お盆直前に開催しました
ランチェスター法則応用の
「市場占有率の原則」勉強会

DSC09539DSC09536







事前のブログで触れてました
が、「大人の事情」を抜きに、
双方のランチェスター
比較しながら、原則について
再確認しながら進行を。

DSC09540












ランチェスター経営(株)
「戦略☆名人」DVD
競争目標と攻撃目標」の
分離をじっくり鑑賞。

DSC09545DSC09542







その中では、自社より
大きな会社であっても
「決して戦うな!」
とまで説明してません
また、攻撃すべき会社も
ちゃんと示しています。

立ち位置(局面)で、
戦い方を変えるような
意味合いに取れます。

DSC09544DSC09546







ただ、ハッキリ説明せず
解りづらいためか、


「弱者の中小企業は
 戦ってはいけない」


と受け止めてしまい、
また、その他の説明など
と混合し、最終的には、


「中小企業は
 弱者の戦略しか
 選択してはいけない」


と勘違いしそうです。

kotlo













対して、同じ内容について
フィリップ・コトラー教授
競争地位戦略」や、その
発展系として、俗に言う
嶋口モデル」をベースに
「差別化」と「異質化」は
異なるなど解説しました

局面において戦略を使い
分けることを再確認。

DSC09550DSC09548







コレに対して、参加者から


「・・・苦労して
 オンリーワン業務を
 見つけたのに、
 竹田ランチェスターの
 解釈を(先のように)

 『中小企業は、
  弱者の戦略しか
  選択してはいけない』

 と勘違いしたことで、
 ドンドン競合が乱立。
 今では東京などの
 業界大手の人材会社も
 次から次に進出し・・・」
 

ある筋の方が説明される
「先発弱者の悲劇」に
まさに陥った結果かと。

これは、コンサル系の
業界で多く見受けられる
ことかも知れません。
かつて大流行した
ISOコンサルなどが
解りやすい例で、結局は
大手しか残ってない状態。

DSC09543DSC09541







そうなる前に
ランチェスター戦略社長塾
にご参加されて、より
双方のランチェスターを
学んでいきましょう!

★福岡では
ランチェスター経営(株)
9月からスタート

忙しいので、お盆直前の
セミナーから軽めのネタ。

IMG_4310












その「商品戦略」セミナーで、
竹田先生が使用された
差別化された(貴重な)
「商品戦略」テキストより。


◆新製品開発

‐ι覆寮質と客層を決める。
  (物と売りの関係)

・お客は今までと同じ/全く異なる

・商品は今までと同じ/全く異なる

・客層の決定と売り方を考える、
  <2 対 1>で。


ココの内容は、
文章の記載だけでした。

DSC09589












ですから、先に触れたように、
イゴール・アンゾフ氏による
成長マトリックスにも似た
縦軸が「客層(市場)」と
横軸が「商品(製品)」との
分析図を板書して解説。

DSC09582DSC09588







これで話しが盛り上がった
こともあって、30分弱も
延長して終了でした。
ですから、テキストは
その,泙任靴触れず。

DSC09590












続く項目の中には、


ネ汁朿阿貿笋譴疹ι覆慮彊調査
  (ナポレオンの名言)


と不可解な記載があり、
妙に気になってます。

商売のことなので、あの
ナポレオン・ボナパルトでなく、
(もちろん3世でもなく)
晩年、一文無しに・・・」で
有名な、竹田先生も一部
認める世紀のペテン師
ナポレオン昼かも??

aftenoon













誤植か?
勘違いか?

実際テキストで、その部分より
少し上に「タマゴッチ」と
間違えてカタカナでの
記載もあります。
(一瞬、不可解に)

apoleond













とは言え、もし本当に
ナポレオン・ボナパルト
であるなら、全133件
もある語録の中だと、


◇どんな大きな仕事でも
  それが成功するかどうか
  間一髪の差である。


◇重大な状況において、
  ホンのちょっとしたことが、
  最も大きな出来事を
  常に決定する。


*「名言の王国へようこそ」より


ぐらいが該当しそうですが、
いかがでしょうか?

IMG_4309





















今回ご参加いただいた方々に
年末セミナー&勉強会
までの宿題とします。
事前ワークシートに追加か?)

お盆直前に開催しました
ランチェスター1位作りの
「商品戦略」セミナーの前、

DSC09432












7月末くらいのブログに、
商品戦略改訂版DVD
にも触れた記事で、


中小企業の利益実態を
確認するには、まずは
従業員1人当たりの粗利益から。

粗利益と労働分配率












これを業界平均と
比較することになる。

*「社長の差別化学習法」DVDより


としてご紹介しました。

DSC09574












当日のセミナーで、
竹田先生は、この点に
ついて触れませんでした。

ただ、粗利益に関しては、


「経営データをチェックする
 ときは粗利益から
 入っていくべき。

 売上高からだとダマされる。
 儲かってない会社ほど
 値引き販売したり、
 経費を垂れ流したり。
 そんな&こんなで
 規模拡大に陥る」


との説明でした。

この点は、先ほどの記事を
書くに到った元の記事


世界のトヨタ自動車や、
業界1位のヤマト運輸H
ヤマダ電機イオンなど
「1人当りの経常利益」が
業界トップでない理由を
知らずだと【同じ境遇】に
陥る可能性が大!

