陶器師、主よ

しかし、主よ。今、あなたは私たちの父です。
私たちは粘土で、あなたは私たちの陶器師です。
私たちはみな、あなたの手で造られたものです。

ハナミズキの季節

ハナミズキの季節が好き。新緑の季節も。
関東にいたときは5月だったけど、岡山にいると4月に迎えるこの季節。

地震の多い国でもあるけど、神様が四季を楽しむことをプレゼントしてくれた日本でもあるんだよな。そして、この国が私の遣わされているトコロ。

きっとこれからも数年おきに日本のどこかで大きな地震や災害が起きて、誰かが苦しんで、涙してくんだろうな。
被造物と共に呻きながら、神様がまた来られる日を待つ、ということが少しわかってきた気がする32歳の春。
image

年度末

年度末!
トシの留守で大忙しの3月に、
岡山2年目の1年に、
家族みんなお疲れ様31☆★
トシの31歳の誕生日ぶりにきたかな。
やっぱり美味しかったです。
子どもたちも大喜び。
 

日曜の夕方から
某中高生キャンプに2泊3日で
家族で参加させてもらってきました。
トシが講師としてメッセージと恋まな、をさせてもらいました。

小さい頃からキャンプが大大大好きで、
キャンプのために生きてきた私(笑)
そして子どもが生まれるまで
10年近くいろんなキャンプで奉仕してきた私にとって、
子連れでもこうして参加できたのは本当に感謝でした。
また、奥多摩でキャンプ奉仕したいなー。
 

感想は、講師って大変!
(私は何もしてないけど、笑)
賛美がライブ!
中高生って大切な時期!
KGKで知った顔がたくさんで安心!
みことばに帰る大切さ!
女子会しなきゃね!
我が子はかわいい!
トシと結婚できて感謝!!!

岡山3年目からも楽しみだな!!!

ハッピーイースター

だいぶ遅れて、ハッピーイースター♪♪
イエス様が私の罪のために
十字架にかかり、死んで
3日目によみがえられたことを感謝する日です。
クリスチャンにとって、
クリスマスと同じくらい大切なお祝いの日。

なぜなら、イエス様の復活が事実でなければ、
それを真実だと信じていなければ
私たちの信仰は虚しいから。

小学生で洗礼を受けた子の証を聴きながら、
子どもの小さいうちの純粋な信仰の素晴らしさと、
それと同時に、
それぞれの年代や理解力に応じた信仰の成長が必要で、
私たちクリスチャンにとって信仰はいつまでもゴールがなく、
天に帰るその日まで、
日々新たにされていくものであることわを思わされました。

教会学校のイースターエッグ探しも、ポットラックも楽しみました。

最近ブログを放置していたけど、
やっぱりココにも言葉を残したいと思うので、
バックナンバーも含め、少しずつアップしていきます。

fumi 5ヶ月

ふっくらFumiさん5ヶ月。
ここまでの成長が守られて感謝。

8.35kg(服を着て)、手首とか関節のお肉がヤバイ。
5ヶ月の4日前、3/8に初めて寝返り!このときのみ。
指しゃぶり、おもちゃを掴んで舐める。
近くのものに手を伸ばす。
頭でブリッヂして上に1mくらい進める。頭を起点に回旋も可。
目が合うとにっこり。かわいい。
機嫌がいいと口を開けて笑顔で「あ゛〜」と低い声で唸る。
抱っこして欲しいときも騒ぐ。誰にでも抱っこしてもらえたら嬉しい。
うつ伏せでしっかり顔を上げて楽しそうにする。
唇を突き出して「ブブブ〜」と勢いよく唾を飛ばす。不細工顔すぎて笑える。
お風呂大好き。
ほっぺたカサカサ。エキザルベとワセリン併用。素肌クリームも。
爪切りを週2日してもあっという間に伸びる感覚が懐かしいけど大変。
スリングおんぶデビュー。気に入ったみたい。
20〜21時から6〜7時まで寝る。夜間授乳は0〜1回。

おしっこうんちのサインは分からないなりに、起床時、授乳中・直後、バタバタしたとき、のタイミングでトイレで排泄。
うんちの回数が日中3回ぐらいに減ってきたので、夜も布おむつに。1日平均9枚くらいかな。
夜8〜9時間続けて寝ることもあるんだけど、その間布おむつが全く濡れぬまま朝を迎えたことが4回!赤ちゃんの膀胱に驚き!
 

3.11の5年前、今のfumiと同じくらいだったyuaを抱きしめて途方にくれたのを思い出す。なんの被害もないところに住んでいたけれど、津波の映像を見て唖然としたこと、小さな余震がアパートを揺らす関東の端っこで何度も夜に目を覚ましたり、トイレットペーパーが買えなかったり、スーパーにものがなくなって長蛇の列ができたこと、原発のことで日本の将来を危惧したこと、計画停電で懐中電灯で過ごした夜のこととか。…そこから生かされて5年たった。
この地上にも神様の御国がきますように。

聴く姿勢

しばらく前に親から送られてきた本。
改めて読み返して、
あーダメな叱り方とか接し方しまくりだな…と猛反省。。。
 

我が家はただいま赤ちゃん返りのお姉さんお兄さんの些細なことでの泣き叫び朝晩響き渡っててます。全身で私ももっと愛して!!と叫んでます。でも、私はその2人に我慢がならず、雷をドカンドカン落としてしまいます。先月繊細な夕朝さんが不調になったりして、やっと私も自分の行動を省みています。

幼稚園で参観日までに聴くようにもらった講演のCDの内容と聖書通読の内容がリンクしたのでちょっと長くなるけど分かち合い。
 

「子どもの話を聴く姿勢」について。
天の神様は、いつでも私たちが祈りという会話を始めるのを待っておられ、その言葉を遮ることなく全部受け止めてくれる。その安心感が子どもとの会話にも必要だ、というような内容。

で、第一列王記8:38-39「どのような祈り、願いも、あなたご自身が…聞いて、赦し、かなえてください。…」と、神様が私たちの祈りを、そのままで聴いてくださることが書かれてて、続くエペソ5:1「ですから、愛されている子どもらしく神にならう者となりなさい」、私たちがその神にならう者となるべきことが書かれていて、ビンゴ!!でした。
いろんな育児書とか育児法とかあるけど、何よりもまず神様の前に出て、自分自身が神様に倣う者へと変えられることが、よい育児、子どもとの接し方に影響していくんだなぁ〜と気づかされました。
これも日課から遅れても止められない聖書通読の恵みです。

Profile