2016年09月

2016年09月28日

「私の指導は、本質を突いている――」(中略)
「反逆するか、成長するか。厳しく言えば、そのどっちかだ」



(文士・原田種夫は)
創作の源を会長に聞いたことがある。
「格闘です。人の評価を気にしては書けません。将来のために残しておきたい。一千万人のなかで、一人でも分かってくれればいい。信仰の真髄が分かればいい。使命感以外の何ものでもありません」



会長は、傍観者を嫌う。具体的に、どうするのか? 誰が、いつ、何をするのか? その責任の所在は?(中略)
いかなる課題も、自分の問題になって初めて必死になる。



(会長のソ連訪問を知り、駆けつけた学会員一婦人が「折伏します!」と熱意を語ったとき)
「ソ連で絶対に折伏しちゃだめだ。学会員と口にしてもいけない。今日から私の弟子ではないと言いなさい」
(通訳だったストリジャクが言った)
「先生、そこまで言わなくても、いいじゃありませんか、ソ連だって、信教の自由はあるんです」
「いや、いいんだ。この人の人生のために、言っておかなければいけない」
布教より一人の幸福。殉教者や犠牲者は一人たりとも出さない。衝撃だった。



財界人は「この世界で一番尊く偉いのは誰ですか」と聞いてきた。釈尊などの名前を挙げると思っていたようだが、返答は予期せぬものだった。
「一番尊くて、一番偉いのは、庶民のお母さんです。(中略)雨の日も風の日も、雪が降っても、嵐になっても、太陽のように変わることなく、天空で輝いている。お母さんが一番偉い」



(中部ガス会長、神野信夫の回想)
(池田会長は)「ゲーテのように力強い。イデオロギーではなく、世界の人が共鳴できる言葉。厳しい現実と戦いながら、優しい詩人の心があるなあ」



ともあれ、ときには非常に厳しい指導をされているのだが、その根底にはその人を思うからこそ、あえて厳しいことを言われてきたという部分を様々なところで感じました。その理由を端的にいえば、
「僕が言わなければ誰もいわないから」ということだった。

2冊一気に読んだので、付箋をしている暇がなく、あとから湧きあがってくる言葉もあった。
「僕は生命力の弱い人は嫌いだよ」
とか。

病気であることに拘っている会員には、
「病気が治るなおらないが問題ではない、この信心をしていていれば、人に見下されなくなるんだよ(趣旨)」
といったことを気づかせんとしてかけた言葉などにも感動した。
とにかく、先生は「人を見下す傲慢さは微塵も許さない」ということだけは、寝ても忘れないようにしたいと思った。もちろんそれは、観念だけでなく、出来ることがあるのに見てみぬふりをする「行動」の部分にも及んでいるということも。


きっとまた折に触れて思い出すのだろう。
例えば、内部悪に関しては、福島源次郎(心酔したあと反逆するという、自分の身勝手をすべて他人のせいにする境涯)とどこか似ていないか? とか、メディア人であれば藤原弘達(直接取材して会う努力もしないでデマ評論を書きまくり、学会側からの資料の提出や見学の誘いを拒否してさらにデマ評論を書きまくった自己中妄想家)のようなことをしていないか? など、悪を見抜くための材料もしかと学べたことも収穫だった。

ipsilon at 18:41コメント(0) 

2016年09月27日

我ながら自分の底の浅さを思い知らされる読書になった。
わかったつもり。無知ほど恐ろしいものはない。これほど師匠の気持ちがわかっていない不甲斐ない弟子だったか……と恥ずかしくなった。


「夕張は、職場や生活の環境が、東京とまったく違う。どこまでも懇切丁寧に、二倍、三倍の気を遣っていかなければならない」言葉を強めた。
「そのうえで二倍、三倍、厳しく折伏していけ。強く悪を斬れ。そうじゃないと、夕張のような厳しい環境では、功徳は出ない」現地の状況を仔細に調べ上げていた。
「特殊な事情があるから、教学でいくんだ。どんな迫害が襲いっかっても、微動だにしない、信心の骨格を築いていけ」

当時の石炭産業は国のエネルギー政策の根幹であった。現在に置きかえれば、原発行政の闇に真正面から正々堂々と戦い、人間と地球環境にもたらされる悪を斬っていくということにあたろう。
そうした点から、炭労事件がいかに凄まじい戦いだったかを考えてみる必要があるのだろう。


(炭労問題が勃発したとき)
戸田会長の結論もまた明快であった。
「創価学会は“ケンカ学会”だ。売られたケンカは買おうじゃないか!」
矢面に立つ総大将は池田室長である。

