随筆「太宰治『花吹雪』のこと」

2013年07月19日

 薄桃色の桜の花びらが舞い散り、舞い上がる。古来より、こぞ今年の桜まで、人に世に愛され続けている桜。花吹雪。ときに入れ墨になり人の目を驚かせたり、潤ませたりもする。花吹雪舞う、なこその関、騎乗した源義家に降りかかる桜花。いかにも、美しい風情ではないか。はかなき人の生の、これぞ名場面のひとつ。
 そんな花吹雪を浴びる情景は、誰にでもあろう。かくいう私にだってあるのだろう。
「おい、ちょっと、花びらの量、少なくないか?」
 なーんて、小道具に難癖をつけているようでは、まだまだであろう。
 しかし、わたしの人生にだってあるのだ。吹雪のごとく桜が舞い散っていても、いっこうに、咲いた桜もなくならない、そんな瞬間が必ずやあるはずなのだ。

 あーもうやだ、こんなに頑張ってるのになんか上手くいかない。おれには才能がないのか? ふてくされて、万年筆をゴトリと机に置き、えいやっとばかりに、仰向けに大の字に寝そべる。ここはこうじゃないはずなんだ。背に畳の堅い感触を味わいながら、落ち着かなげな視線は天井を這いまわる。梁に答えがあるではあるまい。煙草の煙で黄ばんだ天井板に答えがあるわけでもあるまい。しかし、嘆かわしさを抱えた心がじっとしていない。あーもういやだ、ごろりと寝返りをうって、我が手を見る。意味もなく、ぴくり、ぴくりと指を動かしてみる。指に答えがあるではあるまい。煙草のヤニがこびりついた指に答えがあるわけでもあるまい。しかし、汚い指だ。いったい何本吸えばこう黄ばんでくるのだろう? 当然、答えがわかるはずもない。掌を裏返してみる。手の甲に答えがあるわけでもあるまいに。あーもうやだ、おれは一体何をしている? 思わず目を閉じる。とたんにはじまる夢の世界。ぼやけていたはずの思考は冴え、女房の顔が浮かぶ。話しかけてみれば、
「あらまあ、わたしがそんなことを知っているわけがありません」
 などと、一言で答えなぞあるわけがないと微笑みやがる。小憎たらしい限りだ。仕方なく、おぼろげに浮かんだ女房の顔を消して、隣町に住む友人の顔を瞼の裏に浮かべてみる。
「考え過ぎなんだよ、君は」
 友人の、つれない声が聞えた。
 あーもうやだ。あーもうやだ。あーもうやだ。いたたまれなくなった私は、ガバと起き上がって、台所を目ざし、水道の蛇口を、ソレ! とばかりに動かし、手と顔を洗い、傍らにあったコップをエイヤ! っとひっつかみ、それでもって、ガブガブと水を飲み、ゴロゴロと喉を動かす。
 机の前に戻ると、不思議にもなんだか書ける気がしてくる。
 太宰治、ここでやにわに煙草を一本取り出し、火をつける。
 開け放たれた障子の先には縁側があった。陽が傾きはじめたことを知らせるように、縁のそこここに長い影が見えた。せわしなく鳴き交わす鳥の声が聞えた。紫煙を通した太宰の視線の先には、咲きはじめた桜の木が一本、堂々と彼を見つめている。
 にんまり、にんまり、さらににんまりと太宰の眼は光を取り戻してゆく。
「思いついたよ。これでいこう」
 ボソボソとした頼りない声が、静まり返った書斎に響いていた。

 私が太宰の作品を読んでいて思いうかべる氏はこんな感じだ。うだうだしながら、だらだらしながら、めそめそしながら、それでも自分の為すべきことに気づき、それが自分の使命だと思い、見た目には、ひたぶるとは言えないまでも、とにかく明らめの悪い男――それを人は努力というのだが――そのみっともないところを憂えず作品にも盛り込んでゆき、ユーモア溢れた作品で、人を慰める。

 こんなわてかて、なんとか生きてます。みなはんも、がんばりまっしょ。なんてことを言いたいのだろう、太宰の微笑が眼に浮かぶのだ。

 確かに、毅然として振舞い、何の迷いもなく突き進む姿ばかりを見せられる人もいよう。しかし、そいつはなかなかに難しい。私などの場合、どちらかというと、太宰にそっくりだ。あーもうやだ、あーもうやだ、やりたくなーい。そして、ジタバタする。そして、めそめそする。そして――以下略。
 でも、それでも、そんな姿であっても人を励ますことは出来ると思っている。
 太宰もきっとそう思っていたことだろう。

 日陰の道ばかり歩いて一生涯を消費する宿命もある。全く同じ方向を意図し、甲乙の無い努力をって進みながらも或る者は成功し、或る者は失敗する。けれども、成功者すなわち世の手本と仰がれるように、失敗者もまた、われらの亀鑑きかんとするに足ると言ったら叱られるであろうか。人の振り見てわが振り直せ、とかいうことわざさえあるようではないか。この世に無用の長物は見当たらぬ。

