黄昏hisaの気儘エッセー

畑、ジャズ、料理、聖書、縄文時代など、hisaの部屋にようこそ!

最近訪れたスポット!

東京滞在中は一人での街歩きや又友人や家族とは様々なところに
出かけるのですが~まだまだ知らない所、行ったことのない所が結構
あるものです。貪欲に、とかでなく無理をせず元気なうちは~的な軽い感覚
で楽しみたいと思っています。

   「紀尾井町ガーデンテラス」
老朽化した赤坂プリンスホテル跡に 紀尾井町タワー、紀尾井町レジデンス、
が新たな施設として5月10に開業しました。ただ東京都指定有形文化財の
≪旧李王家東京邸≫通称クラシックハウスはそのままのこされました。
最初に行ったときは友人と周りのお庭などの散策を楽しみましたが2度目は
娘とクラシックハウスのレストランでランチを楽しみました。素敵な雰囲気でした。

IMG_20160922_44116

IMG_20160922_14950


   「ケントス・YOKOHAMA」
”ケントス”はオールディ―ズ系のライブハウス・レストランです。
横浜の友人2人と行ってきました。私は銀座店には何度か行っていてちょっぴり
ハマっています。ミラーボールの下、60年~80年代の曲を生演奏、生歌を飲食
しながら聴くわけですがお客も自然に身体が動き踊り出すという~
私たちの年代にはディスコ時代を彷彿とさせてくれます。
バブル最盛期の”マハラジャ”やその後出現した”ジュリアナ東京”でのボディコン
女性の{お立ち台}は話題になりましたね。”ケントス”はそこまで派手ではありま
せん。(笑)ストレス解消にいいです。

index


   「迎賓館・赤坂離宮」
友人と四ツ谷駅で待ち合わせ小雨の中、比較的空いていると案内に書かれていた
11時ごろ迎賓館の前に~ ところが長蛇の列で本館入場まで1時間ちかく並びまし
た。ところが見学を終え帰る頃ほとんど人がいなくて空き空き。本当にタイミングと
いうのは難しいです。
かつて赤坂離宮として昭和天皇や今上天皇が一時期お住まいになられた以外
東宮御所として余り使用されていなかったようです。昭和42年に外国の賓客を
お迎えする我が国の迎賓館として赤坂離宮の改修が決定されました。
ネオバロック様式の西洋風宮殿ですがところどころに日本的な装飾が施され
ただ豪華で煌びやかなだけでなく品格もあり素晴らしいです。
この立派な建造物が5年の歳月と108億円の巨費が使われた~というのですが
ええぇー? まぁ~規模は違いますが”豊洲市場”は5000億、6000億でしたっけ。
桁が違う!何だかすっきりしないな・・・

IMG_20160920_34127

IMG_20160920_56693


無題

無題



ic_search

私の好きなフレーズ、「たかが~、されど~」 (笑)
ということで私を28年間ずっと見守ってくれている久ちゃんを紹介!
たかが、ぬいぐるみ されど、ぬいぐるみ
現在は人手に渡っていますが西神の家を設計してくださった建築士の方から
プレゼントされたウサギのぬいぐるみです。独り暮らしの寂しさという訳では
ありませんが時折ぬいぐるみにに話しかけてる自分にちょっとまずいな~

IMG_20160922_53159

 

ザ・ピーナッツ (帰り来ぬ青春)

若かりし頃、私は某鉄鋼会社のOLをしていました。会社にはいろいろなクラブが
あって私は「軽音楽部」に属していました。私と同僚のKさんとはその軽音楽部で
歌い手としてデュエットをさせてもらっていたのです。当時大学などでダンスパーティー
が盛んで私たちの軽音楽部も大活躍でした。
主なデパートリーはスタンダード・ジャズでしたが私とKさんは時々ザ、ピーナッツの
真似事などもしていました。私たちにとっては彼女たちはお手本でありファンでも
あったのです。

あれから年月が流れKさんとも疎遠になり ザ・ピーナッツのお二人も天国へ
旅立ってしまいました。人気絶頂時ありながら、双子の姉の結婚を機に潔く歌手の
道から退かれ残念ではありましたが人の人生はそれぞれだな~と思ったものです。
ザ・ピーナッツとしての最後のステージで今まで2人で1人のように歩んできた道のり
を歌詞にして歌った「帰り来ぬ青春」。最後のフレーズ、「さよなら姉さん、さよなら
妹よ」は泣けました。

