2017年05月21日

剣とセイバーと試したかったこと。

お久しぶりです。

Xセイバーを最近は使ってるのですが、コレクターズパックで登場した新規剣闘獣に一目惚れしてしまい混ぜて使おう!ということになりました。
他にもいくつか試してみたいギミックがあったので詰め込むことにしました。

その結果完成したデッキがこちらです(写真に写し忘れましたが、メインにハーピィの羽根帚が入っています)。

メイン
image


サイド・エクストラ
image


○剣闘ギミックについて。
今回一目惚れした剣闘獣カードは2枚あります。

1枚目は《剣闘獣ノクシウス》です。
image

・手札からの特殊召喚
・ターゲット変更
・戦闘破壊耐性
・おろかな埋葬的効果
剣闘獣が欲しかったいくつもの効果を兼ね備えたまさに10期のカードといった印象です。
盤面こそ触れませんが「相手の最後の直接攻撃に反応して特殊召喚し、ベストロウリィを墓地に送る。バトルフェイズ終了時にデッキのダリウスと入れ替わり、墓地のベストロウリィを釣り上げ、次ターンにガイザレス融合召喚から入る」という動きを想定されたカードでしょう。
マスターPやメイン2で妨害されることも多そうですが、魅力的な効果ですよね。
バレバレではありますが、ブルホーンでサーチできることも魅力です。

次のカードは《剣闘獣総監エーディトル》です。
image

ノクシウスとは違い、単純ですが強力な仝果を持っています。
1ターンに1度、エクストラデッキから剣闘獣を召喚条件を無視して特殊召喚できるのでガイザレスやヘラクレイノスで盤面をコントロールしていくことに繋げることができます。
ただ、マスタールール4では基本的にエクストラモンスターゾーンまたはリンク先にしかエクストラデッキから特殊召喚することができません。そのためエーディトルの効果を使うためには、ミセスレディエントのようなリンク先を複数用意する必要があります。
Xセイバーではボガードナイトが絡むとミセスが直ぐに立つので相性は悪くないくらいだと思います。

実際、大会では3マッチで2回エーディトルヘラクレイノスが成立しました。

○その他のギミック
主にサイドデッキにやりたかったことを詰めてあります。

スケープゴート関連
スケープゴートからミセスへの流れは強力ですが、他にも有効なトークンの使い方を模索していました。その中で、トランプウィッチから始祖竜ワイアームにつなぐ昔ながらの使い方を思い出しました。
ワイアームは効果モンスターに対して滅法強く、セイバーのパーツを集める時間稼ぎにもなるのでは?ということでトランプウィッチとワイアームを採用をしています。

トランプウィッチを採用する際に、ワンチャン!?でのサーチを採用しました。融合素材にする羊トークンが場に出ているので、トランプウィッチが欲しい時にはワンチャン!?が腐らないことと、レイジグラとサーチ先を共有できるためです。

時械神関連
この記事を読んだだけで僕がミーハーなのは分かると思うのですが、真龍に対して(ミラーで)ザフィオンが有効みたいな話をみたためどんなものかととりあえず採用してみました。
その時に、ワンチャン!?を採用するなら時械巫女も入れてみよう!ということで入れてみました。


○反省
・スケゴと剣闘獣ノクシウスは相性悪すぎです。水と油で共存は不可…。剣闘は十二剣として作り直します(【十二剣】って名前かっこよくないですか?)
・先出しワイアームでマスターPの前に壁出来るし負けないと思ったら真龍の復活や列旋であっという間に退場。ワイアームは諦めます。
・灰流うららは1枚しか持ってないのですが、あと2枚買います。ノイドに芝刈り2ゲーム連続で決められた上にコズモにも連続アタックでワンキル2回された…。



iriya624 at 09:35コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | デッキ

2016年07月22日

クリスト論3

今回はいろいろなクリストロンデッキについて考えていきたいと思います。
image


相変わらずアイデア先行型で実用性は無検討なスタイルですので、強いとか強くないというのは試してみてください(丸投げ)

 椒▲鵐妊奪
アンデットを混ぜる一番の理由はやはりファラオの化身ですね。星3なのでクオンとシンクロすることでクオンダムになることができます。さらにシンクロ素材となったファラオの化身は場に戻ってくるので、シンクロチューナーであるクオンダムとそのままシンクロできるのが強みです。
また、クオンのシンクロは場を経由するのでゴブゾンとも相性が良く、召喚権が足らなくなりがちなデッキでも回すことができます。
メズキの存在も大きく、メズキでモンスターを蘇生しておくとクオンダムがシンクロしやすくなります。星4を蘇生することでサイフレームΩにアクセスしやすくなるほか墓地から自身を除外して効果を発動するクリストロンと異次元からの埋葬やΩを共有できますね。
リビング+ゴブゾンなんかの相性もGOODです。

◆椒妊屮瀬
クリストロンは相手ターンシンクロを多用するデッキであり、蘇生手段やトークンの生成が得意なデブダンとの相性はよいのではないかと思います。
ダンディを使えばクオンダム→星5or6シンクロと繋げますし、リビングの相性なんかは最高ですね。
調律やクイックでクリストンが落ちた時にも効果をつかえたりと思わぬところでシナジーがあります。
またクオンは無理なく採用できるレベル1チューナーなのでジャンクで釣ってドッペルを特殊するジャンドの動きにもぴったりです。デブダン全盛期にはいませんでしたが、輪廻天狗なんかもクオン経由で使いやすいですね。
今は2枚使えてキーパーツのほとんどを持ってこれるクリッターをクオン効果でシンクロしつつサーチしたり、ライブラリアンを過労死させることができれば勝利は近いです。
スターライトジャンクションが輝く時が来たのか。

+ダーク
ダークは召喚権を使わない横展開が得意で、チューナーを立てやすいクリストロンと相性が良いように感じます。属性がかみ合うわけではないのですが、クオン+ディアボでDDB出すのってかっこよくないですか!?(強いわけではない)
てんとうむしのサンバで大活躍のレベルスティーラーはクオンとシンクロしてフォーミュラにつなぐこともできたりします。

ぁ椒ラクリ
クリストロンはすべてが機械族のためシンクロチューナー+星3以上のクリストロンで僕の大好きなカラクリブレイやブレイドをシンクロすることができます。しかもブレイやブレイドを相手ターンに召喚した場合、248をリクルートすることで相手のアタックを妨害することができるのも特徴です(大した妨害ではではないですが…)。
カラクリは横展開が大得意なデッキですので、チューナーをどんどん繰り出すクリストロンとの相性もなかなかです。フォーミュラー+ブレイでもフェニキシオンを出せることは覚えておきましょう!

