2011年06月

2011年06月30日

Dennis Brown

U-17、やるなぁ。
正直、若い世代の強化には、ここの所疑問持ってたんで、Best 8入りには驚いてます。

試合はニュースでゴール・シーンしか見てないから、良い所ばっかりなんだけど、完璧にサイドを崩していて、たいしたもんです。

次はブラジルかぁ。 見たいなぁ〜。

今日で、6月も終わりですか。


この頃になるとデニスのこのアルバムが聴きたくなります。

LHFW

Love Has Found Its Way A&M 1982

キャリアの長いデニスですから、これよりも、あれの方がいいよ とか、いや、やっぱスタワンでしょう とか色々ご意見あるかと思いますが、単純に82年当時の夏頃に良く聴いてたから という個人的な思い出だけです。

でも、小唄揃いで、いいんですよね、たまに聴くと。

ダンスでかけよう! とかじゃなくて、これ流しながら、ぼーっとしてるのが良いです。

しかし、これがA&Mから出てるには、改めてへぇ〜って感じ。

この頃のA&Mって、ちょっと節操なかった感じですよね。

少し前にはYMOなんかにも手を出してるし。

下手な鉄砲も数うちゃあたる作戦期だったんですかね。

でも、このアルバムはA&Mから出てても、さほど違和感ない、Reggaeには珍しい色彩感豊かな作品に仕上がってます。

Jamaica受けを無視したPOPなReggaeってのは、この時期にも結構あったかと思いますが、ちゃんとJamaicaにも目配せしながら、アメリカのマーケットもにらんだ作品に仕上がってるのは、Willie Lindoのおかげ と私はにらんでます。

この人のReggaeのコアな部分をはずす事なくPOPに仕上げるセンスって、あんまり語られる事ないけど、この頃のReggaeにとって、大きな功績を残したんじゃないかと。

もっと光が当たっても良いんじゃないかと。

この曲なんか、小品ながら、いいんだよねぇ〜



デニスのファルセットも、いいなぁ〜。

リバーブの効いたスネア

空間を漂う女性コーラス(Pam Hall他)

ビールが飲みたくなっちゃいました。


irieyard at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Music | その他

2011年06月29日

Digital データは大切に!

いやぁ〜、今日も暑い暑い。

もう梅雨明けしたんじゃね? って感じだよね。

おかげで、一度PC落ちちゃったぜ。

とりあえず、扇風機廻してPC動かしてます。

今年の夏を乗り越えられるか、このPC。

とりあえず、がんばってもらいたい。

そう言えば、先週の土曜の時、とりあえず、一発目は久しぶりにSpecialをかけようと思ったのね。

TaxiオケでLittle HeroとかNinja Manとか録ってあって、それはプレートに落としてなくてCDに焼いてあるんですよ。

ところが、探しても出てこない!

どこかの現場に忘れてしまったか まぁ、いいや、もう一回焼こう と思ってDataフォルダを開いたら。

Saveしてあったと思ったデータが、無くて、Mix前のオケの素材とか、そんなのしか残ってなくて。

もう目の前、真っ暗! どーしよー と落ち込んでしまいました。

結局、他のフォルダーに全て残ったのを発見し、事なきを得ましたが。

しかし、デジタル・データは、こまめにSaveしなきゃいけませんな。

CDやDVDに焼いても、経年劣化してしまうし。

HDはいつ何時、壊れてしまうかわからない のが恐ろしい。

なんとなく、もう駄目かな ってサイン出してくれれば、こちらも緊急対応するんですが、個人的な経験では、ある日突然、うんともすんとも言わなくなっちゃう。

切ないぜよ。

セラートの人は、もっと大変だよね。

こまめにバックアップしないとね。

家から現場まで、車や電車にゆられて。
ついた現場はタバコの煙やホコリが舞う。

HDもそんなに頑丈じゃないからね。

夏の暑さも結構天敵だ。

野外で! なんて、結構デンジャラス!

気をつけて下さい。

アナログも野外で直射日光は絶対NGですよ。

みるみる盤がそってきます。

車の座席に保管も気をつけた方が・・

夏は、色々 ご用心! ですね。


irieyard at 17:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Music | その他

2011年06月28日

Stingray

いやぁ〜、暑いですね。

この夏はエアコン無し! と決めてるんですが、がんばれるか? と不安になっちゃいます。

いや、暑さはね、なんとか我慢出来るんですが、この時期の湿気がねぇ。

じとーっとして、べたーっとして。

エアコンの除湿かけたらスッキリするだろうなぁ〜という誘惑と日夜戦っております。

戦うというえば、昨夜のなでしこJapan 勝ちましたねぇ。

しょっぱなから飛ばしてたから、後半大丈夫か? U-22のこの前の事もあるし と心配してたけど、最後は相手のニュージーランドの方がバテてたもんね。

外人から見たら、ちびっ子にしか見えないだろう、小柄な彼女達がすばしっこく駆け回る姿は、心打ちました。

次戦もがんばれよー!!

