模型「Ju−87D スツーカ」

2010年11月20日

フフフ、氷川丸の時と同じようにパーツを破損しました(笑)
IMG_3544


でも全然ショックじゃありません。
「あーあー、折れたぁー。まーいいやー」
そういう感じ。

リペアすれば元通りに出来ることを知っていますし、
何より今日作業していた表面処理に邪魔な突起だったんですね。
この尾輪は。

その他の部分にも突起物が何箇所かあって
表面処理のヤルキを削いでいたんですけど、
尾輪が破損したおかげで諦めがつきました。
「もういい、突起物削り落として勢いよく表面処理する!」と。

最終的には繊細な作業が必要とされるのが模型ですが、
過程では勢いが大事な時があるんです。
そこを一気に駆け抜けないと完成しなくなるし、
モチベが落ちるんです。

フフフ、ありがとう! ハプニング!です^^


そうそう、昨日ベッドに入ってから思ったんです。
あー俺はプラモというプラスチックに触れながら
ここはアルミで出来ている
ここは布を張っている
ここは革張りのシートだとか考え
物言わぬ地球の資源と心で触れあい
そして、その器械を使っていた人々に思いを馳せていたんだなと気付いたんです。

模型ってこんな深い世界だったんだね。
なんだかそう思ったら
ミリタリーだからどうのこうのとか
そんな小さな視点はどうでも良くなってきました。
はい、昨日のモヤモヤが嘘のように消えました。





今日も自分で決めた為すべきことを
前倒しでやり切りました。
実に爽快な気分です。

実は2点、「やらなければ」とか「やったほうが良い」
という項目があり、
ずっと出来ないでいるんですが、
頭では解っていてもどうしても心が嫌がっていて出来ません。
別に不安があるとか恐いということじゃないんです。
んー、あえて言葉にするとヤルキにならないとか
面倒くさい(笑)って心です。かはは。

毎日メモに書き出したその項目を眺めては
心を確かめています。
諦めてはいません。

自分の心は自分で操縦すべきものなのはわかっているのですが
心がブレーキを踏んでいるのに
頭で無理やりアクセルを吹かすと心が壊れる。
今はその過去の体験から
無理をしないようにしています。
そういうことが出来るのが
本当の意味での心の操縦なのかもしれませんね。

まず今は、心が嫌がっている困難に負けない強い心を育てる。
そのために毎日心を磨く、この作業を優先していこう。
そうすれば自然に出来るようになる。
そう結論づけています。




今日為すべきことをやりおえて
同志のブログを訪問しました。

なんということでしょう。
朝起きてとても聞きたくなってYou Tubeで聞いた曲が
埋め込んであったんです。

自分で探したものは
なんとなく、もう少し力強さが欲しいなぁと感じたので
朝の記事には埋め込まなかったんです。
でもさっき聞いたものは
まさに探していた力強さを感じました。
とても嬉しくなりました。
同志に感謝です。


ということで私が子供の頃から好きな曲。


ヤベー、、、これから寝るのにすげー元気になるし勇気湧いてくる。
寝れなくなりそう(笑)







IMG_3523

ここは、夏の公園散歩の途中、毎日のように
一休みしていたベンチから見える風景。

秋の雲を浮かべた青空とモミジの紅葉と、
そこで和む人々。

「ここには全てがある」
なぜかそう思いました。


小雨の降る日であれば、多分ここには誰もいないでしょう。
でも私には見えたんです。

紙飛行機を楽しげに飛ばす人
犬とキャッチボールする人
無邪気にベビーカーから足を投げ出して眠る赤ちゃん
父親とサッカーをする少年
友達と砂場で遊ぶ少女
車椅子のおばあちゃんを連れた奥さん
かすかに手を触れ合わせて散歩する老夫婦
規則正しい息使いで走るランナー
朝の忙しい時間、近道がてら足早に通り過ぎていく学生やスーツの人

そういう人々が
私には見えたんです。
「ここには全てがある」
そう思える心さえあれば
小さな公園の広場に世界を見ることが出来るんだね。

そんな感慨に浸りながら
1人紅葉や人々を眺めていました。


今日も1日に感謝です!
今日出会ったすべての人にありがとうです!