ァ椒泪轡鵐福璽此淵ラクリ)
ノンチューナクリストロンは自分の表側カードを破壊することでチューナーを持ってくることができますが、この効果を発動した後、そのターン中は機械族しかEXデッキから出せない制約が課されます。そこで前述のカラクリ系シンクロを使うのですが、この時マシンナーズフォートレスを使うデッキです。
クリストロンはすべて機械族のためフォートレスのコストにできるほか、シトリィ以外はレベル1チューナーに変換することができます。機械族しかEXデッキから出せない制約も、カラクリマシンナーズなら影響なしですね。ローズニクスのトークン生成効果を使えば、7+1+1でトリシューラも簡単に出したりすることもできるかもしれません(EXから機械のみ制約には注意)。
昔流行ったマシンナーズ植物に近い存在?かもしれませんがなかなかどうして相性は良いのではないかと思います。植物を足すのもあり?自分ターンにシンクロを多用するクリストロンっぽさの少ないデッキになるような気はします。

Α椒瓮織襯侫ーゼ
メタルフォーゼとクリストロンはどちらも自分の場の表側カードを破壊することで効果を発動できます。
また、ペンデュラムデッキになるのでクリストロンがかさばった時でもペンデュラム召喚してメタルフォーゼで破壊→クリストロンの墓地効果を使ったり、ペンデュラム後にクリストロンをチューナーに変換して相手ターンに備えることができます。
またクリストロンは補給部隊との相性が良いので、自分の場のモンスターを破壊することでも効果をつかえるメタルともそれなりの相性を誇るのではないかと思います(メタルでラクーン以外のモンスター破壊すること多くはないですが)。
クリフォートツールのようなサーチしたらお役御免のカードをクリストロンで割れるようになることもいいのかなと思います。

А椰綢粟ズ
クリストロンはすべて水属性で統一されているので、ウツボなんかを使うことができます。また、レベル4水属性のローズニクスとクオンダムがいるので他に星4水属性がいればバハシャ経由で餅カエルにつなぐことが出来たりします。
オイスターマスターも相性が良く、クオンと手札からシンクロすることでクオンダム+オイスタートークンの場となり、アメトリクスのシンクロの布石が整います。アメトリクスで相手の攻撃をストップするのはもちろんですが、リビングなどでクオンダムを蘇生できればクオン+オイスター+リビングで相手ターンフェニキシアンの布陣ができることになります。
また自壊やシトリィの効果で墓地に存在する水属性の数を多少操作できることからムーラングレイスも使いやすい方かなと思います。
また、この型にかぎらず異次元海溝もクリストロンと相性がいいですね。横展開が苦手な型の場合に異次元海溝で手札(墓地)のクリストロンを飛ばし、通常召喚したクリストロンで異次元海溝を破壊してチューナーを呼ぶことで場に3体のモンスターをそろえることができます。
水に拘る必要はないですが、水属性にも相性が良いカードが多いですね〜ということでした。

iriya624 at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | デッキ

2016年07月17日

クリスト論2

展開パターンを考えていきます。

手札
ファラオの化身
星2チューナー(シトリィ
シトリィ以外のクリストロン
コスト用1枚

自分ターン
1クリストロンを通常召喚し、起動効果でクオンに変換します(クオンがある場合は通常召喚するだけです)。

相手ターン
1クオンの効果を発動し手札の化身とシンクロ、クオンダムをシンクロ召喚します。化身は自身の効果で蘇生。
2クオンダムの効果を発動し場の化身とシンクロ、ブラックローズをシンクロ召喚します。チェーン1化身チェーン2ブラックローズとして、ブラックローズと化身を残します。
※ブラックローズはチェーン2以降でシンクロ召喚された場合にタイミングを逃すことに注意。

ここでローズと化身が残った状態かつ、相手の場が空でターン帰ってきたとします。そもそもこの状況でワンキルできないと話にならないと思いルートを考えていました。結論からいうとルートはありまぁす!

自分ターン
1シトリィを通常召喚します。
2シトリィと化身でシンクロ、アクセルシンクロンをシンクロ召喚します。化身は自身の効果で蘇生します。
3アクセルシンクロンの起動効果でジェットシンクロンを墓地に送り、レベルを6にします。
4レベル6となったアクセルと化身でXXガトムズ。化身は自身の効果で蘇生します。
5ハンドを切ってジェットを蘇生します。
6ジェットと化身でシンクロ、バルムンクをシンクロ召喚します。化身は自身の効果で蘇生。

ここで自分の場は
2400ブラックローズ
3100ガトムズ
2100バルムンク
0400化身
となり、8000に届きますね。バルムンクのところはクトグアやハストールでも大丈夫です。

手札のシトリィはレベル2チューナーならなんでも良いです。1ターン目に出したクリストロンがシストバーンならシトリィ持ってこれるので良いですね。

それにしてもチューナーリクルした時に機械しかSできなくなる縛り不要すぎでは…

iriya624 at 11:21コメント(1)トラックバック(0) 

2016年07月10日

クリスト論

こんにちは。

今回は自分の勉強も兼ねてクリストロンについていろいろ書いていきたいと思います。
クリストロンについて書くとクリスト論って表現できて誤字なのに面白いですね。

◇はじめに
クリストロンモンスターは大きくわけてチューナー、ノンチューナー、シンクロ体に分かれます!クリストロンだけでデッキ構築するより他の相性のよいギミックを搭載したほうが強いかもしれません。クリストロングなデッキを作りましょう!

