2006年06月11日

魔法先生ネギま!138時間目について[解説・考察]

今週読んで正直に思った私の感想。

はぁ? 何この展開。

物凄く面白い!

ああ、びっくりした。ネギま!ってこんなに面白い漫画だったっけ?(いい意味で)

物凄く私好みの展開で非常に驚いている次第です。

ということも含みつつ、今週のマガジン掲載分、魔法先生ネギま!138時間目「ネギ・パーティの異常な日常」についての解説や考察を始めてみましょう。

魔法先生ネギま!考察関連記事リスト


今週の注目点

『結局何が起きたのか?』の項目が今回のメインです。独立させればよかったかな?

結局何が起きたのか?

いきなり一番重要な内容について。ネギ達の身には何が起きたのでしょうか?

とりあえず分かったこと、本筋に関係した事実を列挙してみます。考察はその後です。

  1. 「ヒスカット!(開門!)」の呪文の直後にカシオペアが動作
  2. エヴァの別荘には超が書いたと思われる『私の勝ちネ♥』の言葉が書かれた魔法の手紙が貼られていた
  3. 魔法の手紙は外に出て少ししてから動作
  4. 学園祭最終日に映画の撮影かと思うようなすごいことが起こった
  5. 一般人は映像を通じてそれを目撃した
  6. その後、ネギが魔法使いであることや、魔法の存在が公にされた
  7. 学園祭最終日は2003年6月22日(日)だが、ネギ達は時間は2003年6月30日(月)に現れた
  8. ネギとカモが元ステージ設置場所に着いたのは8:00頃
  9. 3-A教室に着いたのは8:45頃
  10. もちろん3-Aの生徒達もそれを知っている
  11. 「オコジョになってもらうことになるだろう!!」
  12. ネギは魔法がかけられてると思われる厳重な独房に閉じこめられた

これくらいでしょうか。なかなかたくさん。これらを手がかりに考察を進めていこうと思います。

カシオペアの動作

カシオペアが動作したために今回のことが起きたのは明白です。 これが本当にワープしたのか、幻術なのかはよく分かりませんが、とりあえずカシオペアで何かが起きたようです。

これが行われたのは「ヒスカット!(開門!)」の呪文の直後で、狙ったかのようです。

これを行う方法として考えられるのは、「ヒスカット!」を動作の合い言葉にするか、 別荘の中を見て「ヒスカット!」を唱えた瞬間に動作させるか、の2通りでしょうか。

恐らくは後者ではないでしょうか。魔法の手紙もそのときに貼られたと考えると分かりやすいです。

魔法の手紙

なぜ紙を使わず、あえて魔法の手紙を使ったのでしょうか。

考えられるのは、次の4つでしょうか。

  • やはり超は帰ってしまうため直接言うことができず、言葉を残すため
  • 近くにいたということを表現するため
  • 魔法がバレまくりを表現するため
  • 特に意味はない

上の3つのどれかだとは思うのですが…… どれでしょうね?

手紙が動作したのが部屋を出た直後なので、かなり狙って書いた感じです。 恐らくは上の2つが理由でしょう。

ちなみに、魔法の手紙がいままでで出てきたのは2巻15時間目と9巻72時間目の2回です。 そしてこの機能は立体映像と音声を録画・録音して再生することができ、更に自動翻訳までしてくれる優れものです。