寝れないとアレなので、静かな曲でも1曲。


恐れないで。
貴方には貴方の色があるの。
そしてそれを忘れないで。
それはとても美しい色。
まるで虹のような色なんだから。

貴方の真実の色は美しいんだからね。



色々な人の彩が合わさって虹が出来るんだよね。
シンディーローパーって凄いなぁ。
素敵な歌をありがとう☆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


ipsilon at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月19日

IMG_3517

スツーカは殆ど進んでいません。
塗装前に機体に貼り付ける細かなパーツを
幾つか切り出しただけです。
ということで、全く進展が無かったという訳ではありません。

うーむ、、
氷川丸を完成させてからこっち、
どうも模型をやりたいという気持ちが落ちている。
「本当にコレがやりたいの?」
心がそう言っている。

平和の尊さを伝えていくには
その対極にある戦争の悲惨さを知るのがいいのだろう。
そんな思いで子供の頃からずっと追いかけてきた
ミリタリーという世界。

でも、氷川丸を完成させてから
そのミリタリーの世界への興味が確実に薄れていることを感じる。
絶望の世界であったことに
じっと目を凝らすということは
かなりの精神的強さを必要とされる。

それよりも希望のある世界を眺めるほうが
心の栄養になるのではないか。

心がそう訴えている気がする。



栗城くん曰く、
心がやりたいと思わないなら、無理にやる必要はない。

私もそうは思うんだけど、
本当にそれでいいのかなぁ? と悶々としている。



今日は自分で決めた為すべきことを95%出来た。
あとはシャワーを浴びるということを残すのみ。
普通の人からすれば風呂に入るとかシャワーを浴びるなんて
普通のことなのでしょう。

しかし、心に傷を負った私などは
そういう身の回りのことをすることに物凄い
エネルギーや強い意思が必要なんです。

それでも、どうせサボリ癖のある私だから、、、
ということで
今日はスツーカをいじらずに、
為すべきことを前倒しにしてやった。

だから、別にクヨクヨする必要もないのだけれど
なんだかわからないけれど
気持ちが沈んでいる。


無性に春日丸が作りたいことだけは分っている。
でもスツーカを完成させると決めて
キットの封を切ったのは私だ。

心を優先するか、頭で考えて出したことを優先するか。
悩むんだけど
結局はスツーカをいついつまでに完成させるという
具体性が無かったことが今の状況を生み出した原因なのだろう。

よし、明日はそれを決めよう!
今日はもう無理(笑)






いやダメだ、今日決めよう(笑)
よし! 今月中だ!

そうだ、昔のオイラはこうやって
電光石火のごとく決断していたじゃまいか!(笑)


さっきまでブログ書くかなーとか
ウダウダしてたのが嘘のよう。かはは。
よし、ブログ書いたらシャワー浴びて寝るかな。




今日は仏壇に供えるのにラ・フランスという梨を買ってきた。
105円。

どけちな私は150円の和梨を買いませんでした(笑)
でもね、大事なのは供養したいという「心」だと
確信して止みません(笑)

だってね、まだ林檎も供えてあるんだもん。
供えたものはさ、
ちゃんと無駄にしないで食べますよ。

結局さ、
お供えしても自分のお腹に入るという構図。
供養したい=自分が食べたいってことなのかなぁ?(笑)
そういえば、たまには変わったものを食べて見るかなーって
思ったような気がする(笑)




今日空を飛んでいたセスナ。
IMG_3516


よし、頑張ってスツーカを今月中に
こういう平和な空に羽ばたかせようかね。
そういう風に考えることだって出来る。
「あ! 飛行機だ!」
そう思った心のままに撮った一枚が
こういう力を与えてくれるものなんですね。
有り難いな〜、セスナとそのパイロット。



苦しい事も悶々としたことも
楽しいことも新しい発見もあった今日に感謝しつつ
シャワーを浴びて寝ます。

今日も1日どうもありがとう!