◇チューナー
チューナーはレベル1と2にそれぞれ1体ずつ存在します。どちらも水属性機械族でステータスが低いため複製術に対応しています。また、これら2枚のチューナーカードは相手ターンのメインフェイズ及びバトルフェイズに場以外のモンスターを素材として機械族Sモンスターをシンクロ召喚することができます。自分ターンはバニラチューナーなので、クリストロンを使った展開は相手ターンに行うことが多いです。

◆レベル1のチューナー(クオン)
このカードは相手ターンにシンクロする場合、手札のモンスターとシンクロすることができます。直接手札とシンクロするのではなく、効果を無効にしたうえで一度場に特殊してからシンクロするのがミソです。そのためクリッターやゴブゾンファラオの化身といった場から墓地に送られた時に効果を発動するモンスターとも相性がいいですね。効果を無効にするので彼岸ともシンクロすることができます。

◆レベル2のチューナー(シトリィ)
一方レベル2のチューナーは墓地のモンスターとシンクロすることができます。発動時に対象をとり、そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚したうえでシンクロ召喚します。ここで注意することとして、この効果でシンクロ素材としたモンスターはシトリィを含め除外されてしまいます。後述の理由からリビングデットを採用することも多いと思いますので、使いどころには注意が必要です。

◇ノンチューナー
ノンチューナーモンスターはレベル2と4に1種類ずつ、レベル3に2種類の合計4種類が存在します。ステータスはバラバラですが、チューナーと同じく水属性機械族で統一されています。
2つの共通した効果をもっており、ひとつは自分の場の表側カードを破壊してクリストロンチューナーをデッキからリクルートする効果(効果発動後、機械族Sしかエクストラから特殊出来なくなる制約あり)です。コストとなるカードがあればすぐさま破壊してシンクロすることはもちろん、相手ターンにチューナーの効果で場以外とシンクロしてシンクロチューナーを経由してからシンクロすることもできますね。この手のカードにしては珍しく自身を破壊して効果を発動することができますのでシトリィを持ってきて相手ターンにシンクロといった芸当も可能です。
ふたつめの効果は墓地で発動する効果で、自身を除外してなんらかの効果を発動することができます。カード別に見ていきましょう。

◆レベル2のノンチューナー(プラシレータ)500/2000
墓地から除外した場合は手札のクリストロンモンスターを特殊召喚するというヘルウェイパトロール的な効果ですね。デブリで釣れる他、チューナーを追加したい場合に使われる効果になるでしょうか。シトリィと合わせてシンクロチューナーのクリストロンになることができます。

◆レベル3のノンチューナーその1(シストバーン)1500/1500
墓地から除外した場合はクリストロンモンスターをサーチできます。分かりやすく強い効果ですね。レベル3なのでクオンと手札シンクロしてシンクロチューナーになることができます。シトリィと墓地シンクロすることで妨害効果をもつクリストロンシンクロ体になりますが、墓地効果を使いたいのでできるだけ除外したくないですね。

◆レベル3のノンチューナーその2(スモーガー)1000/1800
こちらはクリストロン魔法罠をサーチすることができます。対象は2枚あり、インパクトをサーチすれば自身を再度特殊召喚できるので結構良いかもしれません。

◆レベル4のノンチューナー(ローズニクス)1800/1000
今までのモンスターとは少し毛色が違い、このカードを除外するとクリストロントークン(水属性機械 レベル1 0/0)を1体精製します。これだけだとイマイチ感がありますが、クリストロンのレベル4シンクロチューナーとシンクロしてレベル5になったりと使いどころは以外とあるかもです。コストにも向いてますね。

◇シンクロ
シンクロモンスターは3種類あり、うち1枚がシンクロチューナーです。やはり水属性機械族で統一されています。最近のカードにしては珍しく、属性種族の縛りがないのでいろんなデッキに出張できる可能性がありそうです。
共通効果としては、S召喚したカードが戦闘または効果で破壊された時に(Sでないクリストロン)モンスターを蘇生する効果が付いています。相手に破壊された時に限定されていないのでメタルなんかで破壊した場合も蘇生効果が使えるのは嬉しいですね。

◆レベル4シンクロチューナー(クオンダム)1800/2000
相性ターンシンクロは、クオンやシトリィと同じく相手ターンのメインフェイズだけでなくバトルフェイズにも行うことができます。ステータスも低いので基本的にはシンクロ後に別のシンクロにつなぐことが多いのではないでしょうか。
どうでもいいですが、クオンダムってダブルオー的なネーミングセンスじゃないです?

◆レベル5シンクロ(アメトリクス)2500/1500
こちらはシンクロチューナーではありませんが、S召喚成功時に特殊された相手の表側モンスターを全て守備にする効果を持っています。そこそこの打点があるので寝かして返しに戦闘破壊することを狙うのでしょう。クオンダムとクリストロントークンでアメトリクスを出して、リビングなどでクオンダムを蘇生すれば次に紹介するフェニキシオンにつなぐことができます。

◆レベル9シンクロ(フェニキシオン)2800/2000
このカードはシンクロに縛りがあり、SチューナーとSモンスターというかなり厳しめの縛りになっています。しかし、クリストロン縛りはないのでフォーミュラー+DDアレクサンダーで出したりもできます。
縛りがきついだけに効果は強力で、相手の場、墓地の魔法罠を全て除外するというものになります。メタルや幻影のように墓地でも強い魔法罠を除外できるのはかなり優秀な効果ではないかと思います。場合に発動できる効果なのでタイミングを逃さないことも素晴らしいですね。
また破壊された時の蘇生対象も広がっており、クリストロン以外を含む全てのモンスターを蘇生することができます。

◆クリストロン以外のワンチャン機械族シンクロ
2フォーミュラー
5アクセル
5カタストル
5ムサC
5チャンバライダー
6甲化鎧骨格
6ケンダーマ
7ブレイ(相手が機械)
7DDB
8ブレイド(相手が機械)

◇魔法
魔法はフィールド魔法の1枚しかありません。今後の強化に期待しましょう。

◆クリスタルP
フィールド魔法で、クリストロンモンスターの攻守が300アップします。また自分、相手のエンドフェイズ毎にこのターンS召喚したクリストロンSモンスターの数だけドローできます。
うまくいけば2〜3枚のドローが狙えるカードです。クリストロンのシンクロ自体は狙いやすいので数ターン維持できればもとは取れると思います。しかし数ターン生き残れるほどゆっくりな環境でないことと、エンドフェイズにドローなのでそれまでに破壊されてしまうとドローできないことが引っかかります。
また、クリストロン名称でないため一部サーチに対応していません。

◇罠
罠は今時の罠らしく、場で発動する効果と墓地から除外して発動する効果があります。墓地で発動する効果は送られたターンに使えません。モンスターと違うので注意が必要です。

◆クリストロンエントリー
通常罠で手札と墓地からクリストロンチューナーを特殊召喚します。手札墓地の両方にチューナーが必要なので打てないときもあるかもしれませんが、クオンダムなんかを蘇生できるのも魅力ですね。クオンダム+クオンを特殊し、ハンドの4とクオンでシンクロすればアメトリクス経由でフェニキシオンまで行けます。
また、場のクリストロンを対象に墓地のこのカードを除外することで対象のモンスターと別のレベルをもつクリストロンを墓地に送ることができます。その後、場のモンスターのレベルは墓地に送ったモンスターと同じになります。
こっちの効果は難しそうで、シトリィと組み合わせたいのですがクオンを落としてもシンクロできず、レベル3以上を落とすとクリストロンにはなれません(別にクリストロン縛りはない)。クリストロンだけで使うのであれば、ローズニクスを落としてトークン精製+レベル4となったチューナーとシンクロとかは面白いかもしれません。