わたしも、いつだったか「売られて喧嘩は買います!」とかいったタイトルの記事を書きました。
もっとも、先生とはあまりにも次元が違いすぎなんですがね。今は懐かしい思い出です。


「創価大学は、宗教活動ではない。ご供養のように学会員からお金を集める必要はない。また、集めてはならない」
「教育は私の事業である。必要な資金は言いなさい。私が作る」
一九六〇年代後半、小説『人間革命』をはじめ、執筆のスピードは一段と加速した。書きに書いた著作の売り上げは、創価学会本部経理局を通じて、大学側に寄付された。

こうした先生のお心、宗教と教育、また政治と宗教というものをきちんと立て分けるお心が、今わからなくなっているいるのが現執行部や公明党であろう。

なんでもかんでも信心=公明支援あるいは創価大学や学園のため、そういうひとくくりで見てしまう思想が今や蔓延しているのではないだろうか。

公明党は学会員の力を借りずとも、公明党として大衆から支持されなければ何の意味もない。
同様に、創価学園・創価大学も、世界の大学や教育機関から評価されなければ意味がないわけだ。

しかし、公明にしろ創価大学にしろ、信心してるんだから(学会員なら公明を)支援し、(創大や学園を)宣揚するのが当然といった事態になり果てているのが現状だろう。
先生が志された「自主自立」の精神を理解している良識人は、いまやかなり少ないのだろう。

創価大学の開学にあたって、先生が志されたことは――
「将来世界を舞台に、人類全体のために活躍する人物を輩出したい。この一点なんだ。一宗一派のためにやっているんじゃないんだ」
――なのであるから。
これを政治の世界におきかえるならば、
「将来世界を舞台に、人類全体のために活躍する政治家を輩出したい。そのために設立したのが公明党である」
になるんじゃないですか?
だが、その公明党は人類全体どころか、長年にわたって虐げられてきた沖縄の民衆にすら手を差し伸べていないではないか。いなむしろ、イスラエルとの兵器製造契約を結べるような政策を推進し、兵器によって民衆が殺害されていくことに手を貸している始末だ。なにがブレーキ役なんだ? どこがブレーキ役なんだ?
ブレーキだというなら、殺人ブレーキとでも名称を変更したほうがよろしい。

ともあれ、創大出身なんだから、学会を守るのが当たり前という甘えや、学会員だから公明を支援するのが当たり前といったお追従や功徳欲しさの浅ましい姿を、先生は決して望んではおられなかったのだ。

ipsilon at 22:51コメント(0) 
なんでしょうね、「大阪の戦い」のことが書かれているのを読むと、体温が3度くらい上がったような熱が自分の中で滾ってくるんです。
感動がある、感激がある、そして憤怒がある。付箋を貼りだしたら、止まらなくなり、貼った部分を語りだしたらブレーキの壊れたクルマになる。そんな感じになるんですね。

第3章まで読んで、一か所に絞るとしたらどこよ? と思案したら、すぐにその部分が浮かんできた。
けどその部分には付箋を貼り忘れていて(読むのに集中してると、付箋とかどうでもよくなるんです)、今日は何度もページをめくって探しました。

(大阪事件の不当逮捕に抗議する大阪大会で登壇する池田室長への)
戸田会長の助言には、絶妙のバランス感覚があった。
民衆の敵とは徹底的に戦うが、民衆から犠牲は出さない――これが将の中の将である戸田会長の采配だった。
池田会長は今も「これが師匠だよ。これが本当の指導者だ。権力との戦いを甘く考えては絶対にならない」と回想する。


わたしごときがあれこれいうべきところではないが、権力者には負けないんだ! と意気盛んになって傲慢になり、隙につけ入られたりしては意味がない。“民衆から犠牲は出さない”それが本当の勝利なのだという大慈大悲、これが日蓮仏法の真髄なのだと思うのだ。

今、われわれは沖縄の民衆を犠牲にしているのではないのか? 南スーダンに送られる自衛隊員は民衆の側にある人びとではないのか? スマホに使われているレアメタル。それを奪いあい殺しあうような紛争で、民衆を犠牲にしているのではないのか?

組織を維持するために、その権威を高めるために、会員を駒のように見て、はいこれやって、その次はこれで、その次はこれやってねとこき使う執行部も同じですよね。なんで会員を犠牲にすんのよ? おかしいだろ?