この機能は使ってないのでしょうか? 見た感じだと手書きのようです。

学園祭最終日に起こった事

学園祭最終日に起こったことを予想する手がかりは、p7の生徒の反応とp16のアキラの反応くらいでしょうか。

まずはp7の生徒の反応。

生徒の反応@138時間目p7生徒の反応@138時間目p7

A「ホラあの子供先生が…」

B「やっぱりホントなのかな?」

C「だってあの映像… どうする? 話しかけてみる?」

D「えーっでも」

どうやらこの人たちは映像を通じて学園祭最終日の出来事を見たようです。

これは恐らく超が用意していたネットの準備の成果を通じて配信された映像でしょう。

次にp16のアキラの反応。

アキラの反応1@138時間目p16アキラの反応1@138時間目p16

アキラ「ネギ先生‥ 私は未だに信じられないんだけど 君は本当に魔法使いとゆーやつなの?」

アキラの反応2@138時間目p16アキラの反応2@138時間目p16

アキラ「学祭最終日はスゴかったね 私も映画の撮影だと思ってたけど‥ 大丈夫? ネギ先生」

この反応から分かるのは、学園祭最終日に映画の撮影かと思うようなすごいことが起こったということ。

そしてアキラ達はその場所に居合わせたようです。映像ならば「映画かと思った」と言うはずですが、 「撮影かと思った」と言っているので、どうやら目の前で起こった出来事のようです。

これらの話を総括すると、学園祭最終日にネギ達が関係する映画の撮影かと思うようなすごいことが起こった。 それは魔法の存在を確信するに値するだけの出来事で、ネットを通じて映像が世間に公開された。 また、ネギが魔法使いであること、そして魔法使いが他にも多数存在することもネットを通じて公にされた。

しかし、ここで疑問に思うことが一つあります。

ネギ達は学園祭最終日の出来事に携わったのか?

ネギ達は22日の早朝(恐らく未明)にカシオペアを使って8日後の30日に飛ばされたはずです。

ということは、22日の午後に起こったと思われる魔法使い公開ショーにはネギ達は関わっていないはずです。

詳しくは後述しますが、もし何らかの方法を使って学園祭最終日に戻り、 ショーに携わったとすれば、そのネギ達はどこにいったのでしょう。

カシオペアを使って再び30日へ戻ってきたのでしょうか? それとも超に30日以降へ飛ばされたのでしょうか?

何とも不思議です。

学園祭最終日に戻る方法

前記の通り、ネギ達が学園祭最終日の『ショー』に携わるにはカシオペアを使って学園祭最終日へ戻る必要があります。 では、どうやれば戻ることができるでしょう。

超は世界樹の力を使って100年以上先へタイムトラベルすることができるようなことを言っていましたが、 ネギの持つカシオペア(試作1号)を普通に使う限りは魔法使い1人につき24時間程度しか過去へ戻れません。

しかし、10巻86時間目p2の台詞(明日菜?)にもあるとおり、1人で1日ならばたくさん集まれば、何日も戻ることができそうです。

今回ガンドルフィーニ先生に捕まってしまいましたが、魔法先生や生徒達に手伝ってもらえば8日くらい軽く戻ることができそうです。 まあ、話のおもしろさ的にギリギリ8人となる可能性も大いにあり得ますが。

そのメンバーとしては誰が考えられるでしょうか。

まずはネギ。これはいわずもがな。あとは木乃香も有力候補ですね。 エヴァは手伝ってくれなさそうです。というか、行方不明?

残り6人ですが、手伝ってくれそうな人たちをリストアップしてみました。

  • 佐倉愛衣
  • 高音・D・グッドマン
  • 春日美空
  • ココネ
  • 高畑・T・タカミチ

魔法先生で手伝ってくれそうなのはタカミチくらいな気がしますね…… これでは5人ですね。一人足りない。

一人足りないよ! と焦ってるときに近衛近右衛門登場で最終日へワープとかでしょうか。

事実なのか嘘なのか

ここまでいろいろ書いてきましたが、もし全てが幻術の類だとしたら全ての予想は水の泡。 その可能性がないかどうか考えてみます。

まず、学園祭最終日の『ショー』に関わったことになっているのが不思議です。 上記の通り、カシオペアを使えば戻ることも可能かもしれませんが、魔法がばれると分かっているのにショーに関わるというのも不思議です。関わらないと大変なことになる(生徒が襲われたとか)ということも考えられますが、幻術である可能性は十分考えられます。

