アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google Adsense
Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール
2017年05月22日19:45第220回TOEIC公開テストを受けてきた
今週は水曜日から出張に行ってきます!
派遣社員で泊まり出張に行くのは初めてです。
しかも、詳しくは書けないけど、普通は行けないような場所にいろいろ連れてってもらえるので楽しみ〜。
船にも乗るのだーー
(でも、通訳しなきゃいけないので、単なる社会科見学ではないのだが…)

そんなわけで、昨日TOEICを受けてきました。
2か月連続で受けるなんて今まであったかなあ?
(申し込んだけど、受けられなかったことは…あったな)

全部で4種類あったみたいですが、鬼フォームはどうやらなかった様子。
私は、暖炉にバケツ、バス2台、チャリの二人が案内板を見てる、のフォームでした。

リスニングは
易・ちょ難・普・普

こんな感じ。
Part1.3.4はたぶんできたと思うのですが、Part2でけっこうかなり消去法を使ったので、そのうち半分ぐらいは外している可能性が…汗
Part2の最初のほうから変化球が多かったり、Part3の最初のセットがかなり早口だったり、受験生の出鼻をくじこう作戦を感じました…。
あとは選択肢で not as as を使った文章があって、ちょっと面喰いました。
これも先読みさせない作戦でしょうか(笑)

リーディングは
普・普・普
でも、まあ、Part6が一番いやらしかったかなー。
文挿入や時制でヒヤッとする問題が多かった気がします。
仮定法も出たしね。
Part5は微妙な問題も出ましたが、とりあえず正しいものを選んだようです。
Part7は1問だけ微妙に読み間違えたような…汗
でも、その問題、けっこう考えて…冷静に考えたはずなんですけどねー。

今回はPart7から始めて、疲れるようならSP終了時点でPart5に戻ろうかと思いましたが、順調に解けてあまり疲れなかったので、そのままMPに突入しました。
Part7終了時点で14:34で、そのままの勢いなら10分ぐらい余る予定でしたが、Part6の最後の問題でひっかかり、結局6,7分ぐらい余ったかなー。
(どうせ時間が余ってるなら、じっくり考えて答えを選びたいなと思い…)
前回が鬼フォームだったので、今回は易化すると思っていましたが、万が一のことを考えて鬼フォームのスピードで解きました。
でも、そのぐらいでちょうどよかったかも。
油断するとギリギリになってへんなミスをする可能性大です。

というわけで、結論。


いつも全力!!


そんなわけで、今回は易しめだったのかな。(比較するものが間違っていると思うけど)
なので、1ミスで大きく失点しそうなのでちょっと怖いですが…結果を楽しみにしています♪

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2017年05月17日21:32Kingでストレス発散?
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
私は来週の出張イベントで仕事が佳境に入っています…。
といっても、残業はしてないのですが、1日の翻訳量8000字…汗
ええと、日英訳の場合、まあたぶん一番安くて1字5円ですよ。
ということは、1日で4万円。
これを20日間やったら80万円だから、月収80万円!
つまり、私も1000万プレーヤーです(爆)
しかし、しがない派遣なので、550円ランチを毎日食べています…
一番悔しいのはこれだけやっても、まわりが誰も英語できないから全く評価されないんだよなー。
いや、評価はしてくれてるんだけど、実感としてないでしょ
ったく、業者に頼んだらどれだけかかるのか計算してほしいわ←メッチャ怒ってるw
まあ、でも来週は出張で楽しませてくれると信じているので(笑)、今週は黙々と働きます…。

そんなわけで、アウトプットが多いとインプットが枯渇するので、せこせこと本を読んでます。
私の勝手なイメージですが、インプットのコップに水が入ってて、アウトプットするとだんだんなくなるのよねー。

そのせいかわからないけど、ガブガブと英語がしみ込んでいくのよーーー。←もうヘンタイの域に入ってる



Mr.Mercedesシリーズの最終巻。
2巻同様に、3巻も読みやすいです。
3巻は、Mr.Mercedesが戻ってきます。といっても、彼は病院でほぼ植物人間状態。
ところが彼は病室にいながら、人の心を操ったり、人の脳内に入ることができるようになったんですねー。
というわけで、単なるミステリーではなく、ちょっと超能力系入ってます。
でもKingだから全然違和感がないところがす・て・き