この曲「帰り来ぬ青春」は私にとっても思いで深い曲です。
今、ザ・ピーナッツが歌っているものとシャーリー・バッシ―の歌を聴き比べています。
自分自身の青春と若き頃の友人たちのことを思い出しながら・・・
懐かしくそしてちょっぴり切ない気持ちでね。










「奥の細道」に思いを馳せて~ (黒羽、芦野の里・遊行柳 2 )

ツァー2日目のコースは~
那須温泉ー殺生石ー高久家(芭蕉二宿の地)ー芦野・遊行柳ー
雲岩寺

 この日最初に訪れた那須温泉神社前でハプニングがありました。
那須御用邸から東京にお戻りになる天皇皇后両陛下のお車がお通り
になるというので私たちはお待ちすることにしました。
私たちの前でゆっくり徐行、窓をあけて手を振って下さいました。
本当に間近で~感激でした。
 今日のツァーは幸先いいよと皆さんと喜びました。

 芭蕉たちは黒羽を立ち殺生石を目指したのですが降雨の為、高久家に
二泊しています。 私たちも殺生石に向かいましたが近づくと硫黄の臭
いがしてきました。鳥も虫もことごとく死んだと云う有毒ガスが漂う
中、殺生石が鎮座していました。もやがかかり幻想的な風景でした。

温泉神社
IMG_20160823_15724


殺生石
IMG_20160823_7193

高久家、子孫の方が説明をして下さいました。
IMG_20160823_35338

IMG_20160823_285

 
   [殺生石]
   是より 殺生石に行く。館代より馬にて送らる。此の口付きの
   男、「短冊 得させよ」と乞う。やさしき事を望みはべるもの
   かなと。~

            ー 野を横に馬牽き向けよほとゝぎす ー


いよいよ旅もクライマックス、遊行柳へ。
「遊行柳」は古来から歌枕の地として有名で芭蕉が尊敬していた
西行法師もここで ¨道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ 立ち
止まりつれ ¨ と詠んでいる。芭蕉にとっても憧れの場所でした。
そもそもこの柳が有名になったのは室町時代後期、能楽師の観世信光
が柳の精何々~の話を題材として謡曲「遊行柳」を演目としてから
と言われています。

   [遊行柳]
   又、清水流るゝの柳は、蘆野の里にありて、田の畔(くろ)に残る。
   此の所の郡守・戸部 某の ¨此の柳見せばや¨ など、をりをりに
   のたまひ聞こえ給ふを、いづくのほどにやと思ひしを、今日、
   此の柳の陰にこそ、立ち寄りはべりつれ。

            ー  田一枚植えて立ち去る柳かな  ー

IMG_20160823_2950


IMG_20160823_50854


IMG_20160823_11254

   

最後に「雲岩寺」を訪ね今回の旅は終わりました。
芭蕉が師と仰いでいた仏頂和尚が若い頃に修行した寺として知られて
います。それで芭蕉たちも遠回りしてでも訪ねたかったのでしょう。
広大な境内です。現在は 住職不在ということですがとても綺麗に整備
されていました。ボランティアがいるのでしょうか~

   [雲岩寺] 
   当国、雲岩寺の奥に、仏頂和尚山居の跡あり
   ¨ 竪横の五尺にたらぬ草の庵  結ぶもくやし雨なかりせば¨
   と、松の炭して岩に書き付けはべり と、いつぞや聞こえ給ふ。
   其の跡見んと、雲岩寺に杖を曳けば、人々進んで共にいざない、
   若き人多く、道のほど打ち騒ぎて、おぼえず彼の麓に到る。~


            ー  木啄 も庵は破らず夏木立  ー


IMG_20160828_3493


IMG_20160828_25896



 

「奥の細道」に思いを馳せて~ (黒羽、芦野の里・遊行柳 1 )

先日「奥細道」ツァーに参加してきました。
「奥の細道」歩きは、深川から日光まで歩き終わっていますので
今回はその先の玉生から黒羽、芦野の里までを一泊二日で~
ツァーですのでほとんどバスでの異動で楽なはずなのです。 
ところが私の持病であるアレルギーがでて鼻水にくしゃみで頭が
ぼぉ~として どこで何を見たのか~最悪の体調でした。
そんな中で取り合えず初日のコースを。
 