8bb2441e














の中にも該当する会社が
あるような気がします。
(約2社ほど)

皆さん、ダマされないよう
改めてランチェスター経営
からの利益表(最新版)
ご確認ください。

DSC09573DSC09566







先のように竹田先生が、
粗利益に言及したのは、


差別化された(貴重な)
「商品戦略」テキストより

IMG_4310














◆商品対策の目的は
 1位の商品創りにある(原則)



。碓未両ι覆鮖っている会社の
 1人当たりの利益は多い。


⊂ι覆了埔豕模が大きくても、
 業界の地位が低ければ、
 1人当たりの利益は少ない。


商品の市場規模が小さくても、
 1位の商品を持っている会社は、
 1人当たりの利益は大きい。


ぃ運妖たりの利益は、
 商品の市場規模の大小によって
 決まるのではなく、
 1位であるかどうか
 によって決まる。


中でも、上記△筬に関して、
セミナーで竹田先生は


「また市場規模だけでなく、
 会社の年商が大きいから
 儲かるか〜との
 相関関係はない」



「(市場規模だけでなく)
 また会社の規模が
 小さいから1位が作れない
 〜とも関係ない」


と付け加えて、利益表から、
いろんな会社の事例を
解説していきました。

DSC09588DSC09582







やはりダマされないように!


「ただし例外がある!」


何だ!&何だ!
まさか、残り2社か?


「(利益表で)左上に
 記載されているゼネコンは
 『談合で1位』」


これは、最近も豊洲市場
リニアの件で、明るみに
なった談合問題

これは日本だけの実態で、
海外だと有り得ないとか。

DSC09576












やはりダマされないように、
改めてランチェスター経営から
の利益表をご確認ください
(特に左上の4社+非上場1社

お盆直前に開催しました
ランチェスター1位作りの
「商品戦略」セミナーでも、
ドラッカー先生の言葉から、


「売る側から見た良い商品と、
 買う側から見た良い商品は、
 ほとんど一致しない」

souzo2













*著書「創造する経営者
  などに書かれている言葉です。
  (原文は続いて説明あり)


と口にされた竹田先生

DSC09572












当初の流れでは、


売る側と買う側の認識のズレが
チャンスを生む。


でしたが、この逆の意味で、

edoedo












大金を叩いて市場調査をして
歴史的な大失敗に終わった
フォード社エドセルなどに
触れていきました。

DSC09568DSC09586







昨年末のセミナーでは
同じ言葉を、竹田先生は


「それを実証したのが
 このカレンダー!」

DSC09020













「しかも、思いの外
 売れて、ビックリ!
 本当、ありがたや〜ぁ」

DSC09023DSC09022







 *一堂、大爆笑!


と言いつつ、手にされた
ランチェスター・(万年
 日めくりカレンダー

DSC09024












自虐ギャグ的な裏話も
ありましたが、この時は
棚からぼた餅的な成功談
でしたので〜笑いの渦。

DSC09582DSC09584







しかし、今回は先ほどの
エドセル大失敗から派生して


「中小企業の社長が、
 『今年の経営課題は?』
 と尋ねられると、
 その2番目くらいに
 答えられるのが
 『従業員教育』です。
 (1番は営業力アップ)

 私も、会う社長、
 会う社長に尋ねると
 同じような結果だった。
 その中には、
 『従業員教育こそ
  全ての業務に優先する』
 と力説した社長もいた。

 そこまで言われるなら・・・
 と数年前、CD5巻モノの
 『中小企業の従業員教育
  弱者の教育戦略』を作成。

a1064f38-s5B15D[1]

 大々的に案内しました
 全然、売れません。

 買うときは話しが別!?
 
CIMG3904[1]

 後で、サブタイトルに
 「教育☆名人」と付け加え
 たまに売れるようになった」

 *一堂、シーン状態・・・


今回、半分の方は両セミナー
ともにご参加だったのですが、
本当に自虐ギャグとなって
笑うに笑えない状態に。

ただ、このCDを購入済の方
お一人のみ、大爆笑(誰?

