TSUTAYAオンラインゲーム情報局

TSUTAYAのオンラインゲーム情報を流しているブログです♪

    タグ:ネタバレ

    今季のアニメから「Charlotte(シャーロット)」。主人公はルルーシュか!?

    anzx-11585
     録りだめて、1話〜9話まで一気にみました。

     

    いいですね!

    めっちゃ盛り上がってきました。

     

    2話くらいでもう見るのをやめてしまうアニメも多いのですが、
    今回のシャーロットは最初の方も割と好きだったのと、
    「Angel Beats!エンジェルビーツ」スタッフ陣の作品やったから、
    かなり期待してみてました。

    Angel Beats!最後にどんでん返しで涙がとまらなかったんですよね〜。

    一人夜中に泣きながら観てました(笑)

     

    最初出てきた時は、主人公の乙坂有宇が、
    くみんぼの大好きなコードギアス反逆のルルーシュのルルーシュにそっくりで
    心臓が止まるかと思いました。

    素敵な紫の目の色や黒い髪の色などの風貌が似ているだけではなく、
    能力も使うときも目を見てでないと使えないなんかそっくりすぎ。

    能力を使うときに目を覆う感じなんか、きゅんポイント☆

    他にもいろいろ設定が似てる・・・。

    毎話ルルーシュを想いながら、たまにドキッとしながら観てました(´∀`*)

     

     

     

    Angel Beats!っぽい展開??

     

    Angel Beats!が最初はバタバタの学園生活ぽかったのが、
    最後に意外な事実が分かりみんな別れていくというストーリーパターンでした。

    なので、

    今回のCharlotteも最初は学園生活でそれなりにコメディっぽく
    Angel Beats!を彷彿とさせるような流れだったので、
    楽しい日常→意外な事実→涙 になるんではないかと勝手に思っています。

     

    有宇の妹の歩未が崩壊の能力で死んでしまったところから、
    明るかった学園生活から展開が一変し、悲劇的な感じになってしまいました。

    妹を失ったショックから、
    人間として最低なところまで落ちてしまいそうになった有宇を、
    同じ超能力者の友利奈緒が救う。

    友利奈緒のお兄さんが好きだったバンドの、
    ジエンドのボーカルと偶然知り合った有宇がそのバンドライヴで新曲を聴いたことにより、
    記憶の一部が蘇り自分には兄が居たことと過去の研究施設で実験体になっていた記憶を取り戻す。

    兄のしゅんすけとの再会。

    兄の能力のタイムリープ。

    気になる。

    気になる。

    気になるーーー!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

     

    急展開な感じでストーリーが進んできています。

    正直Angel Beats!では最後までなんとなく見て、
    最後でAngel Beats!の良さをめっちゃ実感したんですが、
    Charlotteは今までのストーリーも好きだし、
    9話からの過去の記憶を取り戻しかけているあたりから、
    めっちゃ面白くなってきました。

     

    早く次が観たい〜〜〜(‘∀`)♪♪

    ちなみにOPも結構好きです。

    アニメ Charlotteシャーロット 10話〜12話までのあらすじ
    (ネタバレあり/逆引き)と最終13話予想。



    4534530088123

    兄隼翼のタイムリープ能力を略奪の能力を使い奪って、
    妹を助けるために過去へタイムリープした有宇。

    そして、妹が崩壊の能力を使う前に能力を奪い取り、
    妹歩未の死を防いだ。

    喜びもつかの間、熊耳たちが有宇と妹を迎えにくる。

    タイムリープで全てを理解している有宇は妹共に、
    熊耳たちに連れられて兄しゅんすけとの再会を果たす。

    そして、兄隼翼にこれまでの事情を語った。

    兄隼翼は、略奪の能力という最強の力を手に入れた有宇が
    力を欲するものたちに狙われることを危惧し、最
    も安全であろう自分たちの基地で能力が消えるまで
    一緒に隠れているように指示した。

    有宇も学園のみんなと会えなくなる寂しさはあったけれど、事情が事情なので納得して指示に従うことに。

    そうして集団生活が始まったが、平和な時間もつかの間だった。

    兄隼翼が危惧したように、外国のマフィアが日本の能力者を狙い攻撃をかけてきた。

    そして、内通者を使い熊耳をさらい拷問の上、能力者の情報を吐かせた。

    能力者の情報を知ったマフィアは、もちろん有宇を欲した。

    外国のマフィアが入りこんでいたのは、
    今の集まりを立ち上げた頃でそのころにタイムリープしたら
    会自体がなくなってしまうのではないかとタイムリープでの解決は断念。

