396 :名無しさんの主張[sage]:2010/05/11(火) 19:47:33 ID:??? 
 
君子は和して同ぜず。日本人(小人)は同じて和せず。 

 
社畜、被雇用者の相互監視と長時間労働。 

 
「お疲れ様」という奇妙な挨拶がある程の労働信仰。 

 
この3つに尽きる。原因はこのスレで色々挙げられているように多いだろうけどな。


 
だいたい、お疲れ様っていうのは挨拶なのか(笑) 

 
 
帰り際だけじゃなく、電話とかメール、昼に会った時にも使うし。意味不明な文化。 
 
 

399 :名無しさんの主張:2010/05/11(火) 20:47:57 ID:qO/NZHTb 
>技術者冷遇 

金融バブルで技術も劣化していく傾向にあっても、精密機械、ロボット 
やコンピュータによる自動化技術は、車の省エネ技術とともに、 
日本の牙城分野だった。 
 
格好ばかりの無能な文系経営者とその取り巻き連中に、 
骨があり、腕の立つ技術者は1996年以後10年間で、 
多くが自発的早期退職。 
 
その結果アジアや中南米といった後進国への牙城技術の海外流出を 
引き起こした。

非関税障壁も外圧と国内の竹中や中谷といった売国奴学者どもによって、どんどん撤去され、地方工場閉鎖 
、海外の製造移転の歯止めが利かなくなった。

そうした流れで労働分配率の切り下げを目指して、日雇いや派遣労働を 
仕入れ部材扱いにして安価な変動費扱いを浸透させた。 

 
一旦機密技術が流出したら、特許だろうが国家的防御にならない。 
 
ましてや金だけ出して逃げるだけの外交力ゼロの日本だ。 
 
無能な格好だけの文系学者、とりわけ経済学者やアナリスト 
といった日本経済の政策に影響を与える連中や大手マスゴミ 
に蔓延る日々の論調はコンピュータや九官鳥にしゃべらせたほうが 
まだましなほどだ。

こんなカスが過保護でのうのうとでしゃばって 
いるゾンビ国というのが日本の現実だろう。