DSC09571DSC09565







この、ドラッカー先生の言う
「売る側から見た良い商品と、
 買う側から見た良い商品は、
 滅多に一致しない」実証例、

  《その1》 と 【断層編

今後はシリーズ化しそう。

*まだまだセミナー&
 勉強会ネタが続きます。

先週末に開催しました
竹田先生が講師による
ランチェスター1位作りの
「商品戦略」セミナー

その時のテキストが、コレ↓

IMG_4309




















左下に↑上からシールが貼られ
黒髪が残る頃の竹田先生↑
(ぜひ見比べてください↓)

DSC09559












今回のセミナー・テーマを
決めようと打ち合わせに
行った際、竹田先生から


「今は、改訂版DVD
 ことしか頭にないから」


と言われ、渋々「商品戦略」
に決定しました。

DSC09432












その時、従来からの古い
講演テキストの残り部数が
少なかったようで、


「当日までに、簡単な
 レジュメを作成するから」


となりました。

ですから、ご案内には


テキストは今回、
オリジナルのレジュメを
作成予定です。

そのため、開催当日に急な
参加申込みの場合、部数が
足らなくなる場合もございます。
予めご了承願います


と記してました。

しかし、ご案内した早々に
豪雨やら、延々と続く猛暑も
あったせいか、参加申込が
増えそうもないまま・・・

DSC09568DSC09570







・・・だったらとのことで、
先の古い講演テキストを
充当することとなりました。
(十分に足りました・涙)

これ、本当は郵便番号が
3桁の時代の頃だったから
20年以上も前のモノ。

IMG_4310












ただ、セミナー途中でも
話された、緻密に差別化
された、このテキスト。

何て言ったって
「商品創り」ですから↑
コレは貴重です!?

DSC09588DSC09586







いやいや〜本当の「差別化」
は別にあり、当日お聞きに
なった方なら納得かと。
今一度、見返してください。

また、いつもながらな
うるさいほどの教材紹介
ページがないのは、後で
復習しやすいとの点で
本当に貴重なのかもです。
(そのために走る羽目に)

IMG_4296












なお、改訂版DVDから
最新情報はもちろん、

igor

イゴール・アンゾフ氏による
成長マトリックスにも似た
縦軸が「客層(市場)」と
横軸が「商品(製品)」と
の分析など、テキストに
記載が無い(または不十分)
場合は、しっかり板書を↓

DSC09589












和菓子屋さん向けに団子の
話しなども板書されました↓

DSC09580












そん個別案件も含めて、
超アドリブな話しが大半。
だから、古いテキストでも
OKだったんでしょうか。

これも差別化のお陰。
やはり貴重なテキスト。
(シールは剥がさぬよう)

先週末に開催しました
竹田先生が講師による
ランチェスター1位作りの
「商品戦略」セミナー

DSC09572












企業調査会社に勤めた人は、
勤め中は財務はもちろん
企業経営にも一定の知識を
持っていないといけない。

しかし、その会社を辞めて
自分で事業をするような人は
当時ほとんどいなかった。
いても細々だとか。

DSC09588DSC09584







元々が東京商工リサーチ
勤めていた竹田先生、
その話しの延長で、


「私も・・・
 ランチェスター法則
 出会わなかったら
 自分で事業などしてないかも。
 ・・・今の私はなかった」


と感慨深く〜ポロリ。

出会って良かったです。
有り難うございます。

DSC09563












竹田先生が自分で事業され、
ランチェスター経営(株)
創業されてなかったら、
今の(今までも)私は
いなかったのですから。
ブログもなかった

そもそも論として、


「ランチェスター経営(株)
 に出会わなかったら
 今の私はなかった」


ちなみに、竹田先生と
ランチェスター法則との
出会いは、この本に↓
書かれてますので・・・

DSC09534












直前の「市場占有率の原則
勉強会で、全く触れずだった
ので、是非ご一読ください。

2人を出会わせた本?
実際は亡くなった税理士さん
ランチェスター法則のすごさ
s234[1]










また、より詳しくは、CD教材
独立物語/開発物語
竹田先生ファン必聴!

昨日のブログの、
  直前から途中でのこと。

先週末に開催しました
ランチェスター法則応用の
「市場占有率の原則」勉強会

DSC09547DSC09542







続いて、毎年恒例
竹田先生が講師での
ランチェスター1位作りの
「商品戦略」セミナー
待っている間、長めの休憩。

DSC09553












双方のランチェスター
言及したので、資料などを
そのままの状態にして、
竹田先生が・・・との
大人の事情」もあって、
休憩の間に私は片付け。
(少々ドタバタ)

DSC09552












そんな休憩中は、自然と
参加者同士で雑談が
ポツリ&ポツリと。

DSC09563












そんな中、気付かぬ間に
ヒョロ〜っと背中を向けた
まま、竹田先生がご登場。
(少々ビックリ)

DSC09555












そのまま前に座られて、
そのまま先程までの
雑談に加わりました。

DSC09554












そんな雑談混じりのまま、
ご登壇され直後、開口一番
に発せられたのが、


「こんなに暑いから
 ヘバってます・・・」


すみやかに勉強会の
片付けを終えることが
出来たので、順調に話し
・・・いや、予定以上に
30分近く延長され終了。
(少々焦った)

DSC09432












なお、話された内容で、
参加者に沿った個別案件
以外は、「商品戦略
改訂版DVDからが大半。
セミナー内容が気になる方は
是非ご購入されて、涼しい
部屋でジックリ鑑賞ください。

もっとも、それが話された
全体の10%くらいでした。

DSC09580












こんな↑和菓子屋さん向けに
団子の話しなど超アドリブ。
あまり美味しそうで無い絵
でしたけど〜内容はピカイチ

↑このページのトップヘ