彼は1981年にSKYという男性デュオで、アリスの堀内孝雄作曲による化粧品のCFソング「君にクラクラ」をスマッシュ・ヒットさせている。
 ただ、それが彼本人の望む方向とは違ったのか、後にソロに転身した際にはより男っぽい路線を歩むことになる。Istソロ「Mr.ナーバス」はサウンド的にはシティポップ的なものとクロス・オーバーする雰囲気も強いものだったが、この2ndでは同時期に活躍していた尾崎豊や小山卓治の対抗馬とも言うべきストリート・ロック・スタイルになっている。
 編曲は佐藤準。ドラムスは、渡喜敷裕一、山木秀夫、青山純、ベースは岡沢章、高水健司、、ギター北島健二、松原正樹とか、これはもう錚々たるメンバーが集まっている。ただ、今になって聴き直してそれが良かったか?というと疑問が残ってしまう。プロの隙のない演奏と、80年代半ばというこの時代特有のクリアなサウンドが作品からストリート・ロック特有のラフな肌触りを奪ってしまっている。
 思うにストリート・ロックとは本来、長くライヴで磨いてきたものを作品に反映させるというスタイルが一番合っているのだろう。スプリングスティーンが「ザ・リバー」で意図したようなガレージ・バンドっぽい、ラフで仲間(ダチ)感が出てるサウンドがきっとちょうどいい。

 とは言え「10カウント・ゴングは鳴らすな」という曲では、普通のライヴ・バンドじゃちょっと太刀打ちできないような演奏力がかえって聴き所になっている。

 スプリングスティーンの「ハングリーハート」というよりは、尾崎「坂の下に見えたあの街へ」を思い出させる「BAD SHAKIN' LOVE」、これまた尾崎「シェリー」を意識したかのような「ジニー」など、本人の意図じゃなくレーベルの意図かもしれないが、当時既に人気の高かった尾崎のファン層へもアピールする狙いは十分あったようにも思う。

 歌詞は、日本ストリート・ロックの裏番長、高橋研が前作で3曲書いていたのに続いて今作で1曲書いていてそれ以外は自作によるものだ。(作曲は全て本人)

 ストリート・ロックの作品の寿命を決めるのは、もちろんサウンドは大きいが、歌詞もあらためて重要だ。歌謡曲的な常套句やイージーな英語を、大衆にアピールしようという意図だけで使ってしまうと、風化させられる作用が強くなってしまうのだとつくづく思った。その点、佐野、浜田、尾崎、小山といった人たちはいかにその辺に細かく神経をくばる卓越した言葉の遣い手だった、自分なりの語法に一貫してこだわり続けたんだなあ、とあらためて思う。

 結果として、80年代的なクリアでまとまりのいいサウンドと、大衆に寄り添い過ぎた言葉遣いがロック・シーンを席巻してゆき、それが「ストリート・ロック」を風化させる要因だったのだと、皮肉にも気づかせてしまう作品でもある。

 実際、この時代以降(80年代中頃〜90年代)に作られた作品を聴いて気恥ずかしくなることがよくあるが、ただ、このアルバムを聴いてそういう気持ちにはならない。それは、アルバム全体通してぶれることなくしっかりと伝わってくる彼の切実で真摯な姿勢が伝わってくるからだ。安易な言い方だし音楽的ではないかもしれないが、それは”気合い”のようなものだ。ストリート・ロックでは”気合い”は重要だ。

 ちなみに、この印象的で長いアルバム・タイトルは収録曲とはリンクしていない。なぜか、その後リリースするアルバムの先行シングルでもあったタイトル曲の「星が降る前に」という曲の冒頭に出てくる。
 

P008711