どうやら先週木曜日から読み始めたようですが、そろそろ半分。
1日30-40分ぐらいしか読む時間がないので、そのわりに快調に飛ばしてます。
1つは、もちろんストーリーが面白いからですが、TOEICや仕事などで英文を読むときの集中力が上がっている気がします。

そんなわけで、あと2日、頑張りましょう…!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2017年05月15日23:38モーツァルトとTOEIC模試会
さて、先週から風邪をひいたり、プチぎっくり腰になったり、散々なあっこです。
通訳をするとどうも体調が悪くなるので(前回も熱出した)、そうとうストレスがかかってるんだなーと思うのですが、ストレスが減るように勉強しろってことですよね…。

「SUITS」ロスのあと、Designated Survivorを見始めましたが、すぐ終わってしまい、数日前から「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」というAmazonのドラマを見始めました。
これが面白くて…。
1話25分で、1シーズン10話しかないのであっという間に1シーズン見てしまい、すでに「モーツァルト」ロスの恐怖が(笑)
ジャンルとしてはコメディなのでしょうが、this is more than that なんですよねー。
1つはオーケストラのドラマなので、その世界がわかるというのと、流れてくる曲はだいたい弾いたことがあったりするのですが、でも、それだけでもないんだなー。
ニューヨークという大都会にやってきた南米指揮者のほのぼのとした(でも熱い)スペイン語訛りの英語とか、プロを目指すオーボエ吹きの女の子と彼女を応援するルームメイトとか。
オケのメンバーがほぼおじいちゃんで、労働組合があって休憩時間にうるさいとか。
なんというか、ドラマの世界がいいんですよねー。
そして、シーズン1の最終話のラストには…「わー、わー!」と一人身もだえる私(爆)
この間の「SUITS」のハーヴィーのセリフと言い、もうこういうのに弱いなー。
(そして、Twitter上では、のだめの「大川ハグ」に話題が移る…笑)


ところで(正気に戻る)、昨日は101さんの模試会に参加してきました。
開始時間が決まっているわけではないので、始まった時間をチェックしなければいけないのですが、今回も見忘れ…。
いつ終了が告げられるかわからないなか、追われるように解いたTOEIC(笑)
最近は少し速度を落として一文一文をしっかり読むようにしてます。
そのほうが頭に残りやすくて、読み戻りが少ないので、効率的かも…。
今回はPart7で1問間違えたのですが、NOT問題の見落としでした(涙)
rabbitさんがブログで「NOT問題には事前に目印をつけておく」と書かれていましたが、時間もロスするので難しいところですねー。
最近は、設問を先に読んでから解いているので、その時にNOT問題は目に留まるのですが、解いているうちにNOTが頭から抜けることもありますし…(ありません?)

そうそう。
ここ2回ぐらいですが、こんな感じに解き方を変えました。

・設問を読んでから問題文を読む
・SP、パート5&6、MP

これでなんとなくしっくり来ているので、今週末もこの方法で解く予定ですw
そして、「いつ終了が告げられるかわからない」心理状態になるとさらに良いと思われます(爆)


にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2017年05月13日23:00ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
昨夜、Twitterで「グルートがかわいい」とつぶやいていた人がいて、そういえば、1200円クーポンの有効期限が来週だった!と思い出し、本日は大雨の中、映画を見に行ってきました…
いやー、だってもったいないじゃん??笑
で、直前すぎて、「美女と野獣」はまったくまともな席が残っていなく、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を先に見ることにしました。

この映画、2014年にフィリピンで見てまして、その時はそれほどいい印象はなかったんですが、続編のトレーラーを見てると、あの雰囲気(80年代)が懐かしくなってきまして。

ちなみに前回の映画の感想
「主役のPeterは、子供の頃に宇宙人(?)にabductされてるんだけど、そのabductした団体ありーの、本当の敵(ろーにんって聞こえた)がありーの、あとは、たぶん、宇宙の平和を守る団体? たぶん、ノバなんとかとかいう組織とか…。」

実は前作も見直したのですが、もう全然わかってなかったですね。

Peterは母の死後、ヨンドゥに拉致されて、彼に育てられるんだけど、オーブをめぐってロナンと戦い、最終的に宇宙の平和を守るノバ軍に渡すんですね。

(ここから新作の話になりますので、ネタバレに注意)

で、今回はPeterの父親が登場して、手から光を出したりするんですけど…。

もしかしたら、もうさんざん語りつくされてるかもしれませんが、これって「スターウォーズ」ですよね?

