2019年04月15日

瞑想の言葉

 日々に唱える瞑想のことばを何にしようか。これが最近のわたしの悩みである。
 で、現時点でいいなと思うものを備忘録に記してみる。

・オーム(唵)
これはヴェーダにある聖語。仏教以前のインド最初期の聖語を辿ると、おそらくこの言葉にいきつく。
オームとは森羅万象、宇宙をさす言葉であり、口にすることはあらゆるものを讃嘆することになる。讃嘆は神(人知を超えたもの)にたいするものだが、口にすることで同時に自己(神の領域を知りえない人間)をも頌歌することになる。これを賛唱(讃頌)という。またオームには応諾(受け入れます)という意味もある。この賛歌と頌歌が一つになり、そこに応諾が加わることには、いわゆる三位一体(トリニティ)という意味があって、三つは切ってもきれないという意味にもなる。
 したがって、オームの三文字――aum――は、それぞれ賛歌、頌歌、応諾の意味をもつ。
 宮崎駿が『風の谷のナウシカ』で王蟲などという名前をわざわざ使ったのには、それなりの考えがあるのだろう。日本のアニメ作品は、意外と古代の神話や宗教にある言葉が多い。ナウシカももちろんそうだ。『オデュッセイア』の登場人物、スケリア島の王女の名前であるわけで。

 ともあれ、オームは非常にシンプルな聖語でありマントラ(真語)なわけだ。
 ヒンドゥーのマントラには「ラーマ」があり、これはガンジーが唱えていたことで有名だが、この語にも三位一体の意味がある。破壊神、創造神、その双方を含む神(シヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマー)の三つは一体であるという意味がある。日本の仏教語でいうなら、これは阿修羅・帝釈・梵天になるわけだ。
 余談だが、阿吽の呼吸のアウンも、聖語(マントラ)である。これもまた三文字三音であり、口を大きく開ける、中間の大きさに開ける。閉じるになっている。

 キリスト教のアーメンもその一種と考えていいだろう。
 おそらく古代にはアメンと発音したのだろうが、後に変化したのであろう。
 むろんアメンは、古代エジプトの神アメン(太陽神)でもあるが、アーメンにしろアメンにしろ三文字で作られた一語であることに変わりはない。そして、アーメンには「応諾」の意味があるのは、オームと変わりがない。
 また太陽神が信仰される場合、ほとんどの場合それと同時に月(太陰神)が信仰され、それら双方を含む光こそ主神という信仰になるのは、古代の神話などを繙けば容易に推測できる。

 というか、古代インドでは神のことを「デーヴァ」と呼んでいたわけで、これが欧州にわたってデウス(これはもちろん、ギリシャ神話の主神ゼウスのことだ)に変化したのだから、神という音、語源はかつて同じだったと考えていいだろう。そしてこれもまた、音的には三文字になっているという不思議があるのである。
 バベルの塔ではないが、かつて同じだった言葉が分化したと思索するのがいいと思うのだ。
 したがって、ラーマにしろ、オームにしろアーメンにしろアメンにしろ、デーヴァにしろゼウスにしろ、もとは聖語であったと考えてよいし、瞑想のためにどの聖語(マントラ)を唱えるかは、今となっては個々人が考えるしかないということになろう。
 ただ、起源の古いものを選ぶとしたら、オームにならざるを得ないのではないだろうか。
 なぜなら、ヴェーダの起源は紀元前1200年以前にまで及ぶからだ。ギリシャもこのころにはすでにミュケナイ文明があったので、容易に判断はしがたいのだが……。

 どちらにしても、世界には古代インド、古代ギリシャという二大潮流があったことは否定のしようがないのだ。
 ホメロスの『イリアス』『オデッユセイア』は無論有名な叙事詩だが、古代インドにはこれら二つの7倍もの量を誇る『マハーバーラタ』というとてつもない叙事詩があるのだから。しかしだからといってギリシャも負けていない。『イリアス』などが書かれる以前にすでに「叙事詩の環」と呼ばれる大量の神話や詩が口伝されており、それらが後にあの膨大なギリシャ神話として纏められているからだ。
 とまれ、ギリシャ人とインド人に対しては、頭おかしい奴らがいっぱいいた! という褒め言葉しかないのである。

 脱線した。聖語の話に戻るが、またどの語も、口を大きく開ける、中間の大きさに開ける、口を閉じるという発音になっているのも興味深い。
 それをよりきちんとするために、最後に「ん」をつけるように発音するように、聖語が変遷してきているようにも見える。アメン→アーメンには、そのような傾向が強くみえる。
 このような点からも、言葉は本来意味性よりも音や行為に価値を重くおいていたことも理解できよう。
 だからこそ、日本語(あるいは漢訳)に翻訳された経典を読誦することに、わたしはもはや意味を見出せないのだ。

 例えば原始仏教の慈悲の瞑想につかう祈りの言葉――。
 生きとしいけるものが幸せでありますように。

 これの言語(パーリ語)は
 Sabbe sattā bhavantu sukhitattā である。
(サベー・サター・バヴァントゥ・スキタタ)である。

 音もリズムも全く異なるのだ。

 

 日本語の祈りの言葉とは違って、ちゃんとリズムがあるのは一目瞭然である。
 実際、リズムをとって唱えている音が聞こえるくらいなのだから。

 そんなわけで、もう多分に唱えることはないが、もしもわたしが南無妙法蓮華経と唱えようと思うなら、
 ナマ・サダッダルマ・プンダリーカ・スートラ、と唱えることだろう。
 この言葉(蓮のように清浄な教え)の起源もわりと古くて、ヴェーダ(ウパニシャッド)にすでに見られるので、決して悪いものではないし、その意味も、「蓮の葉が泥にまみれることなく美しいままである」という意味なので、悪いものではない……ただし、ヴェーダでは「華」ではなく、「葉」であるところに決定的な違いがある。これは後世になって願いが叶うことを主眼としたお縋り信仰に堕した形跡であるといって間違いないだろう。「讃頌と応諾」という信仰の起源を忘れ、現世利益に傾いた結果といえるであろう。

 
 ガンジーは凶弾に倒れたとき、「ヘー・ラーマ(Rama)」、おお神よ……と呟いたと言われている。
 つまりガンジーは、例え凶弾に撃たれようと、神を讃嘆し、人間を称賛し、応諾します! と言ったというわけだ。これこそが真の信仰者の姿勢であろう。

 イエスにしてもそうだ。
 Eli, Eli, Lema Sabachthani ?
 このエリ、エリ、というはじめの言葉は、預言者エリヤ(Elijah)の名を呼んだとも言われているが、それだと辻褄はあうわけだ。このエリ、あるいはエリヤもまた三文字(三音)である。
 イエスの場合、なぜわたしをお見捨てになったのですか? と問うているが、最後には「為しとげられた」と言って「応諾」したとも伝えられているわけだ。

 こうしたことから、真の信仰というのが、神仏からの御利益や救済を願うものではなく、讃頌であり、応諾である、三位一体の行為であることがわかるのだろう。

ipsilon at 02:26コメント(0)知への愛「思索・備忘録・箴言」  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