    そして兄隼翼たちは有宇にかけることにし、
    危険になればタイムリープして打ち合わせの時点に戻ってくるように言った。

     

    一人海外マフィアの元に向かう有宇。

    崩壊の力を使わせないために、
    海外マフィアたちは地下に人質である友利奈緒と熊耳を地下に配置した。

    崩壊の力を使うと建物ごと崩れて二人が死んでしまうため、
    有宇をコントロールするためであった。

    なすすべがなくなった有宇はタイムリープの発動を試みるが、
    発動前にナイフで顔をきりつけられ片目を失う。

    崩壊の力が発動しそうになるが、なんとか人質で脅され能力を押さえ込んだ。

    が、その直後有宇の肩へ海外マフィアの仲間がナイフを突き刺し、
    自分でも能力を制御できなくなり崩壊が発動し、建物は崩壊した。

     

    駆けつけた兄隼翼たちがみたのは、ガレキの下敷きになった熊耳と奈緒だった。

    奈緒は熊耳が命懸けで守り、一命をとりとめた。

    片目を海外マフィアのせいで失い、タイムリープができなくなってしまった有宇。

    そして有宇の兄隼翼は親友の熊耳を失ってしまう。

     

    同じように能力で苦しんでいる人たちを救えるのは、自分しかいない。

    奈緒と話してそう決心した有宇は、
    世界中の能力者の能力を略奪することを決意し海外に旅立つ。

    奈緒に好きな気持ちを伝えた有宇は、
    全ての能力者の力を略奪して無事に戻ることを奈緒に約束して。

     

     

     

    Charlotteシャーロット10話〜12話までのと感想

     

    9話の神回が一番盛り上がりましたね。

    なんかそこからはぐいぐいっとくるものがちょっと物足りないというか。

    山場が9話に来ちゃった感じ。

    でも13話でどうなるかわかりませんが。

    Angel Beats!みたいにきれいな感じで終わるのかな?

    できたらコードギアスみたいに衝撃的な感じでお願いしたいけれど。

     

    有宇がまさか片目を潰されて本当に見えなくなっちゃうなんておもいませんでした。

    建物の崩壊の場所で発見されたときに

    「片目を潰されてる(´;ω;`)」

    ってなっても絶対病院で

    「傷はひどかったが、なんとか失明は避けられそうだ」

    というパターンになるのかなと思ってました。

    片目って痛々しい。

     

     

     

    Charlotteシャーロット最終話13話の予想

     

    海外に向かうとこで終わった前回のお話。

    そこから能力者の能力をどんどん略奪していく有宇。

    (能力者をみつけるのは、あの海外マフィアの仲間の女の子が
    どういう経緯か手伝ってくれるような気がしてます。)

    しかし能力を略奪すればするほどに、自分が化け物のようになっていく。

    ここでOP「Bravely You」の歌詞が気になります。

    今までの歌詞がストーリーに重なってるんですよね。

    今まで気付かなかったんですが、脚本家さんが作詞作曲も手がけてらっしゃるんですよね。

    って最終話前にして気づくん遅すぎ(;´Д`)

    ひとりきりじゃなかった
    ずっとそばに居たんだ この手を伸ばす
    恐いものなんかない
    例え化け物になろうとも成し遂げる

     

    そして、

     

    ひとりきりじゃなかった
    この手に握るものがどうやら証拠
    弱さをかなぐり捨て
    例え化け物になろうとも帰ってやる

     

     

    現実的に世界中の能力者の能力をすべて奪い去ることは不可能のように思えます。

    能力を略奪し続ける途中で有宇はあまりの力の大きさに、
    精神的にも肉体的にもぼろぼろになり弱音をはき、
    そのときに奈緒から貰った手作り英単語帳をみて約束を思い出します。

    「絶対に帰ってくるという約束を果たす」

    という奈緒への強い想いを胸に戦い続け、倒れます。

    そのときにまたシャーロット翠星が降り注ぎ、
    今度は世界中の能力者の能力を無効化してしまうんです。

    生徒会のみんな、歩未や隼翼、奈緒たちがそれぞれ空を眺め、

    場所は違えども倒れた有宇も同じ空を眺め・・・

    想いが一つになり有宇は息を引き取ってしまう。

     

