May 25, 2017

残りわずか。完売必至

在庫僅少!

ゴールドジム無料体験チケット付きの
「アイアンマン5月号」についてのお知らせです。

muryo

●IM1706h1

大好評の「アイアンマン2017年5月号」は
Amazonで完売しています。

編集部とフジサンマガジンサービスにはまだ少しですが、
在庫ありますので、ご要望の方は下記までご連絡ください!


■IRONMAN編集部への注文はお電話で承ります。
TEL:03-5653-1320

付録のゴールドジム無料体験チケットの有効期限は6月30日まで!
お急ぎください〜


ironmanjapan at 16:08|PermalinkComments(0)

May 23, 2017

中高年あるある

中高年のための

フィットネスQ&A vol.01

06s


今や世界的に人々の寿命は延び、40歳という年齢が人生のひとつの大きな節目になる。
とはいえ、その程度の年齢でさまざまなことから引退したり、静かに余生を過ごそうなどという人はほとんどいないはずだ。
しかし、若い頃に比べれば確実に肉体は衰えている。ならば、40歳を超えてもしっかり社会で活躍し、挑戦を続けるためにも健康や身体能力の向上&維持は必要である。今回は専門家たちに私たちのさまざまな疑問に答えてもらうことにした。

■高重量での5×5法、中高年がやっても大丈夫?

Q:ウエイトトレーニングの伝統的なやり方で「5×5法」があると聞きました。選択した種目に、高重量を使って5セット×5レップスを行うという内容です。筋力向上やスランプからの脱出に効果的なやり方だそうですが、このようなプログラムは中高年でも大丈夫ですか?

A:5×5法は筋力向上に効果がある。しかし、筋肥大も目指しているのであれば、それほど大きな期待することはできないだろう。
 今回の質問は、中高年にとっての5×5法についての有用性についてだが、38歳以上を対象にするなら、腱や靱帯に負担をかけるタイプのやり方はあまりお勧めしない。
 中高年になると、関節と骨の間にある滑液包の弾力性が衰えたり、滑液そのものが減少傾向にある。したがって、高重量を使ったやり方は、関節を痛める危険性がとても大きくなるのだ。
20歳代の頃とは体の中は大きく変わっている。中高年のトレーニーはこのことを客観的に理解しておくことが大切だ。
 中高年に最適なのはハイレップスでのトレーニングだ。もちろん、若い頃からトレーニング歴があり、高重量を使うこともたびたびあったという人であれば、一般的な中高年ほどは体が衰えていないはずなので、慎重に様子を見ながら5×5法に挑戦してみてもいいかもしれない。ただし、若い頃とは明らかに体が変化していることを十分に理解し、細心の注意を払って行おう。
(この他Q&Aはアイアンマン6月号で)

ネット購入はAmazonが便利です
IM1706H1m

IRONMAN公式ホームページ

電子書籍も購入できます。
フジサンマガジンサービス 
超お得な定期購読キャンペーンは5月末まで!

sarakuwa_001_201704

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆アイアンマン編集部・ライター募集中!
トレーニング好きで(編集経験があれば尚可)探究心のあるライターを募集中!
興味のある方は下記メールまでご連絡ください。
info@ironman-japan.com(IRONMAN編集部)
メールタイトルに「ライター応募」とご記入ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ironmanjapan at 20:34|PermalinkComments(0)

May 22, 2017

アジア選手権

アジアボディビル/フィットネス選手権の結果がJBBFの公式サイトに掲載されています。

こちら

ironmanjapan at 19:43|PermalinkComments(0)

May 20, 2017

世界最強!ロシア流腹筋トレーニングを体験せよ!

春のブックレビュー
アイアンマン・ベストセラー増刊


0001 (1)

「ウエイトトレーニー諸君!!
私はこの度、さまざまな敵に抵抗するための
防弾腹筋を完成させた。次は諸君らの番だ。
作り方が分からない? それなら教えよう。
別に欲しいとも思わない? 
それなら欲しいと思わせてやる!」

01
(著者:パベル・サッソーリン)

とてもトレーニング本とは思えない挑戦的な書き出しから始まる『防弾腹筋』。いかに強く、機能的な腹筋を作り上げるかに特化して書かれた本であり、初版から12年たった今でも、マニアックな読者に支持されている。
「防弾腹筋」は、よくあるハウツー本のように、いろいろな種目を単にずらりと並べたような本ではない。前半は、シットアップやクランチといった基本種目を中心に、いかに効率よく刺激するかについて、解剖学や運動学に基づいた方法と、バリエーションを丁寧に掲載している。
 筋肉の機能分析で世界的に有名なヤンダ博士(そもそも誰なんだという疑問はこの際考えない)による、腰の筋肉を腹筋運動に関与させない方法も興味深い。シットアップ1種目だけで12ページも使って説明している本は、世界中で本書だけである。(と今決めた)
46

02
 腹筋マニアにとっては挨拶代わりの種目、ドラゴンフラッグやローラー腹筋についても、レベルに応じたやり方を解説している。旧ソ連の特殊部隊「スペツナズ」で取り入れられていた超上級者向け
の種目も紹介されており、腹筋マニアならずとも、チャレンジャー精神をくすぐられ、今すぐ腹筋を鍛えたくなるはずだ。

書店お取り寄せもできます。



ネット購入はAmazonが便利です
IM1706H1m

IRONMAN公式ホームページ

電子書籍も購入できます。
フジサンマガジンサービス 
超お得な定期購読キャンペーンは5月末まで!

sarakuwa_001_201704

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆アイアンマン編集部・ライター募集中!
トレーニング好きで(編集経験があれば尚可)探究心のあるライターを募集中!
興味のある方は下記メールまでご連絡ください。
info@ironman-japan.com(IRONMAN編集部)
メールタイトルに「ライター応募」とご記入ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ironmanjapan at 22:12|PermalinkComments(0)

May 19, 2017

感想をお寄せください

ご意見大募集!
「アイアンマン掲載のトレーニング記事を試してみた感想」

アイアンマンでは、誌面に掲載のトレーニング記事を実際に試した方の生の声を募集しています。
ご意見は今後の編集の参考にさせていただきます。
また、本誌投稿コーナー「鉄人王国」に掲載させていただく場合もございます。

1)お名前
2)ご住所
3)参考にした記事名と掲載号(例:2017年5月号P26 EDT法」
4)試してみたその結果と感想

以上の項目を、下記メールアドレスまでお送りください。
info@ironman-japan.com

メールタイトルには「参考になった記事」とご記入ください。
皆さまからのお便り、お待ちしております!!



ironmanjapan at 22:54|PermalinkComments(0)