黄昏hisaの気儘エッセー

畑、ジャズ、料理、聖書、縄文時代など、hisaの部屋にようこそ!

横浜が好き!

関東に拠点をもとうと考えたとき横浜と決めていました。生まれ育った神戸と同じ
港町で空気が似ていたからです。そして”みなとみらい”によい物件が見つかり契約
寸前までいきました。ところがオーナーの心変わりで駄目になりました。本当にショック
でした。仕方なくというか縁があってというか~現在の東京のマンションになった
という経緯があります。
横浜に住むことは叶いませんでしたがよく遊びに行きます。特に”桜木町駅”から
汽車道遊歩道を歩き”ホテルナビオス横浜”で休憩、”赤レンガ倉庫”へのコース
はお気に入りです。

IMG_20181024_141021-400x300


IMG_20181029_141243-400x300


1541197981202345436227-400x300
                 昔の赤レンガ倉庫前  写真某ブログからお借りしました。

その赤レンガ倉庫で応援している画家、中西繁さんの「廃墟と再生」展が開催されました。
もう終了しましたがオープニングパーティには100人以上の方々が駆けつけました。
いままで各地で開催されてきましたが今回惜しまれながらFINALということです。

IMG_20181029_132111-400x300


IMG_20181029_132403-400x300


まだまだ見どころいっぱいの横浜!
ウチのマンションの窓かららランドマークが望めます。
今度の横浜散歩、どこに行こうかな~


神宮外苑 散策

秋晴れの一日!
神宮外苑界隈を散策に出かけました。
まず表参道交差点に、近くの青学に通っている孫娘を呼び出し待ち合わせ。
最近私が気に入っているお花いっぱいのイタリアンレストラン「表参道バンブー」
で孫娘とちょっと贅沢なランチタイム。

IMG_20181026_124647-400x300

IMG_20181026_130046-400x300

IMG_20181026_132313-400x300




孫娘と別れ、青山通りをウオーキング。この季節イチョウ並木は~?色づきはもう
しばらくの感じでしたがそれでもとても気持ちのよい並木道です。そして懐かしかった。
以前、住んでいた家から歩いて並木道の入り口のレストラン(以前はセランと言った)で
よくランチしてたことを思い出したのです。

IMG_20181026_141442-400x300


神宮外苑は工事中の「新国立競技場」、「神宮球場」など見どころはいっぱいです。
その中でも今日私の目的は絵画館、正式には「聖徳記念絵画館」です。
華やかさはありませんがシックで明治という時代に思いを馳せる~には十分な素敵な
建物です。内部にも初めて入りました。

IMG_20181026_142137-400x300

IMG_20181026_143554-400x300

300px-MeijiMemorial-picture-gallery-inside-nov22-2015


ほどよいウオーキングで心地よい神宮外苑散歩でした。
信濃町から電車で帰宅しました。



「奥の細道」に思いを馳せて~(芭蕉憧れの地、白河より須賀川まで)

過日、久しぶりに「奥の細道」の一泊二日の旅をしてきました。
実は白河は個人で歩きたいといろいろ調べたのですが、女ひとりで
歩くのは困難とあきらめいつものクラブツーリズムのツアーにお世話に
なりました。

1日目
私たちはバスで上野を出発、東北自動車を走り最初の訪問地
”境の明神”へ。
白河市と那須町の県境に建つ二つの神社、陸奥側は「玉津島神社」
下野側には「住吉神社」です。
芭蕉はここが奥の細道紀行でみちのくへの第一歩ということで感慨深いもの
があったようです。

IMG_20180718_111701-400x300


IMG_20180718_112053


IMG_20180718_112215



当時東北地方各地に”関”は設けられていましたが ”白河の関” は陸奥の
入り口として又旅情をかきたてる歌枕として特別な場所だったのでしょう。
白河の関跡の敷地内には”白河神社”が鎮座し、”白河の関の森公園”が
隣接しています。

 心もとなき日かず重なるままに、白河の関にかかりて、
 旅心定まりぬ。 
    ~
 秋風を耳に残し、紅葉を俤にして、青葉の梢なおあわれなり。
 卯の花の白妙に、茨の花の咲きそひて、雪にもこゆる心地ぞする。
 古人冠を正し、衣装を改めしことなど、清輔の筆のもとどめ、
 おかれしとぞ。
    ~


