黄昏hisaの気儘エッセー

畑、ジャズ、料理、聖書、縄文時代など、hisaの部屋にようこそ!

ユーカリの樹に別れを~

今年の冬至は12月21日だそうです。
元々冬至は収穫を感謝するお祭りで紀元後クリスマスと融合
したと言われています。冬至はその日を境に暗く寒い長い冬
から光が復活❗これから一日一日と春が近づく喜びの日でも
あります。冬嫌いの私も春が待ち遠しいです。

先日、我が菜園のシンボルツリーであるユーカリの樹を伐採しました。
30年ほど前だと思いますが私が園芸店で30センチ位の¨丸葉ユーカリ¨
の苗を買って来て植え込んだものです。それが今や20メートルほどの
大木に成長してしまいました。台風や強風のたびに枝が飛んだり倒木し
ないかとヒヤヒヤしていました。倒れる方向によっては電柱、電線、民家
に直撃の恐れもあるからです。大樹を伐採する事は御神木ではなくとも
後ろめたい気持ちになるものです。本当に残念ですが仕方ありません。
今まで畑のシンボルツリーとして楽しませてくれてありがとう❗です。

居間から眺めたユーカリ
IMG_20161202_45704


伐採の日
IMG_20161202_20839 

IMG_20161202_5387

IMG_20161202_32985

IMG_20161202_20451

IMG_20161202_2956

IMG_20161202_20236



ic_search

 最近、PKO、TPP、SNS、ASAP(最優先ですぐ)、AI(人工知能)など
英字の頭文字で略した言葉が多くて戸惑ってしまいます。
そして今回国会でIR法案なるものが採決されました。IR(統合型
リゾート法案) つまりカジノ法案です。以前から私はカジノは賛成でした。
ギャンブル依存症に~とかのご意見もありますが現存するパチンコ、
競馬などの方が身近で依存症になりやすい。カジノは超高級感があり
世界のお金持ちを呼び込むわけで自国の庶民には敷居が高い。
ただ世界ではすでにカジノは飽和状態で日本でこれからというのは
遅きに失した感があります。
ラスベガスに旅したことがありますがメッチャ楽しかったぁ~(笑)

 

「芝丸山古墳・丸山貝塚」

東京に拠点をもってからの楽しみは娘とのグルメ巡りに、ひとりでの街歩き!
特に街歩きは東京生活での生活の一部になっています。私の歩ける限界は
10キロちょっと。無理をしないというのが大切と思っているからです。何事も
やり過ぎは駄目です。現在の自分自身の体調、環境など考えてのことです。

先日の街歩きは住んでいる大崎から御殿山を経て品川駅前に、15号線を
いつもは銀座まで歩くのですが今回は三田から日比谷通りに入り「芝公園」
でランチして周辺を散策しました。増上寺、東京タワーそして何と!「芝公園」
に古墳があるのをご存知ですか~「芝丸山古墳」その麓には「丸山貝塚」も。
おぉ!!私の憧れの縄文時代の貝塚が・・・
都内には有名な大森貝塚があるのは知っていましたが「芝公園」内にもあった
とは感動です。芝丸山古墳は前方後円墳で南部蔵族長の墓と言われています。
古墳も貝塚も当時の姿はとどめていませんが。

IMG_20161110_24492


IMG_20161110_2757


IMG_20161110_32343


IMG_20161110_46327



古墳の頂の前方部には「伊能忠敬測地遺功表」が設置されています。
測量の起点が芝公園近くに高輪の大木戸があったことからと言われています。

tokyotower3m

丸山貝塚に出会った興奮冷めやらぬまま六本木駅までのウォーキング。
六本木駅から電車で大崎に、買い物をして帰宅しました。



  ic_search

トランプさんが次期アメリカ大統領に・・・は本当に驚きました。
アメリカは自由の国!広く移民を受け入れる寛容な国!というイメージでしたが
これからどうなるのでしょう。
ところでトランプさんは大統領の給与(年俸4300万円)を一切受け取らない
(1ドルのみ)と言っていますね。都知事の小池さんんも給与半額が議会でも
承認されました。貰おうと貰うまいといいのですが、しっかり働いてくれればね。

