各パーツ別の解説が大体終わったので、全身の比率をみていきます。
比率1
この図は8頭身ですが、普通の日本人は7頭身ぐらいが平均のようです。
リアル寄りなキャラクターのイラストなんかでは8頭身かそれ以上が多いのではないでしょうか。

それでは特徴を挙げていきます。

まず、頭から股間までの長さと、股間から足までの長さはほぼ同じです。
どちらかを長くする場合は足を長くしたほうが格好いいかもしれません。

顎の下から肋骨の下部までの長さは、頭一つ手のひらの縦幅を足したものと同じくらいの長さです。

肋骨の下部から骨盤の上部までの長さは手のひらの横幅と同じくらいです。
わき腹に手のひらを当てて確かめてみましょう。

肘と肋骨の下部の高さは同じくらいの位置です。

手のひらの位置は股間~股下辺りです。

男性の場合、胸郭の幅と骨盤の幅は同じくらいです。

足の付け根から膝までと、膝から足先まではほぼ同じ長さです。


挙げられる特徴はこんなものでしょうか。


以上で今回は終わりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村