といっても髪が乾くまでの1時間は寝れませんけどね(笑)
でも、おやすみなさいでーす^^/






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 23:11コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月17日

スツーカはコクピットを塗って胴体の左右を張り合わせました。
IMG_3481

IMG_3482

IMG_3483

IMG_3484


本当は、昨日ここまでやるつもりだったんですけど、
1、2時間ちょっと寝るかなぁ〜って横になったら朝だったのです(笑)
なので、とりあえず今日は昨日の目標までは絶対ヤルとガンガリました。

「本当は遅れを取り戻さないと!」と、
この先までやってからブログを更新しようかと思ったんですが、
今日は私にとっては大切な17日なので、
それに関しての事を優先してやることにしました。


心の傷の回復に挑んで7ヶ月が過ぎました。
長かったような短かったような。
でも、今年の4月頃と較べたらまるで別人みたいな心になった
自分が今ここにいることを知っています。

ここ最近、傷の症状がどんなだったか。
それを思い出せません。
まぁ生活は相変わらずで
したいようにして生きてますが、
それでも不眠症に悩まされることもなく
不規則な生活ではあっても、
それを不謹慎だとか不安に思わなくなりました。

生活は不規則でまだだらしないけど、
やろうと決めたことだけはキチンとやってる。
つまり、弱い自分に負けないということだけは
なんとか出来てるってことでしょう。

いつもならここでスティーブ・ジョブズ氏のスピーチの
動画を埋め込むんですが、
もうそれはとりあえず卒業します。

無論、彼のスピーチは今でも私にとっては必要なものです。
でも、大分彼の言葉が自分の心に居ついたことが分っているので、
いつまでも同じスピーチに執着するのは止めようということです。

ということで今月からは、別のものを埋めます。
とはいっても同じジョブズ氏の言葉ですけどね(笑)



動画のBGMの曲は
Like A Rollin' Stone ですね。

留まっていてはダメ! 転がり続けよう!
ジョブの言葉にもあるエッセンスですね。

Keep looking! Don't saddle! と。

よく戦争映画で敵に撃たれまくると兵士はこう叫ぶシーンがあるんです。

Move it ! Move it! と。

こういう場面での英語ってのは凄いと思います。
日本語だったら、逃げろ! 逃げろ〜!とか
うあぁああああああああとかいった声にならない叫びなんですね。

でも英語はそこが違う。緊急時でも非常に具体的(笑)
留まるな! 留まるな! 危険を避けろ! 穴から這い上がれ!

Move it !にはそういうパワーがあると思うんです。
東洋と西洋の文化の違いですけど、
英語の素晴らしいところだって思いますね。


ということで、自分も7ヶ月目ということで
一歩を踏み出そうかなと思う訳です。

これまでこのブログをある程度読んできた人なら
私がいかなる信念に基づいて
薬も一切飲まずに自分探しをしながら
傷の回復に挑んできたかは、ある程度ご存知でしょう。

でもその真髄が何だかということを直接言葉にしたことはなかったんですね。

つまりは、私の信念とは
創価学会の教える日蓮仏法であるということなんですけどね。

別段隠してた訳でもないんです。
ただ、この仏法は本当に正しいものですから
この仏法を口にするということは
我が身に誹謗中傷を受けることを覚悟しなければ
出来ないことなので、
そういった誹謗中傷に耐え、
且つ、そういった悪
(正しい教えに則って生きようとする生命を弱くする力=魔)
と闘う準備もなしに公言しようと思わなかっただけなんです。

魔を魔と見破ればどーってこと無いんですけどねー。

見方によれば保身に見えるでしょう。
臆病にも映るでしょう。
ですが、本当のところ、私の心は私にしかわからないのです。
それを他人が外から眺めてあれこれ判断することは出来ないのです。

まぁ、そういう信念を貫ける自分に再生できてきただろう。
そう思ったから自分は自分の中の一歩を踏み出そうと
決意したまでのことなんです。

まぁ、今は誰に何を言われても
どんなに馬鹿にされようが平気ですし、
間違ってる輩とは、相手が滅ぶまで徹底的に戦う
気構えがあるということです。
学会宣言をしたところで
恐れるものなど何もないのです。

宗教の王者、創価学会は獅子です。
獅子の子は獅子ですから
恐れとは無縁であらねばならないのですしね。



この1ヵ月、自分の生活習慣の不手際で風邪を引きました。
やりたいことが出来ない悔しさ。
これを散々味わいました。
でも創価学会第二代会長、戸田先生は言いました。

体の病気なんていうのは、
気をつけていればならないものなんだ。
でも心の病気はそうじゃない。
だったら、体が健康でありますようになんて
祈るのは勿体ない。
そんなことは自分で気をつければいいだけ。