IMG_20180718_140503-400x300


IMG_20180718_140518


IMG_20180718_141934-400x300


IMG_20180718_143246-400x300



2日目
須賀川宿に芭蕉たちは結局七泊滞在している。須賀川宿の問屋で
俳人であった 相楽等躬の許に身を寄せることに。「長松院」に
等躬の墓があります。また俳人の 可伸の草庵を訪ねて蓮歌会を
開いたとされています。参加者は 芭蕉、可伸、等躬、曾良、等雲、
須竿、素蘭の7名。現在 ”可伸庵跡”の前庭として ”軒の栗庭園”
が設けられている。敷地内に芭蕉、曾良、等躬の像があります。

 とかくして越え行くままに、あぶくま川を渡る。
    ~
 この宿のかたわらに、大きなる栗の木陰をたのみて、世をいとふ
 僧あり。橡ひろふ太山もかくやとしづかに覚えられてものに書き
 付けはべる。
    ~
       - 世の人の 見付けぬ花や 軒の栗 -

 

IMG_20180719_105717-400x300


IMG_20180719_100822



この後芭蕉たちは等躬らに見送られ ”乙字ヶ滝”へ向かいます。
今回私たちが訪れた 乙字ヶ滝は水量が今までにないほど少なく
見栄えがしなかったのは残念でした。

       - 五月雨の 滝降りうづむ 水かさ哉 -

IMG_20180719_111443-400x300


IMG_20180719_124203-400x300





久しぶりの奥の細道歩きでしたが、充実した二日間でした。
私は行けるところから~という気持ちで、これからも奥の細道
をたどる旅を続けたいとおもいます。踏破できるまで何年かかる
でしょうか~元気でいなければね。




京都、小さな旅

先日、京都へ小さな旅をして来ました。
一日目
園芸研究家 富山昌克先生(トミー先生)の
講座「花散歩」に久しぶりに参加して来ました。行き先は "ガーデンミュージアム比叡"
猛暑の中、標高800m以上あるので少しは涼しいのでは〜と期待したのですがやっぱり暑かったです😧季節折々の花、ハーブが咲き誇リ園内にはモネ、ルノアール、ゴッホなどの陶板画が点在している素敵なガーデンです。
トミー先生、お仲間とお喋りしながらの散策でした。

IMG_20180727_145830-400x300

 
IMG_20180727_150233-400x300


IMG_20180727_151133-400x300


IMG_20180727_152921-400x300


IMG_20180727_150115-400x300



「花散歩」講座終了後、私が宿泊する京都駅中のホテル(グランビアホテル京都)の部屋で花散歩参加の友人2人と9時頃まで楽しい酒盛りをしていました✌️

IMG_20180727_094950-400x300


2日目
ホテルでの優雅な朝食をいただきすぐ目的の「高台寺」へのウォーキングをスタートしました。ホテルのチェックアウトは12:00なので時間はたっぷりあります。西本願寺などに立ち寄りながら三年坂、二年坂、ねねの小径と巡り「高台寺」に〜
「高台寺」は秀吉の正室ねねが秀吉の菩提を弔う為に創建したもので現在でも観光客で人気です。猛暑と坂もありかなりキツイウォーキングでしたが11:00前にはホテルに戻って来ることができました。
京都らしい風景に触れ素敵な小さな旅でした。

IMG_20180728_081239-400x300


IMG_20180728_092152-400x300


IMG_20180728_090519-400x300


IMG_20180728_091228-400x300






今、何故か縄文

現在私は東京滞在ですが、西日本は豪雨被害で大変なことになっております。
神戸の家のすぐそばに溜池がありますので心配でしたが何とか大丈夫のよう
です。

今回被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます!


c9988f26



上野の東京国立博物館で 「縄文・1万年の美の鼓動」が開催されています。
先日観に行ってきました。お天気も悪く地味な展覧会にもかかわらず
大勢の人が訪れていました。結構縄文フアンはいらっしゃるんですね。
火焔土器には、岡本太郎さんに ”芸術は爆発だ!”と言わしめただけ
あって気持ちの激しい高ぶりを感じました。土偶たちには、とにかく
可愛くてずっと昔から私を癒し続けてきてくれたのね~なんて思ったり
しながら観て回りました。”仮面の女神” ”縄文のビーナス” の展示は
7月31日からになりますのでまた彼らに会いに行かなくては~


