2007年06月17日

「水生植物園 みずの森」で

水生植物園

「花散歩」(園芸研究家、富山昌克さんプロデュース)で滋賀の「水生植物公園 みずの森」に行ってきました。13haに及ぶハスの群生地に隣接する、水生植物と人とのふれあいをテーマにした公園です。梅雨入り直後でお天気が心配でしたが晴れ間も見え汗ばむほどの陽気で、琵琶湖からの風がなんとも心地よい最高の花散歩でした。

ハスの開花は7月中旬からということで湖面一面に咲き誇る花ハスの絶景は次回訪問のお楽しみにしましょう。

蓮の群生

京阪神地方の水がめ的役割を果たしている琵琶湖ですが、日本にとって歴史的にも貴重な湖なんです。琵琶湖はバイカル湖、カスピ海に次ぐ3番目に古い「古代湖」なんだそうですね。縄文、弥生時代から交通路としてつかわれていたようで当時の丸木船が出土しています。

琵琶湖は私にとっても思い出深い湖で、若かりし頃はボート部の選手だったボーイフレンドの応援に、そして若かりし頃でない頃はよく亡き夫のお供で。(笑) 旧制の三校出身の夫は「琵琶湖周航の歌」が大好きでした。今ではこの歌は夫の鎮魂歌となってしまいましたが・・・

ハスの花の群生は見れませんでしたが、様々な湿生植物を楽しんできました。特に多種多様なスイレンは圧巻でした。

ニンフェア

ニンフェア カエルレエア、古代エジプトで「青スイレン」と呼ばれ最も好まれた植物。

写真では左にしぼみかけているのが見えるでしょうか。

 

フォックス

フォックス ファイヤー、2003年に作出されたまだ数が少なく、ここでが日本初公開だそうです。

 

 

ヒツジグサ

ヒツジグザ、滋賀に自生する原種の野生スイレン。未(ヒツジ)の刻(午後2:00頃)開花するというのが名前の由来とか。

 

 

                           

翌日は、JAの市場館である「六甲のめぐみ」で、富山先生のフラワーアレンジ教室が開催されると聞き、私の妹や「花散歩」のお仲間とかけつけました。園芸研究家でいらっしやる先生のアレンジ教室ということで新鮮な気持で拝聴いたしました。

トミーアレンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がフラワーアレンジに出会ったのはずい分昔、?十年前、東京在住の頃、吉祥寺というところで日比谷花壇による「洋の生花」教室でした。当時、日本伝統の生け花しか知らない私達にはオアシスなるものにどんどん花首を切って挿して行く斬新さに驚いたものです。でも太陽に向って咲く野の花が自然のアレンジというのが基本で、季節を感じ野の香りを感じる生け方をー と教わりました。時代は流れているようです。先生のお話では、最近は活け花というより花を素材としての造型というかオーナメントのようなアレンジが好まれるとのことでした。

sさんアレンジ

Mさんアレンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左はSさんのアレンジ、右はMさんのアレンジ、どちらも素敵ですね。

 



isaien at 08:08│Comments(27)TrackBack(1)菜園 植物 季節 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 園芸関連ブログさん  [ GREENS ]   2007年06月17日 14:21
こんにちは。園芸関連のリンクを集めていて、トラバつけさせて頂きました。また、遊びに来させて頂きマース♪

