弾き語りワークショップ「宴奏会」BLOG~弾き語れば人生は倍楽しい~

※大船渡来渡ハウス「宴奏会」は来渡ハウス閉館の為終了しました。 参加者の皆さん、本当にありがとうございました! 引き続き東京を中心として開催されるワークショップ記事を更新して行きます!! http://ironbluesky.jimdo.com (主催・丈-take-HP)

♪演奏会ON LINE「基礎の基礎・総まとめ編」①ストロークあれこれ

http://youtu.be/V4VBbDwzbPA


 

♪ 宴奏会ON LINE番外編Ⅴ「記録を残す方法(ボイスレコーダー)」

宮城でON LINE講座をいつも見てくれている、ギター弾き語りのSAKUYAさん。


いつもメールや丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。


スタッフ一同、感謝しています。僕等も勧めていく中で全てが未知なものなので、とても力になります。


メールやコメントでいただいていた、浮かんだメロディーやフレーズ等を 記録する方法、そしてボイスレコーダーに関しての質問を貰いました。ここでも自分の知識の中でお答えします。少しでも参考になればと思います。


ボイスレコーダーを、実は僕も最近入手したばかりなんです。

それまではカセットテープの超アナログの物を10年近く使っていました。何て物持ちがいいんでしょう(笑)

でも最近、テープスピードがおかしく、急に止まったり変な音がしたりで、完全に寿命を迎えました。

そこで色々と調べ試してみて、購入したこの機種がお進めです!

http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICD-AX412F/

NCM_0282



ICD-AX412F


もっとコンパクトでスタイリッシュなものは数あれど、使いやすさ(操作がわかりやすい)、機能の充実さ、そして、この機能が付いたクラスにしては、値段がずば抜けて安い(これが何より)。店によっては9千円、8千円を切る所もあります。更に僕が購入したピンク色は売れ行きが悪いのか、限定でさらに安くなっています(7千円で購入)

ミュージックプレイヤーとして使っても、音質悪くないです。

浮かんだメロディーを即座に録音して保存して置く。容量を増やしたければメモリーカードを入れる。録音用高音質マイク、キャリングケースも付いていて、初心者や面倒な機能が不要な用途がはっきりしている人にはお進めです。


まるでSONY社のサクラのようにベタ褒めですが(笑)

さすがSONY・・・

使いやすく、シンプル&ビューティフル!!




SAKUYAさんの作ったメロディ等、聴かせて欲しいですね。


何か出来ることあれば、何でも教えて下さい。


マイペースで行きましょう。



丈-take-

 

♪ 宴奏会・番外編Ⅳ「難敵!小指の運指訓練法」

 こんばんわ! 丈-take-です。

昨年は、たくさんの人がこのON LINEギター弾き語り講座を見てくれたようで、賛否両論、色んな意見をいただきました。

本当にありがとうございました!

参加者の皆さんも、練習不足になってしまう現実を抱えながらも、毎回熱意を持って臨んでくれるので、主催としては本当に嬉しい限りです。

僕が求めるものは自分がそうであったように、超初心者の人が、基本を抑えたシンプルなストロークで 「弾き語りを奏で楽しむ」と言う目的が大前提の講座なんです。難しいテクニックは、基本形がしっかり出来てから自分の意志で追いかけて行くものだと僕は考えます。

ご存知の通り沢山の教則本や講座が様々な場所で行われており、実際に理論や譜面で少し難しい課題が出てくるとそこから先に進むことが面倒になる。講座を受けるにはお金もかなりかかるものもあるし、果たして続けられるのか、そして上達できるのか・・・そんな不安がよぎるのも事実のようです。

そこで限りなくハードルを下げ、「楽しみながらも短調できつい基礎をアプローチし続けること」そこに集中してきました。試行錯誤の連続ですが、そうありたいと、思い続けています。配信講座の順番が前後したり、番外編がやたらに登場しますが、都度、「ここが大事!」と言う部分に向かってしまうので、無駄なことは事は決してありません。


そんなわけで、どうぞ今年も宜しくお願い致します!

今年は春に、一期参加者の皆さんの成果を公開するべく、来渡ハウスでのライブイベントを予定しています。

いざ、2014年!!



前置きが長くなりましたが、ようやく番外編Ⅳ・本題に入ります。

参加者の皆さんから「小指が言うことを聞いてくれない」 「コードを押さえるときに小指がついて来ない」

諸々・・・ よく耳にします。

そこで、「小指の運指(勿論中指、薬指も同様に)」訓練映像をお届けします。

僕も当初は、小指や薬指、そして中指と、全く動きませんでした。おかげでコード移動が全然上手くいかないんですよね・・・ そこで自分なりに色んな参考書や自己練で開発した訓練法が、この映像です。もう10年近く毎日やっていますが、僕の場合、ようやく言うことを聞き始めた・・・そんな感じです。

始めはこの訓練、最悪です(笑)

全然指が一本ずつ動いてくれません!

手が何度も攣ります!

時には痙攣します(笑)

きついです・・・

でも、大したことありません(どっちなんだ!!)


