美術展 東洋

2016年08月05日

日本画もいいね

日本画も好きです

iris1226 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月22日

ラファエル前派展

iris1226 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月06日

進撃の巨人

今年は年明け早々 進撃の巨人三昧となりました
甥の子供 中学二年生と小学校四年生に引っ張られて
上野の森美術館で開催されている進撃の巨人展を見て
劇場版アニメになった進撃の巨人を見て
秋葉原のマニアックな書店で進撃の巨人のガイド本を求めて
まぁ 彼らが居なかったら全く知ることもなかった世界を垣間見られました

進撃の巨人の映画はけっこうそれなりに面白く
主人公が巨人との戦闘中 友人の身代わりとなって巨人の口の入っていく場面で
助けられた友人のアルミンの心情吐露につい涙が出てきてしまいました(ほんと、単純なんだわ私)
作者が格闘技ファンらしく かなりのファイトシーンがあるし
ゴヤのサテュロスを想起するような場面がたくさん出てきて
人間の本能の中には暴力って必ず潜んでるんだろうなと思ってみてました
また 形を変えた永遠の零なんじゃね?なんて思わないでもなく
戦争のために命をおとすことを美化することは怖いなと思いました
考えすぎだとは思うけど・・・・・・

漫画は 絵があまりにも雑な感じで 一巻を読むのがやっとでした

上野でやっている美術展は 時間指定であるのにも関わらず一時間待ち!
原画の展示の他に 等身大の巨人の模型やら 体験型のアトラクションやら
進撃の巨人のファンには垂涎の内容だったと思います

新宿の高層ビルを見上げながら 
甥の子供たちと巨人の大きさを体感しあって
なかなか面白いお正月になりました



iris1226 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月01日

10月に行った美術館

10月は少し頑張って美術館めぐりをした

国宝展 東京博物館
思いのほか 圧巻だった
仏像と仏画が目当てだった
書や調度品はよくわからないので・・・^^;

仏像は各時代のものを程よく取り揃えていた
特に大倉集古館の普賢菩薩像は ライトの当て方が素晴らしく
もともと好きな仏像だったが 改めて惚れ直してしまった
まとう衣と仏身をきっちり彫り分けていて 腰のくびれが美しかった
仏画は 東博所蔵のお宝孔雀明王と普賢菩薩が並んでいて
これはため息交じりに眺め入った
平安の少し気取った上品さが何とも言えず 良かった

高野山の秘宝展 サントリー美術館
こちらも仏像 運慶目当てで足を運んだ
やはり 運慶はすごい迫力があった
仏具や仏画も素晴らしかった

ウフィッツ美術館展 東京都美術館
初夏に現地で見たボッテチェルリのケンタウロスに再会
現地だと目玉作品を見るだけで精一杯だが
こちらでは ピックアップされてきた小作品たちを楽しむことができた
もっとも ウフィッツだけでなく パラティーナなどからの出展あった
気に入った作品は レジメ番号22と27のボッティチェリだった
(どちらもパラティーナ所蔵)
NO22の聖母子像は 脇に控える洗礼者ヨハネがかわいかった
こんなにかわいいヨハネは見たことがなかった
ウフィッツ所蔵ではNO31バルトロメオの下絵が良かった


なんと!!!!東博は随分と趣が変わっていた
ミュージアムショップが地下から一階に移動していた
すでに一年半がたつとのこと
つまり 私は一年半もここを訪れていなかったことになるわけだ
時の経つのは早いものだと思った

iris1226 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月16日

いくつか訪れた展覧会など・・・

Bunkamura  のだまし絵と万華鏡

町田国際版画美術館の怪物たち

太田美術館の妖怪たち

八王子美術館の昭和の子供たち写真展

損保ジャパンのサイキックアート

う〜〜ん なんとなく偏ってる・・・・・・・・・






iris1226 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)