    なんかAngel Beats!のストーリーが頭にあるせいか、
    ハッピーエンドにはならないという自分の中でもう決まっちゃってます。

    でも、こんなストーリーやったら嫌やな。

     

    今晩最終回放送がありますが、全然的外れやったら恥ずかし。


    アニメCharlotte(シャーロット)13話感想・あらすじ(ネタバレあり)隻眼の死神。

    imgrc0071465572

    Charlotte(シャーロット)全話終了☆13話「これからの記録」みての感想です。

    終わりましたね。

    途中から面白くなってきて9話が一番盛り上がり、最後もきれいに終わりました。

    シャーロットは今期アニメの中では、結構なお気に入り。

    結構予想外れまくりで恥ずかしいヽ(´Д`;)ノ 

    あの有宇の片目をつぶした女の子も能力者で、探索の能力を持っていると思ってましたが出てきませんでした。

    ストーリーがわたしが考えていたよりもだいぶ素直でした。

    有宇はあれから海外に飛び、言われた通りに探索の能力者を探し能力を奪って行きました。

    能力を発症していなくても次回シャーロット彗星の影響で能力を発動してしまうかもしれないキャリア(ウイルス?保持者)へも、シャーロット病を悪化させ能力を発動させたうえで能力を奪っていきました。

    有宇は、「隻眼の死神」と言われ、有名になり恐れられました。

     

    奪った能力は幾千幾万。

    翻訳の能力・凍らせる能力・黄金に帰る能力・考えを読み取る能力・眠らない能力・・・・

    能力を奪い取ることは病気を悪化させること。

    有宇はだんだん精神的にも肉体的にもおかしくなりはじめ、記憶が混濁していきます。

    その場面場面で、奈緒から貰った英単語帳で目的をみつめなおします。

    英単語帳を誰からもらったのか、なぜ自分が大事に思っているかも記憶を失い。

     

    治癒の能力をもった能力者もおり能力を奪ったあと、自分に能力を使って目を治し、熊耳を救いにいけると逡巡した有宇。

    しかし、能力をすべて略奪し世界を救うことが自分の使命であると思い直し、また能力略奪の旅に向かいます。

     

     

     

    最後の地、中国。

    もうボロボロになった英単語帳は肌身離さず、ネックレスのように首からぶらさげてました。

    隻眼の死神」としてすっかり莫大な賞金首になってしまっていた有宇を、賞金稼ぎがボウガンみたいな武器で攻撃し2発身体に刺さります。

    もう残る能力者は1人だけ。

    ボウガンの攻撃の前に有宇を庇って、賞金稼ぎに立ち向かったのは1人の少女でした。

    それが最後の能力者。

    なんとびっくりでした。

    能力名「勇気!

    すごいーー。こんな能力が。

     

    有宇はその勇気の能力を奪い、再びボウガンの攻撃を受けて倒れました。

    能力をなくした少女を逃がして。

     

    そしてまたびっくり。

    倒れた有宇の前に喜ぶ賞金稼ぎ。

    その頭上にヘリコプターが現れ、兄隼翼たちが助けに来ました。

    でもどうやって有宇の場所がわかったのかが疑問。

    熊耳もいないし、携帯も途中で意識が混濁したときに壊しちゃったしね。

    そしてまさかのCharlotte(シャーロット)ハッピーエンド

    そのあと病室で目覚める有宇。

    その隣には奈緒。

    でも有宇には奈緒の記憶がありませんでした。

    奈緒は有宇に、自分は有宇の恋人であると名乗ります。

    「おかえりなさい」と。

    そして英単語帳の開いているページが

    「I got home」

    おおーー。ここでも重要アイテムの英単語帳が(´∀`*)うんうん。

     

    最後に有宇が記憶を取り戻したかはわからなかったのですが、生徒会メンバーたちと妹歩未と一緒の場面。

    奈緒はこれからは自分のカメラは楽しい未来を撮していくんだ、と未来への展望を語ります。

     

    そしてそして、二人が交換したアイテム、英単語帳と音楽プレーヤーが映し出されて

    Fin!