筋トレとかと一緒で、最初は厳しいけれど、ある程度時間が経つとその「キツさ」が「気持ちよさ」に変わってくるんですよね・・・ 是非そのラインまで到達してください。

ギター練習は、人生と同じです(笑)


これだけは続けて欲しい3つの「楽しみながら訓練」は、これです! 一日10分でもいいから、できれば、ず~と日課にして欲しいです。



☛1: 手をぶらぶらリラックスさせながらの大胆・開放弦ストローク

☛2:「パン!パン!&フンガ~ フンガ~」の発声練習

☛3:小指運指特練






最初はゆっくりでいいので、是非トライしてみてください。

きっとこれを一分でも続けることで、コード押さえ、移動が見違える程楽になります。

「ギターはやめたほうがいいよ、君は」

当時そう言われた僕がクリア出来たんだから、あなたは必ずや出来るはずです!!

それでは、映像をどうぞ。





分かりにくい部分は、何でも聞いて下さいね!


では!!



丈-take-





 

♪宴奏会ON LINE 番外編 Ⅲ「WSを振り返ってみて」

現地宴奏会参加の皆さん、ON LINE講座参加の皆さん、お疲れ様です。


こんにちわ、丈-take-です。


前回12月23日に行った際、感じた事を幾つか話したいと思います。

ON LINEの方にも、日々の練習の参考にして貰えれば幸いです。

IMGP2433


まず、現地で思うことは、参加者の皆が、僕が考えている以上に「真剣に楽しむ」事を実践してくれている・・・

これはとても大きなことです。発声練の時なんて、本当になりきってやってくれています。

これは上達しないわけがないと。

5分でも10分でも少しづつでいいので、毎日何処かで隙間時間を見つけて、取り組んで欲しいです。

それでは、現時点での僕の意見です。



☛ 歌うことに急がない・・・WSを開始してから、かなり時間が経過しました。弾き語りをある程度の完成系に近づける為に焦って、歌い急がないことです。皆さんも感じていると思いますが、時間はどうしても必要です。2、3ヶ月~半年ある程度の練習で結果は出ません。コツコツ基礎練を重ねることを忘れないで下さい。それをこなした上で、本題の弾き語りとセットにして自分なりのメニューを組んで練習するのが遠いようで、一番の近道です。


☛ アクセントを忘れない・・・弾き語るとき、歌だけの時、ギターストロークだけの時。どんな時も、ステップを踏むことを絶対に忘れないで下さい。メトロノームも、養成ギプスの様に邪魔に感じる事もありますが、使ったほうが後々絶対に役に立ちます。「あの時やっておいて良かった」って・・・ギターにしろ歌にしろ、音を(メロディーを)出すことばかりに気を取られて、リズムがバラバラになっていることが皆さん多くあります。これは、頑張って克服しましょう!!


WS1223



発表会ライブは春頃、4月か5月頃になるのかな?

マイペースで継続しましょう!! 

大切なのは「リズム&思い切りの良さ」です。







♪ 唐突ですが、ON LINEで参加してくれている、宮城のSAKUYAさん。


こんにちわ、元気ですか?


何かON LINE講座に関して、意見があればいつでも聞かせてください。


参考にしながら進めていきます。


以前にSAKUYAさんから、「曲はどんなふうに作るんですか?」と質問メールを貰い僕も簡単に返答したのですが、アシスタントの束さんも含め、再解答します。何か参考になれば嬉しいです。では、束さんどうぞ!



☛束(taba)アシスタントより

「 歌詞先行、曲先行で作ることはほとんどなくて、歌詞も曲も同時にできます。

また、ギターを持っていない時にできます。

車の運転中とかお風呂とか。基本頭の中が自由になる、好きな場所&時間です。

即、ボイスレコーダーに録音して、後からギターコードに乗せます。

歌詞は後から『辻褄が合うように』とか、『ストーリー性を持たせて』とか、いろいろ変えます。

Aメロ、Bメロ、サビ等ひと通り浮かんだら、ノートとにらめっこして、歌詞を全部書き上げます。

こんな感じです。SAKUYAさんもオリジナルが出来たら、来渡ハウスで是非歌ってください。」



☛丈-take- より

「僕の場合はデタラメな歌詞で、メロディーが生まれてくるんです。デタラメ歌詞の乗ったメロディー

を何度も歌ってみる。そして、そこから、Aメロだったり、サビだったりと歌い繋げていく。

そして、コードを載せるのはある程度、作りたい曲の曲調が見えてからですね。映画のひとコマひとコマを貼り合わせていくような感覚です。世界観とメロディーが出来上がった所で、歌詞を乗せていきます。同時進行で進んでいく場合もあります。

全ては「感覚」から始まるようです。 来渡ハウス、是非歌いに来てください!!」
 




♪次回は2月の訪問になります。

フォローアップで束さん、宜しくお願いします!!


丈-take-



 






 
ギャラリー
  • ♪ 宴奏会ON LINE番外編Ⅴ「記録を残す方法(ボイスレコーダー)」
  • ♪ 宴奏会ON LINE番外編Ⅴ「記録を残す方法(ボイスレコーダー)」
  • ♪宴奏会ON LINE 番外編 Ⅲ「WSを振り返ってみて」
  • ♪宴奏会ON LINE 番外編 Ⅲ「WSを振り返ってみて」
  • ♪宴奏会ON LINE, Lesson.3「主要コードを覚えよう!」
  • ♪宴奏会ON LINE, Lesson.3「主要コードを覚えよう!」
  • ♪宴奏会ON LINE, Lesson.3「主要コードを覚えよう!」
  • ♪宴奏会ON LINE, Lesson.3「主要コードを覚えよう!」
  • ♪宴奏会ON LINE, Lesson.3「主要コードを覚えよう!」
カテゴリー
  • ライブドアブログ