2010年11月

2010年11月30日

音楽を読むこと

酒井のりぴーが自叙伝だすんだってさ。

シャブ打って、逃げて、つかまって、芸能界引退したのに、多くの人に迷惑かけたのに 商行為。

ばかじゃないの?って感じ。

薬物に手を出す人をくいとめたい とか大義名分もあるんだろうけど、それだったら、いや、それこそnetでブログとかの形で、無償でやるべきなんじゃないの?

そりゃ誰だって読みたいでしょう。

俺も読んでみたい。

でも強く固い意志で読みません!

本といえば、某フリーペーパーも来年2月で廃刊の噂が。

もし本当だったら残念だ。

自分を振り返ってみると、音楽雑誌や本の記事を読んで、あー、これ聴いてみたいなぁ〜 と随分影響を受けた。

好きな評論家さん、ライターさんも沢山いるんだけど、この人の書く文章は本当に面白いし、楽しい。

yamanaka


中山康樹さん といういわゆるJazz関連の著作の多い方。
マイルス・デイビスの語り部としても有名ですね。

Jazzの文章というと、なんか難しそうだなという先入観がありそうですが、中山さんの文章は全然フランク。

短く、というか無駄のない文章で、的を得た評論を展開。

ぶわー とか どひゃぁー とかバンバン出てきます。

Jazzの世界も老舗雑誌Swing Jounalが休刊とか、あまり良い話がないですが、中山さんが元気な内は大丈夫じゃないか と思っちゃいます。

もっと活躍の場が増えることがあれば、もっとうれしい。

Reggae界は昔はRMという充実した雑誌がありましたが、最近出ている雑誌は音楽より、Jamaica情報に重点があるようで、もうひとつな感じ。

中山さんのような、読んだらそのレコードが聴きたくなっちゃう! というライターさんがReggae界にも出てきてほしい です。





irieyard at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Music | その他

2010年11月29日

Rock Steadyはよいなぁ〜

昨日はLick A Shot主催のRaggamuffin Jamへ。

早い時間のPartyなので、公共交通機関を使っていったんだけど。

いやぁ、飲んだ、飲んだ。

現場で浴びる様に飲んだのも、実に久しぶり。

楽しかったです。

このRaggamuffin Jamは奇数月の第4日曜日にやってるんだけど、割と固定したメンバーでやってて、気になる人がいたんですよ。

見た目は黒Galなんだけど、渋いスタワンとかかける娘がいて、Ja-Oxってんだけど。

お歳も、まだ若く(20代前半)静岡出身で、今は横須賀で鳶やってるってんだから、なんか意味不明な元気が沸いてきます。

かかる曲も幅広く、Ken Boothから横浜銀蝿、さらには世界の坂本九ってあんたいくつよ? と突っ込みたくなるほど、昭和リスペクト。

曲に脈略がない と思っちゃいますが、よーは彼女の好きな曲って事で、楽しそうにPlayしてるのを見てるだけでお父さん世代としては和んじゃいました。

自分的にも、最近人前でかける機会のなかったSka〜Rock Steady系をたっぷり一時間やらせてもらえて、すんごく楽しかったっす。

また呼んでね!




AltonのRock OnってCharmから出てた新録曲知ってます?

それ探していて偶然見つけた映像なんですが。

JC Lodgeの華のない事!

スーパーの万引き調査員みたいだ。

よくここから一時的にせよJamaicaのセックス・シンボルなんて呼ばれる様になったもんだ と感心しちゃいますね。

多分イギリスのテレビ番組なんだろうけど、安いセットにちゃらい演出。

脱力感に満たされる事間違いなしで、上がりすぎたテンション落とすのにばっちりです。


irieyard at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月26日

Nuff Magazine!

しかし、海老蔵ってどーなの?

30過ぎて、豪邸も嫁もいて、泥酔して大ケガ?

それは、まーいいよ。

でも、親父さんが謝罪会見って・・

親父さんって確か大病したんじゃなかったっけ。

そんな親父さんに尻拭いさせるなんて、男として情けない!

あの業界の特殊さから親父さんが出なきゃならなかったって事かな?