DhTOVO0UYAMks8w


IMG_20180706_163117-400x300



縄文展の興奮冷めやらぬ2日後、映画「縄文にハマる人々」を観てきました。
華やかな若者の街、渋谷の狭間で昭和色の小さな映画館 ”シアター・イメージ
・フォーラム”で上映されていました。ここでもマイナーな映画にもかかわらず
結構来館者が多かったです。
1万年も続いた気候も温暖で平和な縄文時代は日本人のルーツです。
そして穏やかな人々だったのです。
映画では縄文好きの著名人たちが諸説を述べていましたが、文字もなく
絵も描かれてなく当時のことは結局何もわからず謎なのです。

175417_01


IMG_20180708_130734


この暑さの中、生き返らせてくれるのは私には縄文ときりっと冷えたビールです。(笑)

IMG_20180709_153248-400x300


                                           


「江戸ウオーキング」 3回

神戸のウチの菜園で夏野菜の植込みをして、その後の成長を見極めて
東京に戻ってきて3週間。一度神戸の妹から収穫した初夏野菜を送って
もらいましたが、その後の畑の状態が気になるところです。
梅雨に入り東京での生活は友人達との食事会や家族との交流、ジャズ
ボーカルのレッスンと適当に忙しく過ごしています。
そんな中、「江戸ウオーキング」
3回目:江戸ウオーターフロント 景色も雄大な隅田川河口散歩 を歩いてきました。

edd6e155


IMG_20180622_054309


八丁堀駅スタート、まず永代橋へ向かいます。橋は渡らず右側隅田川テラスをウオーキング。
丁度お昼時、サラリーマン達でしょうか~ベンチでお弁当をひろげている姿があちらこちらで
見られました。霊岸島水位観測所を経て南高橋を渡り、再び隅田川テラスに。佃大橋を渡り
石川島灯台跡、そして対岸のテラスを川のせせらぎを聞きながら~と言いたいところですが
この日はとても暑い日で風も強く日傘をさすのも大変、優雅な散策とはまいりませんでした。

IMG_20180622_120930-400x300


IMG_20180622_121058-400x300


IMG_20180622_122331-400x300


IMG_20180622_125242-400x300


ゴール地点、月島駅近くのお食事処で”鯵のたたき定食”とビールをいただいて帰宅しました。

IMG_20180622_131706-400x300


IMG_20180622_133840-400x300



以前、私の「奥の細道」歩きで 深川から千住まで隅田川沿いをかなりの距離を歩いたことが
あります。近年、隅田川は水も綺麗になり遊歩道(テラス)も整備され東京人にとって絶好の
ウオーキング・ロードとなっています。




6月の収穫

東京・神戸の二重生活も8年目に入りました。
今回の神戸滞在は一ヵ月以上と長かったのですが、一番畑仕事が
忙しい時であり雑草も超元気な時期でもあります。あっという間の
日々でした。その間個人的にはピロリ菌の除菌をはじめ一週間、薬の
副作用と禁酒ということで辛い日々でした。
又、東京に戻る直前に我が家のみ停電というハプニングにみまわれ
電気のない現在の生活がいかに大変かと思い知らされました。
停電したのが夜だったので暗闇の中、私の憧れの縄文時代を想像
しょうと努力したのですが無理でした。(苦笑)

畑は本当に賑やかでもう玉ねぎ、キュウリ、ピーマンなど収穫が
始まりました。そして今年のこの時期の豊作はニンニク、梅の実です。
ウチにいるとき私のランチはほとんどパスタなのでニンニクは本当に
有難いです。
梅の実は早速梅酒に~

IMG_20180531_081446-400x300


IMG_20180531_081237-400x300


IMG_20180531_094314-400x300


ウチの菜園の歴史は亡き夫がリタイヤした後野菜作りをはじめ、私はハーブを植え始め
ました。当時から根付いているハーブ達、季節折々良い香りを放ち私の料理の脇役とし
て楽しませてくれています。癒しのハーブ達に感謝です!