この記事へのコメント

1. Posted by ki-rin   2007年06月17日 11:29
こんにちは♪
みずの森、素敵なところですね
↓私はHISAさんが行かれたところに行きたくなってしまいます〜(笑)
滋賀ですね・・・ちょっと遠いけど蓮の花が咲くころに
是非行ってみたいです
睡蓮にも沢山の種類があるのですね
どんなお花にも種類が沢山あることを最近やっとわかり始めました
今までは名前も知らないまま、ただ綺麗ね〜と見てるだけでしたが
ブログを始めて、皆さんから教えていただき少しずつ勉強しています(^^)
覚えられないのが難点ですが・・・
アレンジのお花、どちらも可愛いですね♪
2. Posted by 自然を尋ねる人   2007年06月17日 13:59
 学ぶ場所は探す気になればどこにでもあると言うことを教えてもらいました。
水辺の植物をホタルの為に探しています。
又蛍がすきな木も探しています。
昨日鳥取のホタル研究会でいろいろ教えてもらいました。
山の小さな川に睡蓮はまずいでしょうがビオトープには睡蓮は良いかも分かりません。
3. Posted by 菜園ブログ   2007年06月17日 16:32
 青い空を写した静かな水面の色と、浮かぶ花々が合っていて気持のいい眺めですね。 昨年7月末、不忍池を埋め尽くした蓮の花がきれいでしたが、写真の広い湖面一杯に咲いた光景は、それこそ絶景でしょうね。
 hisaさんも「琵琶湖周航歌」には想いがおありのようですが、この歌詞と節回しは不思議な力を持っているようです。 いまだに集まると歌いますし、歌うとその当時の気持になります。この秋も、琵琶湖の畔で集まり、この歌をうたいます。
4. Posted by アコ   2007年06月18日 00:22
この蓮の池すばらしいですね。
みずの森こんなところがあったのですね。
蓮の群生ならずともフォックスファイヤー、ひつじぐさの由来など知ることが出来ました。
かなり広いんですね。この場所で開花が進んで群生となったとききっと天国に来た見たいと思うかもわかりませんね。
なつかしい琵琶湖の思い出とともに私までうれしく思ってしまいました。
それぞれのアレンジフラワーもすてきです。
すてきな場所などの遭遇に感謝いたします。
5. Posted by spa   2007年06月18日 08:51
13ヘクタールというとすごい広さですね。普通の公演とか花畑は多いのですが、水生の植物園でこう広いのはめずらしいです。
琵琶湖は古代湖というのは初めて知りました。それも3番目に古いとは。
歴史が積み重なった琵琶湖は魅力がありますね。
6. Posted by HISA   2007年06月18日 11:35
ki-rin様

こんにちは!!
本当にスイレンの種類の多さには驚きました。
大きく分けて、熱帯性スイレンと耐寒性スイレン
があるんだそうで、温室で育ててるのが熱帯性
スイレンでとても大きく色鮮やかです。

きっとフランスの「モネの庭」のスイレンは耐寒性
で、早く花が閉じちゃうと思うので見に行くときは
午前中がいいかも・・・ いつ見に行くんやー(笑)

ki-rinさん、滋賀は近いですよ。


7. Posted by HISA   2007年06月18日 11:54
自然を尋ねる人様

何故か人は、水があると癒されます。そして水草に
蛍が飛んでいたら言うことなしですね。蛍さんは
どういう水草がお好きなんでしょうね。

ここの水生植物園には、華やかなスイレンやハスだけ
でなく地味だけど水を浄化してくれそうなジュンサイ、
ガガブタ、アサザなどの水生植物が見られ、私はこの方に
心惹かれました。
8. Posted by HISA   2007年06月18日 12:21
菜園ブログ様

私達はいつも畑で土に触れていますが、たまには
水辺もいいですね。水と花の風景はほんとうに和みます。

琵琶湖を見ると「琵琶湖周航の歌」がすぐうかびます。
この歌は本当は故郷の諏訪湖を思いながら作詞したそう
ですけどね。

生前夫もお仲間と琵琶湖畔で真面目な顔をして歌って
おりました。懐かしいです。
9. Posted by HISA   2007年06月18日 13:50
アコ様

今回は残念ながらハスの花を見ることができません
でしたが、満開になりますとホント!天国に・・・
と思うかもしれませんね。実際の天国行きはもう少し
待っていただきたいですけどね。(笑)

時代とともに人々の好みも変るのでしょうか。
お花そのものも、だんだん華やかに変ってきてい
ますものね。一重が八重になり、どの花も薔薇に
近づいているように思うのですが、そう思うのは
私だけかしら・・・

10. Posted by HISA   2007年06月18日 14:05
spa様

どんな植物でも群生している様は見事ですよね。
ハスの花が咲きそろう頃、絶対にもう一度行こうと今
、心にきめています。

琵琶湖は日本の宝ですから、みなさま水質の浄化に
努力されています。で、この水生植物公園も啓もう
の役を担っているかもしれませんね。日本古来の
水草で絶滅の危機というのも少なくないようです。
11. Posted by bongo   2007年06月18日 22:02
【ミズノ森】 素敵なところですね。
睡蓮が満開になったら 見事でしょう
是非又見に行かれるとよいですね。
睡蓮の花 色々あるのですね、ヒツジグサは午後2時ごろに開く と 面白いですね。