芭蕉は日光から黒羽を目指して那須野を進んでいました。玉生に
一泊していますが、無理に名主の家に入りて宿カル、と曾良が記し
ています。現在は草ぼうぼうの空き地になっています。

IMG_20160821_24958
 

その後、那須神社ー常念寺ー明王寺ー大雄時と巡り「奥の細道」で
長く滞在したという黒羽を散策しました。 

   [那須野] 
   那須の黒羽と云うところに知る人あれば、是より野越えにかかりて、
   直道を行かんとす。遥かに一村を見かけて行くに、雨降り日暮るる。
   農夫の家に一夜を借りて、明くれば 又野中を行く。~

那須の与一ゆかりの那須神社
IMG_20160821_26958


IMG_20160821_3818


茅葺きが美しく蓮の花も~大雄寺
IMG_20160821_27348

 
IMG_20160821_52939

 
 芭蕉の道
IMG_20160821_46340
 
IMG_20160821_50867
 

芭蕉の館
IMG_20160821_4332
 

黒羽城跡
IMG_20160823_25947
 

私たちその後、体験光明寺ー西教寺ー翆桃旧宅跡ー玉藻稲荷神社、と訪れ ました。
黒羽に14日間に わたり滞在した芭蕉と曾良は門人である翆桃、桃雪兄弟に歓迎を
うけ連歌会の開催や光明寺を訪れたりしています。
現在、翆桃旧宅跡の周辺は水田や畑で往時の面影はありませんでしたが近くに
墓地だけがのこされています。

   [黒羽]
   黒羽の 館代・浄法寺 何某の方におとづる。思ひがけぬあるじの悦び、
   日夜語り続けて、其の弟・桃翆など云うが、朝夕勤め訪ひ、自らの家にも
   伴ひて、親族の方にも招かれ、日を経(ふ)るまゝに、一日、郊外に逍遙して
   犬追物の跡を一見し、那須の篠原を分けて、玉藻の前の古墳を訪ふ。
   それより八幡宮に詣づ。~
            
            ― 夏山に足駄を拝む首途(かどで)かな ―

体験光明寺
IMG_20160823_57955

西教寺
IMG_20160823_46718

翆桃旧宅跡
IMG_20160823_33468

IMG_20160823_11549

玉藻稲荷神社
IMG_20160823_16898


この日、ホテルに入ってからもアレルギー症状は治らずフロントで薬局
を教えてもらったのですが遠くて諦め、直ぐ寝ることに。
翌日は何とか体調が戻り元気よくツァーを続けることができました。

 

百日紅

神戸の田舎
は雨も少なく猛暑続きで畑はカラカラの状態です。
すでに夏野菜収穫のピークは過ぎて、ズッキーニ、キュウリ
は終わりました。
暦ではお盆も過ぎ秋を迎える~ですがまだまだこの暑さは
続きそうですね。
今、庭の「百日紅」が満開です。長女が生まれた時に記念樹
として 植えたものです。45年以上経っています。
先月姉も亡くなり私自身の年齢も考えると感慨深いです。
年月の流れはとめることはできない。せめて残された
人生を 私らしく~かな。

IMG_20160819_9908



親戚のものからハートランドのビールをいただいた。🍺
ハートランドビールといえば思い出すのが「カフェパウリスタ」
です。今でも銀座に行けば立ち寄るお気に入りのカフェです。
こちらでハートランドビールを注文、グラスが気に入り、この
グラス売っていませんか?とお聞きしたら何と❗売ってはいま
せんが店長が新しいグラスを差し上げますと言っていると~
嬉しかったぁー
今日もかんかん照りの猛暑、キリッと冷えたハートランドビール
が超美味しいに違いない✌


IMG_20160819_32349






 

女性東京都知事誕生!

