医療保険を比較するときのポイント

病気やけがによる入院・手術に備える医療保険ですが、現在、多くの商品が発売されており、それぞれ工夫を凝らした保障内容となっています。
そんな医療保険を選ぶ際のポイントです。

医療保険を検討する際には、まず、公的医療保険制度について理解しておくことが大切です。
カバーされる範囲を正しく把握し、不足分を民間の医療保険で補完する、というのが、合理的な準備方法といえるのではないでしょうか。
また、勤務先の会社によっては、独自の医療費補助制度があることもあわせて確認しておいて損はないでしょう。

多くの医療保険の商品は、入院したら1日あたり○円という形で受け取れる「入院給付金」と、手術をしたら受け取れる「手術給付金」がセットになっています。
医療保険の商品によっては、これらに加え、入院後の通院保障や先進医療に対する保障など、「プラスαの保障」が用意されています。
プラスα部分は、パッケージになっている場合と、特約という形で希望に応じて追加する場合とがあり、特約の場合、別途保険料が必要です。

給付金の詳細を検討する際には、最近の医療の現状や商品の傾向が参考になります。
たとえば、「保障期間」は、高齢化に伴い、保障が一生続く“終身”タイプが人気となっています。
入院給付金の「日額」については、公的医療保険の自己負担分や、差額ベッド代などを考慮の上、1万円前後を選ぶ人が多いようです。
また、医療技術の進歩により平均的な入院日数が短縮化していることから、医療保険の「1入院限度日数」も、60日など、従来より短いタイプが増えています。
予算やご自身の価値観を踏まえて判断するのがいいでしょう。


保障が手厚いほど安心ですが、その分保険料は高くなります。
コスト効果を考慮した検討が必要です。その際、貯蓄で準備するという選択肢も忘れずに。保険には、「もしもの時のお守り」といった安心感がありますが、必要な医療費をカバーできる十分な貯蓄があるならば、理論的には、保険での準備は不要となります。

最近は、持病や既往症があっても加入できる選択基準緩和型の医療保険も増えています。
こうした保険は、一般の保険に比べ、保険料が割高であったり、保障範囲が限定されていることあります。
また、民間の医療保険は、高齢で加入するほど保険料が高くなります。
コスト効果を十分に検討することが大切なのではないでしょうか。

医療保険等のお祝い金は得なのか

医療保険等のCMでよくこのような内容を聞くことがあるのではないでしょうか。
「ずっと病気をせず、元気でいられた方には、お祝い金をプレゼントします。」
このお祝い金とは、健康祝金と呼ばれるもので、決められた期間の間、医療保険を使わなかったとき、入院給付金の支給を断ったときに支給されるお金のことです。
 
例えば、10年の間、入院給付金の支給を断り続けると、10年目に10万円のお祝金がもらえます。
「お祝い金」とは、なんとも魅力的な響きで、さぞ得をしたように聞こえますが、本当にお得なのかというと、実際は、自分が支払っている保険料を積み立て、祝い金の時期に還付されるだけです。
シンプルに言うと、自分が払った保険料が手元に戻ってくるというだけです。
銀行の預金だと、お金を預けていると、わずかですが利率が付いて増えていきます。
しかし、銀行のように、少し、おまけが上乗せされて戻ってくるという訳でもないようです。
だからといって、保険料が割安になるというわけでもありません。
結果、健康祝金はあまり必要ないのでは?という意見が多いのが本当のところです。
その分、自分で銀行に貯金していけば、少しずつですが、利率もつきます。
 
「手元にお金があると使ってしまうから、お祝い金として受け取るほうが自分にはあっている」という人には、いいかもしれませんが、一般的には、あまり必要性のないものかもしれません。
近頃は、不景気でどこの家庭も、いかに保険料を減らすかと知恵を絞っていますよね。
それならば、「お祝い金」、「ボーナス」という言葉に惑わされず、本当に自分にあった保険を選ぶことのほうが、本当の意味で節約になるのではないでしょうか。


 