オリンピック組織委員会の森会長は「ボランティアでやっている」と言いました。
(日当は貰っていると思いますが)ボランティアだからといって、コストの計算も
できなかったでは都民として迷惑です。 報酬に見合った仕事をきちんとして
くれれば問題はないのです。



小型スピーカー

長いブランクを経て再び習い始めたジャズヴォーカルですが、3回目の
発表会を明日に控えています。発表会と言ってもパーティー・ライブ式の
飲食をしながらの楽しい会なのですが・・・
でも何だか落ち着きません。ブログ更新でちょっと気分を変えたいと
思います。(笑) 
レッスンの時いつも持参しているレコーダーに先生のピアノ伴奏とパー
カッションを録音をして自宅で練習をしているのですが、音が小さくイャホーンで
聞きながら歌ったりとイマイチ気分がでません。そこでスピーカーを買いました。
なかなかいいです。小型ながら音質も音の広がりもよく大満足です。
その成果があり明日の本番うまくいくといいのですが~ ハラハラ(汗)

IMG_20161103_6428



 ic_search

先日、孫が通っている大学の学院祭があり娘と行ってきました。
このような雰囲気は久しぶり!何といってもこのように若い人たちが大勢
いる中に紛れ込む経験は最近ありませんでしたので。ちょっとした感動でした。
つまり日常付き合っているのが自分の年齢に近い人達が多いということです。
たまには若者のエネルギーのおすそわけをいただくのもいいかも知れませんね。

IMG_20161103_46805




 

秋の花!御三家

神戸の庭の金木犀の香りに見送られ東京に戻ってきました。

神戸の田舎では秋の御三家の花が食卓を飾り、秋が深まってきたよ~
と、囁いてくれてるようでした。私が勝手に御三家と思っているだけですが。
コスモス、ホトトギス、シュウメイギク。


9e88e605


残念ながらここ東京のマンションではで遠出をしない限り余り季節の移ろいを
感じることはありません。ただ日が短くなり人々の装いなどにより秋が深まり冬に
向かっているんだな~
と冬嫌いな私は覚悟のようなものを感じてしまいます。大袈裟かもしれませんが。

神戸滞在中、大阪へ出かけました。久しぶりに大阪駅近くの「ホテル・モントレー大阪」
に一泊しました。神戸から大阪は日帰りの距離ではありますが時々ホテルに泊まりたく
なるのです。
その日は友人2人と妹、私と4人で大阪で知る人ぞ知るのおでん屋さん「花くじら」で
飲み会、その後ホテルの部屋で二次会を楽しみました。
翌日は妹とイベント中の ”うめきたガーデン” で花・花いっぱいのを観賞しました。
お花を堪能いたしましたが臨時に人工的に創られたガーデンですのでやっぱり
自然の季節を感じるという訳にはまいりません。ただビルと花という真逆の取り合わせ
が面白いですね。 小さな小さな秋の旅でした。

IMG_20161024_34625


IMG_20161024_1067


IMG_20161024_21286


IMG_20161024_37762




縄文の花

夏の賑わいを まだ惜しんでいる私ですが、季節はもう秋です。
夏草は力尽き彼岸花をきっかけに秋草にバトンタッチされたようです。
我が畑もすでに冬野菜の植え込み、種まきを終え 後は冬の食卓に
欠かせない鍋物用の白菜、葱、春菊、大根などの成長を楽しみにして
います。

IMG_20161006_33601



秋雨前線や台風の影響で雨が多く、したがって雑草逹がとても元気なのです。
草むしりをしながら 私が憧れている縄文時代につい!思いを馳せてしまいます。
これら雑草逹の中には縄文時代から脈々と受け継がれている草たちもいるのに
ちがいない。縄文遺跡からは主食とされていたと思われるクリ、トチ、ドングリ
エゴマなどの種や花粉は発見されていますが 花は、というと余りわからない。
縄文人は花を愛でなかったのでしょうか。お墓らしきものは存在しますので
死者を大切に葬った折りには花を手向けたのでは? どのような花を?
大変興味深いです。
彼岸花、ノゲシ、ハスなどは書物などから想像できます。
現代の世の中にあふれている華やかな美しい花ばなは、もとはと言えば雑草と
呼ばれている地味な野の花を交配を重ねて品種改良をしたものです。
選ばれたものと選ばれなかったもの。
お花屋さんに飾られた豪華な花、惜しげもなく刈られてしまう雑草❗



IMG_20161006_0246


IMG_20161006_21727


IMG_20161006_4472


IMG_20161006_7643





 

最近訪れたスポット!