昨夜、都知事選関連のテレビを観ていて投票締め切りの午後8時になると同時に
「当確」が出たのには驚きました。小池百合子さんがダントツ291万票以上で当選、
初の女性都知事が誕生しました。
組織もなく女ひとりで短い期間に風をつくったというのは凄いと思う。
今まで政界の渡り鳥と言われながらも培われたしたたかさもね。
先進国ではイギリスのメイ首相、ドイツのメルケル首相など女性がトップとして活躍
しています。私はやっと日本の首都のトップに女性が~という思いがあります。

古い話ですが、女性解放運動家”平塚らいちょう”が「~元始、女性は実に太陽だった~」
との言葉をのこした1911年(青鞜)から35年もの月日をかけてやっと勝ち取った
女性参政権!それから70年。現在の若い女性たち、投票をすることがいかに大切かを
考えてほしい。

女性も男性も共に輝く社会を目指して小池さんにはしっかり頑張ってもらいたい。

IMG_20160801_32482




神戸東京との二重生活も長くなりましたが私はどちらも大好きな街。
先日目黒川沿いでイベントがあり娘と楽しんできました。夜風に吹かれながらの
ビールの味は格別。チラシを持って行ったので「品川懸ビール」の振る舞いを
受けました。
東京・品川最高!(笑)

yoichi_flyer_A4


IMG_20160801_57942



テレビ観賞

改まってテレビ観賞というほどではありませんがテレビを観ることが私の生活の一部に
なっていることは確かです。テレビ好きで長時間観る人は非活動的で認知症になる率が
高くなるなんて説もありますが・・・

私の楽しみはNHK・BSで朝7時から8時までの一時間。
まず「グレートトラバース・二百名山ひと筆書き踏破」です。田中陽希さんの頑張りに
理屈ぬきに元気をもらいます。
15分からは連続朝ドラの再放送「てるてる家族」これは余り面白くありません(笑)
30分からは現在高視聴率の「とと姉ちゃん」ですが、これは毎回とても楽しみにして
います。時代背景も懐かしさを感じますし、主人公のモデルと言われている大橋鎭子
さんが出版社を立ち上げ出版した雑誌「暮らしの手帳」は私たちの年代の女性にとって
とても身近でしたから。
45分からは俳優火野正平さんが視聴者の思い出の地を自転車で巡るという
日本縦断「こころ旅」です。秋までお休みになってしまいましたのでちょっと寂しいですが
他の時間でアットランダムに放映されると思います。日本にこんな風景が~と再認識
させられる場面も多くまた彼のウイットにとんだお喋りも楽しい。

という訳で”今日も一日無事に~”という貴重な朝のひと時なのです。
たかがテレビされどテレビで~す。

「グレートトラバース」
gt2_slide_1

gt2_slide_2

「とと姉ちゃん」
20160404143544

Kurashi-no-techo-number1-1948

「こころ旅」
火野さんイラスト

51jnulSALlL__SY355_





ic_search

都知事選もラストサンディーの24日、候補者たちも声をからしていることでしょう。
選ぶ都民も人気投票でなく好き嫌いでもなく、東京都のため本気で働いてくれる
人、都知事にふさわしい方を真剣に選ばないと~
ただ自分の思想信条のためというのは困りますね。
鳥越俊太郎さん、
サイゼリヤで食事をしたそうで、”サイゼリヤで食事をする人の気持ちがわかるのは
私だけでしょう”と庶民性を訴えたようですが・・・ 私もサイゼリヤフアンなので少し
親近感を持ちました。ですがSNSでの書き込みでは「サイゼリヤで食べるのは
貧乏人と言いたいわけ」「上から目線」「値段も間違えてる」となかなか厳しい!
増田寛也さん、
この方、華がない!
小池百合子さん、
この方は、細川護煕さん、小沢一郎さん、小泉純一郎さんとその時々の最高権力者
近づき政界の渡り鳥を言われていたのは皆さんご存知ですね。でも都知事選では
組織もなく女ひとりで必死だと思います。銀座で小池さんの街頭演説を聞いてきました。
発想力もあり東京オリンピック・パラリンピックを考えると語学などもね。イギリスも
ドイツも韓国なども女性がトップ、アメリカもヒラリーさんになるかも。
さぁ~女性都知事の誕生は?

