アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google Adsense
Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール
2015年02月25日23:40さっそく添削が返ってきた!
英作文のフルーツフルイングリッシュに昨日申し込んで。
さっそく、日記を書いてみました。
11時半から書きはじめて、59分に提出しました
すみません、ギリギリで…。

とりあえず、恥を忍んで、私の書いた日記を載せます。
ちなみに、(A)とかの記号は、添削箇所です。原文にはありません。

I watched two movies last weekend. One is "Birdman", which I downloaded (A)on my PC, and the other one is "Kingsman", which I watched in the movie theater. I was delighted when I heard "Birdman" won the Oscar (B_)the next day I watched it.(_B) I (C)think this is not a typical Oscar winner movie, but (D)deserves it.
With (E)play within a play, repetitive lines and supernatural events, sometimes we can't tell the boundaries between reality and fantasy. I don't think anybody is fond of it, but this is the (F) movie that we would want to watch again after contemplating the meaning of the film.

これでちょうど600文字だったと思います。
2つの映画について書こうと思ったら、「Birdman」で制限文字数に達してしまいました。
(C)については、送信した後に間違いに気づいて、(D)は間違っているのはわかっていたけど、どうしたらいいかわからなくて、間違ったまま出しました(笑)

で、12時間後に戻ってきた添削がこれ。

I watched two movies last weekend. One is "Birdman", which I downloaded (A)onto my PC, and the other one is "Kingsman", which I watched in the movie theater. I was delighted when I heard "Birdman" won the Oscar (B_)the day after I watched it. (_B) I (C) don't think this is a typical Oscar winner movie, but (D)it deserves the win.
With (E)a play within a play structure, repetitive lines and supernatural events, sometimes we can't tell the boundaries between reality and fantasy. I don't think anybody is fond of it, but this is the (F) the kind of movie that we would want to watch again after contemplating the meaning of the film.

the day after のところは素で間違えましたね、私(笑)
Eのところ(劇中劇)に関しては、さらに詳しい説明がありました。
「It deserves the win」と書くところとか、カッコイイ!!
私の最初の案は「it deserves it」と、itがそれぞれ別のものを表す状態になってしまったので、どうしよう、と。でも、the Oscar と書くのは嫌だったんですよねー。
これでスッキリ解決です!
(F)に関しても、うーん、こっちの方が英語っぽい。

で、さらに先生からコメントが。

(一部抜粋)
This is a very thoughtful and interesting diary entry about your love of good movies, a love that I share! – thank you so much for writing it and for sharing it with me. There are just a few things we can go over, as revised above, though this is excellently written.

First, we download things "onto" our PC, so this is the correct preposition to use.

Then, it's not "the next day", but "the day after" - you can say "first I watched it and the next day it won the Oscar," but it won "the day after" you watched the film.

And finally, it's not "with a play within a play", but we want to specify that this is the "structure" of the film!

これで1回…486円(税込)ですよ!
「日記なんて…」と思ってましたが、映画の感想とか書けば、それなりに凝った内容になるし、社会的な事件についての自分の意見なんてのも、日記としてありなんじゃないかと。
(ちなみに、私はブログでは政治、宗教がらみのことは書かないようにしてますがw)
まー、チケットを買うのもいいと思うけど、こうやって強制的に週2回書くほうがいいかも…と思いました。
チケット買ってそのまま…という可能性もあるし

ちなみに、「LV4 ほとんどネイティブの書いた英文と同じレベルに達しています。」と評価もつきます。
いやいや、Nativeからは程遠いですけど!!

自分が英文を書くときに、普段訳している英文の影響をけっこう受けてるな…と感じました。
なので、やっぱり良文に接してないとダメなんですよね〜。(頼むぜ、チームメイト)

そんなわけで、第2回の日記は週末に書こうかな。
今からネタ集めに必死です・・・(笑)

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いんこ   2015年02月26日 00:05
待ってました!とばかりコメント(^^)
全文載せていただいてありがとうございます!すごく丁寧に添削してくれるんですね。でもあっこさんの文章だからこれだけの箇所で済みますが、ビギナーの人なら、すごい量の訂正入りそうだなー。
チケット制なら、日記添削と解説で2枚分でしたよね。最初の2万円が私にとったらかなり高額なので迷いますが、この添削見たら傾くなあww

2. Posted by 買い物王H   2015年02月26日 00:06
「俺は買物王になる!」
当然チケット持ってます!
大事に使ってますよ。英検スピーチのBODYの一部とか、海外アポ依頼メールとかここぞという時にちゃんと大事にね。
ネイティブに知り合いもいないので、アポ取りメールとかすごく助かりました。さすがに2枚チケット使ったけど、それでも安い。
日本人の先生も丁寧に添削してくれるし、期限も長いので良心的です。

色々買ってるけど、間抜け教材は買ってないことは確かです。一流は一流を知るということで(爆)
3. Posted by あっこ   2015年02月26日 08:07
いんこさん>

レスポンス早い!
これ、解説なしなんですよ。
でも、これで十分何が悪かったのかわかるので、解説なくてもいいかもって思います。
ただ、初心者だと腑に落ちないところとかあるかもですね。(あ、添削はNativeか日本人かを選べます)

料金表見たら、1万円もあったんですけど(表には出してないっぽい)、基本的には2万円〜ですよね。
なので、私もずっと躊躇していたので、こういうキャンペーンのときに乗ってしまうのもアリかもです。
いんこさんはライティングに力を入れてるし、こういうサービスはいいと思いますよ。
添削してくれた人も、ライターの方のようでした。
ただのNativeじゃなくて、自分で書けるNativeは、ますます見つからないですからね。
4. Posted by あっこ   2015年02月26日 08:15
一流の買い物王Hさんへ>

買い物王さんはチケットも持ってるし、冊子系も買ってますよね、たしか。
そういえば、使用期限は気にしてなかった…。やっぱりあるんですねー笑

昨日課題を出したら、メールが来て、「チケットを買って1回も使わない人が20%」って書いてあった…。
もったいなーーい!!
というか、なぜ買ったんだ…。

でも、書くという行為は相当ハードルが高いですよね。
母国語の日本語だってさえ、長年放置されたブログが死屍累々…。
それを英語で書こうと言うのだから、やっぱり書く人しか書かないんじゃないかと思います。
その点、H氏はご自分のブログも英検のエッセイも頑張りましたね(笑)

さすが、一流!!(爆)
5. Posted by ema   2015年02月26日 22:40
前、お願いしてた添削のとこは一回250wordまでで500円で、10枚からチケット購入できました。
でも解説がなくて、なぜこうなったのかがいまいちわからんとゆー(苦笑)
これでいいのか、ネイティブにとって自然に感じる文なのか、とかとか添削してくれるサービス欲しいです(´・_・`)
6. Posted by あっこ   2015年02月26日 23:00
emaさん>

それは安いですね!
250wordならTOEFLにも対応できそう。
でも、解説がまったくないと、なぜ直されたかわからないかもですね…(文法の間違いならともかく)
その会社は今はどうなってしまったのですか?
気になりますw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字