そんなことを祈るのに時間を使うなら、
もっと大切なことを祈ったほうが価値的だと。

くはー、さすが戸田先生。厳しいなぁー!
とか思いながらも言ってる事間違ってないんだよねーと
自分の生活習慣のだらしなさを反省しました。



この1ヵ月のブログを再確認すれば
古鷹完成の日がちょうど一ヶ月前。
そこから金魚と氷川丸を完成させ、
放置していた零戦を仕上げ、
今はスツーカを組んでいた訳です。

こうやって見返してみれば
「なんだ俺、結構頑張ってきてたんじゃん!」と
ちゃんと分るんですけど、
この1週間ほどの風邪で行き詰った(鼻も詰まった)
生命活動が弱まった余韻のせいで
自分の信念や自信に少し不安があっただけじゃないか。
今日はそう気付けた訳です。

ジョブズの言う、点と点を繋げるが、
こういう作業なんだと思います。



まだ私が元彼女と一緒にいた頃、
良く歌っていたマッキーの曲があるんですが、
私はカラオケに行ってその曲を歌うと
自分が情けなくなっていつも途中で泣きそうになって
最後まで歌えなかったんです。
今でも多分、泣きそうになると思います。

マッキーは1999年に大麻所持で逮捕されたことがあるんですね。
彼は刑が言い渡されて、執行猶予の期間、
アーティストとしての活動を休止しました。

復帰してからのマッキーの詩は
明らかに変わりました。
これまでの恋愛だとか優しく生きるとかいう歌詞から
他人を精一杯励まそうとする歌詞に。

それは多分、
逮捕されたことで自分とその周囲を見つめなおしたからでしょう。

そうして復帰した頃に作った曲が「太陽」なんです。

コンサートのMCで、マッキーはこんな風に言ってました。
「今までは、恋愛だとか優しい気持ちの歌を作ってきたけど、
んとね、もう今はそういうのはイイヤって感じなんだよね。
なんていうか、んとねー、
そう、人を励ます歌、人を元気にさせる歌、
これからはそういう歌を作って、
そして歌って行きたいって思ってるんですよー」と。

そんなマッキーでさえ、
あの日、あの時の反省をし続け
2005年ごろまでは、よくこの「太陽」を歌っていたんだな。
弱い自分に負けないようにってだろうね。


どうしようもなく傲慢だった自分。
感謝の出来ていなかった自分。
いまは何をどうすればいいか分った自分。
「太陽」の歌詞にはそういうものがあります。


かつて心の傷で絶望のどん底にいた私は
「太陽」を歌う度に
どうしようもない自分、
どうすればいいか頭ではわかっているのに
どうしても、いうことを聞かない心を感じて、
悔しくて悔しくて悔しくて、そして悲しくて、
「太陽」を歌おうとするとどうしても
涙が込み上げてしまったんです。

今日、「太陽」を聞いてみました。
微妙にまだ泣きます(笑)

結局は
「喜びも悲しみも自分で全て心に招き入れてきたんじゃないか!」

そうだ俺は
「誰かのための幸せを当たり前のように祈りたいんだ!」
かつてはそうできていた自分がいたじゃないか、、、。

今そういう気持ちが私の「心」にあるのが良くわかる。

だから、絶対にこの歌を優しい気持ちで
誰かに歌ってあげられる日を実現させるのだ!!





世界には本当に心の綺麗な人がいる。
どうしてそんなに美しい心でいられるんだって
驚くばかりの人がいるんです。
本当にそういう人はいるんですよ。

マッキーはコンサートのMCでそう話していた。

それが誰だとか、どんな存在だとかいう答えは
もちろん教えてなんてくれないけど、
今確信する。それは母親だと。

子を思う母親の心ほど優れて偉大なものはない。
だから、ひとりひとりのお母さんの祈りが世界に届けば
世界は自然も動物も人間もみんな幸せになれる。
こういう法則が世界には絶対に存在する。