東京滞在中は一人での街歩きや又友人や家族とは様々なところに
出かけるのですが~まだまだ知らない所、行ったことのない所が結構
あるものです。貪欲に、とかでなく無理をせず元気なうちは~的な軽い感覚
で楽しみたいと思っています。

   「紀尾井町ガーデンテラス」
老朽化した赤坂プリンスホテル跡に 紀尾井町タワー、紀尾井町レジデンス、
が新たな施設として5月10に開業しました。ただ東京都指定有形文化財の
≪旧李王家東京邸≫通称クラシックハウスはそのままのこされました。
最初に行ったときは友人と周りのお庭などの散策を楽しみましたが2度目は
娘とクラシックハウスのレストランでランチを楽しみました。素敵な雰囲気でした。

IMG_20160922_44116

IMG_20160922_14950


   「ケントス・YOKOHAMA」
”ケントス”はオールディ―ズ系のライブハウス・レストランです。
横浜の友人2人と行ってきました。私は銀座店には何度か行っていてちょっぴり
ハマっています。ミラーボールの下、60年~80年代の曲を生演奏、生歌を飲食
しながら聴くわけですがお客も自然に身体が動き踊り出すという~
私たちの年代にはディスコ時代を彷彿とさせてくれます。
バブル最盛期の”マハラジャ”やその後出現した”ジュリアナ東京”でのボディコン
女性の{お立ち台}は話題になりましたね。”ケントス”はそこまで派手ではありま
せん。(笑)ストレス解消にいいです。

index


   「迎賓館・赤坂離宮」
友人と四ツ谷駅で待ち合わせ小雨の中、比較的空いていると案内に書かれていた
11時ごろ迎賓館の前に~ ところが長蛇の列で本館入場まで1時間ちかく並びまし
た。ところが見学を終え帰る頃ほとんど人がいなくて空き空き。本当にタイミングと
いうのは難しいです。
かつて赤坂離宮として昭和天皇や今上天皇が一時期お住まいになられた以外
東宮御所として余り使用されていなかったようです。昭和42年に外国の賓客を
お迎えする我が国の迎賓館として赤坂離宮の改修が決定されました。
ネオバロック様式の西洋風宮殿ですがところどころに日本的な装飾が施され
ただ豪華で煌びやかなだけでなく品格もあり素晴らしいです。
この立派な建造物が5年の歳月と108億円の巨費が使われた~というのですが
ええぇー? まぁ~規模は違いますが”豊洲市場”は5000億、6000億でしたっけ。
桁が違う!何だかすっきりしないな・・・

IMG_20160920_34127

IMG_20160920_56693


無題

無題



ic_search

私の好きなフレーズ、「たかが~、されど~」 (笑)
ということで私を28年間ずっと見守ってくれている久ちゃんを紹介!
たかが、ぬいぐるみ されど、ぬいぐるみ
現在は人手に渡っていますが西神の家を設計してくださった建築士の方から
プレゼントされたウサギのぬいぐるみです。独り暮らしの寂しさという訳では
ありませんが時折ぬいぐるみにに話しかけてる自分にちょっとまずいな~

IMG_20160922_53159

 

ザ・ピーナッツ (帰り来ぬ青春)

若かりし頃、私は某鉄鋼会社のOLをしていました。会社にはいろいろなクラブが
あって私は「軽音楽部」に属していました。私と同僚のKさんとはその軽音楽部で
歌い手としてデュエットをさせてもらっていたのです。当時大学などでダンスパーティー
が盛んで私たちの軽音楽部も大活躍でした。
主なデパートリーはスタンダード・ジャズでしたが私とKさんは時々ザ、ピーナッツの
真似事などもしていました。私たちにとっては彼女たちはお手本でありファンでも
あったのです。

