************************************************************
IPv6実践道場は、
2018/5 にIP実践道場としてリニューアルしました。
http://www.noblehero.jp/
************************************************************

前回の記事で、yamahaルーターのipv6の設定をみてみた。

おさらいすると、
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
は、
LAN2(WAN) で受信したRA から、LAN1のipv6のアドレスを割り当てるという意味になる。 

そして、
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 rtadv send 1
の2行は、LAN2 (WAN)で受信したRA を LAN1 に転送するという意味になる。

パソコンは、Yamahaルーターから来たRAより、

IPv6アドレスを生成したわけだが、

Yamahaルーター自体は、どこからRAを受け取ったのだろうか?

私の自宅環境で言うと、ひかり電話ルーターより、RAを受っとっている。

では、ひかり電話ルーター自体は、どうなのかというと、

ひかり電話ルーターは、フレッツ光ネクスト回線のNGN網からIPv6の情報を受け取っている。

ひかり電話契約をした回線の場合、IPv6の情報は、

DHCP-PDという方式でやってくる。

それをひかり電話ルーターが処理して、LAN側へRAで、

IPv6の情報が送られてくる。

RA-DHCP-PD

ひかり電話を契約していない場合は、NGN網からは、RAで、

IPv6の情報が送られてくる。

RA-RA

 ひかり電話契約回線の場合、DHCP-PDで、IPv6情報が送られてくるので、

回線に直接パソコンを接続しても、パソコンは、処理できず

IPv6アドレスを生成することが出来ない。

Windowsは、RAで受け取る必要がある。

Yamahaルーターでも、RAかDHCP-PDかで、設定が異なる。

ヤマハサイト  に掲載してあるが、

IPv6の設定例(ひかり電話を契約していない場合:RAプロキシ)
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1
 

IPv6の設定例(ひかり電話を契約している場合:DHCPv6-PD)
ngn type lan2 ntt
ipv6 lan2 address dhcp
ipv6 route default gateway dhcp lan2
ipv6 lan2 dhcp service client
ipv6 prefix 1 dhcp-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address dhcp-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1


 と設定する。

ひかり電話を契約していても、ルーターとの間に

ひかり電話ルーターが入ると、結局、ひかり電話ルーターからは、

RAで情報がくるので、上記の設定例の前者の

3行の設定で良い。

************************************************************
IPv6実践道場は、
2018/5 にIP実践道場としてリニューアルしました。
http://www.noblehero.jp/
************************************************************



ネットワークエンジニア ブログランキングへ

  
開発・運営 ブログランキングへ