だって誰にでもお母さんという存在はいるんだし、
自分の子供が苦しい思いをするのを見たい母親なんて
いないんだからね。

マッキーは活動を休止したとき。
彼はいままで側に居すぎて気付かなかった
母の偉大さに気付いたんだろうね。
そう思う。


無論、私を立ち上がらせたのも我が母だ。
母親の思いに応えられる自分になりたい。
私がここまでこれたのは
我が母の思いに応えたいという信念を掴み取ったからだ。


今日は最後に
母の思いが世界に広がれば世界は幸せになれる。
という思いを込めた
我が人生の師匠、池田先生の「母」という詩を書き止めておく。



   『母』

 母よあなたは

 なんと不思議な 豊富(ゆたか)な力を

 もっているのか

 もしも この世に

 あなたがいなければ

 還(かえ)るべき大地を失い

 かれらは 永遠に 放浪(さすら)う




 母よ わが母

 風雪に耐え 悲しみの合掌(いのり)を

 繰り返した母よ

 あなたの願いが翼となって

 大空(おおぞら)に舞くる日まで、

 達者にと 祈る




 母よ あなたの

 思想と聡明(かしこさ)で 春を願う

 地球の上に

 平安の楽譜(しらべ)を 奏でてほしい

 その時あなたは

 人間世紀の母として 生きる


 その時 あなたは

 人間世紀の母として 生きる





この7ヶ月間、
影に日向に私を支えてくれた人全てに、心から感謝します。
本当にどうもありがとう!!

またよろしくね(笑)


世界や自然の美しさは変わらない
それを写す人の「心」の鏡は磨かなければいつか雲ってしまう。

いかようにして磨くべきか。
日夜朝暮に怠らず、ただ「南無妙法蓮華経」と唱えるなり。
これを磨くとは申すなり。

さあ、明日も「心」の鏡を磨いて
世界の美しさが一瞬で移りこむ「心」の鏡でいようじゃないか!



【追記】
IMG_3485

おっしゃ、遅れを取り戻したぜい!
機体と主脚カバーの貼りあわせ部分の軽い成形完了!
高い集中力が必要な部分は
まだ鼻タレ小僧なので明日ゆっくりやります(笑)

シャワー浴びて、桃缶食べて寝ようーっと(笑)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月15日

ようやく風邪の症状が緩和されてきた。
鼻尖の痛みもほとんどなくなった。

この痛みはぁー寝てて何かが触れるだけでも痛かった。
膿でも溜まってやがるのかぁー?
蓄膿かぁーとか思いながらも様子を見ていた。
蓄膿って酷くなると手術かよーとか
ネットで調べて少しビビッタけど
そのうち良くなるべーってな感じで暢気に過ごしてました(笑)

風邪ってのは対処療法しかないから困りもんですね。
結局は暢気に食っては寝て食っては寝てーって
してるのが一番かなーと思っちょります(笑)
最近ではある程度回復したら運動するほうがいいという話ですけどね。

でもさ、んじゃ出かけるかなーって思って外を伺うと
毎回天気が悪い!(笑)
となると、「いぢめですかー!」とか独り言いいながら
ドアを閉めて引き篭もるわけです(笑)


てなことで、お題のスツーカも弄りました。

IMG_3450


↑これは、突き出しピンの後だとかPラインの処理を終えて
塗装前の洗浄まで終わった
コクピット周りのパーツ。

IMG_3449

で、こっち↑は
コクピットの塗装を済ませて胴体の左右を貼り合わせたら
取り付けるパーツ。


うーむ、、、うーん、、、そうかー、、、えーっ!、、、うーん、、ふーん、なるほどねー、、、ほうほう、、あらまぁそうなんかい。

とか独り言いいながら作業してました。

なかなか良く出来たキットなんですが、
真面目に資料を眺めて各部の詳細なんかを調べるとー
かなり本物と違うぞコレってなところが
あっちこっちにあるんですがー、、、

見なかった! 気付かなかった!
ということにして先に進みます(笑)

車輪のホイールとか
もうこれスツーカのホイールじゃねーじゃん!
ってぐらい嘘満載!(笑)

ま、組んだら半分は見えなくなるのでいいのです。
そもそも72スケールで拘りすぎてもいいことないので
ガシガシ行きますよ。

このスケールや、設計の古いキットだと、
機首にガバリと口を開けたあたりの
ディティールが甘々なのはしょうがないですしね。

ま、どうしても気になるところは手を入れるんじゃないかなぁー。
↑かなり無責任(笑)