あれから年月が流れKさんとも疎遠になり ザ・ピーナッツのお二人も天国へ
旅立ってしまいました。人気絶頂時ありながら、双子の姉の結婚を機に潔く歌手の
道から退かれ残念ではありましたが人の人生はそれぞれだな~と思ったものです。
ザ・ピーナッツとしての最後のステージで今まで2人で1人のように歩んできた道のり
を歌詞にして歌った「帰り来ぬ青春」。最後のフレーズ、「さよなら姉さん、さよなら
妹よ」は泣けました。

この曲「帰り来ぬ青春」は私にとっても思いで深い曲です。
今、ザ・ピーナッツが歌っているものとシャーリー・バッシ―の歌を聴き比べています。
自分自身の青春と若き頃の友人たちのことを思い出しながら・・・
懐かしくそしてちょっぴり切ない気持ちでね。










「奥の細道」に思いを馳せて~ (黒羽、芦野の里・遊行柳 2 )

ツァー2日目のコースは~
那須温泉ー殺生石ー高久家(芭蕉二宿の地)ー芦野・遊行柳ー
雲岩寺

 この日最初に訪れた那須温泉神社前でハプニングがありました。
那須御用邸から東京にお戻りになる天皇皇后両陛下のお車がお通り
になるというので私たちはお待ちすることにしました。
私たちの前でゆっくり徐行、窓をあけて手を振って下さいました。
本当に間近で~感激でした。
 今日のツァーは幸先いいよと皆さんと喜びました。

 芭蕉たちは黒羽を立ち殺生石を目指したのですが降雨の為、高久家に
二泊しています。 私たちも殺生石に向かいましたが近づくと硫黄の臭
いがしてきました。鳥も虫もことごとく死んだと云う有毒ガスが漂う
中、殺生石が鎮座していました。もやがかかり幻想的な風景でした。

温泉神社
IMG_20160823_15724


殺生石
IMG_20160823_7193

高久家、子孫の方が説明をして下さいました。
IMG_20160823_35338

IMG_20160823_285

 
   [殺生石]
   是より 殺生石に行く。館代より馬にて送らる。此の口付きの
   男、「短冊 得させよ」と乞う。やさしき事を望みはべるもの
   かなと。~

            ー 野を横に馬牽き向けよほとゝぎす ー


いよいよ旅もクライマックス、遊行柳へ。
「遊行柳」は古来から歌枕の地として有名で芭蕉が尊敬していた
西行法師もここで ¨道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ 立ち
止まりつれ ¨ と詠んでいる。芭蕉にとっても憧れの場所でした。
そもそもこの柳が有名になったのは室町時代後期、能楽師の観世信光
が柳の精何々~の話を題材として謡曲「遊行柳」を演目としてから
と言われています。

   [遊行柳]
   又、清水流るゝの柳は、蘆野の里にありて、田の畔(くろ)に残る。
   此の所の郡守・戸部 某の ¨此の柳見せばや¨ など、をりをりに
   のたまひ聞こえ給ふを、いづくのほどにやと思ひしを、今日、
   此の柳の陰にこそ、立ち寄りはべりつれ。

            ー  田一枚植えて立ち去る柳かな  ー

IMG_20160823_2950


IMG_20160823_50854


IMG_20160823_11254

   

最後に「雲岩寺」を訪ね今回の旅は終わりました。
芭蕉が師と仰いでいた仏頂和尚が若い頃に修行した寺として知られて
います。それで芭蕉たちも遠回りしてでも訪ねたかったのでしょう。
広大な境内です。現在は 住職不在ということですがとても綺麗に整備
されていました。ボランティアがいるのでしょうか~

   [雲岩寺] 
   当国、雲岩寺の奥に、仏頂和尚山居の跡あり
   ¨ 竪横の五尺にたらぬ草の庵  結ぶもくやし雨なかりせば¨
   と、松の炭して岩に書き付けはべり と、いつぞや聞こえ給ふ。
   其の跡見んと、雲岩寺に杖を曳けば、人々進んで共にいざない、
   若き人多く、道のほど打ち騒ぎて、おぼえず彼の麓に到る。~


            ー  木啄 も庵は破らず夏木立  ー


IMG_20160828_3493


IMG_20160828_25896



 

「奥の細道」に思いを馳せて~ (黒羽、芦野の里・遊行柳 1 )