さて、どなたに 

IMG_20160724_15784




雑草とのバトル

先月の25日に神戸の田舎に帰ってきて今日は早や7月の6日です。
とにかく草ぼうぼうの庭や畑を何とかしなければ~と日々草取りに
励んでいます。暑さとの戦いもありますが蚊の襲撃は困ったものです。
周りに蚊取り線香を吊るしての草取りです。

夏野菜は順調です。ですが、キュウリやズッキーニは1日採り忘れる
と育ち過ぎお化け~になってしまいます。収穫時期は一気にやって来
て一気に去ってしまいます。ということで、食卓は毎日キュウリ、
ナス、トマト料理でうめつくされているのです。
幸せでもあり、うんざりでもあり(笑)

IMG_20160706_37152


IMG_20160706_47892




ic_search

一昨日 姉が亡くなりました。
姉はいくつかの病を抱えていて入退院を繰り返していました。
たまたま息をひきとったのが自宅でした。すぐ救急車で病院へ~
ところが自宅で亡くなったということで変死扱いなのです。
警察の事情聴取、大学病院へ搬送検視、自宅の捜索と甥逹は大変
でした。甥家族は本当に優しい介護をしていました。何だか税金の
無駄使いをしているようで、、、、
現在家族間で介護による様々な事件があり、一応調べるのですね。
生きるものはいずれ死を迎える~わかっているのですがとても
悲しく空しいです。
季節は本格的夏、そしてお盆を迎えようとしています。

IMG_20160706_1392


IMG_20160706_43622


IMG_20160706_5568


梅酒

神戸の田舎で留守を守ってくれている妹が畑で収穫した梅、キュウリ、
ズッキニーを送ってくれました。
特に早春に純白の花を楽しませてくれただけでなく、メジロやいろんな
鳥たちの訪問をうけ私を和ませてくれた我が家の梅の実がほしかったのです。
今回は「梅酒」に生まれ変わらせましょう・・・

IMG_20160612_124103


IMG_20160615_48386



ic_search

舛添東京都知事が辞職しました。
某週刊誌の記事が発端で東京のみならず全国で大騒動になった舛添問題。
違法なわけでもなく巨額なお金が動いたわけでもないのに大変な騒ぎになった
のは彼がおそらく庶民感覚を甘く見ていたからでしょう。
家族を含めた公私混同は一番有権者にとって頭にくるのです。

以前の石原都知事も公私混同はありましたし あの横柄な態度、私は嫌いでした。
ただ日本の首都のトップは都民のために何をしたのか、何をしてくれるのか~
が重要なのです。
当時の石原都知事は結構色々な功績があります。賛否はあるでしょうけどね。
都財政黒字化、排ガス規制、電気・ガス・水道工事一本化、害鳥の駆除、学区撤廃、
羽田空港拡張・国際化、東京マラソン、築地市場移転計画などなど~

舛添さんの2年4か月何をしたのでしょう~ちょっと思い浮かびません。
最初、介護問題、待機児童問題にとても意欲的だと期待していたのですが
視察すらなさってないようで。ああそう言えば東京の一等地の都立高校の
跡地を韓国学校へ提供なんて~記事がありましたね。介護施設や保育園
ではなくね。

メディアというのは真実の追及、そして正義を!なのでしょうが一方
人民裁判的なつるし上げを拡散する恐ろしさもあります。
社会の片隅でひっそり暮らしている私(笑)などはいいのですが政治家や
有名人はメディアにつけ込まれない様に身辺をきれいにしてご用心遊ばせ~
ということでしょうか・・・



「川端康成・コレクション」展

以前、このブログで「縄文食体験」を書きましたが私は日本人のルーツ
である縄文人に憧れを持っています。縄文時代の土器や土偶に触れる
ことでなぜか癒されるのです。
先日”東京ステーション・ギャラリー”で「川端康成・コレクション」展を観て
きました。東山魁夷の絵やロダンの彫刻など素晴らしいコレクションでし
た。でも私のお目当てはハートの形の顔を持つ土偶(女子)でした。
土偶は何の目的で~どのような世界観で~作られたのか?など謎めいた
ところにまた興味をそそられます。
土偶(女子)との楽しい対面をしていい気分で東京駅から大崎のマンション
まで歩いて帰りました。心地よいウオーキングでした。
約13km

IMG_20160615_26319


m_E5B79DE7ABAFE58699E79C9F


IMG_20160615_3900



  

記事検索
最新コメント