アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google Adsense
Recent Comments
記事検索
プロフィール

あっこ

2018年04月21日23:42Scribdにハマる日々…
いつの間にか10日以上更新があいてしまいました…。
今月はとりあえず忙しいのです。
個人的に受けている翻訳&通訳で早朝や夜にけっこう働いてるし、スポーツクラブも入会したし(まだ1回しか行ってないけど)、そしてScribdで本を読んだり聞いたり物色したり、それから最近見始めたドラマとか…。

Scribdはこれまで4冊読み(聞き)ました!

A stranger in the house

The year of less


この2冊は聞きやすかった!2番目のほうはミニマリストのブロガーさんらしく、本というよりはブログを読んでいるような感じ。

News of the world


こちらは読みました。
ざっくりいうと、老人と少女の心温まる交流って感じですが、これは名作だと思うので、文芸作品が好きな方はぜひ〜

The Ex (English Edition)
Alafair Burke
Faber & Faber
2016-02-02


The Ex

これは途中まで耳で聞いていたのですが、意外に登場人物も多く、話が複雑なので、途中でKindle本買いました。
元彼だった男性が殺人容疑で逮捕され、その娘が弁護士の彼女のもとを訪れ、助けてほしいという。
で、その元カレの奥さんは過去の無差別殺人の犠牲者の一人で、その犯人の父親を元カレが殺したと疑われている…みたいな感じ。
ナレーターの女性の声が好きで、さらに演技も上手なので、活字を頼りに最後まで聞きましたーー!

こんな感じかな。

さらに、今週は「黒衣のダリア」という翻訳本も1冊読みました…

黒衣のダリア (文春文庫)
マックス・アラン コリンズ
文藝春秋
2003-09



これも面白かった…ちょっと「おえっ」って気持ち悪くなるシーンもあったけど。

そして、さらにドラマ「ビッグリトルライズ」も見始めちゃって、そんなわけでブログを書くことさえ忘れてました…笑

Big Little Lies
Liane Moriarty
Penguin
2015-05-07



GW前の1週間はさらに忙しいのですが、9連休を楽しみに乗り切っていこうと思います!!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2018年04月10日23:53Audio book と私
これまで数々のAudio bookに挫折してきた私ですが、この間、ようやく「楽しい〜♪」と思いながら聞き終える本に出会えて、ようやくAudio bookの聞き方が分かった気がします。

なので、ちょっと選ぶ基準みたいなのを書きたいと思います。

1.単語レベルはかなり低めで
PBとかだと知らない単語が出てきても、辞書を引いたり、前後関係でわかったりするので、それなりに難易度の高い本も読めますが、Audioに関しては、知らない単語はゼロに近ければ近いほどよい。
掃除したり、お茶碗洗ったり、洗濯しても、余裕〜で聞き取れるぐらいのレベルが望ましいです。

2.登場人物が少ない
ナレーターさんは頑張って演じ分けますが、しょせん、同じ人がしゃべってるので、登場人物が多いと混乱します。「Born a crime」は一人称だし、語ってるふうだったので、人間関係で悩むことはありませんでした笑
同じように、最近はやりの?サイコサスペンス系も聞きやすいです

3.過去・現在はちゃんと書き分ける
過去・現在が行き来するタイプの小説は最初は避けたほうがいいかも。ちゃんと「PAST」とか言ってくれるなら大丈夫だと思うけど、この間読んだ「Dry」は切れ目なく過去と現在が出てくるので、目で読んでても混乱しました…

4. 情緒的なものは向かない(たぶん)
以前聞いたけどよくわからなかった「Ordinary grace」を聞きなおしたのですが、やっぱりよくわからなかった笑 単語のレベルも高いし、そもそも話の抽象度が高い?(単なる殺人事件ではない)たぶん、ジョン・ハートを読んだときの、あのモヤっと感?(私だけかしら)、ああいうのはAudibleだとハードル高いです。文学っぽいものは自信のない人は避けるべしw

あとはイギリス人かアメリカ人ナレーターかってところもありますよね〜。
私はやっぱりイギリス人だと構えます…

こんな感じに地雷をうまく避けると楽しく聞けると思いますよー

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2018年04月09日23:29Scribdはじめました!
昨日はTOEICでしたが、このサービスを試してみたくて、会場までずっとAudibleを聞いていたのは内緒です…笑

先週、Norinさんから紹介されていたScribdがすごい…いや、すごそう!