琵琶湖が3番目の古代湖だとは・・・・ 驚きました。
何とかいつまでも きれいな湖であるように 皆が
心掛けて水質の浄化に努力して行かなければなりませんね。
12. Posted by bijinbuta   2007年06月18日 22:43
富山先生の解説での観賞は、
贅沢〜!最高〜!、
いいなぁ〜と、とても羨ましく思いました。

滋賀県は素晴らしい場所がいっぱいですよね〜、何度も訪れたい地です。
ピンク色の蓮は湖東、烏丸半島のすぐ脇の湾のようになっている場所に群生していますね。
昨年の7月下旬だったかにまいりましたが素晴らしかったです。
日本最大のスケールだそうですね〜。
琵琶湖って本当に大きくて、水平線が遥か彼方〜。
海と間違えてしまいそうですね。

植物園や淡水水族館など、とても大好きです。
13. Posted by HISA   2007年06月20日 06:44
bongo様

梅雨に入り、あっ!という間に夏ですね。季節
の巡りがナント早いこと。

ハスの花の群生は是非見たいと思っています。
不忍池のハスも見事だそうですよ。

今ほど、温暖化をはじめ環境問題が世界的に
叫ばれていることはないですね。まず人間に
とって大切な海、川、湖の水を守りたいです。

沖縄の海は絶対に!いろんな壁があって大変ですが・・・
14. Posted by HISA   2007年06月20日 06:54
bijinbuta様

いつも楽しく「花散歩」しています。最近は
ほとんど皆で先生を囲みランチをいただいてから
の散策なんですよ。一緒にお食事をするとお仲間
達とも親しくなりますね。

以前、bijinbutaさんがここのハスの花の群生の
様子をアップしていらっしゃいましたね。その時
から私、一度行ってみたいと思っていたんですよ。

今回は時期が早すぎお花が咲いていなかったので
再度トライですね。かなり力が入っているでしょう。(笑)
15. Posted by なずな   2007年06月20日 07:12
お声をかけて頂いたので、「六甲のめぐみ」での
フラワーアレンジ教室に参加できました。
フラワーアレンジはじめての体験でしたが、
アドバイスをして頂いてなんとか出来ました。
ありがとうございました。
16. Posted by HISA   2007年06月21日 06:15
なずな様

「六甲のめぐみ」でのフラワーアレンジ教室は
富山先生の知らなかった一面も見え楽しかったですね。
あんなに豊富なお花を使ってのアレンジ教室は幸運だっ
たかもしれませんよ。

初めてのアレンジにしては、貴女らしいピュア―で
ほっこり感がでていて素敵でした。

次回はどこにご一緒できるのかしら〜 楽しみですね。
17. Posted by ryuji_s1   2007年06月21日 10:10
HISAさん
素晴らしいところですね行って見たくなりました

アホ・ブランコ
覚えやすい名前ですね

葡萄のあまずっぱさが凄くスープに合います、
楽しんでください、
18. Posted by jugon   2007年06月21日 11:07
こんにちは

梅雨入りしてから、さっぱり雨が降らないばかりか、とっても良いお天気に恵まれています(笑)

6月は植物が活き活きして見えます。

蓮のお花は咲くときにポン!って音がするって聞きましたが本当でしょうか?
そう言えば、不忍池には蓮がいっぱいありますね。夏には行ったことがなくて、あの大きな実(種?)がニョキニョキ出ているのしか見ていませんので、今年は忘れないように見に行ってみます。

羊草は、羊っぽくないのになぜそんな名前かな〜?ってちょっと思っていましたので、謎が解けました。
19. Posted by みっちゃん☆   2007年06月21日 16:33
こんにちわ〜。^^
先日は、フラワーアレンジでお世話になりました。
ありがとうございました。
おかげ様で、楽しい時間を過ごしました。

その後のお茶の時間も楽しかったです。
私たちだけ少しハイテンション??でしたでしょうか???(笑)
冷たいミックスジュースおいしく頂きました。

Sさんの携帯にあの日のフラワーアレンジを
送らせてもらいました。
よろしくお願いします。

梅雨の晴れ間、お元気でお過ごし下さい。
また・・・。
20. Posted by kazuba   2007年06月21日 23:35
びわ湖畔にある水の森はいろいろな睡蓮が咲いているのですね。
フォックス ファイヤーの色もいいですね。
前に琵琶湖畔のホテルに泊まった時窓から地平線(?)が・・・
広ーい湖だと実感しました。3番目に古い「古代湖」なんですね!