もう一つ不思議なのは、「オコジョになってもらうことになるだろう!!」という発言ですね。 「悪いことをしたらオコジョにされる」なんて発言は、 「雷様がヘソを取りに来る」などに近い子供を怖がらせるための迷信のようなものだと考えられます。 実際、ネギと愛衣くらいしか信じてる様子はありません。 そんな『オコジョ』発言を堂々と大まじめにしている大人、ガンドルフィーニ。なんか冗談のように聞こえます。 このシーンを見ると、幻術じゃないにせよ、演技のように見えてしまいますね。 これは、超がネギを騙すために用意した一つとも考えることができます。

手がかりは少ないですが、以上の2つのことで全てが幻術の類である可能性は出てきました。

とはいえ、魔法の手紙が貼ってあったり、カシオペアの機能はタイムワープであることを考えれば、 現実である可能性が高いと考えられます。実際、私は現実ではないかと予想してます。

ただし、嘘である可能性もあるということを書きたかったので少しまとめてみました。

開門!(ヒスカット!)

エヴァの別荘から出る方法が今までよく分かりませんでした。

丸一日たったら突然外に投げ出されたりしたら大変だとか、いろいろ疑問に思ってたのですが、 どうやら今回でそうではないことが分かりました。具体的にどういうことが分かったのか書いていきたいと思います。

外に出る呪文

エヴァの別荘から外に出るための呪文(合い言葉?)が分かりました。

「ヒスカット!(開門!)」だそうです。

どうやらいきなり外に放り出されることはなさそうです。

1日制限

1日たたないと外に出られないという制限は8巻63時間目p17や15巻136時間目p5でも明らかにされていました。 しかし、実は1日経ったら外に出ないといけないという制限ははっきりとは言われていませんでした。

それに関連がありそうな言葉としては、8巻63時間目p17でエヴァが言った「一日単位でしか利用できないようになってる」があります。しかし、やっぱり1日で出なくてはいけないかどうかわわかりませんでした。

ところが、今話でとうとうその実態が明らかになりました。

答えを言うと、1日経ったら外に出ないといけないのではなく、「ヒスカット!」のかけ声がないと外に出ることはないようです。

これは「ヒスカット!」と言っていること以外に、明日菜や木乃香も同時に外へ出てることからも明かです。

明日菜と木乃香はネギ達と同時に別荘へと入ったのではなく、明らかにずれた時間に入ったはずです。 なので、強制退出制ならば、一緒に出るのではなく明日菜と木乃香が先に外へ出て、少し待ってるとなるはずです。

ところが今回ではネギ達と一緒に外に出ているため、合い言葉があるまではずっと外に出ることはないことが分かります。 (一定時間の猶予がある可能性は否定できませんが)

これより、時間がオーバーしたらまた1日待たないといけない、というわけではないことも分かります。

応用

1日制限というのが出られるようになるまでの時間のことで、時間が経っても外に強制的に出されることがないというのは前述の通りです。

この機能から新たな利用法が考えられます。

例えば敵を閉じこめて最低1時間外に出られないようにしてしまうということができます。

更に言えば、「ヒスカット!」の合い言葉が分からなければ外に出ることができないので、 頭が悪い敵ならばずっと閉じこめておくことも可能です。 (閉じこめたくなるような敵がそれほど頭が悪いとは思えませんが……)

ヒスカット!の意味

ラテン語かと思ってOpenやLeave、unlockなどそれらしい英単語をラテン翻訳にかけてみましたが、 どれも「ヒスカット」っぽい単語が訳にはならないようです。

あくまでもネット翻訳ですし、ラテン語なんて勉強したことないので見当違いのことをしてる可能性はありますが、 どんな意味なのか気になります。

「ヒスカット」だけで「開門」として通じるのでしょうか。(Open Sesameのように)

裕奈は魔法使いを全然知らない?