自分で決めたことをやり始めて
2週間それが続いた達成感やら、
リポD飲んだりして大分調子良くなってるんですが
まだ塗装する元気はないんだなぁー。

長引くの嫌だなーってコンビニ行って風邪ユンケルだかでも
買おうかとも思ったんですが、
高っけーので止めました。
どんだけ貧乏性だよ俺(笑)
龍角散のど飴は買いましたけどね。

鼻詰まって咳出るのにシンナー攻撃はキツイけど
明日あたりは鼻尖の痛みも消えそうなので
ビャーって吹いて胴体を貼り合わせたいですね。


たまに凄い咳こむと、
ゴホゴホ、、グゥオッホン!グゥオッホン!
グエッホー!グエッホー!って2分くらい咳が止まらなくなるんです。

よくこんな長い時間咳続くよなー面白っ!
っとか思いながら結構風邪を楽しんでます。
私、Mですからね(笑)

そんなことより、そろそろ洗濯しないとだぁー!!


さてっと、極度のナチ嫌いの方は聞かない方がいい曲でも聞きながら
洗濯すっかな。
私もナチは嫌いだけど、良い曲は良いって思うだけです。



ヒトラーが、「お、この曲カッコイイじゃん!
俺のテーマソングにしちゃおー!」とか思った気持ちが分かるカコヨサ(笑)

ドイツのマーチとか軍歌は日本のと違って悲壮感がなくて良いですね。
風邪に良く効く曲ばかりだと思いました(笑)

鼻声で発音しやすいものいいね!
これは、「ばーでんばいらーごうしんぎょくがー」
とか喋ってました(笑)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 22:56コメント(2)トラックバック(0) 

2010年11月14日

うーむ、、いまひとつ調子が良くならない。。
といって、何もしないでいても仕方ないので
気楽に飛行機でも作ろうかと思います。

お題は、ドイツ空軍、ルフトヴァッフェの「スツーカ」。

IMG_3446


ってことで、早速、パーツを切り出して仮組み。
で、、、でかいなぁ〜。

金魚と較べてみるの図↓
IMG_3447


でかー!

同じ2人乗りの機でもこんな違うのね。
まぁ一方は潜水艦にしまえちゃうミニサイズ。
もう一方は大きさなんて気にして設計された訳じゃない機体だけど、
スツーカはやっぱでかいね。

欧州戦線後期に、37ミリの大砲を
2門もつんで戦車攻撃してただけあるね。
↑G型のカノーネ・フォーゲルって型ですけどね。



ドイツ軍機というのは、
私の中ではとにかく無骨というイメージが強い。
エンジン馬力や技術力にものを言わせてるので
日本機ほど空力的に洗練されてないから
そう見えるんでしょうね。

かといってアメリカほど馬力だけで
機体を引っ張ってた訳でもなかったから
それなりに空力的洗練は考えてるんだけど、
やっぱりエンジンが非力で空力的洗練で
性能を引き出していた日本機ほどの機能美はない気がする。

でもその無骨で
あっちこっちに凸凹があるところが、
男臭くてメッサ格好いいんだけどね、ドイツ機は。



うーむ、
良く考えると私、
ドイツ機って殆ど作ったことがないので、
これが初めてなんですねー。
殆どが日米機。
ジェットは米軍機ばっかだったしなぁー。
だってドイツ機って塗装が面倒なんだもん。。。

あと、ドイツ機って形式分けが半端なく細かくて
調べてると頭が混乱するから避けてたんです。
ラジエーター変えたとか、防弾したとか、
見た目に変化がなくても細かく形式分けするんですよ、ドイツ人。

この人達はどんだけ細分化して形式分けして、
それを管理するのが好きな人種なんだよ!
って、呆れる(笑)
日本人もそういう傾向あるけど、
ドイツ人のそういうとこは異常です。


ま、なんかそういう意味でちょっとワクワクするような
ドキドキするようなです。



そんなことを考えながら
まず真っ先に塗装しないといけない
コクピットのパーツも切り出しました。
IMG_3448


72スケールなので、まぁ普通ですかね。
ちょっと昔のキットですしね。

ま、今回も
あまり拘らずにいきます。

なにしろ、下向いて作業してると
息苦しいし、鼻が詰まってくるので
資料調べて追加工作とか無理ですからね(笑)

とにかく、完成させる!
途中で放置しない!
これが目標です(笑)

つーことで、
とりあえず「スツーカの歌」でも聞くのだす(笑)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ipsilon at 00:09コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