よくよく考えると、Peterは「宇宙のならず者」で自分の宇宙船を持ってるし、オーブはR2D2に託されたデータみたいだし。
父ちゃんはフォース(光)が使え、その力が息子にも遺伝してるし。
そう思ってたら、Peter(クリス・プラット)がハンソロに見えてきた…笑

このシリーズの好きなところは80年代カルチャー押しなところなんですが、今回は、デビット・ハッセルホフが出てきた。
でも、正直この名前だけでピンとくる人は相当マニアですよねー。
セリフにも一度もナイトライダーと出てこなかった(はずだ)し、字幕もハッセルホフだけだったので、どれだけの人が分かったのかなーと思いました。
Peterは子供のころ、父親はデビット・ハッセルホフだからいつも家にいないと友達に話していたのです。

最近は、字幕と元の英語(全部わかるわけではないですが)を見比べたりするのですが、今日の字幕はかなりせめてましたねー笑
この映画に限らないですが、元の英語より日本語訳のほうがカッコいいときとかあって、ちょっと盛りすぎじゃない?と思いつつ、カッコいいからいいかー、みたいなw
今日も、「Let me do this」ぐらいの英語が「俺を男にさせてくれ」みたいな字幕に。
私なら「最後までやらせてくれ」かなーとか思いながら見てました(笑)

今、「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」というドラマも見ているのですが、字幕と自分の感覚がずれているときがあって、それはそれで勉強になります。
字幕は芸術だと思っていますが、やったら面白いでしょうね。

そんなわけで、今月は出張にTOEICなので、映画はしばらくお預けになりそうです…。
なので、自宅で海外ドラマを楽しみたいと思ってます♪

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

2017年05月10日23:07Sapiens と The hate U give 読了
ようやく読了しました、sapiens


しおりが3/25のレシートだったから、読み始めたのはたぶんそのあたりじゃないかと(笑)
旅先にはかさばるのでもっていかなかった(熊本&アメリカ)ので、その間はKindleで別の本を読んでました。

人類の歴史は7万年前に始まり、いつかの革命を経て現在に至る壮大なストーリー…。

前半は読みやすく、そして人類がどうやって誤った選択をしたか(私の主観的な見方ですけど)…という若干自虐的な切り口から入り、ヨーロッパの植民地政策とか…そのあとは資本主義とか…。
まあ後半になればなるほど難しくなっていったです(笑)
そして、ずっと悲観的だった語り口も最後のほうはちょっと救いを与えてくれた(笑)
しかし、なんといっても、犠牲になっているのはほかの動物たち(家畜や野生動物)。
ホント、申し訳ないけど、ベジタリアンにはなれないし、かといって狩猟もできないしなー。

とりあえず、読みごたえは十分ありました!
内容も難しいので、精読に近い形で(後半はだいぶグダグダだったけど)、PB読んで頭痛くなったのはこの本ぐらいだろう(笑)
そのぐらい全力で読みました。

そして、アメリカ旅行中に読んでいた本。



この本のハードカバーを現地の書店で見かけたら…殺人できそうな分厚さでした(字も大きかったけど)

これはデビュー作みたいで、たしかに前半はちょっとぎこちない感じがしました。
パーティーの帰りに声をかけられた警察官に黒人の少年が無抵抗で撃たれて…、というTIMEでも読んだような事件から始まり、その目撃者である黒人の女の子が事件の証言をしていくという内容。
この最初のくだりがなんか他人事でcheesyな感じがしたので、「外したかな」と思ったのですが、読み進めるうちに、女の子の性格ができてきて、まわりの家族もいろいろあって面白い…。
シリアスな中に、くすっと笑えるような日常のエピソードがちりばめられていて、けっこう大変な状況なのに暗くならないところがいいなあと。
もう上から目線ですが、後半になって安定感が出てきて、どんどん面白くなってきた、と思いました。
読後感もよく、評価が高いのもわかりました。

この2冊、どちらも14万3千ワードのようなので、1か月半で28万6千ワードは最近では快挙でしょう。(飛行機の中で寝ずに読んでたからね…)

次はKingのトリロジーに行こうと思っているのですが、15万ワードもある気がしないんだよな…。
マスマーケットで500ページないし。

ホントはヒマがあれば日本の本も読みたいんだよなー。
あー、どこかに1億円落ちてないかしら…

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