薬剤師資格

薬剤師になるためには資格が必要です!どのようにしたらとれるのかを紹介します。

薬剤師資格のとり方についてご紹介します。

薬剤師の資格は国家資格なので受験をしなくてはいけません。
しかし、その受験は誰でも受けることができるというわけではありません。

薬剤師資格試験を受けるに当たっての最低限の条件が、
「大学で薬学課程を修了し、その大学を卒業していること」、
「海外で薬学校を卒業、もしくは薬剤師免許を取得して、厚生省が同等以上の者と認定した者」
となります。

したがって、税理士や会計士などのように
通信講座や塾などで勉強したからといって受験して取得できる資格ではありません。 

薬学過程は医大と同じで6年制です。
通信制の大学というのは存在しないので6年間通えることも条件となります。

今まで別の仕事をしていて、急に資格の勉強をして取得しよう…といったやり方では
薬剤師にはなれないのが薬剤師が増えない、足りない原因の一つでもあります。


薬剤師資格試験の内容
  • 基礎薬学
  • 医療薬学
  • 衛生薬学
  • 薬事関係法規・制度
薬剤師資格試験の願書申し込み受け付け期間

1月の上旬~中旬

試験日程

3月上旬頃の2日間

受験会場地域

北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、徳島、福岡

薬剤師資格試験の受験料

8,000円

合格発表

3月下旬

ドラッグストアが増え続ける昨今。
しかし、薬剤師になるのは女性が多く家庭に入ると辞めてしまう人が多いのです。

ですが、毎年新たに資格を取得する人も多く人手は足りるのかと思われますが、
実際は増え続けるドラッグストアの割合に対して薬剤師の数が足りていません。

そのため薬剤師の資格を取りたいたいという人が増えています。

 何より薬剤師は、通常の仕事と違い「資格」が必要な仕事で
その資格を持っているという対価もあり給料が高いのが特徴です。

通常のアルバイト募集広告などにも他のアルバイトとは明らかに違う時給に
目が行ってしまう人も多いでしょう。

さっそく薬剤師の資格を取るにはどうしたらいいのか調べてみました。


 薬剤師の資格とは?

ご存知の通り、薬剤師には薬に関する専門知識が必要です。

街中のドラッグストアで薬剤師として勤めるにも専門知識が必要です。
そのほかにも調剤薬局 で処方するにも薬剤師の国家資格が必要になります。

 どのようにしたら資格をとることができるのか?

資格をとる方法については別の記事で詳しくご紹介しますが、
国家資格なので試験に合格する必要があります。

しかし、この薬剤師の資格というのは
今流行りの通信講座や塾などを通して勉強をして取れる資格なのでしょうか? 
これについて次回の薬剤師資格のとり方でご紹介します。

このページのトップヘ