日本人て本気で人を助けてくれないよな。話を聞くとかその程度。 ようするに口だけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
487 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/14(金) 11:25:44 ID:??? 
 
自殺しようとする・・・「生きていればいいことがある」 
生きる・・・「さっさと死ねよw」「死ねばいいのに」 
 

相談する・・・「自分でできるでしょ 以上」 
 
相談後自殺・・・「迷惑だ」「自分勝手」「なんなのあの人」 
 

※相談しないで自殺・・・「何で相談してくれなかったの?(泣)」  
            「相談すれば何でもやったのに」 

 
488 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/14(金) 11:56:54 ID:??? 
 
日本人て本気で人を助けてくれないよな。話を聞くとかその程度。 
ようするに口だけ。 

>「何で相談してくれなかったの?(泣)」 
>「相談すれば何でもやったのに」 

これは自己弁護にすぎない。

なんというズルさ、なんという狡猾、卑怯、その他。 
 
おどろくぜ。 

人間のふりをするゴキブリジャップ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
422 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/12(水) 10:11:43 ID:??? 


 
人間のふりをするゴキブリジャップ 


 

430 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/12(水) 22:25:14 ID:??? 
日本人=知恵遅れ 

433 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/12(水) 23:24:06 ID:??? 
手柄は全て上の者が独り占め、問題が起きてもろくに責任を取らず、 
責任は全て下の者のせい、後は中間管理職辺りがトカゲの尻尾のように 
切られておしまい・・・てな風潮が完全に確立しつつあるね。 
誰もそれをおかしいとさえ言わなくなった。 

あと2chとか見てて思うのは、何かの組織の支持者と言うよりは、その組織を 
 
動かす(大体は強権的な)リーダーを個人崇拝してるだけで、リーダーに少しでも 
 
意見するような構成員はひたすらフルボッコ、という人が多い。 
 
組織の足を引っ張るような言いがかりならともかく、いわば「諫言」とでも言うべき 
 
正論であってもだ。 
 
「ああ、この人たちは強権的な指導者をマンセーしたいだけで、組織への思い入れ 
なんて本当は欠片もないんだな・・・」といつも感じる。 

 

450 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/13(木) 11:01:59 ID:??? 
日本人の特徴 

・論理的な思考ができない(感情剥き出し) 
・ノブレスオブリージュという概念が無い 
・お互い様という寛容の精神が無い 
・失敗するとなかなか這い上がれない 
・過去の出来事にいつまでも囚われていて進歩性が無い 
・レッテル貼りが得意で偏見の塊 
・傲慢で粗野 
・反省ができない 
・常にレールから外れる(外される)ことを恐れる 
・枝葉ばかり見て本質を見ようとしない 
・責任転嫁が得意で責任感が無い 
・遊びが幼稚(例:カラオケ) 
・理解してもらおうというプロセスを軽視する 
・国に一体感が無い(例:東京と大阪) 
・芸術を金儲けとしか考えられない 
・卑屈な人間が多く個人の魅力に乏しい 

452 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/13(木) 11:22:59 ID:??? 
>>450 
これも追加してw 

・感情論と理論の区別ができない 
・雰囲気だけで言葉を使っている 
・言葉の定義を極端に嫌う 
・前提条件を考えることが嫌い 
・理想論を語るが自分は常に例外 
・愛国心と聞くとすぐに戦争を連想する 
・結果が出なくても努力だけは求めてもらえると思ってる 
・前例がないことに極端に弱い 
・間違いを指摘されるとキレる 

「お疲れ様」という奇妙な挨拶がある程の労働信仰。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
396 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/11(火) 19:47:33 ID:??? 
 
君子は和して同ぜず。日本人(小人)は同じて和せず。 

 
社畜、被雇用者の相互監視と長時間労働。 

 
「お疲れ様」という奇妙な挨拶がある程の労働信仰。 

 
この3つに尽きる。原因はこのスレで色々挙げられているように多いだろうけどな。


 
だいたい、お疲れ様っていうのは挨拶なのか(笑) 

 
 
帰り際だけじゃなく、電話とかメール、昼に会った時にも使うし。意味不明な文化。 
 
 

399 :名無しさんの主張:2010/05/11(火) 20:47:57 ID:qO/NZHTb 
>技術者冷遇 

金融バブルで技術も劣化していく傾向にあっても、精密機械、ロボット 
やコンピュータによる自動化技術は、車の省エネ技術とともに、 
日本の牙城分野だった。 
 
格好ばかりの無能な文系経営者とその取り巻き連中に、 
骨があり、腕の立つ技術者は1996年以後10年間で、 
多くが自発的早期退職。 
 
その結果アジアや中南米といった後進国への牙城技術の海外流出を 
引き起こした。

非関税障壁も外圧と国内の竹中や中谷といった売国奴学者どもによって、どんどん撤去され、地方工場閉鎖 
、海外の製造移転の歯止めが利かなくなった。

そうした流れで労働分配率の切り下げを目指して、日雇いや派遣労働を 
仕入れ部材扱いにして安価な変動費扱いを浸透させた。 

 
一旦機密技術が流出したら、特許だろうが国家的防御にならない。 
 
ましてや金だけ出して逃げるだけの外交力ゼロの日本だ。 
 
無能な格好だけの文系学者、とりわけ経済学者やアナリスト 
といった日本経済の政策に影響を与える連中や大手マスゴミ 
に蔓延る日々の論調はコンピュータや九官鳥にしゃべらせたほうが 
まだましなほどだ。

こんなカスが過保護でのうのうとでしゃばって 
いるゾンビ国というのが日本の現実だろう。 


 

逆アクセス
アクセスカウンター

最新コメント
最新トラックバック
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