◇クリストロンインパクト
通常罠で、除外されているクリストロン1体を特殊召喚することができます。レベルなどの縛りもないのでクリストロンSモンスターを出すこともできます。前述のとおりスモーガーとの相性は抜群ですね。
おまけ効果として相手の表側モンスター全ての守備力を0とします。
墓地のこのカードを除外するとクリストロンモンスターを対象にした魔法罠モンスター効果を無効にします。無効にするだけで破壊しないことには注意ですが、それでもありがたい効果ですね。


クリストロンはフェニキシオンがかなり強いので、クオンダム+1でアメトリクス。クオンダムを蘇生してフェニキシオンのような流れが組めると強そうな気がします。
クオンダムを出すための3
アメトリクスを出すための1(ローズでもいいけど)
クオンダムを蘇生するリビング
これらをうまく使えるデッキを考えると、導き出される結論はーー
デブリダンディみたいなデッキとうまく合わせられたら強そうです。他にもアンデや彼岸は面白そうですね。

ついにクリッターが輝くときが来たのか!?
クオン+クリッターでクオンダム。クリッターでワタポン回収してそのまま特殊して〜って考えたけどクリッターで回収したカードはそのターン使えないんですね。在りし日のクリッターしか見えてなかった…。

こんなところで終わりとします。長めですが読んでくださりありがとうございました。念のため気になったとこはテキストwikiなどで確認くださいね。

iriya624 at 01:03コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | 考察

2016年06月14日

サイバーABC

こんにちは、お久しぶりです。

◆はじめに
今回はもうすぐ発売となるABCデッキを紹介します。ABCデッキの効果はどこかで見てもらうとして、フィールド魔法のユニオン格納庫を絡めた展開はかなり強く、序盤に格納庫を起動できればABC融合体に早期にアクセスすることができます。

黎明期だけにデッキタイプにも様々なものがあり
・金銀ガジェ型(ツクヨミ)
・音響型
・サイバー型
・シンクロ(フェアリー特化)型

などなど僕が知らないだけで他にもたくさんあるかもですが、とにかくいろんなデッキタイプが存在しています。
それぞれのデッキタイプの中でも同胞やトランスターン、強欲で貪欲な壺を採用するかどうかで色が変わってくると思います。

今回紹介するのはサイバー型で、トランスターンあり、同胞なし、強欲で貪欲な壺なしのものとなっています。
出来立てほやほやのデッキなので改善の余地がたくさんあると思いますが、僕がここから考えるぞって型になりますのでよければ使ってみて改善してもらえると嬉しいです。

◆デッキレシピ
メインデッキ40枚
image

※裏で紙が入ってるのはABCパーツ各2です。エミューリアはユニオン格納庫。

エクストラデッキ15枚
image

※メタルフォーゼはABCです。

ABCの型にはいくつかありますが、そのどれもにABCをそろえる手段が用意されています。同胞の絆はもちろん、ツクヨミ強欲で貪欲な壺を駆使したドロー特化、エンシェントフェアリーとチキンレースで格納庫へのアクセス手段を増やすなど鉄の意志と鋼の強さで格納庫へのアクセスを目指します。そのなかでなんでサイバー型なのか?というところから説明していきます。


◆サイバー型の理由
サイバー型を選んだ理由に、キメラテックランページドラゴンの存在があります。このカードは基本的に融合召喚成功時の誘発効果で魔法罠を2枚破壊でき、かつ起動効果で光属性機械族限定ながらおろかな埋葬×2に等しい効果を使うことができます。おろか効果を使うことで、格納庫へアクセスできなかった場合にもABCを揃えやすい展開が出来ます。加えておろか効果でカードを墓地に送った場合そのターンは墓地に送った枚数まで追加攻撃、つまりサンレンダァを行うことができます。攻撃対象はモンスターに限定されていないのでダイレクトが決まれば6300ですね。ランページを使えばバックを剥がしつつおろか効果でパーツや超電磁タートルを素早く揃え、安全にABCを出しキルにもつながると考えてこのカードを使うサイバー型にしました。


◆デッキの方向性
ランページを特殊召喚するには正規の素材を使った融合召喚か、融合召喚でない特殊召喚しかありません。前者はパワーボンドやオーバーロードフュージョン、後者はデビフラなんかですね。レベル5でありながら素材が限定されているため簡易融合で融合召喚使えないことには注意です。
デビフラは規制の可能性もあることと、効果を使うならランページよりもエクストリオの方が…という場面も多そうだったので正規融合、とりわけオーバーロードフュージョンを用いた融合召喚に特化する構築にすると決めました。パワーボンドは手札消費が激しく、サイバーパーツを多く採用する必要があることからもABCデッキにマッチするとは思いませんでした。


◆オーバーロードフュージョンとのシナジー
そもそもABCに入りうるカードでランページの素材となるモンスターは多いのかというと、多いというほどではないのが現状です。ただ、次の3点からオーバーロードフュージョンを組み込みやすいデッキなのは間違いないと思っています。
・プリズマーを採用しやすい
・サイバードラゴンノヴァ/インフィニティを出しやすい
・機械族で構成されたデッキ

それぞれの説明に入る前に大前提があります。このデッキは冒頭のレシピの通りトランスターンと銀河戦士を採用した型です。

○プリズマーは役割が多い
プリズマーはABCを見せることでそのパーツを落とすことができます。そのため、単体で引いたときにも一定の仕事ができる腐りずらいモンスターといえます。ガジェを多く採用した型でないことから召喚権には余裕があり、序盤から出しやすいモンスターです。加えて、キメラテックフォートレスなどを見せることでサイバードラゴンになることができます。ミラーでもマストカウンターの対象になれるなど有用ですね。
サイバー型ではこのサイバードラゴンになる効果こそが重要で、プリズマー1枚から場と墓地にサイバードラゴンを用意することができます。ランページドラゴンの融合素材は「サイバードラゴン名称を持つモンスター×2」なので、プリズマー+オーバーロードフュージョンがあればランページドラゴンを立てることができるという強みがあることも採用の理由になっています。