     

     

    お疲れ様でしたーー。ぱちぱち(*´∀`*)||||r

     

    わたし的にはまさかのハッピーエンド。

    そう、ハッピーエンドでした☆

     

    絶対Angel Beats!みたいに泣かせてくるのかと思ったけど。

    わたし的にはよかったかな。

     

    そういえば「有宇」と言う名前も、今回のストーリーに関係して 宇宙に有る という意味で
    名付けられたんでしょうか。

    あとびっくりしたのが、目って潰れていても涙が出るんですね。

    有宇が泣いていたシーンがあって、両目から涙が溢れてました。

     

    その後の能力が消えるとこまで見れたらもっとよかったかもと思います。 

    シャーロット最終話009
    1: 
    今期のアニメの中でもかなり面白い方だと思ったけど
    3: 
    2クールならまだマシだった
    12: 
    >>3 
    中盤の能力者探しが増えるだけで終盤になったら駆け足になるだけ
    4: 
    ともりんの笑顔で許した
    6: 
    11、12話が酷すぎただけで最終話はそんなに悪くない
    7: 
    酷いってのはモンむすやダンデライオンみたいなのを言うんだ 
    シャーロットはストーリーがちゃんと存在してまとめ上げただけ全然合格点
    8: 
    勇気wwwwwwwww


    9: 
    ちゃんと投げずに終わらせてるし普通に面白い 
    アンチが見境無くネガキャンしてただけだな

    10: 
    勇気って超能力でもなんでもないやん 
    自由に勇気を生み出す能力とかならまだしも
    シャーロット最終話007

    13: 
    まず探知能力者を探すって言ってたけどその前に日本の能力者たちはどうしたんだよ
    18: 
    >>13 
    途中で帰国して回ったんじゃないかな(適当) 
    兄達に会わなかったのは記憶がなくなってたからってことで

    26: 
    >>18 
    流石に兄ちゃんたち気づくでしょ 
    頭おかしくなって行動が派手になってるなら尚更
    15: 
    いいけど尺の使い方間違えた感はあるよな
    16: 
    何も考えないで観る分にはいいけど 
    色々と雑な部分が多すぎる
    19: 
    助けてもらえない熊耳さん可哀想
    シャーロット 感想考察 11話

    20: 
    終わった瞬間ヘリで助けにくるとか意味不明 
    追跡してたっていうならもっとはよ助けろよ
    シャーロット最終話008

    21: 
    あの展開なら記憶戻ってもよかった 
    乙坂家悲しすぎだろ 
    兄からしたら親友も失い、弟も妹も自分のこと覚えてないんだぞ
    22: 
    友利の兄貴は発狂したままなんだよな
    25: 
    >>22 
    最後安らかな顔で音楽聞きつつサイン入りのCD持ってたろ、生歌聴かせたって事だ
    39: 
    >>25 
    あれって違う時間軸じゃなかったっけ
    23: 
    万の能力あるなら記憶系の能力もありそうなもんだがな 
    マフィアとかもそうだがやりたい事のために展開や設定が終始雑になってた
    24: 
    盲目ミュージシャンの伏線も回収してないしな
    31: 
    能力は病なら治癒能力で直せよ
    シャーロット最終話002

    32: 
    勇気とかいう謎能力 
    ジエンドのボーカルとはなんだったのか
    33: 
    治癒能力手に入れてそのままタイムリープしてプー助けても良かったよな 
    あの頃より能力増えてるからマフィアに気付かれる前にやつら倒せるだろうし能力集めしたいならその後で再開すればいい
    38: 
    >>33 
    同じ能力二回盗んだらどうなるんだろうな
    37: 
    話の筋で楽しませる系(物語系)では今期でも面白い方だったと思うな 
    オリジナルってこともあって先がわからないから、どうなるんだろうって楽しみにはしてたし
    41: 
    なんで目治癒してタイムリープしないの?て話だが 
    あの能力得た時点で旅は中盤っぽかったから、また最初から始めるのは面倒
    だろうし 
    熊耳さんを救うには、設立当時から関わってた運転手の人(及び彼を脅してたマフィア)をどうにかしなきゃいけないから 
    結構面倒なんじゃない?
    シャーロット 感想考察 11話003

    45: 
    最終回は前半は良かったけどクロスボウあたりからは微妙だった 
    ヘリは電話が通じなくなったあたりからもう探し始めてたんだろうけど…やっぱり「うーん」とは思っちゃう 

    個人的には最後の気力と記憶を振り絞って英単語渡された病室とかにテレポートして欲しかった

    このページのトップヘ