でも、ここは嫁ががんばって前面に立つべきだったんじゃないのかな。

まーどーでもいいけどさ。

話変わって

今号から当店でNuff Magazinの配布取り扱いがスタートしました。

Nuffmag








世界的な景気低迷、Dance Hallシーンは今一つ盛り上がりきらない今日この頃、フリー・マガジンを出すのは、想像以上に苦労の多い事でしょう。

心あるReggaeファンは是非手にとって、ゆっくり読んでみてほしい。

そして、リアクションしましょう。

メールがいいかも。

この記事、面白かった! とか、こんな記事が読みたい! とか。

今度、こんなダンスがあるんだけど取材に来て!とか。

そうゆうやりとりが活発になる事で、なにか突き抜ける様な気がするんですが・・

さぁ、もうすぐ長谷川の試合が始まる。

勝つことを信じて、応援しましょう。

そうそう、今週日曜日、横須賀中央のShellでReggaeお楽しみ会やってます。

Lick A Shot主催のRaggamuffin Jam

18:00スタートで22時位まで。

エントランス・フリーなので、近くを通ったら覗いてみて下さい。

私も20時〜21時を担当させてもらいます。

ゆったりRock Stadyをかけるつもり。

それでは!


irieyard at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Information | その他

2010年11月25日

明日は長谷川戦!

明日は早くも長谷川選手の世界戦ですなぁ。

衝撃のKO負け、そしてアゴの手術。

最愛のお母さんも亡くし、心も体も並の男ならボロボロの事でしょう。

特に母親を亡くした事は、自分が母親を亡くした時の気持ちを重ねてしまいます。

気持ちにぽっかり穴が開いちゃった って感じで、なんか力が沸いてこない。

そんな事もあっただろうに、と勝手に思っちゃうんですが。

2階級上げた事が、吉と出る様、祈ってます。

世界戦の見所というか、気持ち的にグワっと熱くなるのが選手の入場シーン。

最近は割りとReggae関連の曲が流れる事も多いですが、一番印象に残ってるのは辰吉のこの曲。



ブルース・リーの遺作というか死後編集されて無理やり作られた死亡遊戯のテーマ曲。

(7inch持ってるんだけど怪鳥音が入ってんだよねぇ。サントラ・アルバムには怪鳥音入ってないのでしょうか?)

いい曲見つけたなぁ〜 と最初は思ってましたが、荘厳で威風堂々としてるんだけど、どこかもの悲しい後味が残るこの曲はBoxer辰吉を象徴してる様で、なんか、しんみりしちゃいます。

長谷川選手には、明日は勝ってもらって、思い切り泣いてほしい。

粟生は、凄みが足りないと思ってんだけど、明日はどーでしょうか?

エリート臭さをかなぐりすてるFightを期待しましょう!



irieyard at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2010年11月24日

カワイイ娘、みっけ!

しかしよぉ〜

ブタキム父子もさぁ、女子サッカーで日本に負けたからって、韓国に砲弾打ち込むこたぁ、ねぇだろうによぉー。

気のふれた王様が住む国が隣にあるってのは、やっかいですなぁ。

これでまたテポドンでも打たれた日には、銃を取る覚悟あり です。

まぁ、そうならない様に政治に期待できないけど、やってもらうしかないですね。

北朝鮮でReggaeがかかったら大ブレイクするんじゃないでしょうかね、歌詞的に。

さて、以下は楽しい話に。

なでしこ金メダル、おめでとう!

選手の世代交代が進んでない分、まとまりあって、もしかしたら、今がピークかも知れません。

そんな時に結果を残せて良かった、良かった。

それから、昨日入荷したPeckings、どれも良かったのですが、期待してなかった分、嬉しいみっけモンがKhadijah嬢のTrue Star

映像探したらあったので見てみて下さい。 どーぞ!




インドちっくなエキゾかわい娘ちゃん。

ちょっと生意気そうな鼻ピーもいいじゃん!

いくつくらいでしょう? まだ十代とみたが。

上手く唄えたら頭クリクリしてあげたい などど妄想盛り上がってます。

久しぶりにReggaeカワイコちゃん見つけたもんではしゃいでおります。


irieyard at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Music | その他