これによって参照訳(参照用の特許公報の翻訳)は若干減るのかな?しかし、技術的にはまだまだなのであろう。

富士通研、英文特許を高精度翻訳する技術開発
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201004060017.html

翻訳ブログランキング参加中・クリックして下さい!