先日「奥細道」ツァーに参加してきました。
「奥の細道」歩きは、深川から日光まで歩き終わっていますので
今回はその先の玉生から黒羽、芦野の里までを一泊二日で~
ツァーですのでほとんどバスでの異動で楽なはずなのです。 
ところが私の持病であるアレルギーがでて鼻水にくしゃみで頭が
ぼぉ~として どこで何を見たのか~最悪の体調でした。
そんな中で取り合えず初日のコースを。
 
芭蕉は日光から黒羽を目指して那須野を進んでいました。玉生に
一泊していますが、無理に名主の家に入りて宿カル、と曾良が記し
ています。現在は草ぼうぼうの空き地になっています。

IMG_20160821_24958
 

その後、那須神社ー常念寺ー明王寺ー大雄時と巡り「奥の細道」で
長く滞在したという黒羽を散策しました。 

   [那須野] 
   那須の黒羽と云うところに知る人あれば、是より野越えにかかりて、
   直道を行かんとす。遥かに一村を見かけて行くに、雨降り日暮るる。
   農夫の家に一夜を借りて、明くれば 又野中を行く。~

那須の与一ゆかりの那須神社
IMG_20160821_26958


IMG_20160821_3818


茅葺きが美しく蓮の花も~大雄寺
IMG_20160821_27348

 
IMG_20160821_52939

 
 芭蕉の道
IMG_20160821_46340
 
IMG_20160821_50867
 

芭蕉の館
IMG_20160821_4332
 

黒羽城跡
IMG_20160823_25947
 

私たちその後、体験光明寺ー西教寺ー翆桃旧宅跡ー玉藻稲荷神社、と訪れ ました。
黒羽に14日間に わたり滞在した芭蕉と曾良は門人である翆桃、桃雪兄弟に歓迎を
うけ連歌会の開催や光明寺を訪れたりしています。
現在、翆桃旧宅跡の周辺は水田や畑で往時の面影はありませんでしたが近くに
墓地だけがのこされています。

   [黒羽]
   黒羽の 館代・浄法寺 何某の方におとづる。思ひがけぬあるじの悦び、
   日夜語り続けて、其の弟・桃翆など云うが、朝夕勤め訪ひ、自らの家にも
   伴ひて、親族の方にも招かれ、日を経(ふ)るまゝに、一日、郊外に逍遙して
   犬追物の跡を一見し、那須の篠原を分けて、玉藻の前の古墳を訪ふ。
   それより八幡宮に詣づ。~
            
            ― 夏山に足駄を拝む首途(かどで)かな ―

体験光明寺
IMG_20160823_57955

西教寺
IMG_20160823_46718

翆桃旧宅跡
IMG_20160823_33468

IMG_20160823_11549

玉藻稲荷神社
IMG_20160823_16898


この日、ホテルに入ってからもアレルギー症状は治らずフロントで薬局
を教えてもらったのですが遠くて諦め、直ぐ寝ることに。
翌日は何とか体調が戻り元気よくツァーを続けることができました。

 

百日紅

神戸の田舎
は雨も少なく猛暑続きで畑はカラカラの状態です。
すでに夏野菜収穫のピークは過ぎて、ズッキーニ、キュウリ
は終わりました。
暦ではお盆も過ぎ秋を迎える~ですがまだまだこの暑さは
続きそうですね。
今、庭の「百日紅」が満開です。長女が生まれた時に記念樹
として 植えたものです。45年以上経っています。
先月姉も亡くなり私自身の年齢も考えると感慨深いです。
年月の流れはとめることはできない。せめて残された
人生を 私らしく~かな。

IMG_20160819_9908



親戚のものからハートランドのビールをいただいた。🍺
ハートランドビールといえば思い出すのが「カフェパウリスタ」
です。今でも銀座に行けば立ち寄るお気に入りのカフェです。
こちらでハートランドビールを注文、グラスが気に入り、この
グラス売っていませんか?とお聞きしたら何と❗売ってはいま
せんが店長が新しいグラスを差し上げますと言っていると~
嬉しかったぁー
今日もかんかん照りの猛暑、キリッと冷えたハートランドビール
が超美味しいに違いない✌


IMG_20160819_32349






 
記事検索
最新コメント