October 25, 2016

スポーツ総合展示会『SPORTEC』レポート

過去最高の来場数を記録!
日本最大級のスポーツ総合展示会
 
『SPORTEC2016』

Sportec 2016 etc_54


東京ビッグサイトで8月2日(火)〜4日(木)の3日間開催された、
日本最大級のスポーツ総合展示会、『SPORTEC(スポルテック)』の模様をお届けする。
フィットネス関連器具、スポーツ施設、介護機器やサプリメントの企業が一堂に出展し、各種セミナーやイベントも連日開催された。

 02_13679871_1061080750605726_6534788126457698509_o
03_13902743_1059987800715021_5938176485808283623_n
毎年来場者数は増加。
今年の来場者数は過去最高の46,517名となった。
出展社は昨年から250社以上増え、今年は702社が出展した。

04

05_DSC_0580

THINKフィットネスのブースは、隣接するグループ会社プロアバンセのブースを合わせると全出展社の中で、最大級の広さだった。展示品はメーカー各社の新商品を多数展示した。また、フィットネスショップのブースでは「飲む・食べる」をテーマに新たなサプリメントフーズマーケットを提案したプロショップコーナーが賑わいを見せた。ブースでは今年も日本トップクラスのボディビルダーや、フィットネス界をリードする面々による、マシンのデモンストレーションが行われた。記念写真を撮影していく人も。

07_DSC_0583

ゴールドジムの最新サプリメントの「ミールリプレイスメント」や、1パックで24gのタンパク質が摂れる「プロテインドリンク24」の試飲コーナーが好評だった、フィットネスショップのブース。

08

『SPORTEC2016』では各種セミナーやイベント、グループエクササイズ・プレゼンテーションが開催され、3日間合計で同時開催を含んで220セッション行われ、受講者数は8,668人を記録した。また今回は2020年東京オリンピックを観戦する世界の人々に向け「日本の武道」をアピールする活動として『武道マスターズLIVE2016』が開催され、話題となった。

09
「本当に世界で闘える肉体と作り方」というパネルディスカッションでは、有賀誠司氏が進行を務めるなか、角田信朗氏と吉田進氏が世界で勝つために必要な要素について語った。

10
 11
日本ボディビル選手権で連覇を続ける鈴木雅選手による、トレーニングセミナーは毎年大好評。座ったままでも参加者が体感できるポイントもあり、説得力十分。

12
13
ボディメイクトレーナーとして活躍する岡部友さんによる、女性の体づくりにおいて重要な、ヒップにフォーカスしたトレーニングセミナーが開催された。
女性らしいヒップラインを作るうえでは欠かせない実践的なトレーニング法が紹介された。

特設ステージで行われた『武道マスターズLIVE2016』では、シュートボクシング、居合道柳生新陰流、少林寺拳法、天通合氣道、ストライプル・平直行、AACCキッズレスリング、2015年世界柔道選手権100kg超級銀メダリスト・七戸龍が出席し、日頃の修練の成果を発表した。
14
 
 21
1516

1718

1920

日本ボディビル・フィットネス連盟主催のコンテスト『SPORTEC CUP』が初開催。

22
 23
24
一般層にも大会や選手をPRすることを目的に行われた今大会は、昨年度の全日本選手権入賞選手、アジア入賞選手が階級の枠を越えて競った。

Sportec 2016 etc_52

Sportec 2016 etc_53
出版ブース大盛況。フィットネススポーツのブースでは最新号「ウーマンズシェイプ」をはじめ「アイアンマン」「ファイト&ライフ」「ボクシングビート」を読者モデルがPRした。


2017年は展示規模をさらに30%拡大し、新設展「第1回リラクゼーションEXPO」を加え、過去最大規模にて2017年7月25日(火)〜27日(木)の3日間、東京ビッグサイト東1・2・3ホールにて開催される予定。

SPORTEC2017ホームページ

 




ironmanjapan at 16:13│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字