるばかりだ。資金などはどうでもいいから、これを学資にして勉強してやろう。六百円を三に割って一年に二百円ずつ使えば三年間は勉強ができる。三年間一生懸命にやれば何かできる。それからどこの学校へはいろうと考えたが、学問は生来しょうらいどれもこれも好きでない。ことに語学とか文学とかいうものはまっぴらごめんだ。新体詞などときては二十行あるうちで一行もわからない。どうせきらいなものなら何をやっても同じことだと思ったが、さいわい物理学校の前を通りかかったら生徒募集の広告が出ていたから、なにも縁だと思って規則書をもらってすぐ入学の手続きをしてしまった。今考えるとこれも親譲りの無鉄砲から起こった失策だ。
 三年間まあ人並みに勉強はしたが、べつだんたちのいいほうでもないから、席順はいつでも下から勘定するほうが便利であった。しかし不思議なもので、三年たったらとうとう卒業してしまった。自分でもおかしいと思ったが苦情をいうわけもないからおとなしく卒業しておいた。
 卒業してから八日目に校長が呼びに来たから、何か用だろうと思って、出かけていったら、四国辺のある中学校で数学の教師がいる。月給は四十円だが、行ってはどうだという相談である。おれは三年間学問はしたが実をいうと教師になる気も、田舎いなかへ行く考えも何もなかった。もっとも教師以外に何をしようというあてもなかったから、この相談を受けた時、行きましょうと即席に返事をした。これも親譲りの無鉄砲がたたったのである。

 引き受けた以上赴任せねばならぬ。この三年間は四畳半に蟄居ちっきょして小言こごとはただの一度も聞いたことがない。喧嘩もせずにすんだ。おれの生涯しょうがいのうちでは比較的のんきな時節であった。しかし、こうなると四畳半も引き払わねばならん。生まれてから東京以外に踏み出したのは、同級生といっしょに鎌倉へ遠足したばかりである。今度は鎌倉どころではない。たいへんな遠くへ行かねばならぬ。地図で見ると海浜で針の先ほど小さく見える。どうせろくな所ではあるまい。どんな町で、どんな人が住んでるかわからん。わからんでも困らない。心配にはならぬ。ただ行くばかりである。もっとも少々めんどうくさい。
 家を畳んでからも清の所へはおりおり行った。清の甥というのは存外結構な人である。おれが行くたびに、おりさえすれば、なにくれともてなしてくれた。清はおれを前へ置いて、いろいろおれの自慢を甥に聞かせた。今に学校を卒業すると麹町辺へ屋敷を買って役所へ通うのだなどと吹聴ふいちょうしたこともある。一人できめて一人でしゃべるから、こっちは困って顔を赤くした。それも一度や二度ではない。おりおりおれが小さい時寝小便したことまで持ち出すには閉口した。甥はなんと思って清の自慢話を聞いていたかわからぬ。ただ清は昔風の女だから、自分の主人なら甥のためにも主人に相違ないと合点がてんしたものらしい。甥こそいいつらの皮だ。
 いよいよ約束がきまって。もうたつという三日前に清を尋ねたら、北向きの三畳に風邪かぜを引いて寝ていた。おれの来たのを見て起き直るが早いか、っちゃんいつうちをお持ちなさいますと聞いた。卒業さえすれば金が自然とポッケットの中にわいてくると思っている。そんなにえらい人をつらまえて、まだ坊っちゃんと呼ぶのはいよいよばかげている。おれは簡単に当分うちは持ちたくない。田舎へ行くんだと言ったら、非常に失望した様子で、胡麻塩ごましおびんの乱れをしきりになでた。あまり気の毒だから「行くことは行くが、じき帰る。来年の夏休みにはきっと帰る」と慰めてやった。それでも妙な顔をしているから「何をみやげに買ってきてやろう、何がほしい」と聞いてみたら「越後えちご笹飴ささあめが食べたい」と言った。越後の笹飴なんて聞いたこともない。第一方角が違う。「おれの行く田舎には笹飴はなさそうだ」と言って聞かしたら「そんなら、どっちの見当です」と聞き返した。「西の方だよ」と言うと「箱根の先ですか手前ですか」と問う。ずいぶんもてあました。
 出立の日には朝から来て、いろいろ世話をやいた。来る途中小間物屋で買ってきた歯磨はみがき楊子ようじ手拭てぬぐいをズックの革鞄かばんに入れてくれた。そんな物はいらないと言ってもなかなか承知しない。車を並べて停車場へ着いて、プラットフォームの上へ出た時、車へ乗り込んだおれの顔をじっと見て「もうお別れになるかもしれません。ずいぶんごきげんよう」と小さな声で言った。目に涙がいっぱいたまっている。おれは泣かなかった。しかしもう少しで泣くとところであった。汽車がよっぽど動き出してから、もう大丈夫だろうと思って、窓から首を出して、振り向いたら、やっぱり立っていた。なんだかたいへん小さく見えた。

――つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


ipsilon at 20:53コメント(0)トラックバック(0)小説「筆写(著作権切れの作品)」 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