 太宰治『花吹雪』

 なんともかんとも自虐的なのだが、ここまで徹底していると、笑うしかない。
 だけど、小説は虚偽の極地であるところの太宰だ。どこまでが本当かは、彼自身にしかわからない。
 しかれども、我々に笑いと勇気を与えてくれることは確かだ。

 『花吹雪』、読んでご覧になってみては、どうかしら。そこそこに面白いらしいですよ。
 と、草葉の陰から太宰がこっちを伺いながら、言っている声が聞こえるはず。


 さらに言えば、この『花吹雪』が書かれたのは昭和十八年だという驚くべき事実だ。
 検閲を通り抜けつつ、軍国主義をそれとなく揶揄するために、太宰は、知恵を絞って、こういう作品を生み出したのだ。
「武術は同胞に対して実行すべきものに非ず」
 この一文に、太宰の本当の、祈りのごとき心根があるのではないか?
 私はそんな風に思うのである。合掌。
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


ipsilon at 19:20コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

イプシロン(シンジ)

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 小自分史(1)
  • Thank you my girl
  • 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
  • 勝利のアクビ
  • 一瞬の憩い
  • 笑顔は美しい
  • 4つ目の自分
  • 4つ目の自分
  • 3つの自分
  • アリイ 1:48 三菱零式艦上戦闘機52丙型(a6m5c)
  • ハセガワ 1/700 病院船「氷川丸」 竣工
  • フジミ 1/72 空技廠 零式小型水上偵察機(E14Y) 完成
  • ハセガワ 1/700 重巡洋艦「古鷹」 完成
  • スケッチ アミダラ女王
  • 静止した時間
  • 蝶
  • 祈り
  • チャム・ファウ
  • どこかのお家の猫ちゃん
  • 「みちくさ」
  • ザハロワは美しい!
  • デジ絵「星座と少女」(完成)
  • チュチュがじゃまだよ〜
  • アティチュード
  • 瀕死の白鳥
  • デジ絵「夏の風」(完成)
  • デジ絵「風」(完成)
  • デジ絵 ランカ・リー(完成)
  • 栗木さん 応援イラスト
  • イラスト「天使」
  • 水彩画 愛嶋リーナ 完成
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「graduation 」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「アメジストの祈り」
  • 水彩画(デジタルリタッチ)「初雪」
  • 水彩画 愛嶋リーナ
  • デッサン 愛嶋リーナ
  • 水彩画 アリスとネズミ
  • イラスト アリスとドロシー
  • イラスト 眠そうなネフェルタリ
  • スケッチ 微笑の国の人
  • なんでだろうう? と思うこと
  • スケッチ アソーカ・タノ
  • スケッチ ライオン
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG X-Wing fighter
  • 3DCG 缶コーヒー"カフェバニラ"
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • 3DCG 習作 インダストリアル物
  • スケッチ 騎士の左腕
  • アーソウカ、、だった!
  • スケッチ 懐かしのアイツ
  • ニャンとも言えない気持ち
  • 旧作 ペン画
  • デッサン ドイツ兵 in 1944
  • 水彩イラスト ニホンカモシカ
  • デッサン アフリカゾウ
  • 水彩画「水辺の豹」
  • 習作デッサン「豹」
  • 旧作 Gジャンガール
  • イラスト「蜜虫」
  • 「ネフェルタリと豹」下絵
  • イラスト「ネフェルタリ」
  • 水彩画 「装身具をといたクレオパトラ」
  • デッサン+色鉛筆 眼
  • スケッチ 「装身具をといたクレオパトラ」
  • 習作 ネフェルタリ 下書き
  • デッサン 眼
  • デッサン途中 布の研究
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • 旧作 F-4E"Phantom2 & F-5E"Tiger2"
  • デッサン チャイナドレスの子
  • スケッチ クレオパトラ
  • 水彩画 死せるクレオパトラ
  • スケッチ クレオパトラ
  • デッサン 小野田寛郎さん
  • デッサン 猫
  • デッサン Diane Kruger
  • デッサン ベッキー・クルーエル
  • デッサン 中澤裕子
  • ベッキー デッサン
  • 萌えキャラ 線画 修正 その1
  • 萌えキャラ 下塗り
  • デッサン 杉崎美香 8時間目
  • 習作 フォトショップ 萌えキャラ風塗り
  • デッサン 杉崎美香 6時間目
  • 欝
  • 習作 水彩 その1
  • デッサン 杉崎美香 4時間目
  • 習作 小池栄子 その1
  • 習作 杉崎美香 その4
  • 習作 Face
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 Formula 1
  • 習作 杉崎美香 その3
  • 習作 杉崎美香 その2
  • 習作 その4
  • 習作 杉崎美香 その1
  • 習作 その2
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 習作 その1
  • 好き好き大好き
  • 電話中
  • βズガイキング
  • モー様の絵 ハケーン!(笑)
  • Mクン 見っけた!(笑)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