○サイバードラゴンノヴァ/インフィニティを出しやすい
ノヴァインフィニティといえば、先史遺産やプトレマイオスが跳梁跋扈していた古の昔はよく見るカードだったと思います。最近はめっきりみませんがトランスターンや銀河戦士を採用した型のABCデッキであれば、間違いなく入ってくるカードではないかと思います(詳しい出し方等は後述)。
で、なぜノヴァとイニフィニティの採用がオーバーロードフュージョンと相性がよいかですね。多くの人は「ノヴァ」「インフィニティ」というようにあまり気にしたことはないかもしれませんが、この2枚つまり「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」と「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は「サイバー・ドラゴン名称」モンスターなんですね。つまり、ノヴァ+インフィニティを素材にオーバーロードフュージョンを発動すればランページドラゴンを融合召喚することができるんです。2度おいしいですね。
加えて、サイバードラゴンを採用する関係でサイバードラゴン+銀河戦士や、今回のレシピでは採用していませんが簡易融合(パンツァードラゴン)やサイバードラゴンドライでもノヴァインフィニティにアクセスできることは覚えておいてもよいと思います。

○機械族で構成されたデッキ
オーバーロードフュージョンの代名詞たるモンスター、キメラテックオーバードラゴンの存在ですね。プリズマーとエクストラデッキのスペースの兼ね合いからキメラテックオーバードラゴンを採用しています。実際、フリーをしている中でトップオーバーロードからのキメラテックオーバーで逆転みたいな場面もあり、オーバーロードフュージョンの役割を広げることができることからもオーバーロードは採用しやすいデッキではないかと考えました。


こういった理由からオーバーロードを使ったサイバーを軸としたデッキにすることを決めました。

◆採用理由@メイン
○銀河戦士
トランスターンをうまく使うためのカードです。手札を切れるのも墓地にパーツをそろえたいABCと相性が良いです。サイバードラゴンノヴァかプレアデスをつくるカードです。

○サイドラ
プリズマーで落とすためのカードです。2枚+オバロを引いたときに特殊→アドバンスでランページ出せますが、勝ち確の場以外ではあまりすることはないかもです。ミラーでは引けるととても強いです(サイドラ+ズマーのように2枚ないとABC突破できない)

○プリズマー
前述のとおりです。

○パーツ×2
3枚でもよいと思うのですが、ガジェをたくさん採用しているわけではないのでダブった時に動けないことが多く減らしています。じゃぁ1でいいのでは?という意見もあるかもですが、格納庫がある状態で分離した場合、ここでパーツを拾えるかどうかは結構大きな差になるので各2枚の採用としています。強欲で貪欲な壺を採用する場合は各3ないと不安ですね。

○超電磁亀
初手にズマーオバロでランページをした際、亀でランページを守れると次ターンに再度ランページを起動してABCがそろうということで入れています。クロスでサーチして即銀河戦士のコストにしやすいことも一つのメリットです。ただ亀だけでランページを守れることは少ないので、罠を増やすことも考えています。光機械なのでトランスターンで銀河戦士などになれます。

○G
サイバードラゴンを使う関係でもともと後攻を意識していました。その中でメインで採用しやすい手札誘発として白羽の矢がたったのがGです。ただ、先攻を取るようにシフトしてきています。Gでたくさんドローできれば(シンクロダークは無理ですが)銀河戦士を絡めて墓地にパーツをそろえることはもちろん、インフィニティの擁立にも近づきます。普通に止まったとしてもランページやABCが生き残れば儲けものですし、格納庫+Gだけで相手のG見てストップにリスクが生まれる(後述)ので、手札誘発で一番採用したいカードだと思います。

○ガジェトンスラ
調整中の枠ですが、ハンドにパーツばかりがあってどうしようもないときが、ないわけではなく事故を緩和するためのカードです。

○格納庫テラフォ
格納庫を引くだけで勝率はグンと上がります。チキンレースは単独で引いたときに割るギミックはないので最終的に不採用となりました。エンシェントフェアリードラゴンを出すギミックがあればチキンレースは使いたいカードです。

○オーバーロードフュージョン
このデッキのコンセプトでもあるカード。序盤、中盤、終盤いつでも打てる場面はあることと、引いたときに強く使える場面が多いので3枚です。

○増援
プリズマーとトンスラを使い分けてツクヨミやオバロ、パーツなど必要に応じて使い分けできます。通告使う関係と、召喚権カツカツでないことからアライブではなく増援にしました。

○サイク羽
ABC出たタイミングで脱出〜自分ターンだから分離できずサヨナラ〜とかしょぼ過ぎるので増やしてもいいかもです。ツイツイはハンド(ABCコスト)との兼ね合いで迷うところです。

○通告
あんまりないですが、さくらを止めることができます。ほかいろいろなカードに対して使えるので採用しています。アライブもないしでライフは気になりません。


◆採用理由@エクストラ
○ABC3
3枚使い切ることは多くはないですがそれなりにあります。
基本的に相手ターンに分離するので成立後は3ターン以内に倒し切りたい感じです。ウルトラマンみたいですね。

○フォートレス
サイバードラゴンを採用していることと、今後ミラーが増えることを想定して採用しています。

○ランページ
前述のとおりですね。2枚採用したかったのですが現状スペースがなくて1枚。そんなにポンポン出るものでもないのでピンでもいい気がしています。

○キメラテックオーバー
本音を言うとオーバーよりランページやフォートレスの方がいいのでは!?と思っていたのですが、このデッキではキメラしかありえないと思っています。この枠をランページ2枚目にしてしまうと、早々にフォートレスを使った場合、プリズマーでサイバードラゴンになれなくなってしまいます。ではフォートレスにすると、3枚あるオバロに対して対象がランページ1枚となり終盤のトップオバロ(発動できず)が気になります。そのどちらもを解決することができるのがオーバーだけなので、サイバー融合枠3にする場合は必須レベルかと思います。

○インフィニティ/ノヴァ
後述のトランスターンを交えたインフィニティ確立などもあり、容易に場に立てることができます。

○プレアデス
ランク5が2体欲しいことと、汎用性が高い効果を持っていることから採用です。自分の格納庫を戻してサーチ効果を再度使ったりもできます。

○ツクヨミ
トンスラが入っているので一応。この構築だとそんなに出しませんが、欲しい場面はときどきあります。手札が1枚の時には手札を増やすこともできるのでABCとの相性もよい方です。

○クロス
パーツや亀を持ってくるときに使います。持ってきたカードをそのまま銀河戦士のコストにすることも多く、手札がないときにも手札を増やせる役割としても強いです。