力あらば一文一句なりとも語らせ給うべし(諸法実相抄)
この「力あらば」というのは、“随力弘通”のことですよね。つまり自律能動。主体性ですよね。

そのあたりをよくよく考えてほしいものである。


さて、公明党は与党の側ですよね。
であるなら、この気持ち悪い行為にしぶしぶながらでも承認を与えてるってことでしょ?

どこが大衆の云々なんですかね?
よーく考えてみたらどうでしょうか。

社会のなかで汗みずくになって働き、社会の――例えば交通とか衣食住や家庭の――安全を守っているのは、なにも自衛官だけじゃありませんし、海保の人たちだけじゃありませんぜ。彼らを支えるために陰で奮闘している人たちだっている。

だが、自公与党は、ある一部の人たちだけが偉いみたいなことをいってるわけです。
民衆を見下すとは、こういうことでしょ? 違うんですか? 一般市民は馬鹿にされてるんですよ。お前らは大して役にたってねーんだって。怒らないの? あらまあ、お優しいこと。
わたしはそこまで優しくなれませんけどね。

別の見方をすれば、有事の際、まっさきに犠牲になってもらう民衆は彼らだからねェということ。だから見え透いたおべっか使ってるだけでしょ。結局、やってることいってることは民衆を犠牲にすることだもんね。

こんなの権力者の欺瞞ですわ。

ipsilon at 03:17コメント(3) 

2016年09月26日

もう、あれこれいうのもバカらしい。読むといいですよとしかいえません!
あえていえば、人生のなかで読むであろう数々の本のなかでも、一生涯忘れられない衝撃を与えてくれる作品、としかいいたくない。
ということなのだが、一応、感じいった部分を抜き書いておきます。


人にしゃべると気がらくになるもんだが、そいつはただ自分の罪をまき散らすだけだ。


「しょっちゅう痛めつけられてもかい」
「わかってるよ」おっかあはクスクス笑った。「たぶん、それだからあたしたちは強くなるんだよ。金持ち連中はあらわれては死んでいくし、その子供は能なしで、じきに死に絶えてしまうのさ。ところが、トム、あたしたちはあとからあとからあらわれてくるんだよ。くよくよするのはおよしよ、トム。新しい時代が来かけているんだから」

そう、庶民というものは強いのです。地球上にいるその庶民は、いかなる時代でも絶対数では必ず権力者に勝る。もちろんその力もだ。しかしいまだ地球人類の庶民たちは、同じ目的に向けて団結したときの強さに気づかず、目の前にある利益だけ見ては、いがみあっている……。


ロザシャーン、おまえはたった一人の人間でしかないんだよ、ほかにも人間はどっさりいるんだよ。おまえは自分の分をまもってりゃあいいのさ。あたしも知っているけどね、世のなかにゃ、自分で勝手に罪をでっちあげて、とうとう神さまの前で自分がとんでもない悪い人間だと思いこむようになった人たちがいるもんなのさ。
仏法でいえば、罰や業や宿業論をふりかざし、自分を卑下したり、他人を貶めることにあたるだろう。スタインベックは、宣教師などが罪をふりまわし、人間を汚れた存在であると喧伝し、罪悪感を煽ることを、この作品で痛烈に批判していた。人間は人間である。だから、その人間が神になったかのように傲慢になり、人間を軽視することは理不尽なのである、と。

宿業はかりがたし鉄は炎打てば剣となる賢聖は罵詈して試みるなるべし、我今度の御勘気は世間の失一分もなし偏に先業の重罪を今生に消して後生の三悪を脱れんずるなるべし(佐渡御書)
どんな宿業があるかなど知ることは難しいのです。しかし、鉄は打てば剣になり、聖賢は罵詈されて聖賢になるのです。わたし(日蓮)が今うけている権力者からの怒りは世間的にいえば、わたしに責任はないのです。ひとえに、前世で積んだ悪業を今世で消すための契機であり、死後、三悪道に堕ちないための契機でもあるのです。
変えられない何かがある……と捉えるのか? それとも大転換のチャンスである! と捉えるのかで、すべては変わってくるのであろう。


そして人々の眼には失敗の色が浮かび、飢えた者の眼には高まりゆく怒りがある。人々の魂のなかに、怒りのぶどうが満ちてたわわに実っていく、収穫の時をめざしてたわわに実っていく。


「いいから、静かにすわっておいてくれ」と彼女は言った。「あたしたちは一番だいじなことから最初に片付けなけなくちゃならないんだよ。それはどういうことか、おまえだって知っているはずじゃないか」

