記事の情報および判断について
正確性・安全性なそ一切の
責任を負わない。


って書いときゃ〜いいって
ことでもないでしょう。
(しかも小さく)

ちょうど先日、NHK
ニュースチェック」を
見てて大笑いしました。
特集ダイジェスト参照)

IMG_3652












結局、先ほど当のDeNA社長、
謝罪してましたが、根本的に
科学的に根拠のないことは
自己責任で処理しかありません。
1年ほど前にご紹介しましたが、
差別につながる恐れもあります。

竹田先生も言います。


経営理念・企業理念など
 根拠のないモノに惑わされないよう」


経営理念・企業理念などと、
前半部分の具体的な
ことは今回、別にして
「根拠があるかどうか」と
思索・判断しなければなりません。
責任ある立場の経営者なら
当然のこと&それを分かって
いながら、経営者・起業家の
支援をするなど〜無責任者

このあたり、詳しくは年末に
話していただきましょう。

ランチェスター経営(株)の教材
「社長のリーダーシップ」CD

DSC02020

その「人間関係能力の高め方」
より、一部をご紹介。


6.社長は公私混同をせず
   自分を例外にしない


仕事ができる従業員が会社を
辞める理由で1番多いのは、
「社長の人格のなさ」に
失望するときです。

そして、その原因で最も大きい
のが、社長が自分を例外にして
公私混同をする場合です・・・


これと同様のことが、以前に、
その名前の勉強会のテキスト
として使用した竹田先生の著書
ランチェスター社長学」でも

021ac718[1]










その「社長の人徳能力を高める」
の中からも(一部を抜粋して)、


2.約束を守る能力を高める

約束をする1番目の対象は、
従業員に対してである。

・・・社長の中には、以前に
従業員との約束をいとも簡単に
破る人がいる。こうした約束
破りを再々していると従業員は
社長を信用しなくなる・・・

こうなれば、実力がある人は
社長に愛想を尽かし、大事な
得意先をもって独立したり、
競争相手の会社に就職する
ので、いい人材はいなくなる。

ところが、こういう社長に
限って「いい人材がいない」と
グチをこぼすから手に負えない。

・・・そんな社長の対応は、
仕入先や販売先(お客さん)
にも同じである。

・・・いずれ良い得意先から、
取引を切られ出し・・・
・・・お客さんからの紹介など
全くなく、逆に売れば売るほど
クレームの嵐に・・・

徐々に競争力が落ちていく。

*本文中は逆の意味合いで。


(元・社長は全く該当しませんが)
私も、いとも簡単に約束破りを
再々されるお客さんがいるので、
そろそろ〜とは思ってます。

今までの経験で起業家であれば、
これに該当した多くの方々は、
音信不通になり、本当に
消えてしまうのですが・・・
ただ「天狗にならないように
との戒めには必要かもです。
(それより先にその会社が消える?)

昨日に開催の、復習中心の
「熟考ランチェスター法則」
勉強会、11月の<前半>に続く、
その<後半>昼の部でした。

DSC08100













話しっぱなし&聞きっぱなしの
ため、残念ながら写真を撮る間
がなかったので、終了間際の
数枚だけとなりました。

 ↓しかも名刺交換シーンまで↓

DSC08101DSC08102







今回は、今まで勉強された内容の
復習と同時に、参加者にとっては
年末に開催する竹田先生セミナー
勉強会の予習としての位置づけ。
また、私にとっては作成中の
事前ワークシート」の内容を
最終チェックする位置づけでした。

特に、竹田先生のセミナー案内で、
(いつものことですが)


業績=戦略分野70%、戦術分野30%

*それと同様に(対比するように)
  生産性=効果性70%、能率性30%
 

と記してます。

もしも、この「戦略分野」が、
「目的・目標の設定」を含めた
「広義の戦略」であれば、


業績=戦略分野86%、戦術分野14%

 *故に「6対1」


が正しいウエイト付です。

そうなってないので、先の
「戦略分野」は「狭義の戦略」と
戦術のウエイトとなります。

ですから今回、竹田先生には
「目的・目標の設定」を含まない
狭義の戦略」についての話しを
お願いしてますが・・・

7b2eb366-s[1]










とのことで、勉強会では事前に、
「戦略☆名人」DVDの中で
言及される「狭義の戦略」が
どの部分なのかを、参加者と
再確認していきました。

それは、「仕組」作りを除くと
残念ながら、ほんのわずか
しかありませんでした。
(ある訳ないよ〜との声も?)