IMG_20180528_113056
           レモンバーム、オレガノ、バジル、タイム、フェンネル、ローズマリー、セイジ、
           ホリジ、カモミール、ニゲラ、ラベンダー


大阪「東光展」へ

この時期、妹と大阪市立美術館へ行くのは毎年恒例になっています。
「東光展」に出展しているお知り合いの方々の絵を観るためです。今年も皆さん素晴らしい作品で見応えがありました。

美術館をあとにして、大阪にお住いのジャズ友のS氏のご自宅にお邪魔をしました。Sさんお得意の「豚の角煮」をご馳走になりました。久しぶりのお酒もいただきとても美味しかったです。ビール好きの私ですがピロリ菌除菌のため一週間アルコールを控えていましたので〜

IMG_20180519_123506-456x523


IMG_20180519_123336-417x502


IMG_20180519_124117-400x300



庭や畑は花々が次々開花、賑やかな季節です。そして雑草とのバトルが苛酷な季節でもあります。😧
でも何事も楽しみながらをモットーに 畑パーティーをしたりね。

IMG_20180516_155552-400x300


IMG_20180516_155919-400x300


IMG_20180516_160103-400x300


「神戸078」

27日の歴史的とも言われる南北首脳会談のニュースに興奮冷めやらぬ中、日本はゴールデンウィークに入りました。
私はと言うと毎年この時期は趣味とは申せ神戸の菜園での作業が大忙しなのです。ですのでゴールデンウィークにはずっと無縁で過ごして来ました。
畑は今、花々が一斉に咲き出し百花繚乱といった感じです。夏野菜の植え込みも順調です。

IMG_20180426_105215-400x300


IMG_20180426_093607-400x300


IMG_20180426_093233-400x300


IMG_20180426_093351-400x300


IMG_20180428_121848-400x300



快晴で気持ちの良い日。
畑仕事ばかりだと飽きるしつまらないなんて思うと嫌なので〜ゴールデンウィークだし一日くらい遊びに行こうーと妹に声をかけました。
ちょうど神戸の街は「神戸078」イベントが開催中でした。一人友人も加わり3人で2会場を巡りました。

IMG_20180429_115835-400x300


IMG_20180429_145249



真っ青な空に海❗
そして音楽❗
神戸って最高❗
3人で美味しいランチ、そして私達お気に入りのホテル·ラ·スイートのテラスでビールを飲みながらお喋り。楽しい一日でした。

「神戸078」のイベント会場の一つ「メリケンパーク」は阪神・淡路大震災のメモリアルパークでもあります。被災した岸壁を当時のままの状態で保存しています。神戸の港も大変な被害をうけましたからね。

IMG_20180429_143840-400x300


IMG_20180429_144432-400x300


IMG_20180429_144558-400x300


門前仲町

娘一家が昨年11月、埼玉春日部から東京江東区門前仲町に引っ越しました。
娘から門前仲町は居酒屋🏮もたくさんあり楽しい街だよ〜とラインが入りました。早速私は東京駅から娘一家のマンションまでウォーキングをして来ました。途中大規模な神社があり驚きとともに今年の初詣はここに〜と楽しい気分でした。ところがこの神社は「富岡八幡宮」で昨年12月に宮司富岡長子さん他の刺殺事件で記憶の新しい事件現場だったのです。近くに娘一家が引っ越したばかりなのにとショックでした。

IMG_20180416_154110-400x300



先日、娘と門前仲町界隈を散策しました。
この辺りは富岡八幡宮旧深川区別当寺永代寺の門前町として17世紀から町屋が形成されたと言われています。江戸時代には伊能忠敬など著名人が多く住んでいました。一時期芭蕉さんも。私の「奥の細道」歩きもこの深川から始めました。

この日娘と隅田川沿いの素適なテラスレストランで美味しい地ビールを頂きながら心地よいランチタイムを過ごしました。

IMG_20180416_120256-400x300


IMG_20180416_121540-400x300


ランチの後、清澄庭園へ。
江戸の豪商 紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられています。後に荒廃した邸地を岩崎弥太郎が買い取り新たに庭園として竣工しました。庭園内に芭蕉の句碑「古池や かはづ飛び込む 水の音」を見つけ感激! 

IMG_20180416_142237-400x300


IMG_20180416_140417-400x300


IMG_20180416_141708-400x300


記事検索
最新コメント