さて、今日はUKのStingrayからMy Girlリメイク、4種 6タイトルが入荷

このレーベル、はじめて買ったのは95年位? だったか。

Stingray01

これは確か、表参道にあったグラマラスで購入。

理由はLukie Dだったから。

トラックはBob MarleyのHypocriteのリメイク

これも、その頃購入。

Stingray02

Islandだったかな? レーベルデザイン違いますね。

トラックはFeel Like Jumping

この辺のやつがレーベル発足後、何枚目のリリースかは不明ですが、レーベル初期である事は、おそらく間違いない。

で、驚くべき事は、もう今の、例えば今回リリースされたMy Girlオケと遜色ない品質に仕上がっているって事。

このレーベルの特徴は、オーソドックスなアレンジで、あまり無駄な音を入れず、スッキリとした整合性のあるトラックに仕上げる と言えるでしょう。

Jamaicaのレーベルで言えばPenthouseに近いけど、Penthouse程の派手さは無い。

その為か、あんまり表立ってStingray Stingrayと言う人はいないけど、最初っから、ずーっと、変わらぬ高いクオリティーを保ち、リリースし続ける というのは尊敬に値します。

歌モノ好きのお方、今後も要Checkなレーベルですぜ。

StingrayだけでMixってのも面白そうだ。

誰か作って聴かせてちょうだい!!



irieyard at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Music | その他

2011年06月27日

Anthony B

土曜日のEQ、お疲れさんでした!

たく君、色々ゴチ! でした。 またよろしく!

ダンス自体は、機材トラブルがあったり、色々反省材料が見つかったかな。

本気男はマジでした。

Murder Oneと色々しゃべれて良かった。

今後はアナログしばりの企画とか、アセテートのカッティングにも力を入れてくそうです。

アナログ好きなSound & Selectorは是非、相談を!

セラート&CDといったデジタル機とターンテーブルが同居するブースで、良い音を作るのって意外と難しいんだよね、あまり知られてないけど。

デジタルはハウリング・マージンが稼げるんで、簡単に大きな音が出せるんだけど、ターンテーブルは共振する周波数とその周囲の音を拾っちゃうから、ハウりやすくなっちゃう。

結果、音が小さくなっちゃって、しょぼい印象に ・・・

本当は、その共振音域って音がたまっちゃってるんで、Cutしてやるとスッキリ鳴るんだけどさ。

このままデジタル機ばっかりになっちゃうと、Sound Systemのエンジニアの腕は上がんないんじゃないか と。

でも、Murder OneやTasteeが、がんばってくれてる内は安心だね。

それで、自分でPlayしてて、気がついた事がひとつ。

この曲をかけてた時なんですがね。



Anthony B / Heart Mi Heart (Star Trall '96)

この曲があるから、俺はAnthony Bが好きでいられるんだな と。

うちのレコード屋では各曲にコメントつけてるんですが。

今はめっきり減っちゃったけど、数年前まではじゃんじゃんレコード出てたわけで。

そんな中、このAnthony B、マッカ姉さん、Capletonってのが、リリース多い御三家だった。

がっちり入荷があった時なんか、一日にAnthony Bだけで10タイトル位あって、そんなに書くことねぇよ と突っ込みながらコメント書いてたんですよ。

そんな事もあって、Anthoy Bに対しては、お腹一杯感があったんだけど。

この曲かけてたら、96年当時のワクワクしてた現場の感じがふっと思い出されて。

Hemoちゃん、KadaちゃんがJamaica帰りのダンスで『今JamaicaではSizzlaよりもAnthony Bって感じで〜』と言ってかけてたなぁ〜 とか。

Papa-Bonがこのフレーズのまんま『なんであんたはそうなんだーろ、口先だけでともわん行動〜』と歌ってたなぁ〜 とか。

ちなみに、このPapa-Bonのやつ、歌ってみて下さい。
はまります。 楽しい!

昔はこうゆうJamaicaのHit曲や自分の好きな曲に日本語を乗っけるってのが結構あったんだけど、最近やんないね。

メジャーで売る曲では無理でも、現場遊びでは楽しいから、やればいいのにね。

さて、今夜はFIFAワールド・カップ、女子代表戦が始まりますね。

澤姉さん、多分最後だろうし、史上最強かも知れないチーム。

緒戦が大事だ。

しっかり応援しましょう!!


irieyard at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Music | その他

2011年06月24日

明日はコレ!

復興基本法は成立したのに担当大臣の決定は週明けだって。

馬鹿じゃないの と悲しくなる。

大体、法整備自体遅いのに、そんで、提出した時から成立するスケジュールは読めただろうに、大臣さえ決められない。

何の根回しもしてない という事なのか?

大臣の任命が3日遅れたって、平気って事なんだね。

でもね、100日(震災発生から)のうちの3日って、結構割合大きいぞ。
それに被災地の人は、毎日が異常な(普段の生活を過ごせない という意味で)生活なはず。

口では一日も早く復興を と言いながら、この体たらく。

情けなくなりますね。 

さて、そんなフラストレーションを発散させるべく、明日は地元横須賀で一番楽しい と回を重ねる事に評判も上がっているEarth QuackがAngeloでやります。

Open Startは24時でAdmは1500円のワン・ドリンク

ゲストSoundに夏を呼ぶSound Murder One!

それと本気男がマイク握ります。

そんで、ちょっと残念なお知らせになっちゃうんですが、このダンスの主要メンバーであるOne Blood SoundのMitsu-D君が仕事の都合で都内へ引っ越す事となり、レギュラーで廻せるのは、今回が最後になっちゃうそうなんです。

実にサミシーYoh とトゥイッチもジャーク焼きながら泣いてました。

ともあれ、Mitsu-D君の新しい門出をお祝いする意味でも、楽しく踊って騒ごうじゃ、ございませんか。

お待ちしてます!


irieyard at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Dance | Information