琵琶湖での若かりし頃、若くない頃の楽しいHISAさんの思い出 いいですねー♪

フラワーアレンジ、ん十年前から吉祥寺の日比谷花壇での「洋の生花」成るものがハシリなのでしょうか?
先駆者でいらっしゃた訳ですね。

ところでトミー先生は「園芸研究家」と言うより俳優さん?
と思われる様な容姿でいらっしゃいますね。
失礼だったらお許し下さい。
楽しい2日間をお過ごしでしたね。



21. Posted by kazuba   2007年06月21日 23:38
のコメントの訂正です。
琵琶湖には地平線はありませんよねー
水平線でした。(いつものそそっかしさです)
22. Posted by HISA   2007年06月22日 06:18
ryuji_s1様

ハスの花が埋め尽くすと壮観だとおもいます。
天国より琵琶湖はずっと近いのでいらっして
くださいね。

アホ・ブランコ、この名前、実際に作るまで
頭から離れません。(笑)

23. Posted by HISA   2007年06月22日 06:33
jugon様

おはようございます!

雨が降ってくれないので畑がカラカラで〜す。
特にうちのこのあたりは雨が降らないのです。
今日も降らなければ水かけ頑張らないと!

ハスの花の咲くとき、ポン!はないと園の方
はおっしゃっていました。あの広大なハスの群生
の花が咲くときポン!ポン!ではうるさくってし
ょうがないでしょうね。(笑)

花もいいですが、私はレンコンが大好きで、最近
は和食だけでなくフレンチなどの付け合せによく
でてきますね。両親が熊本なので、「からしレンコン」
が故郷の味かな。
24. Posted by HISA   2007年06月22日 06:48
みっちゃん様

コメントありがとう!

富山先生のお陰で貴女のようなお若い方と
お友達になれて嬉しいです。

以前、うちでフラワーアレンジを楽しむ会を
定期的にしていました。花を生けた後、テーブル
セッティングの勉強を兼ねて食事会(パーティー)
をします。当時もお若い方がいらってしてくれて
いました。

フラワーアレンジに興味、もたれましたか?
機会はあったらまたご一緒にお花を生けましょう!
花より、また終わりなきテーマのおしゃべり会に
なりそうですが・・・(笑)
25. Posted by HISA   2007年06月22日 07:15
kazuba様

おはようございます!

琵琶湖は貴重な日本の湖ですので、いつまでも
綺麗でいてほしいですね。日本古来のヒツジグサ
も「琵琶湖周航の歌」にイメージの一つとして
書かれたと言われています。

私は誰もしていないこと、誰も知らない
ことに興味を覚えるようでケーキ作りもハーブも
テーブルコーディネイトも誰もがするようになると
ちょっとつまらなくなります。(笑)

kazubaさんのお言葉、トミー先生、お喜びになると
思いますよ。何せ一際自意識〜? いえ、ピュア―
な方ですから。
26. Posted by patapataことS   2007年06月22日 21:12
ご無沙汰してごめんなさい。あいかわらずパタパタ?バタバタ?してました。水生植物園、フラワーアレンジメントどちらも楽しかったですね。アレンジはHISAさんのおかげで完成しました。本当に有難うございました。
その前に昭和時代とアレンジが変わっているという
富山先生のご説明に驚いた私でした。お店の特徴かと思っていたら、やはり流行ってあるんですね。
オカマトミーに興味あり出かけましたが、内容が濃くて
あっという間にすぎましたね。
帰りにホテルの素敵なフラワーショップも楽しめましたし、お茶、ケーキご馳走にもなり、晩はライブもご一緒でき楽しく優雅な一日となりました。有難うございました。HISAさんのおかげで心豊かな世界を体験させていただいています。今後もよろしくお願いしますね。
27. Posted by HISA   2007年06月24日 06:24
patapata様

歌をご一緒に歌う時間だけでなく花をご一緒に愛でる
時間も共有でき嬉しいです。

先日は花をふんだんに使ってのアレンジ教室、よかった
ですね。何事にも現代風はありますね。うまく流行は
とり入れ自分らしさを表現するのがセンスでありオリジナリティーなのかもしれません。

これからも楽しいことを見つけ楽しみましょう!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