○ナイアルラ/アザトート
メインフェイズで素材を2個外せて強い系のモンスターズです。1個ずつになるものの深淵でもいいような気はしていますが、ミラーでも(パーツの効果を潰せるので)強い2枚ですね。枠がないのでもしかしたら抜けるかもです。

○カステル
メインフェイズで素材を2個外せて強い系のモンスターズです。やっかいなカードをどけたりと活躍の場は多いです。

○サンダースパーク
メインフェイズで素材を3個外せて強い系のモンスターズです。分離後に即3パーツを墓地に送ることを考えて採用しましたが、ユニオン後にエクシーズすればいいやんけということに気付いたので抜けるかも…。

◆パターン化された動き(他にもあれば募集中※この構築に限らず)
○格納庫+トランスターン
1.格納庫発動Bサーチ
2.B召喚、格納庫効果でAユニオン
3.Bコストにトランスターン、銀河戦士特殊
4.銀河戦士の効果で銀河戦士サーチし、Bの効果でCをサーチ
5.Cを切って銀河戦士を特殊。
6.ランク5+ABCドラゴンバスター
基本的にはインフィニティ+ABCの布陣を創ります。


○格納庫
1.格納庫発動Aサーチ
2.A召喚Bユニオン
一見何でもない場ですが
・AB両方が残った場合
 1.Bを自身の効果で特殊
 2.Cをユニオン
 4.A+Bでエクシーズ(素材2外せるナイアルラ、カステル、ダイヤウルフなど)
 5.素材を外してエクシーズモンスターの効果
 6.ABC特殊
・Aのみ残った場合
 1.Bがはがれた時にCをサーチ
 2.C通常しBユニオン
 3.A+Cでエクシーズ(素材2外せるナイアルラ、カステル、ダイヤウルフなど)
 4.Bでパーツサーチ
 5.素材を外してエクシーズモンスターの効果
 6.ABC特殊
どちらの場合もランク4+ABCになります。僕の場合アザトートABCに行くことが多いですが、これ格納庫(+Aを守るor妨害の罠)しか使ってないんですよね。
なので、相手が格納庫Aサーチ召喚Bユニオン1伏せで終わってきたとしても、弱い展開と思わず場を開けに行くことも大事です。


○ズマーオーバーロード(前述のとおりです)
1.プリズマー召喚
2.コストでサイドラを落としてサイドラ名称になる
3.オーバーロードフュージョンでランページドラゴンになる。
4.ランページドラゴンの誘発効果で2枚まで魔法罠を破壊
5.ランページドラゴンの起動効果で超電磁タートル、パーツを送る。
写真で挙げた構築ではできないのですが、手札にオーバーロードフュージョンがもう一枚あって、かつランページ2枚、サイドラモンスター3枚採用の場合に限り、最初のランページでサイドラモンスター×2を落とすことで2枚目のオバロでランページ2枚目を出し、2枚落とす流れにすることができます。墓地に落とせる枚数に変わりがありませんが、2100で3×2で6回攻撃できることとサイバードラゴンノヴァをエクシーズできることが強みかと思います。

iriya624 at 21:36コメント(2)トラックバック(0) 

2016年01月20日

ダブルバックと彼岸

エクシーズダブルバックを彼岸で使ってみたいなぁ、という話です。

image


エクシーズダブルバックはそのターン破壊されたエクシーズモンスター1体と、その攻撃力以下のモンスター1体の2体を蘇生する速攻魔法で、蘇生したモンスターはエンドフェイズに自壊するデメリットを背負います。

このカードが登場した時には活かせるカードがダイヤウルフくらいしか存在せず、しかしダイヤウルフ蘇生したところでたいした活躍が出来ないことは明らかですよね。結果、ダブルバックが使われることはありませんでした。

しかし、この数年でエクシーズモンスターの質は激変しました。
まず、重ねるエクシーズの登場。
ダイヤウルフはエンドフェイズまでの短き命が約束されていましたが、エクシーズ素材にすれば別です。エクシーズ体をエクシーズ素材にすることで自壊デメリットを踏み倒すことができます。

さらに追い風となっていることは破壊された時にアドを得るエクシーズが登場したことです。いろいろあるかもですが、この場ではダンテのことです。
破壊された時に墓地の彼岸を回収し、エクシーズダブルバックで他の彼岸モンスターを連れて場に戻ってきます。
エンドフェイズに自壊した場合もダンテの回収と蘇生した彼岸モンスターの効果で2度美味しいですね。ちなみに蘇生できる彼岸モンスターにはグラバー、ファーファ、マリオン、2枚目のダンテなど強力なカードも豊富です。
相手ターンにダンテが破壊された場合に使うことはもちろん、自ターンでも強く使える場面があるのがダブルバックの良いところです。
激流とかブラホは分かりやすいのですが、ダンテを流した時に彼岸を回収。ダブルバックでダンテとダンテを蘇生。回収した彼岸コストにベアトや、ベアトにしないならダンテと彼岸を出してダンテ+3エクとかもいけますね。ダンテファーファを出してベアトにしつつ相手の場を開けるのも良さそうです。
ブレイクソード自壊をトリガーにすれば、ブレイクソードで自分と相手を破壊しつつ無理やりダンテを釣ってベアトに向かったりできます。ブレイクソードはアタックできるものの自壊するのでダイヤウルフと同じですが…。

また、ファントムナイツではブレイクソード自爆→蘇生効果にチェーンダブルバックすればブレイクソード+3体並んだりでなかなか面白い気がします。

はちゃめちゃに強いカードというより、使えない場面もあるのですがかなり面白いカードでは!?と思います。
僕の使ってる彼岸はガチャ彼岸なのでダブルバック入れ辛いのが悩み…

iriya624 at 18:46コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | ネタ

2015年12月26日

大会レポ 12/26

今制限最後の大会に出てきました。といってもDDなので今のデッキは来季も使える状態ですけど。

さっそくですが大会レポ
ガイドDD ○○
EMEm○○
コペルDD ○×○

1回戦は相手の引きがイマイチだったのと、誘発をしっかり引けたのがよかったです。

2回戦は1戦目ライフ200から盤面返してカリユガでペンデュラム止めて2ターンかけて8000まくった。
2戦目は虚無地獄門ダルクで4000くらい回復して地獄門割られる頃にはリソースたくさんで勝ち。

3回戦は2戦目先攻になってハンドが
ラグナロク、ラミア、地獄門、ガイド、脱出
ダルク脱出で返したらそのままワンキルされた…。
3戦目はハンド弱かったけどスワラルか地獄門引けば勝ちの場面まで粘ってきっちりスワラル引けて勝ち。


面白かったプレイは、ガイドマリオンでダンテ作ってダンテが死んでマリオン回収。次のターンマリオン特殊から入ってセカンド、ダークロウ立ててガイドってのがあった。
ガイドから入ってヴェーラーにチェーンセカンドだと1枚節約できるけどマサイ墓地に落とせないから召喚権使わずにダークロウで先行する動きはよかった。

使用デッキ
メイン
image


後攻を選択するため手札誘発を増やし、ツイツイも入れています。マスクチェンジセカンドも入ってるので手札コストは結構辛い時もあるので、無駄に展開しすぎないようにしたいです。

エクストラ
image


使ってみたいだけのカードも入ってますね…。エンジネルはサイフリの横に立てれたらな〜とか思いましたが入りませんでしたね。タイタニックギャラクシー届いたし作り直すならこんな感じ!