それとは――食べることを指しているんですがね。


荒野なんてなんの役にも立ちゃしねえとさ、なぜって、あいつの持ってるちっぽけな魂のかけらは、残りの魂といっしょになって完全なものにならねえことにゃあ、なんの役にも立ちゃあしねえからなんだとよ。おかしなこったが、おれはよく覚えているぜ。べつに身をいれて聞いているとも思わなかったんだがな。だけど、人間ってもんは一人じゃあなんの役にも立たねえってことが、おれにもよくわかってるんだよ。


男ってものはね、生活に区切りをつけて生きていくもんなんだよ――赤ん坊が生まれたり、人が死んだりすると、それが一つの区切りになるのさ。女にとっちゃ、それが始めっから終わりまで一つの流れなんだよ、川の流れみたいに、小さな渦があったり、小さな滝があったりするけど、それでもその川はどんどん流れていくのさ。女って、そういうふうにものを見るんだよ。あたしたちゃ死に絶えやしない。人間はどんどんつづいていくんだよ――たぶん、ちょっとは変わるだろうけど、それでもどんどんつづいていくもんなんだよ。
(中略)
「言いあらわしにくいけど」と彼女は言った。「あたしたちのすることはみんな――ただどんどんつづいていくということにそっくり向けられているように思えるんだよ。ひもじい思いをすることまでが――病気にかかることまでがね、死んでいくもんもあるけど、生き残ったものはもっと強いんだよ。ただその日一日を生き抜いていくようにするのさ。ただその一日をね」

ジョード・ママは素晴らしい! 偉い! 頭あがりませーん!


一言でいえば、『怒りの葡萄』は女性賛歌の作品でしょうね。

でも、何気に男性の役割もスタインベックはちゃんと書いていました。
それは一人で立ちあがり、民衆の指導者になることだ、と。
しかし、そうした指導者は必ずといっても過言でないくらい権力者や狂人に憎悪され、ときによっては暗殺されることを覚悟しなければならない、と。
米国大統領であれば、エイブラハム・リンカーン、ジェームズ・ガーフィールド、ウィリアム・マッキンリー、そしてジョン・F・ケネディがそういった人なのだろう。


『怒りの葡萄』は、1930年代のアメリカの物語ではあるが、今も地上には、雨漏りし、風が吹き込むテントで、日々の食料にさえ窮乏している人がいる……。

また、この作品が書かれたころは、旱魃などは自然災害として考えられていた。だが、科学の発展した現代では、もともと痩せた土地であり、ハリケーンなどが多発する中西部や中南部の自然のもつ特性を顧みなかった無理な大規模開発による「人災であった」というふうに考えるのが普通らしい。
しかし、こうした無理な開発は、いまでも世界各地で行われつづけているわけで……。

無論、当時の大量移民の発生は、単一の原因によるものではなく、様々な要因が複雑に絡み合って、一千万人もの数に膨れ上がった様子は、この作品を読んでいけば、はっきり見えてくることだろう。

ipsilon at 05:59コメント(0) 

2016年09月25日

・昭和63年(1988年) 11月8日
・ブライアン・ワイルドスミス氏と会談(各界有識者との語らい)
・東京・聖教新聞社


多くの人はワイルドスミスという名前くらいは耳にしたことがあるのではないだろうか。とくにお子様をもち、絵本の読み聞かせなどをしたことのある人ならば。
そんな童画家ワイルドスミス氏と池田名誉会長の会談の抜粋が、今回の内容になっている。
わずか7ページほどのボリュームだが、大切なことを語られている。

おおげさないいかたかもしれないが、人類にある唯一の希望とはなにか?
と問えば、物事を真剣に考えている人ほど、子どもたちの健全な成長である、と答えるのではないだろうか。

では、その子どもたちの健全さを引きだすものとは何か?
両氏は、「創造性」であると語っている。

以下、ワイルドスミス氏の言葉――。

現代は、確かに数限りない「モノ」や「情報」にあふれている。だが、そのためにかえって、子ども達は、自分で考え、工夫し、作りだしていく力を失いつつある。モノも情報も“与えられる”ことに慣れ、自ら「創造」し、「発見」することができなくなった。そこには、本当の喜びも、幸せもない。
大人になっても状況は同じである。