何がすごいって、1か月1000円ぐらいで、洋書、Audio book、雑誌が読み放題、聞き放題のサービスなのです。
わたくし、あまり大きな声では言えないのですが、翻訳がないときはiPad mini のKindleで洋書を読んで時間を潰しているのですが、だいたい2-3日で1冊読んじゃうので、500円ぐらいまでの本を選んでたんですよー笑
Scribdだったら、市販されている本が全部読めるとは思わないけど、本代を気にせず選べるんじゃん?(で、そこになくて、どうしても読みたかったらAmazonで買うみたいな)
GWも特に予定を入れてなくて、ひたすら積読の消化にあたろうと思っていたので、思い切って入ってみました!(30日は無料)

で、早速Norinさんが聞いているこのAudio bookをダウンロードしました。
ナレーターさんとかAudibleとまったく同じです。
↓あ、なんかこのコメント書いてる人、ネタバレしてるような〜!!読んじゃいけません!!

A Stranger in the House
Shari Lapena
Pamela Dorman Books
2017-08-15



Audibleの会員でも1クレジット1500円ぐらいするので、これ聞いたら元が取れることに・・・

すごくないですか??
もう本気で騙されている気分です!

ちなみにこれ、ホントに「さく聞け」で聞きやすいし、先がメッチャ気になります・・・

ちなみにTIMEも読めるっぽいんですよー。
さすがに冊子になってなくて、記事単位で読む感じですが、おそらく全部カバーされてるはず…。

これが1000円なんてありえないですよね…
きっと何か裏があるはず…笑
でも、ネトフリとかHULUも月1000円ぐらいで映画が見放題なので、こういう商売もあるのかもしれませんね。。。

あ、ちなみに、Abridged版しかないものもあるみたいなので、そこは注意ですね。
あと、おそらく、Audioがある本はPaperがなくて、Paperがある本はAudioがなさそうな感じがします・・・(まだ両方そろっている本を見かけてない)


これから1か月、使い倒してみるので、何か問題が起きたらお知らせします!笑

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2018年04月08日22:40第229回TOEIC公開テスト
前回から1か月も経っていない公開テスト。
結局、既出問題集TEST1をさらっと解いただけで当日になってしまいました…。
こんなんでいいのか

今回は、鼻すすり攻撃にあった前回のリベンジをすべくリスニング満点返り咲きを目指しましたが…結局、けっこう集中力切れましたねー笑
教室の一番後ろの席で、音響もこもりがちだったので、一生懸命聞いたし、先読みもめずらしくサボらずに頑張りましたが、それでも、というかそのせいか、何度か意識が飛びました笑

ちなみに「男性が脚立に乗って照明器具を換えてるフォームです」
後は、屋外レストラン、フラスコ、真ん中にテーブル、自転車と船、お金を渡す、ですかね。
フラスコの正解の選択肢を忘れました…なんだったっけ?