大方の予想では裕奈魔法先生・明石教授の娘となっています。 その裕奈が今話では全然魔法を知らないというようなことを言っていました。

木乃香のように魔法のことは伏せられてるということでしょうか。

それともやっぱり今回の出来事は全部嘘なのでしょうか。

いろいろと気になります。

エヴァの行方

エヴァは昨晩の簡易デートの後、何処へ行ったのでしょうか。

巻き込まれる前に外へ出て、全体の行方を見物しているのでしょうか。

もしそうだとしたら、エヴァは超達の計画に荷担、もしくは内容を知っているのでしょうか。

いろいろ気になることはありますけど、手がかりはありません。

魔法独房

今話の最後でネギが閉じこめられた独房にはなにやら魔法のような文字が書かれていました。

魔法独房@138時間目p19魔法独房@138時間目p19

恐らく、魔法を使えなくする結界のようなもの、がかけられてるのではないでしょうか?

アキラの技

皆に揉みくちゃにされているネギを、皆に気づかれないように片手で引っ張り出すすごい『技』を持っているアキラ。

アキラの超人性@138時間目p15アキラの超人性@138時間目p15

3巻18時間目p10,p11で楓のパートナーを務めたことからもわかるように、アキラの身体能力はすばらしいものがあります。

ネギ拉致@18時間目p11ネギ拉致@18時間目p11

アキラの今後の活躍に期待がかかります。

宴会終了時間

136時間目の考察で、『超りんお別れ大宴会』は25:00〜27:00頃に終了したと予想しました。 その後別荘へ行き、1日経って出てきたことになります。

エヴァの家まで行くのに1時間、別荘で過ごしたのが1時間、エヴァの家から演劇会場跡地へ行く時間を1時間だと考えるとします。 すると、演劇会場跡地へ着いたのが8時頃なので、宴会が終わったのは朝5:00頃ということになるので、どうやら136時間目の考察で予想した時間はだいたい当たりのようです。ただし、移動時間が適当(多めの予想)なので、 正確に言うならば宴会が終わった時間は5:00〜7:00前頃となりそうです。

さいごに

あまり時間をかけて書いてないので、少し内容がおかしな文面はありますが、書きたいことは書いたつもりです。 どうかお許しを。

さて、次話139時間目はとうとう15巻の最終話となってしまいました。 15巻はどんな話で締めくくられるのでしょうか。 「どうにか戻るぞ!」という話で終わるのか、「どうにか戻った!」という話で終わるのか。 はたまた「実は幻術の類でした」という話で終わるのか。

かなり私好みの話なので、いつも以上に次号に期待したいと思います。

おまけ

元演劇会場に着いた時間は8:00頃で、教室に着いた時間は8:45頃、と突然書いていましたが、 この時間は別に適当なわけではなく、根拠があって書いていました。

元演劇会場跡に着いた時間@138時間目p8元演劇会場跡に着いた時間@138時間目p8

教室に着いた時間@138時間目p13教室に着いた時間@138時間目p13

時計の時間がちゃんと進んでいるところが芸が細かいですよね。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iruris/50635879
この記事へのトラックバック
■「Haste makes waste in BLOG」さん「魔法先生ネギま!138時間目について[解説・考察]」 ・・すんごい深い(ーー;)・・・見入ってしまった 読んでて思ったのは、今のネギは、確実に3日目に怐O
ネギま関連サイト巡回(06/11)2回目【ネギま部屋(楊さんのページ別館)】at 2006年06月11日 19:25
この記事へのコメント
同感です。この展開は、最高だ!!。脚本的にも、最高でした!!!
Posted by ペトロニウス at 2006年06月13日 00:30
読んでてワクワクする感覚を久しぶりに味わいました。
デスノートが2,3巻まで発売されたときに、一気に読んだときの感覚でしょうか。(わかりにくい)
Posted by ガボット@管理人 at 2006年06月13日 02:54
ヒスカット
多分,hisco の接続法現在単数三人称hiscatと思われ.
Posted by ん at 2006年07月01日 09:05
情報は非常に嬉しいのですが、hiscoがわからんです。
Posted by ガボット@管理人 at 2006年07月01日 23:06