この言葉にある「創造」「発見」というのも、人によって捉えかたが違うのだろうが、わたしはこう考えるべきだと思っている。

創造とは唯一無二のオリジナルティを生みだすこと。発見とは何かを見てものを知ることではなく、自分の中にある智慧や可能性や柔軟さを見つけだすことではないかと。
こういえば、何か大変なことのように受けとれるかもしれない。しかしわたしが思うのはそういう大変さではないのだ。
本来、ありとあらゆる人、生きとしいけるものが、すべてオンリーワンなのであるから、人間の範囲でいえば、その人がその人らしく生き貫くことこそが「創造性の発揮」である、創造そのものなのではないのか、と。
簡単にいえば、今ここに生きて存在していることそれ自体が、すでに創造的行為なのだと。だから、別の誰人になろうとする必要もないし、背が低いのを気にすることもないし、美人だろうが不細工だろうが、イケメンであろうがリア充でなかろうが、そんなことを気にし過ぎる必要はないといえるのではないだろうか。

しかし残念なことに、世の中はそうした傾向を嫌っているように思える。
今ではかなり古い思想ではあるが、いい大学を出て、いい会社にはいり、悠々自適の生活をするのがいい、といったひな型をみながみな追い求めてしまうという風潮といえばわかりやすいだろうか。

体が弱く病気がちで貧乏で、友だちも少ない。だが彼は絶大の信頼をよせられる友が1人いる。
いいじゃない。彼のなにが? どこが悪いの? 彼の個性と生きざま――つまり彼の創造性(唯一無二性)――を認めればいいだけ。
なのに、世評というのはなかなかそうは見ないものだ。
まず健康になって、お金も稼ぎなさい、友だちも増やすべきだ。なんでそんなに引きこもっているんだ! 馬鹿なの? 阿呆なの? 早くやれ!
いささか大げさではあるが、世評とはそんな声を彼にぶつけるのだろう。そして下手をすると、そうした声に彼は押し潰される……。

もちろんわたしだって、健康になり、裕福になることを否定しているのではない。
しかし、その価値観は彼自身が大切にしている価値観なのか? と考えてみれば、そうした世評のようなものには、あまり価値がないことは理解できるのではないだろうか。


ともあれ、今回ワイルドスミス氏との会談の内容に触れ、改めて
「そういえばワイルドスミスさんてどんな人だったっけ?」
と調べていたら、なんと今年(2016年)、8月31日に亡くなられていたことに気づいた。

不思議といえば不思議である。
こうした機縁に出会うたびに思うのだ。
縁ありて、大切なことを教えて頂いているのだろう……と。

Google画像検索で、氏の絵を眺めてみた。
わたしが直感的にいいなァと感じたのは、このような作品

眺めながら――。
「牛さん! かわいいね! そうそう、睫毛長くてさァ、綺麗な目してんだよねー。単純化してあるけど、ウシの耳ってこうだよね〜。泣きだしそうなときの眉毛みたいなんだよね〜。あらら、カウベルなんかつけちゃってお洒落! 角は立派なまま、髪の毛(?)も豊富。きっと自然のままなんだろうね、この子は。たぶん牝だね」
などと思ったわけです。

ワイルドスミスの絵が、わたしの中にある牛や自然に抱いてきた印象を見事に引き出したということだ。
絵を見て、一人一人が抱く感じかたは違うはずだ。そしてそういう感じ方を比べるのではなく、互いの感じ方の妙を認めあっていける人格を育てる。結局はそうした流れが人類を争いなき未来に導くのではないかと思うのだ。


自身の無知を知らぬ者は愚かである。避けていかねばならない。
自身の無知を知る人は単純である。教えていけばい。
自身の有知を知る者こそ賢者である。その人についていくがよい。

(イギリスのことわざ)




例えば有名な『千夜一夜物語(Scheherazade)』なども、いわゆる童話であろうが、ここにも一つの真実があると思う。

人間てなァ、話し合えば最後はわかりあえるんだぜ! みたいなね。
でも、この話にでてくる娘・シェヘラザード(シャーラザット)は、実は命がけなんですね。つまらない話をしてしまったら、即処刑ですからね。
なので「つづきはまた明日!!」とかいって、相手の興味を惹きつけておくような智慧も必要なんですね。
そして王様の根底にあったのは人間(の可能性)への「不信・疑い」なんですね。それを「信じる」ことに変えたというね。
童話、意外と奥深いんだなァ。

子どものころ、こういうお話を聞いて育ったなら、「話合いでは解決がつかないことがあるんだ!」なんてことはいいださないのではないだろうか。
もっとも、夜な夜な語られるお話の内容は面白おかしく、楽しくて、希望のある物語であるべきところは、「対話」というものがそれなりに過酷なものであることも伝えているのだろう。

ipsilon at 17:25コメント(7) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