4post3













このままでは年末セミナーで、
肩すかしを食らいことも想定に、
直前の「差別化計画」勉強会で、
「狭義の戦略」にも言及するよう
準備したいと思います。

たとえ、ニッチな目標を設定
したからと言っても、実行が
伴わなければ、決して成果が
出ない・・・どころか、逆に
マイナスとなることもありえます。
それが2乗作用の怖さ。

下記は↓YAHOO!知恵袋より


Q:国家資格に「中小企業診断士」と
  いう難関の経営コンサルタント
  資格がありますが、あの資格を
  持つことによるメリットとは
  何ですか?


先週末の建築・リフォーム業
ランチェスター戦略社長塾
21期生客層編・2回目終了後、
ご参加される後継候補者から
いろいろご質問いただきました。

それにお応えしていると、
いつの間にか、その後に続く
福岡経営実践ジム」【前半】
ご参加の方がお越しに。

*写真を撮り忘れたので、
 【後半】直前のシーン

DSC08094DSC08093







社長塾ご参加の方からのご質問に、
私だけでなく、実践ジム生の方
からもご意見を伺いました。

お話しの中で、社長になる前に
ある国家資格を取得したいと
その後継候補者が仰ってました。
それに、その資格を持たない私や
実践ジム生の方が、先に紹介した
ようなご質問を、後継候補者に。

そのご返事が、


ベストアンサーに選ばれた回答

A:特にありません。

  それは税理士や公認会計士など
  と違い、中小企業診断士の資格が
  ないと作成できない書類や
  申請できない書類などは
  一切ないからです。

  ただし、経営コンサルタントに
  関する唯一の国家資格ですので、
  そのジャンルで仕事をしたいの
  なら、ないよりましです。


と、ほぼ同じでした。

ご自身でも自覚されているようです
が、それでも取得を目指されるの?
それともメガシャキの飲み過ぎ?

2df80802-s











これは、以前にも取り上げた
竹田先生の著書

小さな会社は1通の
 「感謝コミ」で儲けなさい

の中から(一部を要約)


「(自分の名刺に)
 公職や名誉職を印刷する
 ことは、自己満足な人。
 物事を自己中心にしか
 考えられない物的証拠」


であったり、同じく以前
竹田先生も交え再会した
元・TKC社員(ネタバレ↓)
おしゃべり好きなオジさん
からいただいた資料の中に、


「各種団体の役職や論文等の掲載は
 関与先や見込関与先には
 関係がありません」


と同じにしか思えません。
若いのに・・・なぜ?

bd3c4535[1]













そう言えば、これと似たように
公職や名誉職&誰々を知っている
と、以前の以前に反面教師だった
当時の起業家から、久々に
同様なご連絡がありました。

CIMG9063CIMG9062







果たして明日、行く行く詐欺
ならないでしょうか。

そうなれば〜容赦なし!

先週末の建築・リフォーム業
ランチェスター戦略社長塾
21期生客層編・2回目。

机の並びは↓今までと変わって
さて、どうなるか?

DSC08084DSC08083







この机の並びは、メイン講師が
名前も顔写真も年齢も一切、
公開禁止なクリエイティブ・
ディレクターさんだから、
その姿が写らないようする
ため・・・ではありません。

*中でも↓ギリギリのショット!

DSC08091












さてさて今回も、とある
FCビジネスに加盟を決意
された参加者が、前回
お聞きした富裕層に関して
どのような展開をしようか、
悩みながら〜会場入り。

いろいろブツブツと言って
ましたが、中でも、


「今後、富裕層に向けて
 展開していくなら
 FCではムリだから
 まだ入る前だから
 早々に断ろう・・・」


下請業から元請に業種転換
すら考えてるだけで、まだ
何も行動されてないのに。

何とも〜早!?

ただ、それも要らぬ心配事
だと分かると一安心。
私も一安心・笑)

それ以降は、思いっきり
リラックスした姿勢で
説明をお聞きされてました。
(手の挙げ方で↑バレバレ?)

そんな状況で、あっという
間に終了しました。

今まで難しい戦略分野の話し
中心に頭が一杯だった中で、
分かりやすい言葉で考え方を
方向転回できたようでした。

そのまま次回、戦術に。

DSC08086DSC08085







ところで、勉強会・定位置の
法則ですが〜やはり最大限、
元々の座席に近い側へ
お座りになるようで・・・
気になる方はご確認を。

*途中の写真↑↑敢えて左右反転。

↑このページのトップヘ