なんjストリーム

野球&色々雑多にまとめ(ちょっとだけDe贔屓) 相互リンク、相互RSS登録募集してます。

    読売ジャイアンツ

    no title

    1: 風吹けば名無し 2017/04/24(月) 16:44:38.21 ID:K9ISMy0z0
    現役時代は主に「代走屋」として通算228盗塁をマーク
    巨人で走塁のスペシャリストとして活躍し、昨年限りで現役を引退した鈴木尚広氏がオフィシャルサイトを開設。
    5月14日に「鈴木尚広オフィシャルサイトオープン記念交流会」を開催することが分かった。


    鈴木氏を囲んでの立食形式のパーティで、トークショー、質疑応答、歓談、交流、景品抽選などを予定。
    オフィシャルサイト上で5月10日まで参加者を募集するという。

    鈴木氏は1996年のドラフト4位で相馬高(福島)から巨人に入団。2008年は105試合出場で打率.304、30盗塁、2009年には自己最多122試合出場で打率.262、25盗塁をマークした。
    キャリアを通じて、高い盗塁技術を生かして勝負どころでの「代走屋」として活躍。通算228盗塁で、成功率は82.9%を誇った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010022-fullcount-base


    【元代走の切り札鈴木尚広さん、鈴木尚広オフィシャルサイトオープン記念交流会を開催してしまう】の続きを読む

    Giants_tanioka40

    1: 風吹けば名無し 2017/04/17(月) 20:08:04.66 ID:2K+szilY0
    巨人のドラフト3位・谷岡竜平(たっぺい)投手(20)=東芝=が7日、
    “エコ投手”に名乗りをあげた。
    この日、川崎市内で山下スカウト部長らの指名あいさつを受けた右腕は、
    先発試合が平均2時間20分ほどとハイテンポ。
    「要所で三振を取れる球はあるので、ピンチも抑えられる。四球は少ない方だし、
    試合は作れると思います」。

    原点は成立学園高時代にある。練習試合などは1日に数試合が組まれていたため、
    マウンドでは常に「早く終わらせないと夜遅くなっちゃうな」と気配り。
    ストライク先行に加え、決め球のフォークやスライダーを磨いたことで、
    打者は早いカウントから仕掛けてくるようになった。
    12年夏の甲子園、1回戦の東海大甲府(山梨)戦は、
    0―3で敗れたものの92球で完投。
    1947年決勝の小倉中・岐阜商戦(1時間12分)に迫る、1時間16分での決着だった。
    http://www.hochi.co.jp/giants/20161107-OHT1T50301.html





    【巨人ルーキー谷岡、自他共に認める"せっかち男"だった】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2017/04/13(木) 15:48:22.37 ID:dOByp1km0
    【二軍】試合前練習では、#クルーズ “先生”による、「内野守備教室」が開かれていました。生徒は #柿澤貴裕 選手。英語でのアドバイスですが「単語が分かるので、内容も分かりました」とのこと。
    #巨人 #ジャイアンツ






    【【朗報】巨人クルーズ、ぐう聖外人だった】の続きを読む

    c49a406e

    1: 風吹けば名無し 2017/04/04(火) 12:25:14.39 ID:LjL3ioaa00404
    巨人は88年の東京ドーム開場以来、昨季までの計29シーズン、本拠地で負け越したことは92、97年の2度しかない。昨季は38勝27敗1分けで貯金11。
    むしろこれは少ない方で、最近では47勝11敗6分けで36もの貯金を荒稼ぎした12年がある。さらに今季、他球団が新たに悩まされそうな「問題」が開幕3試合で浮上した。中日のある選手がこう言った。

    「負けたから言うわけではないけど、ビジターチームが使うブルペンがおかしいんですよ。マウンドからホームベースまでが真っすぐじゃないと、みんな言っています。昨年までも多少はあったけど、気になるほどではなかった。それが今年は明らかな違和感を感じる。
    この前までやっていたWBCの2次ラウンドまで使われていた会場だから、日本の対戦相手を惑わせるためにそうしたんですかね。いずれにしろ、曲がっているところで練習してからマウンドへ行けば、ストライクが入らなくなったり、感覚が狂ってしまいます」







    【巨人さん東京ドームの相手チームブルペンに細工をする】の続きを読む

    このページのトップヘ