修正後のエクストラ
image


アレクサンダー抜けてますが、スワネクラミアでサイフリΩは作れます(召喚権必要
メテバはダンテを倒す際に横にいると強いので採用してます。手札のラグナロクを出せるのもいいですね。

スカライはネタでなくて、
ハンドに地獄門+スワネクラミアから2枚の時に
1.地獄門で不足パーツ回収
2.スワネクでダルク
3.ラミア通常でスカライ効果(相手の場が相手500与えるとします
4.ネクスワでテムジン
5.地獄門コストにラミア蘇生
6.テムジンでダルク蘇生
これでスカライ、ダルク、テムジン、ラミアとなりラミア以外で7800ダメージです。3の500あれば8300ですね。
相手の場がからだった場合、最後にテムジンラミアでメテバを作れば8300です。

最初地獄門使ってますが、スワネクラミア+ddか契約書でも一応できます。

もちろん
地獄門+スワラミラグナロクから2枚でも
1.地獄門で不足パーツ回収
2.スワラミでダルク。
3.地獄門コストにラミア
4.ダルクラミアでスカライ
5.スワラルでラグナロク
6.ラグナロクでダルク釣り

これでも3000+2800+2200で8000ですね。

ワンキルばっかり狙うわけじゃないですが、覚えておくとパーツが揃いそうな状況で不用意にダルクやらを使い切らずにワン切れたりするので、スカライ採用時は覚えておきましょう!

サイド
image


前回のをちょっとかえただけでかなり微妙ですね…参考にならないと思います。
ただ、今期最後ということでどうしても使ってみたかったオシャカードを入れてみました!
image


このカードがどれほど活躍したかといいますと…
一度も入れ替えませんでした!!

おわり。



iriya624 at 16:25コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | レポ

2015年12月14日

プレパのカードとDD

image


プレパのカードがほぼ判明しましたね。効果は確定ではないので現在の予測ではありますが、その中からDDに入るかもしれないカードをピックアップしてみます(入るとは言っていない…

・ムーンスター
場にラミアがいるときに特殊召喚でき、その時に場か墓地のモンスターと同じレベルになるノンチューナーモンスターです。効果を使ったターンシンクロ以外の特殊召喚が出来ない誓約があります。ムーンスターは闇属性シンクロの素材にしか出来ないことに注意です。
サイフリードを出したいところですが、サイフリードはノンチューナーにDDをしているためムーンスターを素材にすることは出来ません。
ではどういった場合に使えるかといえば、DDで特殊召喚出来ないレベル帯などが挙げられます。しかし、カード一覧見てたのですがどれもムーンスターを使って出せなかったり、出せるモンスターも是非だしたい感じではなかったです…。
唯一気になったのはベエルゼウスです。墓地にレベル8モンスターが存在する場合、手札にムーンスターとケプラーの2枚でベエルゼウスをシンクロ召喚できます。出したらなんだって感じではありますが、出せますなぁってところで…

・タイタニックギャラクシー
指定なしのランク8エクシーズということで、ラグナロクでラグナロクやアーマゲドンを釣れば簡単にエクシーズ召喚できます。
効果は3つあり、自身に攻撃対象を変更する効果、他のエクシーズが破壊されたときに攻撃力を上昇させる効果、フィールドで発動した魔法カードを無効にしてエクシーズ素材とする効果です。
一つ目は、ケプラーもちろん、サイフリードや姫宮、ダンテのような場に残ることでアドを得るカードを守ることが出来ます。
二つめはあんまり使わなさそうです。
三つ目は、裁定次第といったところでしょうか。
テキストはまずコペルニクスを見てみましょう。
image

画像は公式DBより。
コペルニクスの場合、このテキストで火炎地獄のような通常魔法を止めることができます。
image

ギャラクシーは、魔法カードの効果がフィールドで発動した〜というテキストが予想されていて、ちょっとコペルニクスとテキストが違うところが気になりますが、もしどんな魔法も一回止められるなら採用候補にあがりそうです。
もし場で発動している永続魔法しか止められないとすれば、ラスターやモンキーなんかへのメタに使うくらいでしょうか。ダイナスターでケアされないのもメリットかもしれません。

・輝望道
同レベルのモンスター3体を墓地から効果無効にしてホープをエクシーズ召喚できます。
たぶんレベルとランクは同じじゃないといけないと思いますので、DDにはあんまり合ってなさそうです。が、裁定が何かの間違いでレベルは無視できないにしても素材の誓約無視できたらホープゼアル(ランク1)出しやすそうだねということで書いてみました。
でもエクシーズの指定が有効なら3体でエクシーズするホープしか出せないし、あんまりいないので希望持たないけど奇跡に期待。

・王魂調和
相手のダイレクトを無効にして墓地シンクロするカードですね。解読によると輝望道の「エクシーズ召喚する」というテキストと違い「シンクロ召喚扱いで特殊召喚する」というテキストらしく、実際に違うとすればシンクロの縛りにどこまでかかるのかとか気になります。今回は、縛り全て有効の前提で考えています。
ここに挙げたもののサイフリード絶対立てるデッキでもなければ墓地リソースを大切にするDDでは使われなさそうです。
このカードの面白いところは、ノンチューナーモンスターを複数枚除外できるところですね。たぶんフォーミュラ、ガイド、スカラマリオンでカオスゴッデスを出したりできるんじゃないでしょうか。