女性特有の病気の医療保険と老後の医療保険

女性特有の病気の医療保険

乳がん、卵巣がん、子宮がん、乳腺症、子宮内膜症、子宮筋腫など、これらは、女性特有の病気です。
特に子宮がんや乳がんになる年齢に関しては、25歳ぐらいから急激に増え、若い人でも、がんにおかされる人が多いことに驚いてしまいます。
女性なら、誰しも「もしも、私が、乳がんになってしまったら」などと不安に思われた事があると思います。
そんな不安を少しでも軽くしてくれるのが、医療保険です。
一般的に、乳がんで30日入院した場合、医療費が約120万円、差額ベッド代、食事代など医療費以外の費用が40万円くらいといわれています。
かなり高額で、ますます心配になってしまいます。
万が一、かかってしまった時の為にも、医療保険に加入する際には、絶対、「女性疾病特約」を付けておく事をおすすめします。
先程の数字にもあったように、がんにかかる人の若年齢化が進んでいます。
女性特有の病気に関しては、若いから関係ないとは言えなくなってきています。若い時から、「女性疾病特約」だけはつけておきましょう。
「女性疾病特約」の保障内容は、基本的には、女性特有の病気や女性がかかりやすい病気が対象となります。対象となる病気の内容は、保険会社によって異なりますので、女性特有の医療保険に加入する場合には、なるべく対象となる病気が多いものに加入されると安心です。
入院、手術となった際、心配なのは、やはり費用の面ですよね。医療保険に加入しておけば、費用の面を心配することなく、治療に専念することができます。


老後の医療保険

ご年配の方は、年齢とともに病気にかかりやすくなります。さらに、病気やケガの治りが遅くなります。治りにくい為、入院日数が増えます。
それなのに、会社員時代のように会社の福利厚生、社会保障が手厚い訳ではありません。
老後、入院、手術を受けては、貯蓄を取り崩し、医療費にあてていたのでは、先行き不安で、経済的にも精神的にも辛いものがあります。
こうならない為にも、今から、老後に向けてしっかりとした医療保険、医療保障を準備しておく事が大事です。
一般的に、老人が病気や怪我で入院した場合、必要となる費用は、いくらぐらい必要となるのでしょうか。
1日に必要な入院費用は、入院日額が12,900円。
もし、30日入院した場合には、387,000円ものお金が必要となるのです。(生命保険文化センター調べ)
また、国民健康保険に加入している人は、「高額療養費」という制度がありますから、全額、自己負担はというわけではありません。
一般的な病気の場合は、高額療養費でかなりの部分がまかなわれる為、実際の支払いは、月7万円程度になります。
更に、民間の医療保険に加入しておけば、これらの保障でだいぶ助かります。
ここで、注意点ですが、高額療養費は、申請する事で多く払った分が後から戻ってくるというしくみだということです。
これは、まずは自分で高額な医療費を支払わなければならないということです。
また、自分で申請しなければ、戻ってくるお金もありません。そのことを忘れずにしておいたほうが良いでしょう。




タグクラウド
livedoor 天気

投資信託債券投資債券の種類国債株式投資債券投資の魅力債券投資外国債券投資外貨MMF投資信託を選ぶETF(上場投資信託)投資信託のコスト外貨建投資投資信託の特徴投資信託の種類投資信託分散投資外国株式投資ETFの特徴ETN(指標連動証券)不動産投資信託(J-REIT)不動産投資信託のリスク投資信託の信託報酬インデックスファンド債券インデックスファンドとETFETFのコストアクティブファンドの運用インデックスファンド投資アクティブ運用ファンドアクティブファンドとインデックスファンド投資信託と個別銘柄投資債券投資には投資信託個人向け国債東証株価指数個人向け国債 固定5年外貨建て債券分散投資外貨建債券投資為替変動リスク債券投資ETF(上場投資信託)の魅力投資信託のしくみ投資信託の選び方投資信託の種類金融商品のリスク株式投資信託投資信託の値動き資産運用方法債券価格と金利投資信託のコスト投資信託の買い方投資信託の購入方法投資信託の種類投資信託のリスク信用リスクに強い投資信託J-REITの魅力ETF(注目を集める上場投資信託)J-REIT投資のメリットETF(上場投資信託)とはETFに投資するメリット投資信託のリスク分散投資証券口座開設分散投資で資産運用外貨投資為替手数料株式投資投資信託の優れたところJ-REITに投資投資信託の種類投資のリスク金融商品のリスクとリターン債券投資米国株高配当外国株購入1億円貯める老後資金貯め方米国債 購入海外投資外国株購入方法外国株式投資為替動向医療保険マネージドフューチャーズ中古ワンルーム投資高配当株式銘柄投資信託選び方宝くじ確率借金整理 弁護士債務整理とは外国株式インデックス外国債券 ETF在宅ワーク長期投資米国債 購入退職金運用米国株 高配当老後資金必要額サラリーマン 副業資産運用 初心者老後の貯蓄額教育資金 準備老後資金 運用ロト6 買い方新興国 投資ロト6 当選確率米国債券投資ワンルームマンション投資 物件老後の資金 いくらJ-REIT 投資女性の転職フェイシャルエステ 効果ワンルームマンション投資米国株 銘柄投資 儲ける教育資金 貯め方海外ファンド 投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方モテる女条件外国株 購入老後 貯蓄貯金サラリーマン 副業米国債券米国社債老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券ETF海外株式 購入消費者金融 申し込みアパート経営 成功即日お金を借りる方法お金借りる キャッシング即日老後のお金

J-CASTニュース
  • ライブドアブログ