石油 製薬マフィアの手下であるマスゴミや役人が

悪者扱いしてきた大麻の認識や用法も世界的に変わりつつある。

以下転載
https://www.alchimiaweb.com/blogen/dr-courtneys-raw-cannabis-juice/ 
Drコートニーの生大麻ジュース (以下 機械翻訳) 生大麻のパワー(2012) 
クリステンPeskuski、生大麻ジュースで癒さ最初の患者 博士コートニーの最も興味深い物語は彼の妻クリスティンPeskuskiについてです。 
クリステンは、S苦しんystem IC のL upusの EのR ythematosu の何年もの間、自己免疫損害いくつかの器官の結合組織障害。 

ときに彼女の 健康状態が大幅に改善 毎日生マリファナジュースを消費した後、彼らは実行可能な発見したと確信していた特定の慢性疾患の治療を。 今日、彼女は唯一のoccasionalyそれらを取りながら、クリステンは、いくつかの特定のために、毎日約40の薬を取るために使用されます症状。 

薬として大麻を使用するという考えであっても敵対的- -彼女の婦人科医は、始めに懐疑的だったが、彼 はその後、次のように述べている。「これは奇跡、言われて値する物語」。 

医学的評価の後、婦人科医は慎重に彼女の前の健康状態を確認するために、クリステンの好都合を検討しました。彼女の病歴に基づいて、彼は...クリステンは「死ぬことを約あったことをcaimedと任意の薬の隆起が 起こっても、どのように進むことであったかを知ることができなかったどちらも、彼女を助けることができます。彼らは彼女の命を救った博士コートニーを、連絡理由です。」コートニーは、最初は彼女の所定の乾燥大麻カプセルを、その後、彼は彼女の与えた生 大麻ジュースを。
juice コートニー8連写真

 
大麻の畑 幸せそう
大麻 瓶詰め 各種
大麻 粉末カプセル 瓶詰め

http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=2680 
証言者女性クリステン:「このような治療法はもっと広めるべきだと思います。 

私は30歳までには死ぬ、と言われていました。 

ところが、大麻ジュースを飲むようになって、私の健康状態は良くなり、現在、健康に30歳を迎えました。 

それまではメタドンやパーカセットといった(オピオイド系の)薬に頼っていました。感覚がなくなるまで薬漬けになっていました。ところが、それが見事に直ったのです」 

メアリー・エレン・ジャーコヴィッチ(ハンボルト・ペイシェント・リソース・センター理事)の証言: 
「私はコートニー医師に連絡を取り、彼の患者の推薦状に書いてあった、ジューシングという、喫煙しなくとも良い、効能の高い大麻があることを知りました」 

ある男性の証言:「私は具合の悪かった父親にジュースを飲ませるようになってから、父親の元気な姿を毎日見ております」 

証言者女性クリステン:
「私は子供が産めない身体だとも言われたものの、

無事に子供を産むことが出来ました」 

~未来 

証言者女性クリステン:「私たちは非常に科学的であることによって、他の医院と差別化を図っています。患者は精神作用の無い大麻を求めてやってきています。そして精神作用のないカナビノイドを利用しています。私たちは法律的に大麻にシンパセティックなルクセンブルグで5つ目の医院を開業し、医師でもあるコロンベラ議員の協力を経て、自閉症や癌の治療を行っています」 

ウイリアム・コートニー医師の証言:「ここ5~6ケ月で大麻の新品種を開発しています。 

新品種のカナトニックはカナビノイドがかつてCBD濃度が高いと言われていたノーザン・ライツの700%の含有率です。又、大麻は産業にも素晴らしく、ルクセンブルグでは何千という大麻を植えています。 

これは食用にもなり、種子は多くの食卓を潤うことでしょう。又、大麻はCO2を樹林の5倍の速度で浄化します。しかしながら、まだまだ世界各地では大麻に関する偏見から、法律上投獄される人が後を絶ちません。」 

女性証言者クリステン:「私は私の経験から、これが最良の治療薬であると自信を持ってお勧めいたします」