裁定次第で化けるカードが多い印象ですので、当日に期待です。

iriya624 at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | DD

2015年12月12日

DD組んでみました。

ストラク発売しましたね。ということで早速DD組んでみました。

オーソドックスな融合軸で、もっと特化したり幅を広げたりいろいろ構築の方向性を決めて作っていきたいです。新制限出るまではこれで新カードの特徴掴んでおきたいですね。

メイン
image


エクストラ
image


※画像サイズが多分大きいです…(スマホアプリから投稿した時の修正方法わからない

基本的な構築は以前から変わってないですが、新しく採用したカードについて書いてみます。

ラミア
ストラクの目玉カードですね。採用している全てのシンクロに繋げることができます。
墓地からの蘇生効果も優秀で、勿体無いですが地獄門や、手札のネクロをコストにしたりしてシンクロに繋ぎやすいです。DDカードですので、テムジンのトリガーとしても非常に優秀で星1を蘇生してフォーミュラ経由サイフリや、スワラルを蘇生すればトリシューラにつながりますね。
ケプラーと合わせて姫宮のようなランク1を作ることもできますし、何気に守備が19もあるのでマジェスペクターとかには運が良ければ1ターンくらい壁になるかもしれません。

ニュートン
二枚採用しているのは巣引きしたいけど、初手にはあんまり欲しくないというところです。利点は3つあって
・墓地にDDがあるときジョーカー
スワラルを拾う場合以外にも、ラグナロクを拾ったり、ラミアに変えてシンクロやらケプラーになったりといろいろ使える場面が多いです。が、この使い方をするために入れてるわけではないので副次的な感じですね。

・地獄門拾える
これはかなり大きな利点で、地獄門拾えるカードってテムジンくらいでした。しかし、ニュートンが出たことで破壊された地獄門、ダンテで落ちた地獄門を拾うことができます。
また、ラミアの登場で地獄門を墓地に送るシーンが増えました。とは言っても、毎ターンアドを生み出す地獄門をコストにすることはダブってでもない限り大きなリスクになり、勝負を決める場面でもなければ実行せずぼちぼちの場で返すことも考えられます。しかし、ニュートンを握ってればラミアで地獄門をコストにしてもすぐに拾えるので躊躇いなく場を固めに行けます。
その時ニュートンも地獄門も持ってなかったとしても、デッキには地獄門×2、ニュートン×2で4枚の地獄門がデッキに眠っているとも言えるのでリスクを少しでも低下させることができます。

・レベル7
サイフリードを作りやすいってとこですね。スワラルラミアでテムジン作って、ニュートンコストにラミア、テムジンでニュートン釣ってサイフリみたいな。ペンデュラムモンスターなのでイグニスターになれるところは覚えておいて良さそうです。サイドにマスター、イグニスターとか入れとけばえむえむとかにワンチャン生まれるかも?

虚無
サイフリードで魔法罠を一度止めれるので、ツイツイで即破壊みたいなことが少なくなって虚無に限らず永続を強く使いやすいですね。ケプラーラグナロクとかもペンデュラムで普段は困る墓地に行かないところが相性良かったりですね。

御前ブレイクソード
割拠じゃない理由ですね。融合モンスターとか属性バラバラなので割拠の方がいい場面もあるのですが、ガイドからブレイク経由で解除出来るところとか推してます。

ベオウルフ
最初入れてなかったのですが、サイドに芳香入れると強いかなーということで入れてます。打点も高く、並べやすいDDと貫通効果も相性良くていいのではないでしょうか。まだ悩んでる枠でもあります。

Ω
サイフリードとともに立てる8シンクロ。クリスタルウイングとか来たら変えるかも?プレイに慣れてきてラミアが除外されまくること減ってきた気がするのでデッキ作り始めた頃より優先度は、下がったかも?死ににくいレベル8ってのもいいですね。あとスワネクラミアで速攻2枚使ったテムジンをエクストラに戻せるのも最近気づいた評価ポイントです。

アレクテムジン2枚目
スワラルラミアネクロ(+ケプラー)のルートで使いますね。
詳細はむかしツイッターで書いたので#ディバインメモのタグで調べてみてください()。

疲れたのでこの辺で!




iriya624 at 22:28コメント(0)トラックバック(0) 
DD | デッキ

2015年11月07日

EM宝玉獣

久しぶりに宝玉獣組み直したのであげてみます。

今までは魔術師と組み合わせていましたが、今回はEMを採用しています。そもそも魔術師を採用していた理由は、上下スケールを1枚引くだけで揃えられるPコールに魅力を感じていたからでした。しかし慧眼が制限となり魔術師パーツのパワーが落ちたことと、モンキーボードならサーチできる上手札コスト無しに上下スケールを揃えられることから乗り換えることになりました。

メインデッキ
image

EMを採用したことで、初動が大きく広がりました。例えばこんな手札から…image

こんな場を作ることもできます。
image


先の動きには絡んでいませんが、集結は自身のモンキーを戻したり、相手のエクシーズを戻したりとどんな環境でも攻守に渡り活躍する性能を持っています。表向いていれば、ツイツイにチェーンして効果を使える数少ない永続罠でもありこの構築でも3枚採用しています。

いままでと変わったこととしては、ルビーを3枚に戻しました。これは序盤からどんどんルビーを出していくことか増えたためです。合わせて導きを増やすことも考えていますがそこまで調整できていませんです。

通告は非常に強い罠ですよね。このデッキではルビーへのヴェーラーや、導きへのGが致命的で、それを避けるためにも使います。

エクストラデッキ
image

ヒアデストレミス、ベアトリーチェのところは変わる可能性が高いです。

ヒアデストレミスの代わりに、ダンテガガガザムライを検討してるのですが、ベアトリーチェの代わりにトレミス出す場合もあるもと思いヒアデストレミスにしてます。ダンテガガガザムライにすれば、後述の場でキルパターンが増えるのですが頻発しないかなぁと思い採用見送りました。もっと回さないと分かんないですが…。ブレイクソードが出たら変わると思います。

よくあるキルパターン

前:ペガサス
後:ペガサス集結
このときペガサス破壊時に集結でルビーを特殊すると

前:ペガサスペガサスルビー
後:集結ペガサスルビー
集結でルビーと相手のモンスター戻してペンデュラムルビー

前:ルビールビーペガサスペガサスペガサス
後:タイガー

という風になります。

トレミスペガサスペガサスペガサスで81なのですが、ペガサスが1枚タイガーになってしまう場合はキルできないんですね。
ダンテザムライであれば、ダンテペガサスザムライとなり81でキル出来ます。

久しぶりに宝玉獣使うと面白いですね。


iriya624 at 22:24コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯 | デッキ
Profile/Tweets
Recent Comments
Monthly Division Archive
Categorised Archive