総合すると、どのフォームでもパート2のぶっ飛び方は変わらなかったらしく、質問にちゃんと答えてる問題は2問ぐらいしかなかった気がします。
これじゃあ、TOEIC初心者は心が折れると思います。
質問にはちゃんと答えてほしいですよねぇ。

パート3は比較的解きやすかった印象です。パート4もまあまあかな…ただ、グラフィックで表に気を取られていたら、後半を聞き逃しました…
最近、MICが苦手なのですが、やっぱり苦手でした…今回も数問ミスったかも。
パート2とMIC、そして集中力を考えると、リスニングのオール100はなかなか難しそうな気がします。

リーディングはMPから解き始めましたが、おおむね易しかったです。
調子よく23分ぐらいで解けたので、油断してしまい、この後時間が足りなくなり、ひどい目にあいました><
SPが案の定、後半が文章量が多くて解きづらかったです。
共通問題らしきスーツの問題ですが、あれは全文読まずに必要な部分だけ読むようになってるみたいですね。
stainと言ったら「洗う」項目に書いてあるはずだと想像はつくはずなので…
パート6は後半になるにつれ、難しかった気がします。
パート6もそうだけど、パート5でも構文(SVの切れ目)とかが探しづらい問題があり、即答できない問題がいくつかあった気がします。

そんなわけで、今のところ、文法・語彙で3問ほどミスってるのでこれ以上ミスが増えないことを祈ります…。
そういえば、かなーーーーり昔に話題になった問題が出てたので、ビックリしました。
misses/ missing parts ってやつですね。
たしか2012年ごろに出た問題かな?
モリテツ先生もたしかその時に悩んでいたはず…。
なぜ進行形になるのかわかりませんが、Nativeは「missingだよねー」と普通に言ってました。
この感覚は一生わからないと思います…笑

あ、最後にちょっとだけ自慢しておきます笑
前回のTOEICはリーディングが初のパーフェクトでした!
リスニングはボロボロだったけど…





にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2018年04月06日23:39「ペンタゴン・ペーパーズ」と「リメンバー・ミー」
最近、12時すぎまで翻訳して、そのまま朝6時から翻訳してるので、かなり鬼な生活を送っております…
しかし、映画の日に「ペンタゴン・ペーパーズ」を見て、今週火曜日に「リメンバー・ミー」を見て、どちらも超〜オススメだったので、翻訳を後回しにしてブログを更新してます笑

「ペンタゴン・ペーパーズ」は実話をもとにしていて顛末はWikiでも調べられるのですが、それでも一見の価値ありです!
というか、「モリカケ問題」や「アッキード事件」のために作られたんじゃないかと思うぐらい今の日本の問題を問う内容でした。
この映画を見てニクソン大統領ってとんでもない人だったんだなーとわかりましたが、真実を暴こうとする報道に対して権力で押さえつけようとするなんてサイテーですね。
でも、きっと日本でも同じことが起きてるんだろうな〜と思うと…
何歳になっても美しいメリル・ストリープと、年を取ってから好きになったトム・ハンクスの二人の演技も素晴らしく、ホントに安定の内容です…。
ただ、けっこう難しいので、終映後に「よくわからなかったー」と言っていた男性もいました…(うん、それは君の国語力の問題だよ…)
話が見えてくる前半まではけっこう疲れますが、とにかく見て損はない映画です。

そして、「リメンバー・ミー」はたぶんピクサーのなかで一番好きかも…。
メキシコの死生観やひねりの利いたプロットは、子供は理解できなくていいと思ったかわかりませんが、大人の鑑賞に十分耐えられる…というか、大人が見るべき映画だと思いました。
さすがに後半の泣かせる部分は先が見えましたが、それでもウルっときていたところ、隣の男性が号泣してて…笑
preemptive attack (先制攻撃)!をされてしまい、涙が止まりました…
でも、それがなかったら、私も号泣してたかも…

こんなふうに続けていい映画が見れると、「映画っていいなー」としみじみと思います。
次は、GWに「アベンジャーズ」見に行きたいなー笑
最初は「駄作」と言っていた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が今はかなりお気に入りで2作とも数回見ているうえに、すっかりクリス・プラットのファンです…(彼のことも最初は「Red neckっぽい」とか言っててすみません…)
ジュラシック・ワールドも公開されると知ってメッチャ喜んでおります…ぷぷぷ
でも、最近一番好きなのはマイケル・キートンです爆

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